ミルフォードサウンドには雨の日の服装で行くべき理由はこれ!

ミルフォードサウンド2月21日スターリングの滝

ミルフォードサウンドは雨が多いところです。その雨の日でこそ行くべきところです。世界中探しても雨の日に絶景が間近に見られる場所、雨でも楽しめる観光地は他に無いでしょう。2月14日、2月21日の両日とも大雨の日であったミルフォードサウンドまでの道のりとミルフォードサウンドクルーズで見られた景観を写真とビデオで紹介します。

ミルフォードサウンドへの道のりは雨の日でこそ絶景が見れる

ミルフォードサウンドへの道のりは雨が降るとたくさんの滝が切り立った岩壁に現れます。それが車で通る国道沿いに間近に見られます。

この滝は雨が降っているときにしか現れない一時的な滝です。雨が止めば直ぐに消えてなくなります。晴れている日には岩壁だけしか見上げることが出来ないため、やはり雨の日にその岩壁に何本もの大きな滝を道都際で見上げることができるのはこのミルフォードサウンドへの道のりだけでしょう。

ミルフォードサウンドへの道のり2月14日大雨の日

雨の日でもミルフォードサウンドへの道のり途中で車を停めて写真を撮るようなスポットにはいたずら好きのNZの野鳥でオウムのKeaと遭遇することができるでしょう。NZの中を周遊していてもこのKeaとの遭遇チャンスが最も高いのがミルフォードサウンドへの道のりです。

ミルフォードサウンドへの道のりにいる野鳥のケア

ミルフォードサウンドクルーズは晴れていても雨具は必要

ミルフォードサウンドは年間6000mmから8000mmもの雨が降る世界中でも豪雨地帯に入るところです。2月14日と2月21日に訪れた時も大雨、そして豪雨でした。そんなときの遊覧クルーズではミルフォードサウンドの入り江の周りの岩壁は無数の滝がかかり、常に水が流れている滝は大瀑布と様変わりします。

ミルフォードサウンドクルーズ2月21日雨の日のボーウェンフォール

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズは西からの強風が吹き付けるとき以外は大雨でも催行されます。

その雨の日のクルーズでも船内にとどまらず、是非甲板デッキに出て周りを見晴らしてみて下さい。その氷河で削り取られた絶壁で囲まれた入り江の姿は雨の日でも見晴らせます。

ミルフォードサウンドクルーズ2月21日

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズ中に野生のNZオットセイも観ることができるでしょう。

ミルフォードサウンドクルーズで見られる野生のNZオットセイ

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズでのハイライトの一つとしてはスターリングの滝の真下へと船の舳先を突入させていくことです。この滝のしずくを全身で浴びてみて下さい。晴れているときも雨具を持って行ってればこの時だけ身に着けて天然のシャワーを最後まで浴びることができます。雨具を持ってきてない人はスターリングの滝にどんどん近づくにつれ逃げ惑うことになります。ここは是非最後まで船の舳先で頑張ってほしい。この日も私のお客さんにはそのことを伝えていたので2組ともこの日最高の楽しみを体感してもらいました。

ミルフォードサウンドクルーズスターリングの滝

ミルフォードサウンドへの行き方、カメラスポット、遊覧クルーズの楽しみ方が分かるNZブリーズのミルフォードサウンドへの個人旅行での行き方と楽しみ方ぺージ

NZブリーズミルフォードサウンドページ

amazonでゴアテックスジャケットを検索

 

1月29日ルートバーントラックを歩いてた人の服と野鳥とNZの花

ルートバーントラック歩いている人の服装

1月29日にクイーンズタウンから日帰りでルートバーントラックの一部であるルートバーンフラットまで歩いているときに出会った歩いていた人の服装や原生林の森の中で見られた野鳥、そしてこの時期に咲いているNZの高原の花を紹介します。

ルートバーントラックを歩く3種類の違いによる歩いている人の服装、装備の違い。

ガイデッド・ウォークで2泊3日ルートバーントラックを歩いている人

ルートバーントラックガイデッドウォーカー

ルートバーントラックを2泊3日掛けて歩くには、ミルフォードトラックと同じくUltimate Hike社が主催するガイデッドウォークに参加して歩く方法がありますが、これに参加すると着替えと雨具などだけをバックパックに入れて歩いていくことができます。また、このツアーでは適したバックパックやレインジャケットの貸し出しもある為かなり軽装備で3日間歩くことができます。

個人ウォークで2泊3日ルートバーントラックを歩いている人

ルートバーントラック個人ウォーカー

ルートバーントラックを歩くには個人で歩くこともできますが、山小屋のベッドにはマットレス、またキッチンにはガスコンロの設備があるだけなので個人の寝袋、3日間分の食料、自炊用の食器類を持ち歩きます。だからかなりバックの中には着替えなども含めて重たい荷物になります。

写真は3日間歩き終えてルートバーンシェルターへと歩いてきた韓国人の女性の2人組です。欧米の人たちは半そでTシャツ、半ズボンの軽装で歩いている人が多いのですが、さすがに夏の1月2月と言えども標高も高い所を歩く道のりはアジアの人にはかなり寒く感じることになるでしょう。だから写真の人のような速乾性の高い長そで肌着などがお勧めです。日差しのある時でも肌をあまり出さない服装がお勧めです。日本と違って夏のNZの山はかなり乾燥しているので汗がすぐに蒸発していきます。

クイーンズタウンから日帰りでルートバーンフラット、又はルートバーンフォールズまで歩いている人

ルートバーントラックデイウォーカーの服装

ルートバーントラック日帰りデイウォーク

日帰りでルートバーントラックの一部を歩くのはクイーンズタウンからはこのルートバーンフラット又はその上のルートバーンフォールスまで、そしてミルフォードサウンドまでの道のり側にあるディバイドからキ-サミットまで登るルートが一般観光客にも人気のウォーキングトラックになっていて夏のシーズン中はどちらもたくさんの人が歩いています。

日頃山歩きなどしないような人で町歩きの服装で歩きに来てる人もたまに見かけますが、せめて写真のカップルのような服装はして歩くのが楽に、快適に歩けるでしょう。靴もせめて運動靴、風よけにもなるレインジャケットとミネラルウォーターをバッグの中に入れて、ルートバーン・フラットまでならスティックもいらないでしょう。早く歩ける人なら往復3時間でも歩けますが、ランチをもって一日ハイクとするのがお勧めです。

クイーンズタウンから日帰りでルートバーントラックを歩くにはレンタカー利用が一般的

クイーンズタウン空港から格安レンタカー日本語個人手配

ルートバーン・フォールズまでに1月29日見られた野鳥とNZの高原の花

NZロビン / New Zealand Robin / ニュージーランドコマヒタキ

NZロビンルートバーントラック

ルートバーントラックの特にルートバーンシェルターからルートバーンフラットまでの森の中ではこのNZロビンに出会えるチャンスがかなりあります。けれどさっさと歩いていると見逃すと思いますが、このNZの小鳥は人が歩いて落ち葉などが掘り返された後にいるかもしれない虫などを見つけるために地面まで降りてきます。だから人が歩く道のりに待ち構えていたりします。

ライフルマン / Rifleman / ミドリイワサザイ

ライフルマンルートバーントラック

この鳥は名前には似つかずとても小さな体で森の中を、しかも地面近くでも虫を見つけるために飛び回っています。かなりの確率でこの小鳥に歩いていても見つけることができるのですが、さえずる声は非常に小さくあまり鳴くことなく、小さな体なので歩いている人はほぼ見過ごすでしょう。

絶えず森の中を忙しそうに飛び跳ねるように動き回っているので、写真に捉えるのも難しい小鳥です。

ブラック・オーキッド / Black Orchid

ブラックオーキッドルートバーントラック

NZの森の中にこの時期に咲いているランです。ルートバーントラック上でも1月下旬はもう開花時期が終わりに差し掛かっていて来週には恐らく花の姿は見られないでしょう。

けれど2月上旬にかけてはもしかしたらサンオーキッドを言う紫色の花を咲かせる小さなランの花がこのルートバーントラック上に見られるかもしれません。

マウンテン・リボンウッド / Mountain Ribbonwood

マウンテンリボンウッドルートバーントラック

NZの原生林の森の中の樹木の花で1月に咲いていて、樹高が6mほどなので歩いていても目につきやすい花がこのマウンテンリボンウッドの花です。

NZの中でも数少ない落葉樹の一つで、しかも世界でもNZの南島にしか見られない樹木です。

ルートバーントラックをクイーンズタウンから日帰りで歩くのに役立つNZブリーズのグレノーキーページ

NZブリーズグレノーキーページ

ルートバーントラックの日帰りハイキングに役立つGPSデータ付き日本語ルートマップやクイーンズタウンからレンタカーでルートバーン・シャルターへと行くまでの観光スポットも分かります。

マウントクック,フッカーバレーを12月26日に歩いていた人の服装

マウントクックフッカーバレトラック服装

マウントクックの人気トレッキングコースであるフッカーバレートラックを夏に歩いている人たちがどんな服装で歩いているかが分かるビデオをアップしました。

マウントクックフッカーバレートラックを歩いている人の服装チェック

ビデオは18年12月26日の午前中に歩いた時の様子です。

ビデオの最初はフッカーバレートラックを歩き始めて15分ほどでたどり着く最初の見晴らし台であるミューラー氷河湖見晴らし台での映像です。この場所では主に欧米、オーストラリアからの旅行者のトレッカーの服装が分かります。

次に出てくるのが出発点であるキャンプ場から歩き始めてすぐのところで見られた日本人のガイドツアー参加者の姿です。このガイドツアーはフッカーバレートラックの2番目の吊り橋を渡ったところまで行きそこで折り返してくるツアーなのでほとんどの日本人客は町歩きも兼ねることができる服装で参加している人たちばかりです。山歩きを中心に考えてNZにやって来る日本人はこのガイドツアー参加者にあまり見当たりません。

その次に画像が変わって出てくるのも日本人ガイドツアーの参加者達です。ガイドツアーなのでぞろぞろと隊列を組んでのんびり歩いています。日本人はさすがに肌は絶対出さない服装で歩いています。

この日の天気は快晴、午前中だったのですが気温は体感温度13度ぐらい、風が少し肌寒い感じでしたが、快適に歩ける気温、湿度。ただやはり日差しがきついので日焼けはしっかりしそうな日でしたが、欧米の人は半そで、半ズボンの人がほとんどでした。

最後の映像はフッカーバレートラックの終着点であるフッカー氷河湖の見晴らし台で休んでいる人たちです。日本からのパッケージ旅行に組み込まれているガイド付きツアーはここまで歩いてくることは無いので普段着の日本人の姿は見られませんが、ここまで歩いてくる日本人はさすがに”日本でも山歩きをやってますよ”ということが誰にでもわかる服装でやってきてます。他のアジアからの観光客トレッカーはこの氷河湖まで歩きながらセルフィー写真を撮ることがマウントクックに立ち寄るメインの目的になっているので、普段着に運動靴ぐらいは履いて歩いているのが目立ちます。

amazonでトレッキング用シャツの検索

クイーンズタウンからマウントクックトレッキングの為の送迎サービス

NZブリーズではマウントクックへのクイーンズタウンから日本語ガイドドライバーの送迎サービスを行っています。

マウントクックでトレッキングを自由に楽しめる自由時間を自由に設定ができるクイーンズタウン発着の往復送迎サービスや、マウントクックでトレッキングを楽しんだ後にテカポへと移動するクイーンズタウンからマウントクック経由テカポまでの片道送迎などを行っています。NZブリーズのクイーンズタウン、クライストチャーチ発着観光送迎ツアーページにて詳細、料金などをご確認ください。

NZブリーズ観光送迎ツアーぺージ

マウントクックへの個人旅行、トレッキング情報ならNZブリーズのマウントクック個人旅行ページ

NZブリーズマウントクック個人旅行ページ

 

ミルフォードサウンドへの11月の服装チャックに

ミルフォードサウンドに11月、12月に行くときの服装チャックにこのビデオを参考にしてみて下さい。11月10日にミルフォードサウンドにて収めた画像です。

11月9日には大雪になってミルフォードサウンドへの道のりも閉鎖になった後の2日後です。道路上の雪はほとんど解け消えていましたが、道のり途中は10度前後で結構肌寒い感じでした。

しかし、ミルフォードサウンドに到着したら日差しの影響もあって体感気温は17度ぐらい。遊覧クルーズでは海風が吹き付けていましたが、あまり寒い思いは無く甲板デッキに出ても気持ちの良いかんじでした。

11月10日クレダウ渓谷の残雪

クイーンズタウンからミルフォードサウンドへの個人旅行で行くならNZブリーズのミルフォードサウンド観光ページ

NZブリーズミルフォードサウンド個人旅行ページ

 

クイーンズタウンの夏の日はこんな感じ

クイーンズタウンの晴れ上がった夏の日は本当に気持ちのいい日になります。日差しはきついけど乾燥しているのでからっとした暑さ。日影に入ると少し肌寒い感じが残る感じです。どこまでも晴れ上がった青空の元ではどんなアクティビティーも爽快に楽しめ、屋外での食事も気持ちよく楽しめます。そんな日になった2月23日の様子を写真で紹介します。

23rd Feb am1100 クイーンズタウン

(2月23日AM11時。クイーンズタウンの蒸気船波止場。この日は朝から快晴。朝の11時で18度ぐらいの気温。2月は海外からの観光客が最も多い月で、午前中でもすでに多くの人が湖畔にのんびりとたたずんでいます。)

23rd Feb am1100 クイーンズタウン

(2月23日AM11時。この日は朝からでも快晴の下でビールがおいしい日となりました。こんな日は湖畔のテラスにでて喫茶、もしくは朝からビールなんてのもとてもいい日です。)

23rd Feb am1100 クイーンズタウン

(クイーンズタウンのアウトドアーで楽しむアクティビティーはこんな日はどれを見ても気持ちよさそうです。アクティビティー天国であるクイーンズタウンで是非これまで体験したことのないアクティビティーにチャレンジしてみて下さい。)

23rd Feb pm1630 クイーンズタウン

(2月23日PM16時30分。2月ではまだまだ日の入りはとても遅い時期です。だから16時ぐらいが一日の中で最も気温が上がる時間帯です。この日は23度まで上がった日でしたが、この時間ぐらいから屋外にテーブルがあるお店ではビールが飲まれるようになってきます。こんな乾燥した強い日差しの午後はやっぱりビールになるでしょう。)

23rd Feb pm1630 クイーンズタウン

(2月23日PM16時30分。こんな日はクイーンズタウンの町の中の蒸気船波止場にある小さな芝生の広場はこんな感じに多くの人が日焼けを楽しみながら過ごしています。日本からやってきても是非こんなのんびりする時間を作ることをお勧めします。)

23rd Feb pm1630 クイーンズタウン

(行列のできるお店で有名なファーグバーガーは16時30分の時間でも行列ができてましたが、お隣の姉妹店であるMrs.Frergでもアイスクリームがたくさん売れていたみたいです。このお店だけではなく今日は町中どこでもアイスクリームが売れまくっていた日となったと思います。是非夏のクイーンズタウンに来たらこのアイスクリームは毎日食べてください。)

 

マウントクックのフッカー氷河湖が今,すごい!

マウントクックのフッカーバレートラックの終着点にあるフッカー氷河湖が今、すごいことになっています。大きな氷山が岸にたくさん乗り上げていて簡単に触れる状態になっています。どうしてこうなったのかが不思議でしょうがないものが今なら見ることができます。

マウントクックの麓を歩くことができるトレッキングコースで最も人気のフッカーバレートラックを12月25日に歩いてきました。歩き始めの時はマウントクックも雲で覆われている曇り空だったのであまり写真も撮らずに、高原の花が何が咲いているかな?という気持ちだけであまり良い景色は期待せずに歩いていったのですが、それがこのフッカーバレートラックの最も奥にあるフッカー氷河湖までたどり着くと、これまで見たことのない景色が目に入ってきて、一気にテンションがあがってしまいました。

これまでこのフッカー氷河湖までたどり着くと、その景観は氷河湖の奥にはフッカー氷河の末端部分が遠くに見られ、晴れていたらマウントクックの雄姿がこの氷河湖を見下ろすようにそびえる姿が雄大で、それだけでも別世界にいる気分に浸れます。そして氷河湖の湖上には大小さまざまな氷山が浮かんでいたり、小さくかけらになった氷の塊が岸にたどり着いていたりするのがたまに見られる程度で、岸にたどり着いている氷のかけらを触ったり、取り分けたりすることができる程度だったのがこの日はたくさんの大きな氷山までもが岸の上に乗り上げていました。想像するに、強風が大きな氷山までも岸に押し上げ、そのまま残ってしまったように思うのですが、それにしても湖岸からかなり離れたところまで大きな氷の塊が点在していました。大雨の後に湖の水位が上がって、その時に流れてきた氷山でもなさそうです。(この氷河湖が大雨の後に水位が上がるようなことはこれまでなかったはずです。そのような痕跡も湖岸には見られません。)

この光景を始めてみる人にとってはそれが当たりまえのいつもの光景に見られると思いますが、私は初めて見る光景でした。人の背丈を超えるような大きな氷山が湖岸にもたくさんあるのですが、さすがにこの氷の塊もいつまでも残っていることはないと思われるので、このブログを見て、1月ぐらいにマウントクックに行くからこの光景をフッカーバレーを歩いて見に行こう!と思われても、その時には一つも氷山など見られないかもしれません。

マウントクックフッカーバレートラック12月25日

(12月25日にマウントクックのフッカーバレーを歩き始めた時は曇り空で、マウントクックの頂上には雲がかかっているときの多い日となりました。)

マウントクックフッカーバレーマウンテンデイジー

マウントクックフッカーバレーマウンテンデイジー12月25日

(フッカバレーの第2の吊り橋も超えて奥まで歩いていくと、この時期に咲いているのが見れるマウンテンデイジーが道端にも見つかりました。マウントクックリリーは第3の吊り橋周辺までくればまだ花を落としていない形のいいのも見られました。マウントクックリリーは終わりの時期になってます。)

マウントクックフッカー氷河湖見晴らし台12月25日

(フッカーバレートラックの終着点であるフッカ-氷河湖。ここまで歩いてきたらこの光景は雨などでなければ大体いつでも見れると思います。マウントクックの姿が見れるだけでも十分な光景です。)

マウントクックフッカー氷河湖12月25日

(フッカー氷河湖を見下ろすといつもとは違う光景が目に飛び込んできました。湖の水が流れ出す河口付近に氷山が集まっているのはたまに見れれるのですが、その氷山がなんだか岸に上がっている。そしてその氷山に多くの人が触れたり、また乗っかっていたりするではありませんか。こんな光景は今まで見たことが無い。)

マウントクックフッカー氷河湖12月25日

(岸まで降りていくと本当にたくさんの大小ざまざまな氷の塊が点在してます。この状態がいつでも見られるなら、ハーミテージホテルから出発していく人気の現地アクティビテイーのタスマン氷河湖ボートツアー;Glacier Explorerにお金を払って参加する必要がないようなものでしょう。)

マウントクックフッカー氷河湖12月25日フkk-アバレー

(岸に上がっている氷山は大きいものはゆうに人の背丈を超えるものもあります。そして岸から20-30mぐらい入った所にもたくさんあるのです。どうしてこうなったのか不思議でしょうがない。)

マウントクックフッカーバレー半日日本語ガイド付きウォークツアー

(この日フッカー氷河湖まで往復にすれ違った日本人ガイド付き半日ハイキングの人たち。行きに追い抜いて行った人たちと帰り道も追い抜いて帰ってきました。この人たちは第2の吊り橋を渡ったところまでしか行かないのでフッカー氷河湖の姿は見ていなくて、マウンテンデイジーも間近には見ていないと思います。私は特に歩くのが早いわけではなく、私を追い抜いて歩いていく人もいるし、まして写真を撮りながら、そして氷河湖ではランチ休憩も取って帰ってきてるのですが、同じグループに行き帰り出会うことになりました。)

 

クイーンズタウン16年の春はすでに始まってる。

ニュージーランドは9月から暦では春になります。暖冬のおかげで16年の春はすでに始まっているようです。クイーンズタウンでも例年より早めの春の様相が見られ始めています。

NZの南島の観光拠点となるクイーンズタウンは山と大きな湖:ワカティプ湖に囲まれた風光明媚なリゾートタウンですが、春には桜が咲き、牧場には子羊がたくさん戯れる姿も見られるところです。今年はその春の様子がすでに見られ始めていています。

クイーンズタウンの冬はスキー場が周辺で4つオープンされ、多くのスキーヤー、スノーボーダーがやってくるスキーリゾートとなりますが、今年は暖冬ではあったのですが、ゲレンデにはまだまだ十分の雪が有り、町の中もまだまだオーストラリアからのスキーヤー、スノーボーダーがたくさん溢れています。それでもやはり9月からは陽気に誘われるように観光客も増え始めます。9月、10月にはまだまだ周りの山肌は雪化粧が残っていて、クイーンズタウンの風景としては一年の中でも最もきれいな時期にあたります。

クイーンズタウンの9月の気温は最低気温が0度ぐらいから4度ぐらいで肌寒い朝を迎えますが、日中の最高気温は13度~17度ぐらいとなり、晴れている日は日差しもきつく感じる時期に差し掛かり、気温で想像するより以上に陽だまりでは汗ばむほどになります。ちなみに9月最終週にはNZはサマータイムが始まります。すでに日の入り時間がPM18:20になっていてこれからどんどん日の入り時間が遅く=日中遊ぶ時間が長くなっていきます。

クイーンズタウンの桜

(クイーンズタウンの町の中でも春には桜が咲く姿が見られます。今年は例年より半月ほど開花が早い気がしますが、10月上旬ぐらいまではクイーンズタウンの町で桜見物ができるでしょう。写真は8月27日のクイーンズタウン、ワカティプ湖畔の桜)

クイーンズタウン郊外の牧場の子羊

(クイーンズタウン郊外の牧場では8月下旬に子羊の姿も見られ始めています。これから12月ぐらいまではかわいらしい子羊の姿をたくさんミルフォードサウンドへ向かう国道沿いやグレノーキーの牧場でたんまり見られるでしょう。写真は8月25日、Five Riversの牧場の子羊)

クイーンズタウンスカイライン展望台からの景観8月27日

(クイーンズタウンの観光スポットで最も人気のスカイライン展望台。この春;9月から11月にこの展望台からの展望は雪化粧した周りの山肌も含めて一年の中でも最もきれいな景色を楽しめる時期になるでしょう。)

 

クイーンズタウンは暖冬の16年になりそう

今年のニュージーランドは暖冬の様子です。さすがに冬を迎えて気温は低いことは低いのですが、それでも例年よりは3-4度も気温が高い毎日が続いています。クイーンズタウン周辺のスキー場は雪不足の16年になりそうです。

5月の末にNZは寒波が押し寄せ南島の多くの場所で積雪がありました。クイーンズタウンの周辺の山並みもすっかり雪化粧して4つあるスキー場はオープン前の大量積雪に大喜びしていたのですが、それ以来このニュージーランドではどこもまともな雪が降ることはなく、逆に暖かい雨が降る日が多いことになっています。これはオーストラリアの東海洋辺りの海水が非常に高い水温が続いていることによるらしいですが、おかげでそのあたりから暖かい風がNZへと降りてくることが多く(オーストラリアの東海岸では大雨が6月は続きました。)、南から上がってくる寒冷前線が今年は少なかったりしているようです。

この暖かい北風(南半球だから)がNZの冬にもたらしたのは6月にしながら例年では3月ぐらいの気温状態の日が続くようになっています。6月22日にはクライストチャーチの最高気温は22度まで上がって6月の過去最高気温になりそうでした。さすがに日の出の時間が一年で最も短い時期なので地面の温度が温まらない時期です。例年この6月は霜が降りたりして道路が凍結することが多い朝を迎えることが多いのですが、今年に限ってはそんな車のフロントガラスの霜取りに時間をかける日などほとんどありません。

おかげでどのスキー場も5月末に積もった雪だけが残っている状態でオープンすることになったため、今週の水曜日からコロネット・ピークスキー場はついに雪不足でクローズとなっています。トレブルコーンスキー場などは23日からオープン予定だったのが雪が多いところで20cmしかないためオープン自体を延期したままになっています。

16年の6月はいつもより暖かい日が続きましたが、クイーンズタウン周辺では一年で最も寒い月は7月です。昨年はエルニーニョの影響で7月にはテカポ周辺などはマイナス22度まで気温が下がった記録的な年だったのですが、今年はまずそれはなさそうですが、それでも7月、8月にニュージーランドにやってくる人は暖冬といってもさすがに寒いことは確かなので日本で2月に着るような暖かい服をお持ちください。

22ndJuneChristchurchMaxTemp21C

(6月22日にクライストチャーチの最高気温は22度まで上がる記録的な日になりました。6月に入ってもこのクライストチャーチやクイーンズタウンでも日中の気温が15度前後まで上がる日が続いています。)

22nd June Coronet Peak close

(6月22日の水曜日からコロネットピークスキー場はこのWebカメラに映し出された状態の雪不足の為くクローズとなっています。明日の6月26日には寒波がやってきそうで、ある程度積雪は見込まれそうですがその後来週にはまた暖かい北風がこのスキー場のゲレンデにも雨をもたらしそうです。トレブルコーンスキー場は今年はオープンする日が7月下旬ぐらいになるかもしれません。)

24th June Winter Festival Fireworks6

クイーンズタウンは雪不足の状態ですが、恒例のウィンター・フェスティバルが昨晩6/24から始まりました。冬休みを迎えたオーストラリアからの家族連れなどがこの町にどっとやってきています。)

 

1月2月のマウントクック・ハイキングの必需品

マウントクックの1月、2月は快晴の日も多く、日中の時間も長くてトレッキング、ハイキングには最適な月です。そんなNZの夏の山歩きに必要なものを1月10日にフッカーバレーを歩いたときに見られた各国のトレッカーの服装から紹介します。

マウントクックキャンプ場

(マウントクックでのハイキングで人気のフッカーバレーや、ケアポイント、セアリーターンなどの道のりには水を補給できる水場や川などはありません。この出発点ともなるキャンプ場のパブリックシェルターにはトイレもあるし、炊事場の水道水は飲み水です。夏のマウントクックでのハイキングには半日ハイキングでも十分の水をお持ちください。)

マウントクックミューラー氷河湖ルックアウト

(キャンプ場から徒歩15分ほどのミューラー氷河湖ルックアウトまではほぼ平坦の道のりだからかなり年配のひとや小さい子と一緒の家族連れも見られます。この辺りまでならサンダル履き、パンプス、ジーパンなどの普段着でもお気軽に歩けるでしょう。)

マウントクック2nd吊り橋ルックアウト
フッカーバレートラックの2番目の吊り橋を渡ったところにあるルックアウト。この辺りまでが一般的な半日ハイキングコース。だけどキャンプ場から普通に歩けば45分ほどで来れます。さすがに夏の快晴の日にはそれなりの運動靴、帽子、日焼け止めなどを用意して歩きましょう。日差しはきつく、乾燥もしてます。汗をすぐに撥水してくれる素材のシャツ、パンツの方が快適に歩けます。)

マウントクックフッカーバレートレッキング

(フッカーバレーを夏の快晴の日に歩くときはサングラスが必需品。紫外線除けはもちろんこと、この岩山に囲まれた谷間は昼から必ずと言っていいほど風が吹き付けます。時には砂塵が吹き荒れることも多く、時に目も明けられないほどになります。そんなときにもサングラスは役立ちますよ。)

マウントクックフッカーバレートレッキング

(欧米からの旅行者もフッカーバレーのフッカー氷河湖まで歩いています。年配の人や、赤ちゃんを背負って歩いている家族連れも多く見られますが、この辺りのベテラントレッカーはさすが装備がほぼ完璧です。だけど最も服装、装備が揃えられてるような海外組は日本人か韓国からのトレッカーでしょう。オーストラリア、アメリカから来てる特に若い旅行者は半袖、短パン、又はジーパン、そして時にサンダルなどで歩いていますが、真似は出来ないでしょう。)

マウントクックフッカーバレーハイキング

(この日もたくさん歩いてた日本からのパッケージツアー・ハイカー。このフッカー川のほとりまでやってきて戻って行くのが日本人ツアーに定番になっているガイド付きマウントクックハイキングです。)

マウントクックフッカーバレーハイキング
日本人パッケージツアーに含まれるガイド付き半日フッカーバレーハイキングに参加してる人たちはおおむねこんな服装です。帽子、手袋、ウォーキングシューズ、長袖シャツ、そして長ズボン。この時期ここを歩いている人でくるぶしまで隠れる長ズボンをはいているのは恐らく日本人もしくはアジアからの旅行者だけでしょう。半日以上マウントクックのハイキングコースを歩いているとひざから下を露出してるとしっかりひざから下だけ日焼けをします。)

マウントクックへのNZブリーズの送迎ツアー

NZブリーズではマウントクックへの観光送迎ツアーを行っています。出発時間や到着場所、又はマウントクックでの滞在時間はご希望に沿うことが可能なプライベート送迎ツアーです。

・クイーンズタウンからマウントクックへの片道
・クイーンズタウン発マウントクック経由テカポへの送迎
・クライストチャーチ空港からマウントクックへの片道送迎
・マウントクックからクライストチャーチ空港への片道送迎

・クイーンズタウン発マウントクックで1泊、テカポ経由クライストチャーチ空港への2日間~3日間での観光送迎
・クライストチャーチ空港発テカポ、マウントクック経由クイーンズタウンへの2日間~3日間での観光送迎

NZ南島ホテル付き観光周遊ツアー

・マウントクックでの宿泊付きクイーンズタウン発NZ南島観光周遊ツアー
・マウントクックでの宿泊付きクライストチャーチ空港から始まるNZ南島観光周遊ツアー

クイーンズタウン,1月6日の服装チェック

クイーンズタウンも1月は夏真っ盛りで朝から多くの旅行者であふれています。その中の一日の様子を写真で紹介します。この時期にやってくる海外からの旅行者がどんな服で過ごしているかも参考になるでしょう。

クイーンズタウンの16年1月6日の一日は朝から快晴に恵まれ、午前9時で13度ほどもありました。日本の夏に比べると早朝は気温もかなり冷え込むこともあるこの辺りですが、今日は早朝の最低気温は6度。それが太陽が顔出すと日差しがきついため朝から気温もどんどん上がって行きます。朝は肌寒いことが多いこの辺りなので日本人には冬の格好でもこの辺りの午前中は十分過ごせる服装になるでしょう。

晴れている日の夏の日中は日差しでどんどん日焼けが進みます。だけど木陰などの日の差し込まないところは乾燥もしているので汗の掻かない快適な夏の日を過ごせます。だから肌を出さない長袖シャツ一枚でも十分です。クイーンズタウンにいる海外からの旅行者はほぼ誰もが半袖、半ズボン、サンダル履きになります。

この1月ぐらいはまだまだ日が沈むのがPM9時半ぐらいなので、日中の最高気温もPM16時から17時ぐらいになります。1月6日は昼から雲りがちな空になり、西風も強く吹き付けるようになりましたが。それでもPM19時ぐらいでも明るくて、気温は19度ぐらいありました。晴れていたらこの時間からでも日焼けします。クイーンズタウンの通り沿いのレストランはどこもかも屋外にテーブルを出して、どのお客も夕食はその屋外のテーブルでビール、ワインと一緒に取るのがごく普通に見られます。

クイーンズタウン1月6日AM9時

(クイーンズタウンの1月6日は朝から快晴。AM9時ではスティーマー・ウォーフでも旅行者の姿は少なく、気持ちのいい朝の景色をのんびり眺められます。)

クイーンズタウンファーグバーガーAM9時

(クイーンズタウンの人気ハンバーガーショップのファーグ・バーガーはこの夏休みの時期は行列が朝からあります。この写真はAM9時の様子です。)

クイーンズタウンKジェットボート

(クイーンズタウンの人気アクティビティーとしてジェットボートがありますが、この夏の時期こそ気持ちよく楽しめます。)

クイーンズタウン1月6日PM15時モール

(1月6日PM15時のクイーンズタウン・モール。気温は24度まで上がりました。オーストラリアからも家族連れで夏休みを過ごしにクイーンズタウンへとやってきています。このオージーたちもNZでもオーストラリアの夏の普段着;半袖、半ズボン、素足にビーチサンダルで一日を過ごします。日本人にはこの服装は耐えられないクイーンズタウンの気温になるでしょう。)

クイーンズタウンパタゴニアチョコレート

(クイーンズタウンの行列のできるお店の一つ;パタゴニア・チョコレートもこの夏の時期は老若男女誰もが美味しいアイスクリームを求めてこの湖畔のお店に並んでいます。)

クイーンズタウン日本人ツアー旅行者

(日本からのパッケージツアー客は夏のクイーンズタウンでも日本の今の時期とあまり変わらない服装で一日を過ごしています。一般的に日本人にはクイーンズタウンの夏は予想より寒いとよく言われます。)

クイーンズタウンファーグバーガーPM19時

(夕食時のPM19時ぐらいではファーグバーガーの行列はかなり長いものになり、食べれるのに40分ぐらいは覚悟した方が良いでしょう。それでもここのハンバーガーは待つだけの価値がある美味しいハンバーガーです。)

クイーンズタウン1月6日pm1930

(1月6日PM19:30にクイーンズタウンのスティーマーワーフに到着したTSSアーンスロー号から降りてくる乗客です。海外からの年配の観光客の服装を見ていただいたら、日本からこの時期にやってくる人はこんな服装が夏のクイーンズタウンでは無難な服装だということが分かるのではないでしょうか?地元の人、もしくはオーストラリアからの観光客みたいに半袖、半ズボン、素足にサンダル履きは日本人には耐えられないと思われます。)