クイーンズタウン,ワナカのスキー場18’は6月9日から

クイーンズタウン、又はワナカにスキー、スノーボードを楽しみに来ませんか?2018年のクイーンズタウン,ワナカのスキーシーズンは6月9日から幕開けします。

クイーンズタウンは6月9日から、ワナカのスキー場は6月16日からオープン

クイーンズタウンのスキー場でリマーカブルスキー場が今年18年は一番早く開幕する予定で6月9日からはオープンして、1週間後の6月16日5からコロネットピークがオープンします。同じ日の6月16日にワナカに近いカードローナスキー場がオープンした後最後に6月28日にトレブルコーンが開幕予定になってます。

今年は5月の末の今週に寒波がやってきてどのスキー場もたんまりと雪が積もってこのまま予定日通りにオープンされそうです。そしてどのスキー場も9月下旬から10月上旬までオープンされる予定となってます。

毎年7月上旬のスクールホリデーから本格的にゲレンデは賑わいを見せ始めますが、その7月から9月までの間はクイーンズタウン空港にたくさんのスキーヤー、スノーボーダーを載せたオーストラリアからの飛行機がやってきてクイーンズタウンとワナカの町もスキーリゾートとなります。そのオーストラリアからクイーンズタウン空港にやってくる旅客機の便数は今年は過去最高になることがすでに決まっていてホテルやアパートメントなどは軒並み満室状態が続くことになります。

日本からも日本の夏休みを利用してスキーヤーやスノーボーダーがこのクイーンズタウンやワナカにやってきますが、その大部分は海外スキーツアーを利用する人や大学チームや小学生、中学生を対象としたNZ合宿ツアーなどでやってきている日本人がゲレンデでは見られます。

そういった団体ツアーではなくて個人でもクイーンズタウン、ワナカへとスキー、スノーボードを短期間楽しみに来ることも可能です。そういった個人NZスノーツアーを仕立てるのにNZスノーサポートのサイトページは役に立つでしょう。

クイーンズタウン、ワナカへの個人スノーツアーを個人手配するのに役立つNZスノーサポート

クイーンズタウン、ワナカのスキー場への行き方が分かるゲレンデ情報ぺージ

NZスノーサポートではクイーンズタウン又はワナカに滞在しながらスキー場へ通うための旅行情報を全て紹介しています。まずはクイーンズタウンとワナカ近郊のスキー場であるカードローナ、リマーカブル、コロネットピーク、そしてトレブルコーンのゲレンデ情報からゲレンデではないヘリスキーの情報まで載せています。

NZスノーサポートのゲレンデ情報ページで分かること。

  • カードローナ、コロネットピーク、リマーカブル、トレブルコーンスキー場のゲレンデ情報
  • リフト券、シーズンパスなどの18年シーズン料金
  • クイーンズタウン、ワナカからゲレンデへの送迎バス会社の料金や違い
  • クイーンズタウン、ワナカ、そしてマウントクックで行われるヘリスキーの料金や詳細

クイーンズタウンとワナカにスキー、スノーボード目的で滞在するための旅行情報ページ

クイーンズタウンとワナカに滞在しながらゲレンデへと通うための旅行情報を町ごとの2つのページで紹介しています。

クイーンズタウン又はワナカでのスノー滞在ページで分かること、

  • クイーンズタウン空港へやってくるための航空券
  • クイーンズタウン空港から格安レンタカーをオンライン予約
  • ワナカへのクイーンズタウン空港、もしくはクライストチャーチ空港からの道のりと日本語マップ
  • クイーンズタウンとワナカのそれぞれのスノー滞在に適したお勧めホテル、アパートメント、バックパッカー情報
  • ゲレンデへの送迎バス
  • クイーンズタウン、ワナカの町にあるレンタルショップ
  • クイーンズタウン、もしくはワナカから出発できるヘリスキー会社

クイーンズタウン空港から格安レンタカーならエースレンタルカーがお勧め

クイーンズタウン空港には大手のレンタカー会社(Avis,Herz,Budgetなど)の受付カウンターが空港ビル内にありますがその空港ビルの正面に格安レンタカーとして知られるNZのレンタカー会社;エースレンタルカーがあります。スバルレガシーやトヨタRav4などの4WD車のストックも豊富にあります。

 

クイーンズタウン,ワナカの18年スキー場オープンは6月9日から

クイーンズタウンとワナカにあるスキー場の18年シーズンは6月9日にオープンされるリマーカブルスキー場から始まります。今年NZの冬を日本の夏にスキー、スノーボードで楽しもうという方は今から飛行機やホテル、そしてレンタカーの予約をされることをお勧めします。

クイーンズタウンとワナカ近郊には4つのスキー場があり、18年シーズンのオープン予定日がそれぞれ決められています。また、リフト券の料金も分かっていて、早期販売割引のきくシーズンパスや回数券的な複数日数パスの販売もオンラインで行われています。

カードローナスキー場;Cardrona
18年シーズン;6月16日~10月14日
18’リフト券;一日券=7~9月;$115、6月&10月;$99
早割シーズンパス;3月31日までに購入=$899、Saverシーズンパス(6/30~7/20は無効)=$649
早割4日、6日間パス;4月30日までに購入=4日間パス(7日間有効,6/30~7/20は無効);$300、6日間パス(14日間有効,6/30~7/20は無効);$414

リマーカブルスキー場 Remarkable
18年シーズン;6月9日~10月7日
18’リフト券(コロネットピークと共通利用可);一日券=$119
早割シーズンパス(コロネットピークと共通利用可);4月5日までに購入=$649
早割4日、6日間パス(コロネットピークと共通利用可);4月5日までに購入=4日間パス(12日間有効);$288、6日間パス(12日間有効);$405

コロネットピークスキー場 Coronet Peak
18年シーズン;6月16日~9月30日
18’リフト券(リマーカブルと共通利用可);一日券=$119
早割シーズンパス(リマーカブルと共通利用可);4月5日までに購入=$649
早割4日、6日間パス(リマーカブルと共通利用可);4月5日までに購入=4日間パス(12日間有効);$288、6日間パス(12日間有効);$405

トレブルコーンスキー場 Treble Cone
18年シーズン;6月28日~9月23日
18’リフト券;一日券=$135
早割シーズンパス;3月30日までに購入=$1399
2日以上リフトパス(シーズン中有効);2日間パス;$260、3日間パス;$345、4日間パス;$440、5日間パス;$525、10日間パス;$950

17年8月のカードローナスキー場。NZで最も人気の高いスキー場。スキーヤーには広々とした斜面をフリーライドで楽しめるゲレンデで知られるけど、やはりここはフリースタイル系向けのパークが充実しているので初心者からレベルの高いスノーボーダー、スキーヤーが集まります。毎年日本のスノーボードチーム(平野歩夢を含む)もやってきてパイプの大会の上位常連になってます。また、あのショーンホワイトが昨年大けがをしたのも写真に写っているオリンピックスーパーパイプです。

これらのスキー場にはクイーンズタウンやワナカに滞在しながら通うことになるのですが、最寄りの飛行場はクイーンズタウンエアポートになります。このクイーンズタウン飛行場までスキーシーズン真っ盛りの7月,8月に日本からやってくるための航空券も割引セールをNZ航空が行ってます。またシドニー経由ですが羽田を発着地として、カンタス航空や全日空を使ってもクイーンズタウンまでやってくることができます。

カンタス航空利用で羽田発着シドニー経由だと4月から9月までのNZがサマータイムを行っていない時期にはシドニー乗継が同日に行われるため日本とクイーンズタウンとの往復がスムーズになります。NZ航空利用だと行き帰りにどうしてもオークランドを経由するため日本とクイーンズタウンまでやってくるのにその時間はあまり変わらないことになります。

カンタス航空の正規割引運賃での羽田/クイーンズタウン往復料金は99000円~となっています。けれど実際スーパーカンガルーというカテゴリーでの7月、8月の片道最安値では76000円という格安料金の席がたくさん見つけることができるでしょう。往復ではそして諸税を加えて160700円となりますが、これはNZ航空の成田又は羽田発着のオークランド直行便+クイーンズタウンまでオークランド経由の最安値チケットとほぼ同じ料金になります。

NZブリーズの兄弟サイトであるNZスノーサポートではクイーンズタウンとワナカにスキー、スノーボードを楽しみに個人旅行でやってくる人のための旅行情報(スキー場の情報、お勧めのホテル、レンタカーのオンライン予約、ヘリスキーやレンタルショップの情報まで)を満載しています。

クイーンズタウン、ワナカのスキー場へ個人旅行でやってくるための旅行情報ページ;NZスノーサポート

 

クイーンズタウンは真冬を迎えました。

ニュージーランドの16年の冬は暖冬といわれてましたが、7月30日には各地に大雪警報などが出るようになり、やっと本格的な冬を迎え今年は8月が真冬の月になりそうです。

クイーンズタウンは7月31日の朝になって今年初めて山の麓の町まで雪化粧しました。粉雪が舞う朝を今年は初めて迎えたわけです。例年なら6月、7月にこのような日が2~3日あってもいいのですが、今年は山の上の方は雪であっても麓は雨になっている日(又はスキー場でも雨の日)が続きました。さすがに気温は冬の気温であったのですが、雪が少ない年になっていましたが、8月になってやっと冬らしい雪化粧した景色になっています。

クイーンズタウン周辺のスキー場は先週から今週にかけての積雪でオフピステも雪で覆われるようになったようです。これで何とか9月下旬までスキー場はやって行けそうです。

8月に再び暖かい北風が吹き込む日があるとこの雪も解けてしまうのですが、今年はこの山の上に積もった雪の雪崩が多くなりそうな感じが出てきています。スキー場でも雪崩が起こる斜面はあるのですが、スキー場ではない観光地もこの雪崩が心配されるところがあります。その代表がミルフォードサウンドへの道のりです。

ミルフォードサウンドまでは冬でも観光バスが毎日のようにクイーンズタウンから出発していきます。ただそのミルフォードサウンドまでに行き着く途中の山岳地帯は非常に雪崩の起こりやすいところなので、毎日その雪崩が起こりそうな山の上に設置されたモニター機器により監視されています。そして雪崩の危険性が高まるとこのミルフォードサウンドへの道(国道94号線)は一切の車両が通れない道路閉鎖処置がされます。この道路クローズが今年は7月14日を初めての日として、7月31日までにはほぼ2日に一日が閉鎖となっています。ミルフォードサウンドという場所柄雨が多いところなので寒い日には大量に雪が山の上にも積もるのですが、ちょっと風向きが暖かい北向きになると雪が雨に変わります。こんな日が続くと雪崩が起こりやすくなります。例年春先の9月、10月にこのミルフォードサウンドの道が雪崩の影響で閉鎖になることが多いのですが、今年は8月にもそんな日が増えそうです。

リマーカブルスキー場7月27日

(先週末の7月23日からクイーンズタウン周辺のスキー場は積雪があって、どのスロープも滑ることができるようになったのですが、昨日の7月30日から今朝にかけても更なる積雪があって、本格的なスキーシーズンがやっと訪れそうです。今年は8月のお盆前後にこのスキー場に訪れる方がベストなコンディションになりそうです。写真は7月27日のリマーカブルスキー場。)

ミルフォードサウンドへの道のり

(ミルフォードサウンドへの道が閉鎖になるときはクイーンズタウンからの一本道である国道わきの電光掲示で道路状況が分かるようになっています。昨日撮ったこの写真の意味は国道94号線のテアナウ;Te Anauまではオープン、だけどテアナウからミルフォードサウンド;Milfordまでの94号線は閉鎖;closeということです。)

28th July Milford Road report

(NZブリーズにはミルフォードサウンドへの定期観光バスを運行している会社から冬の間はこのようなミルフォードサウンドへの道路状況、予報をメールで毎朝知らせてくれます。このメールでもミルフォードサウンドの道路が閉鎖ということが分かるのですが、閉鎖理由が路面凍結(ICE/GRID)と雪崩の危険性が高い(AVALANCH HAZARD HIGH)ということまで分かり、ミルフォードサウンドへ向かう観光ツアーの中止理由などが分かります。ちなみに7月14日、15日に閉鎖になった後7月24日以降今朝まで閉鎖状態連日続いています。)