NZのフライフィッシング聖地タウポ湖で7月、8月にマス釣り

NZでは全国でマス釣りが楽しめます。その中でタウポ湖はフライフィッシングの聖地となっていて、ここだけはNZの中でも7月、8月でもマス釣りができるところで、世界中から巨大マスを狙って多くの釣り人がやってきます。

タウポ湖でのマス釣りの為に必要な情報6ポイント

タウポ湖でのマス釣りを管理するのはDOC

タウポ湖マス釣り情報

タウポ湖又はタウポ湖に注ぐ川でのマス釣りを管理するのはNZの国立公園なども管理する政府機関のDepartment Coservation Departmentです。そのタウポ湖でのマス釣りに関するサイトページを見ればほぼすべての情報が得られます。

タウポ湖に注ぐ主な川ではフライフィッシングでの釣り方法のみ。

タウポ湖に注ぐ川やその河口でのマス釣りはNZ国内他の川では禁漁期間である7月、8月、9月でも釣りが許されています。

その冬の間に産卵のために遡上するマスをどの川でも狙えるため、この時期河口付近や人気の川には多くのアングラーが早朝から並ぶことになる。

その釣りが許される時間も決められていてタウポ湖、又はタウポ湖に注ぐ川ではAM05:00~AM00:00。

NZではどの川や湖でもフェルト底のウェーダー,ブーツは使用禁止となっていてラバーソールのウェーダー,ブーツだけが使用可能です。

タウポ湖又はタウポ湖に注ぐ川でのマス釣りのためのライセンスはオンラインでも購入できます

  • 海外からの旅行者(=NZ居住者ではない)は必ずNon-Residence Licenseを購入、携帯しなければならない。
  • タウポ湖のフィッシングライセンスの年度初めは7月1日
  • 24-Hour Licence;NZ$20/大人
    Week Licence Non-Resident;NZ$65
    Whole-season Licence Non-Resident;NZ$129

タウポ湖でのマス釣りに役立つ日本語情報ならNZマス釣りサポートのタウポ湖ページ

NZマス釣りサポートタウポ湖ページ

タウポ湖でのマス釣りのために必要な旅行情報(タウポ湖への行き方、タウポ、トウランギでのマス釣りに適したホテルやライセンス販売店、)やタウポ湖でフライフィッシング規則、トンガリロリバーはもちろんのこと、他に有名なタウポ湖に注ぐ川へのアクセスポイントマップなども日本語マップと共に掲載してます。

トンガリロリバーのマス釣りスポットマップ

タウポ湖に注ぐ川で最も世界中のアングラーに知られている川であるトンガリロリバーのアクセス、プールマップ(PDFファイル)

トンガリロリバーマス釣りアクセスとプールマップ

トンガリロリバーのプール評価表

トンガリロリバーの数多くあるプールをアングラーからの口コミからアクセスの良さ、景観を含めた流れの良さ、釣り人の多さ、引っかかる沈み木のあるなし、年間通しての釣果、ウェイダーが必要か?のスコア総合点による評価表です。

トンガリロリバープール評価表

タウポ湖にはオークランド空港から格安レンタカーで向かうのが最善交通手段

オークランド空港から格安レンタカー日本語予約

トウランギに泊まりながらトンガリロリバーやタウポ湖に注ぐ川、河口へフライフィッシング三昧

 

ミルフォードトラック19/20シーズン個人ウォーク6月11日から予約開始

ミルフォードトラック19年20年オンライン予約開始日

ミルフォードトラックの19年~20年シーズン個人ウォークでの山小屋予約が6月11日からオンラインで開始されます。おそらくこの日のうちに19年の11月から20年の3月ぐらいまでの毎日40名限定の予約がほぼ埋まってしまうことが予想されます。今からこの日に向けて旅行計画を練っていた方が良いでしょう。

ミルフォードトラックを個人ウォークで19年/20年シーズン歩くためのオンライン予約への備え

DOCのサイトページでミルフォードトラック個人ウォークの予約が6月11日AM9時30分からオープン。

ミルフォードトラックを個人ウォークで歩くにはだれもが宿泊する山小屋の予約が必要です。その山小屋3泊分のオンライン予約が6月11日NZ時間のAM9時30分から受付開始されます。

DOCのミルフォードトラックの解説ページではその内容から費用、予約手順、日程や必要装備などまで詳しく解説されています。

DOCミルフォードトラック個人ウォークページ

ミルフォードトラックを歩くための日本語解説ページとして歩いてNZのページを活用してください。

NZのトレッキングに関してのNZブリーズの兄弟ページとしてNZトレッキングサポート/Aruitenz.com ではミルフォードトラックを歩くための手段や予約方法を解説しています。

NZトレッキングサポートNZグレイトウォーク歩き方ページ

NZトレッキングサポートのNZグレイトウォークの歩き方ページではミルフォードトラックとルートバーントラックを個人ウォークで歩く方法とガイデッドウォークと呼ばれるツアーに参加して歩く方法を紹介してます。また、クイーンズタウン、テアナウから日帰りでミルフォードトラック、ルートバーントラックをガイド付きで歩くツアーも紹介しています。

ARUITENZcomのミルフォードトラックページ

NZトレッキングサポートのNZトレッキングギャラリーの中にはミルフォードトラックの詳細、体験談なども分かる詳細ページがあり、ミルフォードトラックを実際個人ウォークで歩くことができれば是非参考にしてほしいページです。

クイーンズタウン、ワナカにスキー、スノーボード個人ツアーでやって来る手順

18年7月12日リマーカブルスキー場

クイーンズタウンとワナカは6月からスキーリゾートに一変します。日本の夏休み(7月、8月)にスキー、スノーボードを楽しみに全て個人手配での個人ツアーを作ってクイーンズタウン、又はワナカへとやってくる手順を現地在住のガイドが伝授します。

クイーンズタウンとワナカの4つのスキー場へやって来るのに必要最低4つの旅行情報

クイーンズタウンに2つ、ワナカに2つのスキー場、19年は6月1日からシーズン幕開け

カードローナ / Cardrona

NZで最も人気のスキー場。NZのスキー場には珍しくリフト待ちも時にはある。
相変わらず雪質も安定してGood!!。また、本格的パークもさらに拡張充実。
広々としたコースどりが可能なのでスキーヤーにも大人気。

19年シーズン=6月1日~10月20日
一日リフト券=NZ$120

クイーンズタウンからレンタカーで60~80分
ワナカからレンタカーで40~50分
クイーンズタウンとワナカから送迎バスあり。

カードローナスキー場

リマーカブル / The Remarkables

新設の高速6人掛けリフトとゲレンデ拡張、ベースビル拡大、アクセス道路舗装化とクイーンズタウンでは最も面白いゲレンデです。

中級者以上であれば是非1.5km+未圧雪のHomeward Runsにチャレンジしてみて。

19年シーズン=6月8日オープン予定
一日リフト券=NZ$129(コロネットピークと共通利用可)

クイーンズタウンからレンタカーで50分
クイーンズタウンから送迎バスあり。

リマーカブルスキー場

コロネットピーク / Coronet Peak

クイーンズタウンの町から最も近く、送迎バスの本数も最多のゲレンデ。
最新スノーガンを多数そろえ、雪質も安定。
上級者から初心者まで様々な斜面を楽しめる総合スキー場。

19年シーズン=6月15日オープン予定
一日リフト券=NZ$129(リマーカブルと共通利用可)

クイーンズタウンからレンタカーで30~40分
クイーンズタウンから送迎バスあり

コロネットピークスキー場

トレブルコーン / Treble Cone

全体的に中級者以上のゲレンデ。自然の地形を生かしたオフピステ天国!
また、ゲレンデのどこからでも絶景が拝める!!
そして来場者が他のスキー場よりいつでも少なめなので開放感抜群!

19年シーズン=6月27日~9月22日
一日リフト券=NZ$149

クイーンズタウンからレンタカーで2時間
ワナカからレンタカーで40~50分
ワナカから無料送迎バスあり。

トレブルコーンスキー場

クイーンズタウン空港へ冬季へやって来るならカンタス航空利用がお勧め

クイーンズタウンとワナカへのスキー場に最も近い飛行場はクイーンタウン空港です。

4月以降9月までのNZがサマータイムを行っていない時期は日本からカンタス航空を利用すればシドニー経由でクイーンズタウンへと乗り継ぎが往復ともにスムーズにやって来れます。

NZ航空の場合でもやって来れますが、冬季の間は帰路には7月25日以降の木、日以外はオークランドで一泊しなければなりません。カンタス航空だと羽田発着もありで、ましてシドニー/クイーンズタウン間やメルボルン/クイーンズタウン間の便数はオーストラリアからのスキーヤー、スノーボーダーの為に臨時便が増発され、それを利用することも可能になります。

TripComでクイーンズタウン行格安航空券検索

Trip.Comを使って東京からクイーンタウンへの往復チケットを検索すると冬季の間は最低料金で最短所要時間の便はカンタス航空になるでしょう。

クイーンズタウンとワナカのホテルを日本語検索、オンライン個人手配

クイーンズタウンのホテル検索

ワナカのホテル検索

クイーンズタウン空港から格安レンタカーを借りてクイーンズタウン、又はワナカから各スキー場へと通うのが一般的

クイーンズタウン空港ビルの正面に受付事務所があるエースレンタルカーが格安でお勧め。

5月16日までだけど、エースレンタルカーでは冬季のSUV車種だけを対象としたウィンター早割ディールを行ってます。

6月15日以降9月30日までのSUVカーを3日以上レンタルの場合は10%オフ、7日以上のレンタルなら20%オフという割引セールとなってます。オンライン予約の際にPromo Codeに3日以上の場合は”NZEB3″を、7日以上の場合は”NZEB7″のプロモーションコードを入力すると割引価格の表示がされます。

エースレンタルカークイーンズタウン空港オフィス

エースレンタルカーのクイーンズタウン空港事務所

クイーンズタウン、ワナカへの個人スキー、スノーボードツアーを作るのに役だつNZスノーサポート

NZスノーサポートにはカードローナ、リマーカブル、コロネットピーク、そしてトレブルコーンスキー場のゲレンデ案内からクイーンズタウンに滞在するのに役立つ現地情報、スキー場への送迎バス、町の中にあるレンタルショップ情報、そしてクイーンズタウン、ワナカから出発していくヘリスキーの情報も掲載しています。

NZスノーサポートサイト

 

 

NZキャンピングカー、カップル,熟年,子連れ,4人友達向け4車種

プカキ湖フリーダムキャンピンググランド

NZをキャンピングカーで周遊旅行する場合に多種類ある車種からどのタイプを選べば最適か?カップル、一人旅、友達2人で、熟年カップル、子連れファミリー、4人友達グループなどの利用者別にべッド数やトイレのある、なしなどでお勧めレンタルキャンピングカーを4車種選抜してみました。

NZレンタルキャンピングカーの代表的4タイプの車種はこんな方々にお勧め

格安キャンピングカー旅行を目的にするカップル、友達2組、一人旅にも勧められる2Berthキャンピングカ-

NZを格安にキャンピングカーで旅行するなら多くの会社はトヨタのハイエースを改造した定員2人の2Berthキャンピングカーが主流です。

トイレとシャワーは付いていないのでホリデーパークやDOCや自治体が管理する公衆トイレがあるキャンピンググランドで宿泊することが必要になります。

ベッド数はダブルベッド一つ

キャンピングカー会社別トイレ無し2Berthのブランド名
Britz = Hitop
Apollo = Hitop Camper
Mighty = Highball
CheapaCampa = Hitop

NZキャンピングカー2Berthハイトップ

Cheapa campaの2berthトイレ無しタイプの外装イメージ。どこの会社の2Berthトイレ無しはこれとほぼ同じ内装、外装です。

NZキャンピングカー2Berthハイトップの内装イメージ

2berthトイレ無しのキャンピングカーの昼と夜の内装イメージ

Britz社の2Berthハイトップキャンピングカーの使い方ビデオ

カップル、子連れファミリー又は友達2~3人向けに4Berthキャンピングカー

ダブルベッドが2つ広げられる定員4人の4Berth、シャワー無しタイプはカップルや男友達2~3人組などにお勧め。

車上のベッドは200Kgまでという重量制限があるので大人なら3人まで子連れファミリーも子供一人か小さな子供2人までといった定員4人と考えた方がゆとりがあるでしょう。

またNZではトイレがついていないとフリーダムキャンプサイトには泊まれない法律があり、この4Berthのハイエース改良型もトイレがついているのが一般的になっていますが、車内にはトイレの部屋がある訳ではなくカセット式の簡易トイレが付属されていて、そのトイレを使用するときは後ろ扉を押し上げて、カセットトイレをひきだして用を足す感じになり、外からは丸見えの屋外トイレといったものになります。だから基本的にはトイレとシャワーは付いていないと思って、ホリデーパークやDOCや自治体が管理する公衆トイレがあるキャンピンググランドで宿泊することをお勧めします。

キャンピングカー会社別トイレ無し4Berthのブランド名
Britz = Voyager
Apollo = Endeavour
Mighty = Double Down
CheapaCampa = Endeavour

NZキャンピングカー4Berth

NZキャンピングカー4Berth

4Berth、シャワー無しタイプの昼と夜の内装イメージ

韓国語ですがBritz社のクライストチャーチデポで収録された4BerthのVoyagerの様子が分かるビデオ。カセットトイレも分かります。

カップル、熟年カップル向けにトイレ、シャワー付き2Berthキャンピングカー

NZではトイレ付きのキャンピングカーでなければ基本的にはホリデーパークなどに泊まらなければならないようになっています。

この定員2人の2Berthキャンピングカーにはシャワー&トイレ兼用の部屋が内装されているので、フリーダムキャンピサイトなどにも宿泊することができます。

また、DOCや自治体が管理するキャンピンググランドで宿泊する際も、そこにある公衆トイレを利用するより車内のトイレを利用する方が気が楽になると思います。

内装が豪華、スペースにゆとりがあるモーターホームです。

キャンピングカー会社別トイレ無し2Berthのブランド名
Maui = Ultima
Britz = Venture
Apollo = Euro Tourer
Mighty = Deuce
CheapaCampa = 2 Berth Campervan

NZキャンピングカーmaui社の2Berthモーターホーム

NZキャンピングカー2Berthトイレシャワー付き

2Berth、トイレ&シャワールーム付タイプの昼と夜の内装イメージ

Mighty社のトイレ&シャワー付き2Berthキャンピングカー内装紹介ビデオ

4人友達グループ、子連れファミリーにトイレ&シャワー付き4Berthキャンピングカーがお勧め

トイレ&シャワールームが内装されている定員4人の4Berthキャンピングカーは2人までの子供連れファミリーや2組のカップル友達同士での旅行にお勧めです。

ベッド数はダブルベッドが2つ

キャンピングカー会社別シャワー&トイレ付4Berthのブランド名
Maui = Cascade , Beach
Britz = Explorer , Discovery
Apollo = Euro Camper
Mighty = Double Up
CheapaCampa = 4 Berth

NZキャンピングカー4Berth外装イメージ

NZキャンピングカー4Berth昼と夜の内装イメージ

4Berth、トイレ&シャワールーム付タイプの昼と夜の内装イメージ

トイレ&シャワー付き4Berthのキャンピングカーの内装を日本人4人グループで旅行している人が紹介しているビデオ

トイレ&シャワー付き4Berthのキャンピングカーの外装を日本人4人グループで旅行している人が紹介しているビデオ

NZをキャンピングカーで旅行するためのすべての準備ができるNZキャンピングカーホリデー

NZキャンパーホリデーページ

NZのレンタルキャンピングカーを車種別料金比較後オンライン予約ができるDrive Now キャンパーバンNZ

 

ミルフォードサウンドのゴールデンウィーク中3日間雨、雪、快晴

ミルフォードサウンドにこのゴールデンウイーク期間中である4月29日、5月2日と5月3日の3日間行きました。その大雨の後の雪化粧や日本人がたんまりやってきていたミルフォードサウンドの遊覧クルーズの様子を写真とビデオで紹介します。

4月29日のミルフォードサウンドは大雨の後の雪化粧した絶景が楽しめた一日

4月29日ミルフォードサウンドへの途中モンキークリーク

ミルフォードサウンドまでの道のりは2日間続いた大雨の後の名残がどこも見られ、山の上には今シーズン初冠雪の景色が見られた日。このモンキークリークでは谷間に吹き抜けるとても冷たい突風ですぐさま退散。

4月29日ミルフォードサウンドへの道のり、クレダウ渓谷

ホーマートンネルを抜けた氷河谷のクレダウ渓谷もまだ曇りがちだけど晴れ間も覗き始めています。昨日までの大雨でこの谷間の壁面にはたくさんの長い滝が見られました。

4月29日ミルフォードサウンド

ミルフォードサウンドに到着したらこのような快晴。この日は寒波がNZ南島襲い、高い山並みが南風を防いでいるこのミルフォードサウンドだけNZ南島の中でも唯一晴れ渡って、暖かい場所となりました。

5月2日は小雨交じりの曇りがちだけどミルフォードサウンド遊覧クルーズは大満足の一日

5月2日ミルフォードサウンドへの道のりエグリントンバレー

曇りがちだけど高い山肌には雲がかからず、雪化粧した切り立った山並みが見晴らせたエグリントンバレー

5月2日ミルフォードサウンドクルーズスターリングの滝

ミルフォードサウンドに到着時はまだ雲がかなりあったけど、雨には会わず遊覧クルーズも満喫でき、この後クイーンズタウンへの遊覧セスナ飛行も飛んでいた午後になりました。

5月2日ミルフォードサウンド遊覧クルーズハイライトスターリングの滝

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズでのハイライトであるスターリングの滝へと遊覧船が突っ込んでいくときに誰もが本当にびしょぬれになるところまで滝つぼに突っ込んでいくことにびっくりします。

5月3日は7日ぶりに快晴のミルフォードサウンド。氷河地形をどこでも満喫の一日

5月3日ミルフォードサウンドまでの道のりミラーレイク

快晴に恵まれたミルフォードサウンドへの道のりでの人気カメラスポットであるミラーレイクもとてもきれいな鏡の湖面を見せてくれました。

5月3日ミルフォードサウンド遊覧クルーズ

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズは快晴、そして風も無く穏やかな入り江の中では自然のイルカも姿を現してくれました。

5月3日のミルフォードサウンドでのシーズニック・クルーズ、スターリングの滝へとどんどん突っ込んでいきます。

 

7月8月にNZ南島へやって来る個人旅行者向け観光送迎ツアー4コース

18年8月11日プカキ湖マウントクック夕暮れ

NZの冬の時期である7月、8月に個人旅行でNZ南島にやって来る方向けのNZブリーズが行う観光送迎ツアーを4コース紹介。クライストチャーチ空港又はクイーンズタウンから冬のテカポ湖、ミルフォードサウンド、そしてダニーデンへと行くことを計画するなら是非ご利用ください。

7月、8月クイーンズタウン,クライストチャーチ発着観光付き送迎ツアー4コース

CHC4;テカポ湖2泊クライストチャーチ空港往復3日間

料金=NZ$1660/1~3名

予定スケジュール

  • 一日目;クライストチャーチ空港出迎え、チャーター車でテカポ湖へ送迎。テカポ湖では良き羊飼いの教会などの人気観光スポットでの下車観光有り。
  • 2日目;テカポ湖を発着するマウントクック日帰り観光。(マウントクックにて自由時間4~5時間を持つことも可能)
  • 3日目;PM12:50 テカポ湖を定期路線乗り合いバスにて出発。PM16:00 クライストチャーチ空港に到着。

18年8月12日のテカポ湖マウントジョン天文台

18年8月12日のテカポ湖、マウントジョン天文台

ZQN8;マウントクック経由テカポ湖1泊、クイーンズタウンからクライストチャーチへ2日間 お一人参加も可能

料金=NZ$620/1~2名 NZ$680/3名

予定スケジュール

  • 一日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、マウントクック経由でテカポ湖へ観光送迎
    マウントクックにて自由時間3~4時間を持つことも可能
    テカポ湖では良き羊飼いの教会などの人気観光スポットでの下車観光有り
  • 2日目;PM12:50 テカポを定期路線乗り合いバスにて出発。PM16:00 クライストチャーチ空港に到着

18年7月31日クイーンズタウン

18年7月30日のクイーンズタウン

ZQN6;クイーンズタウン発着ミルフォードサウンド観光とテカポ湖3日間

料金=NZ$1800/2名 NZ$1920/3名

予定スケジュール

  • 一日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、ミルフォードサウンドへ日本語ドライバーガイドでの一日観光。
    ミルフォードサウンド遊覧クルーズ+ピクニックランチ付
  • 2日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、マウントクック経由でテカポ湖へ観光送迎。
    マウントクックにて自由時間3~4時間を持つことも可能。
    テカポ湖では良き羊飼いの教会などの人気観光スポットでの下車観光有り
  • 3日目;テカポ湖チャーター車で出発、クイーンズタウン空港又はクイーンズタウンホテルへ送迎

18年7月2日ミルフォードサウンド遊覧クルーズ

18年7月2日のミルフォードサウンドでの遊覧クルーズ船上

DUDCHC;クライストチャーチ発ダニーデン経由クイーンズタウン行き3日間

料金=NZ$2300/2名 NZ$2400/3名

予定スケジュール

  • 一日目;クライストチャーチ空港出迎え、チャーター車でテカポ湖へ送迎。テカポ湖では良き羊飼いの教会などの人気観光スポットでの下車観光有り
  • 2日目;テカポ湖からダニーデンへ向かう。途中モエラキボールダーズ見学含みダニーデンホテルまで送迎。
    日の入り前にダニーデンホテル出発。オタゴ半島でのブルーペンギン見学ツアーに日本語ガイドと共に参加。ツアー終了後ダニーデンホテルへ送迎。
  • 3日目;ダニーデンホテルよりダニーデン駅に送迎、ダニーデン駅よりタイエリ峡谷鉄道に乗りプケランギへと向かう。
    プケランギ到着後チャーター車によりクイーンズタウンホテルへ観光送迎。

18年8月15日ダニーデン駅舎ビル

18年8月15日のダニーデン駅舎ビル

NZブリーズのNZ南島観光送迎ツアーの詳細はNZ南島クイーンズタウン,クライストチャーチ発観光付き日本語送迎ツアーぺージにて

NZブリーズのクイーンズタウンクライストチャーチ発着観光つき送迎ツアーページ

ミルフォードトラック19年個人ウォーク受け付けは6月中旬

ミルフォードトラック個人ウォークオンライン予約

ミルフォードトラックの19年-20年シーズンの個人ウォーク受付は6月中旬からオンラインで受け付けられます。その日時は6月上旬に発表されます。

ミルフォードトラックを歩きたい方は6月中旬のオンライン予約日に向けて今から準備しましょう。

ミルフォードトラックの個人ウォークはそのオンライン予約が始まって2-3日でほぼ全シーズンの山小屋が予約が埋まってしまう異常人気のトレッキングルートです。昨年は本当に2~3日でほぼ80%のシーズン中の毎日が予約で埋まりました。その予約者はほぼ海外からのトレッカーによる予約で、今やNZの人には歩きに行けるトレッキングルートでは無くなっています。

6月中旬からオンライン予約が始まりますが、8月ぐらいからNZの山歩きを思いついた人にとってはすでにその年のミルフォードトラックは予約が埋まっていて歩ける状況ではないので、代わりに歩けるところを探す羽目になる人が毎年続出します。

ミルフォードトラックの山小屋オンライン予約

ミルフォードトラック個人ウォークの歩き方

国立公園を管理する政府機関DOCのホームページでミルフォードトラックの個人ウォークの歩き方が紹介されています。

その中にオンライン予約の開始時期やHow to Bookingではオンラインの方法や山小屋を予約(歩き出す日を決めれば山小屋3泊分の予約が一気に予約できる)とミルフォードトラック前後の交通手段(ボートやバス)も併せてこのオンライン予約で一気に決められることなどが紹介されています。

だから、今からでも歩きだす日を第一候補、第2候補を決め、ボートの時間、そのボートに併せてのバスをどの区間(クイーンズタウンからテアナウダウンズにするか、テアナウからテアナウダウンズに行くか?またミルフォードトラックを歩き終わった日にミルフォードサウンドから何時のバスでテアナウまで、又はクイーンズタウンまで戻るかどうかなど)を予約するかを検討していたほうがいいでしょう。

ミルフォードトラックのオンライン予約の前にアカウント作成

ミルフォードトラック個人ウォークの歩き方

このブログを6月前にどこかで見つけてミルフォードトラックを19年-20年シーズンに歩こうと考えている方はまだラッキーだと思っていただいて、まずはオンライン予約前にミルフォードトラックを含めた山小屋予約が必要なグレイトウォークのアカウントを作成しておきましょう。

この予約システムは今年になってまた変更されていて、かなり使い勝手がいいものになっています。もちろんスマホ対応になっていますので世界中からの予約者が予約開始時間からアクセスすることになるでしょう。

昨年の18年は6月3日に予約開始日が発表され、6月19日からオンライン開始、その日の夜には11月12日以降3月12日までほぼ毎日の山小屋予約数40人が埋まっていました。

ミルフォードトラックを歩くための予備知識に役立つサイトとビデオ

ニュージーランドトレッキングサポート/aruitenz.com

ニュージーランドトレッキングサポートページaruitenz.com

ミルフォードトラックの個人ウォークについて、またミルフォードトラックをツアー参加で歩けるガイデッドウォークについても分かります。

ミルフォードトラック以外の日帰りトレッキングやマウントクックでのトレッキングルートなども詳細が分かります。

ミルフォードトラックを歩く際の必要装備やトラックがどのような道のりかがすごく分かりやすいビデオ

19年2月14日雨の日にミルフォードサウンドにサンドフライポイントからボートで到着したミルフォードトラックを歩きぬいた人たち

ミルフォードトラックを歩きぬいてミルフォードサウンドに到着した人たち2月19日

 

アロータウン4月22日の黄葉、これから見ごろ

アロータウンの黄葉4月22日

アロータウンの黄葉も今年もこれぐらいから見ごろを迎えます。4月22日の快晴の日になったアロータウンの黄葉の姿を写真で紹介します。見ごろは恐らく今週から5月上旬ぐらいになりそうです。

19年のアロータウンの黄葉、4月22日は見ごろの始まり

アロータウンの黄葉4月22日19年

アロータウンは毎年4月中旬から下旬にかけて様々な落葉樹が黄色く色づくNZでの黄葉のメッカになっています。町全体的に黄金色に色づく時期になります。

アロータウンの黄葉4月22日WilcoxGreen

4月22日は例年より暖かい、最高気温は14度ですが、日差しがあれば汗ばむぐらいの気持ちのいい日になりました。

そしてNZはイースターマンデーの祝日がこの4月22日になって、アロータウンは海外からの観光客も含めて多くの人出で賑わっています。

アロータウンの黄葉4月22日19年

アロータウンは毎年この時期にオータム・フェスティバルが開かれますが、今年は明日になる4月23日から28日の6日間。この広場も青空マーケットなどが開かれ、金曜日、土曜日は本当に多くの人で溢れます。

アロータウンの黄葉アロータウンミュージアム

アロータウンは昔のゴールドラッシュの名残が見られる小さな観光地です。博物館となっている建物の周りも色づいた木立が見られて、カメラスポットの一つになります。

アロータウンの黄葉4月22日

クイーンズタウンから市バスで30分ほどでやって来れるアロータウン。黄葉見学や写真を撮りに来る人が多いのですが、レンタルサイクルでアローリバー沿いを走るのも欧米からの観光客には人気のところです。

アロータウンの黄葉アローリバー

4月22日のアローリバー沿いの柳の葉っぱも黄色く色づきました。これから1~2週間かけてもっと色づいていきます。この町の黄葉は柳も多いのですが、シカモアーカエデの葉っぱがもっとオレンジに色づいていきます。そしてその落ち葉が積もるのも素敵になって行きます。

レイクヘイズの黄葉4月22日

アロータウンの近くのレイクヘイズも柳の木が湖を取り囲むように植えられたのでこの時期は湖岸沿いが黄色く色づき、朝方はこのように風のない素敵な黄葉の湖になります。

レイクヘイズはだから朝方に訪れ、東の山並みの黄葉に太陽光が当たりだす午後からがアロータウンの黄葉の時期に訪れるのにベスト時間帯です。

クイーンズタウン空港からアロータウンやグレノ-キー、そしてワナカへの格安レンタカーでの日帰りドライブがとても人気です。

クイーンズタウン空港から格安レンタカー日本語個人手配

 

NZ南島周遊ホテル付き19年8月~12月のツアー4コース

NZブリーズホテル付きツアー8月から12月

NZブリーズはクイーンズタウン空港、又はクライストチャーチ空港到着からNZ南島を周遊する個人旅行者向けにホテルを含めたツアーを行っています。その19年8月から12月の4コースの予約を受け付け開始しました。

NZブリーズ19年8月以降ホテル付き周遊ツアー4コース

NZ南島人気観光地を縦断するツアー/ 8月9月10月催行

コース.1 春のテカポ湖とマウントクック、クイーンズタウンに宿泊。ミルフォードサウンド観光付き5日間ツアー

ニュージーランド観光での定番で人気観光地に泊まりながら見どころを逃さず縦断する4泊5日ツアー

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
母娘親子での2人旅、NZにいる娘と一緒に3人家族旅行、熟年カップル、大自然大好きなカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • 星空が見えやすい時期のテカポ湖に1泊
  • マウントクックが見えるハーミテージホテルの部屋にて宿泊+夕食&朝食付き
  • セントラルオタゴワイナリーに立ち寄り休憩
  • ミルフォードサウンドには日本語ドライバーガイドの専用車利用で一日観光。

2名以上での参加可能
料金:8月,9月出発/NZ$2300/お一人、10月出発/NZ$2500/お一人

NZブリーズホテル付きツアー1

コース.1 春のテカポ湖とマウントクック、クイーンズタウンに宿泊。ミルフォードサウンド観光付き5日間ツアースケジュール

NZ南島人気の日帰りトレッキングツアーやマウントクックでの自由ハイキングが含まれたツアー/ 11月~12月21日催行

コース.16 ミルフォードトラックとルートバーン、マウントクックを日帰りトレッキング三昧6日間ツアー

ミルフォードトラックとルートバーントラック、そしてマウントクックのフッカーバレーを半日又は日帰りで歩くことができる6日間ツアー。

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
山歩きが大好きな2人旅、母娘親子での2人旅、熟年カップル、大自然大好きカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • クイーンズタウン発着日本語ガイド付きルートバーントラック一日体験トレッキングツアーに参加
  • テアナウから専門英語ガイド付き半日ミルフォードトラック体験トレッキングツアーとミルフォードサウンド遊覧クルーズ乗船
  • セントラルオタゴワイナリーに立ち寄り休憩
  • ルピナスが咲き乱れる時期にテカポ湖にて2連泊
  • 日本語ガイドが専用車にてテカポ湖からマウントクック日帰り観光、
    人気のフッカーバレーへの個人自由ハイキングの時間が持てます。

2名以上での参加可能
料金:11月~12月21日出発=NZ$3100/お一人

NZブリーズホテル付きツアー日帰りトレッキング三昧

コース.16 ミルフォードトラックとルートバーン、マウントクックを日帰りトレッキング三昧6日間ツアースケジュール

NZ南島人気観光地を縦断するツアー/ 11月~12月21日催行

コース.11  ルピナスのテカポ湖に2泊、マウントクックとミルフォードサウンドに日帰り観光5日間ツアー

マウントクック訪問とワイナリー訪問も含み,ミルフォードサウンド観光後はテアナウにて宿泊する5日間。

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
草花好きの2人旅、母娘親子での2人旅、熟年カップル、大自然大好きカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • ミルフォードサウンドへは乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加。
  • セントラルオタゴワイナリーに立ち寄り休憩
  • ルピナスが咲き乱れる時期にテカポ湖にて2連泊
  • 日本語ガイドが専用車にてテカポ湖からマウントクック日帰り観光、
    人気のフッカーバレーへの個人自由ハイキングや現地オプショナルツアーへの参加の時間が持てます。

2名以上での参加可能
料金;11月~12月21日出発=NZ$2900/お一人

NZブリーズホテル付きツアーテカポ湖に2泊5Days

コース.11  ルピナスのテカポ湖に2泊、マウントクックとミルフォードサウンドに日帰り観光5日間ツアーのスケジュール

コース.DUD3 ルピナスのテカポ湖に2泊、ペンギンとタイエリ鉄道+ミルフォードサウンドを6日間周遊ツアー

NZ南島到着後テカポ,マウントクック、そしてミルフォードサウンドなどを巡りながらタイエリ峡谷鉄道やダニーデンでのブルーペンギンツアーも含まれる充実の6日間ツアー

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
大自然大好きな2人旅、母娘親子での2人旅、熟年カップル、鉄道好きのカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • ミルフォードサウンドへは乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加。
  • タイエリ峡谷鉄道乗車、夜にはブルーペンギン見学ツアー参加
  • モエラキボールダーズ見学
  • ルピナスが咲き乱れる時期にテカポ湖にて2連泊
  • 日本語ガイドが専用車にてテカポ湖からマウントクック日帰り観光、
    人気のフッカーバレーへの個人自由ハイキングや現地オプショナルツアーへの参加の時間が持てます。

2名~4名での参加のみ
料金;11月~12月21日出発=NZ$3300/お一人

NZブリーズホテル付きツアーダニーデン6日間

コース.DUD3 ルピナスのテカポ湖に2泊、ペンギンとタイエリ鉄道+ミルフォードサウンドを6日間周遊ツアーのスケジュール

NZブリーズのホテル付きツアーの詳細、問い合わせ先などが分かるページ

NZブリーズホテル付きツアーページ

 

ワナカツリーとワナカ湖畔の黄葉4月16日19年

ワナカ湖畔の黄葉が見ごろを迎えます。今年は例年よりかなり遅めですが、しっかりと黄葉が見られるようになっています。4月16日午前中の様子を写真で紹介します。

ワナカ湖畔の19年の黄葉

4月16日ワナカ湖畔の黄葉

ワナカ湖畔の黄葉はこのポプラ並木が黄色、オレンジに染まり、その姿が湖畔に映えたらもっと素晴らしく見られます。

4月16日は雲がかなり低くあり、遠景に見られる雪山まではフレームに入れることができませんでしたが、まずまずの黄葉だったと思います。

ワナカ湖の黄葉を見にこの日も本当にたくさんの人が訪れていました。人が入らない写真を撮るのは難しいところになってます。

ワナカツリー4月16日

4月16日のワナカツリーの黄葉。

今やNZを代表するぐらいインスタグラムスポットになっているワナカツリーはやっぱり黄葉の時が良いです。このワナカツリーは柳の木なので、ポプラの木と同じく葉っぱがこの後は落ちてしまいます。ここのワナカツリーの柳の葉っぱは湖沿いのポプラの葉っぱが落ちるころまで残っています。(他の牧場の防風林などで見られるポプラは4月中ぐらいには落葉して、川や湖沿いの柳の木の葉っぱは5月中旬ぐらいまでも残っています。)

ワナカ湖畔の黄葉4月16日

ワナカ湖の黄葉の写真を撮るならこの日のように朝に訪れることをお勧めします。

ここのポプラ並木は西側の湖畔にあって、昼ぐらいからは太陽が北に回ってポプラ並木を撮るには逆光になり、朝の方がこの日のように風が無く湖面に移る姿を撮れるチャンスが増えます。午後からは晴れている日には風が出てきます。

毎年ワナカ湖畔の黄葉は4月の第2週ぐらいが見ごろと言われていますが、今年は3月がかなり暖かい日が多く、少し遅めの黄葉シーズンの始まりでした。今年のワナカ湖の黄葉はもう少し色が濃くなってから5月上旬には落葉している思われます。

ワナカにはクイーンズタウンから日帰りでレンタカードライブするのがお勧めです。

エースレンタルカーならクイーンズタウン空港ビルの正面にオフィスがあり便利で、格安。