ミルフォードトラック19/20シーズン個人ウォーク6月11日から予約開始

ミルフォードトラック19年20年オンライン予約開始日

ミルフォードトラックの19年~20年シーズン個人ウォークでの山小屋予約が6月11日からオンラインで開始されます。おそらくこの日のうちに19年の11月から20年の3月ぐらいまでの毎日40名限定の予約がほぼ埋まってしまうことが予想されます。今からこの日に向けて旅行計画を練っていた方が良いでしょう。

ミルフォードトラックを個人ウォークで19年/20年シーズン歩くためのオンライン予約への備え

DOCのサイトページでミルフォードトラック個人ウォークの予約が6月11日AM9時30分からオープン。

ミルフォードトラックを個人ウォークで歩くにはだれもが宿泊する山小屋の予約が必要です。その山小屋3泊分のオンライン予約が6月11日NZ時間のAM9時30分から受付開始されます。

DOCのミルフォードトラックの解説ページではその内容から費用、予約手順、日程や必要装備などまで詳しく解説されています。

DOCミルフォードトラック個人ウォークページ

ミルフォードトラックを歩くための日本語解説ページとして歩いてNZのページを活用してください。

NZのトレッキングに関してのNZブリーズの兄弟ページとしてNZトレッキングサポート/Aruitenz.com ではミルフォードトラックを歩くための手段や予約方法を解説しています。

NZトレッキングサポートNZグレイトウォーク歩き方ページ

NZトレッキングサポートのNZグレイトウォークの歩き方ページではミルフォードトラックとルートバーントラックを個人ウォークで歩く方法とガイデッドウォークと呼ばれるツアーに参加して歩く方法を紹介してます。また、クイーンズタウン、テアナウから日帰りでミルフォードトラック、ルートバーントラックをガイド付きで歩くツアーも紹介しています。

ARUITENZcomのミルフォードトラックページ

NZトレッキングサポートのNZトレッキングギャラリーの中にはミルフォードトラックの詳細、体験談なども分かる詳細ページがあり、ミルフォードトラックを実際個人ウォークで歩くことができれば是非参考にしてほしいページです。

ミルフォードトラック19年個人ウォーク受け付けは6月中旬

ミルフォードトラック個人ウォークオンライン予約

ミルフォードトラックの19年-20年シーズンの個人ウォーク受付は6月中旬からオンラインで受け付けられます。その日時は6月上旬に発表されます。

ミルフォードトラックを歩きたい方は6月中旬のオンライン予約日に向けて今から準備しましょう。

ミルフォードトラックの個人ウォークはそのオンライン予約が始まって2-3日でほぼ全シーズンの山小屋が予約が埋まってしまう異常人気のトレッキングルートです。昨年は本当に2~3日でほぼ80%のシーズン中の毎日が予約で埋まりました。その予約者はほぼ海外からのトレッカーによる予約で、今やNZの人には歩きに行けるトレッキングルートでは無くなっています。

6月中旬からオンライン予約が始まりますが、8月ぐらいからNZの山歩きを思いついた人にとってはすでにその年のミルフォードトラックは予約が埋まっていて歩ける状況ではないので、代わりに歩けるところを探す羽目になる人が毎年続出します。

ミルフォードトラックの山小屋オンライン予約

ミルフォードトラック個人ウォークの歩き方

国立公園を管理する政府機関DOCのホームページでミルフォードトラックの個人ウォークの歩き方が紹介されています。

その中にオンライン予約の開始時期やHow to Bookingではオンラインの方法や山小屋を予約(歩き出す日を決めれば山小屋3泊分の予約が一気に予約できる)とミルフォードトラック前後の交通手段(ボートやバス)も併せてこのオンライン予約で一気に決められることなどが紹介されています。

だから、今からでも歩きだす日を第一候補、第2候補を決め、ボートの時間、そのボートに併せてのバスをどの区間(クイーンズタウンからテアナウダウンズにするか、テアナウからテアナウダウンズに行くか?またミルフォードトラックを歩き終わった日にミルフォードサウンドから何時のバスでテアナウまで、又はクイーンズタウンまで戻るかどうかなど)を予約するかを検討していたほうがいいでしょう。

ミルフォードトラックのオンライン予約の前にアカウント作成

ミルフォードトラック個人ウォークの歩き方

このブログを6月前にどこかで見つけてミルフォードトラックを19年-20年シーズンに歩こうと考えている方はまだラッキーだと思っていただいて、まずはオンライン予約前にミルフォードトラックを含めた山小屋予約が必要なグレイトウォークのアカウントを作成しておきましょう。

この予約システムは今年になってまた変更されていて、かなり使い勝手がいいものになっています。もちろんスマホ対応になっていますので世界中からの予約者が予約開始時間からアクセスすることになるでしょう。

昨年の18年は6月3日に予約開始日が発表され、6月19日からオンライン開始、その日の夜には11月12日以降3月12日までほぼ毎日の山小屋予約数40人が埋まっていました。

ミルフォードトラックを歩くための予備知識に役立つサイトとビデオ

ニュージーランドトレッキングサポート/aruitenz.com

ニュージーランドトレッキングサポートページaruitenz.com

ミルフォードトラックの個人ウォークについて、またミルフォードトラックをツアー参加で歩けるガイデッドウォークについても分かります。

ミルフォードトラック以外の日帰りトレッキングやマウントクックでのトレッキングルートなども詳細が分かります。

ミルフォードトラックを歩く際の必要装備やトラックがどのような道のりかがすごく分かりやすいビデオ

19年2月14日雨の日にミルフォードサウンドにサンドフライポイントからボートで到着したミルフォードトラックを歩きぬいた人たち

ミルフォードトラックを歩きぬいてミルフォードサウンドに到着した人たち2月19日

 

NZ南島周遊ホテル付き19年8月~12月のツアー4コース

NZブリーズホテル付きツアー8月から12月

NZブリーズはクイーンズタウン空港、又はクライストチャーチ空港到着からNZ南島を周遊する個人旅行者向けにホテルを含めたツアーを行っています。その19年8月から12月の4コースの予約を受け付け開始しました。

NZブリーズ19年8月以降ホテル付き周遊ツアー4コース

NZ南島人気観光地を縦断するツアー/ 8月9月10月催行

コース.1 春のテカポ湖とマウントクック、クイーンズタウンに宿泊。ミルフォードサウンド観光付き5日間ツアー

ニュージーランド観光での定番で人気観光地に泊まりながら見どころを逃さず縦断する4泊5日ツアー

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
母娘親子での2人旅、NZにいる娘と一緒に3人家族旅行、熟年カップル、大自然大好きなカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • 星空が見えやすい時期のテカポ湖に1泊
  • マウントクックが見えるハーミテージホテルの部屋にて宿泊+夕食&朝食付き
  • セントラルオタゴワイナリーに立ち寄り休憩
  • ミルフォードサウンドには日本語ドライバーガイドの専用車利用で一日観光。

2名以上での参加可能
料金:8月,9月出発/NZ$2300/お一人、10月出発/NZ$2500/お一人

NZブリーズホテル付きツアー1

コース.1 春のテカポ湖とマウントクック、クイーンズタウンに宿泊。ミルフォードサウンド観光付き5日間ツアースケジュール

NZ南島人気の日帰りトレッキングツアーやマウントクックでの自由ハイキングが含まれたツアー/ 11月~12月21日催行

コース.16 ミルフォードトラックとルートバーン、マウントクックを日帰りトレッキング三昧6日間ツアー

ミルフォードトラックとルートバーントラック、そしてマウントクックのフッカーバレーを半日又は日帰りで歩くことができる6日間ツアー。

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
山歩きが大好きな2人旅、母娘親子での2人旅、熟年カップル、大自然大好きカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • クイーンズタウン発着日本語ガイド付きルートバーントラック一日体験トレッキングツアーに参加
  • テアナウから専門英語ガイド付き半日ミルフォードトラック体験トレッキングツアーとミルフォードサウンド遊覧クルーズ乗船
  • セントラルオタゴワイナリーに立ち寄り休憩
  • ルピナスが咲き乱れる時期にテカポ湖にて2連泊
  • 日本語ガイドが専用車にてテカポ湖からマウントクック日帰り観光、
    人気のフッカーバレーへの個人自由ハイキングの時間が持てます。

2名以上での参加可能
料金:11月~12月21日出発=NZ$3100/お一人

NZブリーズホテル付きツアー日帰りトレッキング三昧

コース.16 ミルフォードトラックとルートバーン、マウントクックを日帰りトレッキング三昧6日間ツアースケジュール

NZ南島人気観光地を縦断するツアー/ 11月~12月21日催行

コース.11  ルピナスのテカポ湖に2泊、マウントクックとミルフォードサウンドに日帰り観光5日間ツアー

マウントクック訪問とワイナリー訪問も含み,ミルフォードサウンド観光後はテアナウにて宿泊する5日間。

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
草花好きの2人旅、母娘親子での2人旅、熟年カップル、大自然大好きカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • ミルフォードサウンドへは乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加。
  • セントラルオタゴワイナリーに立ち寄り休憩
  • ルピナスが咲き乱れる時期にテカポ湖にて2連泊
  • 日本語ガイドが専用車にてテカポ湖からマウントクック日帰り観光、
    人気のフッカーバレーへの個人自由ハイキングや現地オプショナルツアーへの参加の時間が持てます。

2名以上での参加可能
料金;11月~12月21日出発=NZ$2900/お一人

NZブリーズホテル付きツアーテカポ湖に2泊5Days

コース.11  ルピナスのテカポ湖に2泊、マウントクックとミルフォードサウンドに日帰り観光5日間ツアーのスケジュール

コース.DUD3 ルピナスのテカポ湖に2泊、ペンギンとタイエリ鉄道+ミルフォードサウンドを6日間周遊ツアー

NZ南島到着後テカポ,マウントクック、そしてミルフォードサウンドなどを巡りながらタイエリ峡谷鉄道やダニーデンでのブルーペンギンツアーも含まれる充実の6日間ツアー

このツアーにお勧めの個人旅行者は、
大自然大好きな2人旅、母娘親子での2人旅、熟年カップル、鉄道好きのカップル

ツアーに含まれる主なハイライト、最所は、

  • ミルフォードサウンドへは乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加。
  • タイエリ峡谷鉄道乗車、夜にはブルーペンギン見学ツアー参加
  • モエラキボールダーズ見学
  • ルピナスが咲き乱れる時期にテカポ湖にて2連泊
  • 日本語ガイドが専用車にてテカポ湖からマウントクック日帰り観光、
    人気のフッカーバレーへの個人自由ハイキングや現地オプショナルツアーへの参加の時間が持てます。

2名~4名での参加のみ
料金;11月~12月21日出発=NZ$3300/お一人

NZブリーズホテル付きツアーダニーデン6日間

コース.DUD3 ルピナスのテカポ湖に2泊、ペンギンとタイエリ鉄道+ミルフォードサウンドを6日間周遊ツアーのスケジュール

NZブリーズのホテル付きツアーの詳細、問い合わせ先などが分かるページ

NZブリーズホテル付きツアーページ

 

ルートバーントラックのフラットハットまでなら5月以降でも歩けます。

ルートバーントラック個人ウォーカー4月12日

ルートバーントラックのルートバーンフラットまでならクイーンズタウンを出発して日帰りで5月以降の冬の期間、7月、8月でも歩きに行くことができます。

ルートバーントラックのルートバーンフラットまで4月12日に歩いてみました。

ルートバーン渓谷の清流4月12日

ルートバーンとはこの澄み切ったとてもきれいな川の名前。氷河の削り取った深い渓谷に流れる川は冬の間も枯れることなく、凍り付くことなく流れています。

ルートバーンフラットハットからの景観

ルートバーンフラットの標高は700m、冬の間もこの標高まで雪が降りてくることは無く、しかし周りの切り立った山肌がすっかり1000mぐらいから雪化粧した姿を眺めることができる絶好スポットになります。

ルートバーントラック個人ウォーカー

ルートバーントラックでは苔むした原生林の森の中を歩くのがハイライトにもなります。その原生林のほとんどが常緑樹であるため5月以降の冬の時期でも緑豊かな森の中になり、林床にはシダやコケがこれまた緑豊かに映える森です。

さすがに太陽が高くは昇らなくなるため谷底のこの森も霜が降り、とても冷え込むのですが、アイゼンが必要なことは全くなく普通のトレッキング・シューズで歩くことができます。

また森の中の鳥たちもこの森にすみ着いている鳥たちばかりなので冬の間も歩いているとその出会いがあります。

4月12日にはこの森にだけいるといっても良い、希少種のイエローヘッドと言うNZの野鳥を見かけたのですが、写真を撮るにはスマホでは対応できなかったのでこのブログには載せられませんが、他にもライフルマンがたくさん、いつものNZロビンやファンテイルも歩いている周りに出てきてくれました。

NZブリーズのクイーンズタウン発着現地オプショナルツアーページでこのルートバーントラック日帰り日本語ガイド付きツアーを予約できます。

NZブリーズクイーンズタウン発着現地ツアーページ

 

1月29日ルートバーントラックを歩いてた人の服と野鳥とNZの花

ルートバーントラック歩いている人の服装

1月29日にクイーンズタウンから日帰りでルートバーントラックの一部であるルートバーンフラットまで歩いているときに出会った歩いていた人の服装や原生林の森の中で見られた野鳥、そしてこの時期に咲いているNZの高原の花を紹介します。

ルートバーントラックを歩く3種類の違いによる歩いている人の服装、装備の違い。

ガイデッド・ウォークで2泊3日ルートバーントラックを歩いている人

ルートバーントラックガイデッドウォーカー

ルートバーントラックを2泊3日掛けて歩くには、ミルフォードトラックと同じくUltimate Hike社が主催するガイデッドウォークに参加して歩く方法がありますが、これに参加すると着替えと雨具などだけをバックパックに入れて歩いていくことができます。また、このツアーでは適したバックパックやレインジャケットの貸し出しもある為かなり軽装備で3日間歩くことができます。

個人ウォークで2泊3日ルートバーントラックを歩いている人

ルートバーントラック個人ウォーカー

ルートバーントラックを歩くには個人で歩くこともできますが、山小屋のベッドにはマットレス、またキッチンにはガスコンロの設備があるだけなので個人の寝袋、3日間分の食料、自炊用の食器類を持ち歩きます。だからかなりバックの中には着替えなども含めて重たい荷物になります。

写真は3日間歩き終えてルートバーンシェルターへと歩いてきた韓国人の女性の2人組です。欧米の人たちは半そでTシャツ、半ズボンの軽装で歩いている人が多いのですが、さすがに夏の1月2月と言えども標高も高い所を歩く道のりはアジアの人にはかなり寒く感じることになるでしょう。だから写真の人のような速乾性の高い長そで肌着などがお勧めです。日差しのある時でも肌をあまり出さない服装がお勧めです。日本と違って夏のNZの山はかなり乾燥しているので汗がすぐに蒸発していきます。

クイーンズタウンから日帰りでルートバーンフラット、又はルートバーンフォールズまで歩いている人

ルートバーントラックデイウォーカーの服装

ルートバーントラック日帰りデイウォーク

日帰りでルートバーントラックの一部を歩くのはクイーンズタウンからはこのルートバーンフラット又はその上のルートバーンフォールスまで、そしてミルフォードサウンドまでの道のり側にあるディバイドからキ-サミットまで登るルートが一般観光客にも人気のウォーキングトラックになっていて夏のシーズン中はどちらもたくさんの人が歩いています。

日頃山歩きなどしないような人で町歩きの服装で歩きに来てる人もたまに見かけますが、せめて写真のカップルのような服装はして歩くのが楽に、快適に歩けるでしょう。靴もせめて運動靴、風よけにもなるレインジャケットとミネラルウォーターをバッグの中に入れて、ルートバーン・フラットまでならスティックもいらないでしょう。早く歩ける人なら往復3時間でも歩けますが、ランチをもって一日ハイクとするのがお勧めです。

クイーンズタウンから日帰りでルートバーントラックを歩くにはレンタカー利用が一般的

クイーンズタウン空港から格安レンタカー日本語個人手配

ルートバーン・フォールズまでに1月29日見られた野鳥とNZの高原の花

NZロビン / New Zealand Robin / ニュージーランドコマヒタキ

NZロビンルートバーントラック

ルートバーントラックの特にルートバーンシェルターからルートバーンフラットまでの森の中ではこのNZロビンに出会えるチャンスがかなりあります。けれどさっさと歩いていると見逃すと思いますが、このNZの小鳥は人が歩いて落ち葉などが掘り返された後にいるかもしれない虫などを見つけるために地面まで降りてきます。だから人が歩く道のりに待ち構えていたりします。

ライフルマン / Rifleman / ミドリイワサザイ

ライフルマンルートバーントラック

この鳥は名前には似つかずとても小さな体で森の中を、しかも地面近くでも虫を見つけるために飛び回っています。かなりの確率でこの小鳥に歩いていても見つけることができるのですが、さえずる声は非常に小さくあまり鳴くことなく、小さな体なので歩いている人はほぼ見過ごすでしょう。

絶えず森の中を忙しそうに飛び跳ねるように動き回っているので、写真に捉えるのも難しい小鳥です。

ブラック・オーキッド / Black Orchid

ブラックオーキッドルートバーントラック

NZの森の中にこの時期に咲いているランです。ルートバーントラック上でも1月下旬はもう開花時期が終わりに差し掛かっていて来週には恐らく花の姿は見られないでしょう。

けれど2月上旬にかけてはもしかしたらサンオーキッドを言う紫色の花を咲かせる小さなランの花がこのルートバーントラック上に見られるかもしれません。

マウンテン・リボンウッド / Mountain Ribbonwood

マウンテンリボンウッドルートバーントラック

NZの原生林の森の中の樹木の花で1月に咲いていて、樹高が6mほどなので歩いていても目につきやすい花がこのマウンテンリボンウッドの花です。

NZの中でも数少ない落葉樹の一つで、しかも世界でもNZの南島にしか見られない樹木です。

ルートバーントラックをクイーンズタウンから日帰りで歩くのに役立つNZブリーズのグレノーキーページ

NZブリーズグレノーキーページ

ルートバーントラックの日帰りハイキングに役立つGPSデータ付き日本語ルートマップやクイーンズタウンからレンタカーでルートバーン・シャルターへと行くまでの観光スポットも分かります。

ルートバーントラックで12月に見られるランの花3種とヤドリギの花

ルートバーントラック一日体験ハイキングツアー

ルートバーントラックは12月に入ってトレッキングシーズン最盛期を迎えるようになってきてます。本来は2泊3日掛けて歩く道のりの一部分ですが、日帰りで歩けるルートバーンフラットまでとキ-・サミットを先週歩いて見つけたランの花とヤドリギの花を紹介します。

ルートバーントラックが体験できる日帰りトレッキングコースで12月に見られたNZの高原の花。

ルートバーントラックで12月に見られるランの花

グリーン・フード・オーキッド/Greenhood Orchids

緑色の頭巾を被るようなランという名前通りの姿の花。12月にはかなりトラック脇に見られるのですが、苔むした林床に咲いているので同じ緑色の色合いから苔むした道端では見落としがちです。

グリーンフードオーキッドルートバーントラック

このグリーンフードオーキッドはよくまとまって咲いているので、一つ見付けると周りにたくさん見つけることができるでしょう。12月中はルートバーンフラットまでのトラック脇とキーサミットまでの原生林の森の中で咲いています。

グリーンフードオーキッドルートバーントラック

スレンダー・フォレスト・オーキッド/Slender Forest Orchid

この蘭の花もとても小さく、そして苔むした林床に交じって咲いているので見落としやすい花です。12月5日以降ルートバーンシェルターから歩き始めて原生林の森の中に入るとたくさん咲いているのを見つけることができました。

スレンダーフォレストオーキッドルートバーントラック

ホワイト・フィンガーズ・オーキッド/Whitefingers Orchid

このランは白色の花びらだから結構見つけやすいかもしれません。ルートバーンフラットまでの道のりでは一輪しか咲いていませんでしたが、12月9日の段階ではキーサミットへの道のりで森を抜けてからキーサミット頂上への道端でシダやデイジーの葉っぱに隠れるようにたくさん咲いていました。

ホワイトフィンガーズオーキッドルートバーントラック

ヤドリギのレッドミスルトゥの花/Red Mistletoe

12月に入るとNZの原生種の木も花を咲かせます。その花が鮮やかな赤い色の花が多くて、サザン・ラタ/Southern Rataやポフツカワ/Pohutukawaなどと共にこの時期に合わせてNZのクリスマス・ツリーと呼ばれたりしていますが、ルートバーンシェルターの周りの森の中にはヤドリギの赤い花を見つけることができます。

今年は特にこのレッドミスルトゥの花がたくさん咲いているような気がしますが、NZの固有種であるブナの木にだけ寄生するヤドリギです。常緑のNZのブナの森の中ではこの鮮やかな赤色の花はかなり目立ちます。その目立つのは蜜を求めてやって来るNZの小鳥たちを集めるためです。

クイーンズタウンから日帰りでルートバーントラックを体験ハイキングができるルートバーンフラットまでの道のり

クイーンズタウンからルートバーントラックを日帰りで体験ハイキングしてみたいならルートバーンシェルターを出発してルートバーンフラットハットまでの往復トレッキングがお勧めです。

クイーンズタウンからレンタカーや日本語ガイド付きツアーに参加するのが一般的ですが、道のりは苔むしたNZブナの森の中をとてもきれいなルートバーンの川の流れを見下ろしながら川の上流へと緩やかな坂道を歩いて行けます。

ルートバーン渓谷とトラック

ルートバーンの川の上流へ歩いていくと氷河地形の特徴でもある平らな草原、河原が広がるルートバーンフラットにたどり着きます。晴れていたらその河原でのランチは最高のひと時になるでしょう。

ルートバーンフラット

クイーンズタウン発着日帰りルートバーントラック体験日本語ガイド付きツアー

NZブリーズではルートバーントラックを一日だけ体験して見たい人向けにクイーンズタウンから出発していく日本語ガイド付きの現地オプショナルツアーの申し込みを受け付けています。

クイーンズタウン発着AM8:00~PM17:00
12/25以外の毎日催行可能
ルートバーンシェルターから往復約13km,高低差250mほどを歩きます。
歩行時間約5.5時間
ある程度体力のある人向け。
雨天決行
日本語ガイド同行

クイーンズタウン空港から格安レンタカーならAce Rental Carsがお勧め

NZのレンタカー会社のエースレンタルカーのクイーンズタウン空港オフイスは空港ビルの正面にあるので便利です。オンライン予約が可能です。

クイーンズタウン空港エースレンタルカー事務所

ミルフォードトラックとマウントクックの日帰りトレッキングを含むNZ南島ツアー

NZのトレッキングシーズンにミルフォードトラックやマウントクックなどの人気トレッキングルートを日帰りで歩くことができる日程が含まれ、テカポやクイーンズタウンなどの観光地を巡るホテル付きのNZブリーズのツアー2コース、予約、問い合わせを開始しました。

NZブリーズのホテル付きツアーはクイーンズタウン、又はクライストチャーチ空港到着から始まるNZ南島の現地ツアーです。そのツアーに日帰りトレッキングを主な目的とした周遊ツアーを18-19年シーズンは2つのコースを用意しました。

ミルフォードトラックやルートバーントラックといったNZのトレッキングでの代表的ルートを一日、もしくは半日で、しかもガイド付きの体験トレッキングが楽しめる現地ツアーを含み、マウントクックではフッカーバレーやケアポイントなどの人気ルートへ個人で自由に歩ける時間を2つのコースでは設けています。

NZにトレッキングを目的にやってきて代表的なトレッキングルートを日替わりで巡ってみたい方には最適なツアーになるでしょう。

NZ南島人気の日帰りトレッキングツアーやマウントクックでの自由ハイキングが含まれたツアー

(16)NZ南島日帰りトレッキング三昧6日間ツアー

ミルフォードトラックとルートバーントラック、そしてマウントクックのフッカーバレーを半日又は日帰りで歩くことができる6日間ツアー。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • テアナウ2泊+クイーンズタウン2泊+マウントクック1泊
  • ミルフォードトラック半日ガイド付きトレッキングツアー
  • ミルフォードサウンド遊覧クルーズ
  • ルートバーントラック日本語ガイド付き一日トレッキングツアー
  • マウントクックでの半日の自由トレッキング時間
  • テカポでの下車観光
  • 日本語ドライバーガイドによるチャーター車移動
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能

2名以上での参加可能
料金;NZ$2750/お一人
18’10/26~19’4/21出発
*出発日により催行できない日があります。

NZ南島日帰りトレッキング三昧6日間ツアー日程表はこちら

(5)ミルフォードトラックとマウントクックをトレッキングで楽しむ5日間ツアー

ミルフォードサウンドで宿泊して、ミルフォードトラックの半日ガイド付きツアーとミルフォードサウンド遊覧クルーズも楽しめるツアー。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • テカポ2泊+テアナウ1泊+ミルフォードサウンド1泊
  • テカポに2連泊
  • テカポからマウントクックに日帰り観光
  • マウントクックでの終日の自由トレッキング時間
  • ワイナリーでのランチタイム
  • ミルフォードサウンドロッジのシャレーに1泊
  • ミルフォードトラック半日ガイド付きトレッキングツアー
  • ミルフォードサウンド遊覧クルーズ
  • 日本語ドライバーガイドによるチャーター車移動
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能
  • クイーンズタウンのホテルは含まれません。

2名での参加のみ
料金;NZ$2850/お一人
18’10/26~19’4/21出発
*出発日により催行できない日があります。

ミルフォードトラックとマウントクックをトレッキングで楽しむ5日間ツアーの日程表はこちら

NZブリーズのホテル付きNZ南島周遊ツアーページ

ミルフォードトラックの一部分であるサンドフライポイントからジャイアントゲートフォールスまでの片道5.5kmほどの道のりをガイド付きで歩ける現地小人数ツアーに参加ができます。

マウントクックでは自由時間を終日とれます。その自由時間に人気のフッカーバレートラックもフッカー氷河湖まで片道約7kmほどの平坦な道のりを写真も撮りながら歩けます。

NZ南島の春,9月10月に観光とトレッキングを楽しむツアー

NZ南島の9月、10月は春先のとてもいい季節です。牧場は新緑が広がり、子羊がどんどん生まれてくる時期で牧場がとても華やぎます。また、山肌には雪が残っていてこれも一年の中で最も景観がきれいな時期です。そして9月末からはサマータイムも始まる日中の時間がどんどん長くなり観光やトレッキングにもいい時期になっていきます。

NZブリーズの9月、10月限定、ホテルと日本語ドライバーズガイドによる専用車での移動が含まれている18年度ツアー、11月7日出発まで延長

(8)春のNZ南島ハイキングとミルフォードサウンド5日間ツアー

ミルフォードサウンド観光とルートバーントラックの日帰り日本語ガイド付きハイキングが楽しめる4泊5日ツアー。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • クイーンズタウン3連泊+テカポ1泊
  • マウントクックにて4~5時間の自由時間
  • ミルフォードサウンド日帰り観光バスツアー
  • ルートバーントラック日本語ガイド付き一日トレッキングツアー
  • 日本語ドライバーガイドがご案内
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能

2名以上での参加可能
料金: 9月,10月=NZ$2100/お一人

日程表はこちら

(3Day1) テカポとマウントクックのホテル付き2泊3日縦断ツアー、
好評につき11月7日出発まで催行延長

テカポとマウントクックに2泊してクイーンズタウンとクライストチャーチ間を3日間かけて観光縦断。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • テカポ1泊+マウントクック1泊
  • マウントクックはハーミーテージホテル泊,朝食と夕食付
  • ワイナリーでのランチタイムを含む
  • 日本語ドライバーガイドがご案内
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能
  • クイーンズタウンのホテルは含まれません。(クイーンズタウンのホテルは自己手配、もしくはNZブリーズにて手配も可能です。要問合せ。)

2名以上での参加可能
料金:9月出発=NZ$1500/お一人 10月出発=NZ$1600/お一人
11月1日~11月7日出発=NZ$1800/お一人

日程表はこちら

NZブリーズのホテル付きNZ南島周遊ツアーページ

17年の9月27日のマウントクックのフッカーバレートラック。トレッキング道には雪や凍結もなく、けど周りの山肌にはたんまりと雪が残っているとてもきれいな景観を見ながら歩くことができます。NZブリーズのツアーの日程ではこのマウントクックでの個人トレッキングの為の自由時間を持つことができます。

ルートバーントラックは10月末から山開きがされますが、ルートバーン・フラットまでなら積雪などの心配もなく冬でも歩くことができます。そのルートバーンフラットまで日本語ガイド付きでクイーンズタウンから日帰りでトレッキングを楽しむ現地ツアーを(8)春のNZ南島ハイキングとミルフォードサウンド5日間ツアーには含めています。

ミルフォードトラック個人ウォーク18/19山小屋予約6月19日から

ミルフォードトラックの個人ウォーク2018年~19年度シーズン山小屋予約のオンライン予約が6月19日から始まります。今年はその予約のためのオンラインアカウントを作る必要があるようになり、その受付は6月11日から始まります。

18/19年シーズンミルフォードトラック個人ウォークは10月23日から

NZにやってくる目的がこのミルフォードトラックを歩くため!!、という人が待ち焦がれていた個人ウォークのオンライン予約開始日がやっと発表されました。今年は6月19日(水曜日)NZ時間のAM9:30から(日本時間ではAM06:30)ミルフォードトラックを管理する公共機関のDOCのサイトページで始まります。

今年はその予約をする目的の人に事前にオンラインアカウントを作る必要があることになって、これは6月11日(月)から同じDOCのサイトページから行えるようになります。

昨年はこのミルフォードトラック個人ウォークのオンライン予約開始日が2週間前に発表された後、その予約開始が始まった5月3日からたった2週間ほどで歩くのにはベストシーズンと言える11月20日から3月上旬までは予約が埋まってしまいました。今年はこの予約開始日の発表も遅れて、昨年より更にこのオンライン予約を待ち焦がれている人が世界中にたんまりいると思われます。今年はミルフォードトラックを歩いてみようと考えている人は何よりまずこの予約開始日の6月19日をチュックしておきましょう。

ミルフォードトラックを個人ウォークで歩くには3泊の山小屋と交通手段の予約が必要。

18/19年度のミルフォードトラック個人ウォークは10月23日から19年の4月30日までとなっています。この期間の間ミルフォードトラックを歩くには3泊山小屋に宿泊しなければなりません。この3泊の山小屋予約が6月19日からオンラインで始まるのですが、一回の予約で3泊の山小屋が全て予約できます。今年はその宿泊費がNZ国外の人は1泊NZ$140となって、3泊で一人NZ$420となります。

また、このミルフォードトラックを歩くためには交通手段が別に必要でその出発点のGlade Wharfまでのバスやボート、又は到着であるサンドフライポイントからのボートやミルフォードサウンドからのバスなどもオンライン予約で山小屋を予約する際に併せて予約ができます。この費用などは山小屋宿泊費用とは別途必要ですが、この17年度のバスやボートの料金はこちらのDOCサイトページで分かります

ミルフォードトラックの個人ウォークについての詳細はDOCのサイトページから分かります。

テアナウのDOCで山小屋チケットを受け取る為に停まっているクイーンズタウン発テアナウ・ダウンズ行きバス。このバスも山小屋予約の際に併せてオンライン予約ができます。

17年12月13日にジャイアントゲート・シェルターで出くわしたミルフォードトラック個人ウォークの人たち。これらの人はミルフォードトラックの山小屋予約の激戦を勝ち抜いた人たちでしょう。

ミルフォードトラックを歩くための参考追加情報

ミルフォードトラックを歩く人は終着点のサンドフライポイントに辿り着いた後はボートに乗ってミルフォードサウンドへとやってきます。そして大半はその日のうちにバスでテアナウやクイーンズタウンへと向かって行きます。

けれど、このミルフォードサウンドに到着してからミルフォードサウンドの絶景を見るために遊覧クルーズを楽しむ人も結構います。これはDOCの山小屋予約には含まれていないので、別途それぞれの遊覧クルーズを行う会社(Southern DiscoveriesJucy Cruiseなど)のサイトぺージで事前予約が必要です。

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズを楽しんだ人でもその日のうちにバスでテアナウまで戻って行きますが、このミルフォードトラックを歩き終わった後にミルフォードサウンドで宿泊する人もいます。但しミルフォードサウンドで宿泊できる手段は2つだけでReal Journeys社が行うオーバーナイトクルーズ、もしくはMilford Sound LodgeとなりこれもDOCの山小屋予約とは別に事前予約が必要です。

また、ミルフォードトラックの山小屋予約が成功した後はそのミルフォードトラックとミルフォーサウンドについての日本語ガイドブックがあればより一層ミルフォードトラックを歩くには興味深く歩いて行けるでしょう。NZブリーズではこの日本語ガイドブック;オールミルフォードガイドをこちらのサイトページでオンライン販売を行ってます。

そして、NZブリーズではクイーンズタウン空港からテアナウへ、又はクイーンズタウンからテアナウのDOCでの山小屋チケット受け取り時間を経由後テアナウダウンズへの片道送迎サービスなども行っています。ミルフォードトラックの歩き方やマウントクックのトレッキングなどの情報を満載したaruitenz.com;NZトレッキングサポートのページも参考にしてください。

amazonでゴアテックスジャケットを検索

 

NZのエーデルワイスを画像で紹介

NZにもエーデルワイスと呼ばれる花があります。スイスのものとは全く別種ですが、素敵な小さな花を過酷な場所で咲かせていて、クイーンズタウンの周辺でも1月から2月にかけて見られます。

NZのエーデルワイスは北島のものと南島のものとは種類が違いますが、ここに紹介しているのはサウスアイランド・エーデルワイス/South Island Edelweissです。

この花は過酷な条件に耐えながら花を咲かせているような感じで、風のきつく当たる岩壁などにへばりつくように咲いています。花の大きさが2~4cmぐらいで、その高さも高くて5cmぐらいの目立たない小さな花です。また岩と岩の間の隙間のわずかな土に根付いているような感じなのでその白い花を咲かせてなければとても見落としやすい花です。その白い花びらはウールのようなものに覆われていて、触るとやはり柔らかく厚みを感じることができます。

このサウスアイランド・エーデルワイスは標高の高いところに咲いていますが、なかなか観光客が気軽に訪れるところには見つけることができません。私が知っているところはミルフォードサウンドへの道のり途中にある人気の往復2時間半トレッキングコースのキーサミットの頂上の周回遊歩道上に1ヶ所だけ見つけることができます。また、レンタカーがあれば写真でも紹介しているリマーカブルのスキー場から歩いていくレイク・アルタのトラック脇に見付けることができます。マウントクック周辺では、今は(以前は第2の吊り橋への岩壁に見られた)この花を気軽に見れる所は知りません。

サウスアイランド・エーデルワイス。1月18日ルートバーントラックから外れて登って行くシュガーローフ・パスの更に上にある小山の頂上付近にたくさん咲いていました。


サウスアイランド・エーデルワイスは南島の標高の高い、岩場に隠れるように咲いているのが1月から2月ぐらいにかけて見られます。花が白くて中央がオレンジ色なので岩場の影でも花が咲いていたら結構目立ちます。


この小さな花は岩と岩の間のわずかな隙間を埋めるように群生しています。その場所が切り立った岩壁などに咲いていたりするので花を見つけても写真を撮るには結構危険なところに見られたりします。

シュガーローフパスから更にルートの無い山肌を登った小山の頂上は大きな岩がところどころむき出しの風当たりがきつい場所です。こんなところにサイスアイランド・エーデルワイスは咲いています。この頂上が標高1300mほどです。


リマーカブルスキー場からレイク・アルタへのトレッキングルート途中で見られたサウスアイランドエーデルワイス。この道のりでは1ヶ所だけに、だけど毎年1月には見つけることができます。1月13日撮影

リマーカブルの山上湖であるレイクアルタ。この湖で標高1800mぐらいです。この湖に至る手前のトラック脇、岩壁にサウスアイランド・エーデルワイスが咲いていました。リマーカブル・スキー場の駐車場(標高1580mほど)まではレンタカーなどの車で上っていけます。

 


シュガーローフパスからさらに登った小山の頂上に咲くサウスアイランドエーデルワイスの様子が分かります。吹きっさらしの岩肌に咲いているのが分かるでしょう。