クイーンズタウンにカプセルホテルが完成

クイーンズタウンにカプセルホテルが出来上がりました。Jucy Snoozeというバックパッカーを兼ねた格安ホテルです。海外からのバックパッカー向けのカプセルホテルなので結構設備は充実しているようです。

NZ国内ではどこでも見かけるバックパッカー向けのレンタル格安キャンピングカーから始まり、今やミルフォードサウンドでの遊覧クルーズも行い、オークランドとクライストチャーチに同じタイプの格安ホテルを展開しているJucy(会社名がジューシー)がついにクイーンズタウンにも格安ホテルを作りました。それがカプセルホテルを含めたバックパッカーとなっています。

4月にオープンしたこのジューシー・スヌーズという名の格安ホテル、場所は町の中心といっていいぐらいのかなり良い場所に建てられてます。このビルの中にカプセルホテル形式の相部屋があるのですが全部ではなく、専用バスルーム付きの個室ツインや専用バスルーム付4人部屋もあって女子旅とかにも使えるホテルです。

ジューシー・スヌーズがクイーンズタウンにオープンする前にクイーンズタウン空港にはモデルカプセル部屋が展示されていました。

海外ではカプセルホテルの名前よりPodという名前で知られている個室になりますが、バックパッカーの2段ベッド形式がきれいに、プライベートが保たれて、そして時代に沿った設備も併せ持っている個室になったと思えるカプセル部屋です。

カプセルの中にはきれいな寝具が用意され、Wifiも使え、電源コンセントやUSB充電ジャックもあり、ブラインドを下すことでカプセル内のプライベートを保つことが可能です。広さはキングシングルベッドサイズとなってますが背の高い人なら少し窮屈かもしれないけど普通の日本人体系なら十分の広さはあります。日本のカプセルホテルのような狭さは感じないでしょう。ベッドに座っても頭は当たらない高さはあるようです。ただしバックパックなどの大きな荷物などはカプセルの下の電子ロック付きのロッカーに入れ込むことになります。

ジューシー・スヌーズのカプセル部屋の様子はユーチューブでも紹介されてます。

クイーンズタウンのホテル、格安ホステルを見つけるにはNZブリーズのクイーンズタウンホテルページで

NZブリーズのクイーンズタウン・ホテルページではこのジューシー・スヌーズを含めたホテルや専用バスルーム付の個室もある格安ホステルなどをマップと共に紹介しています。このページから各ホテルやジューシースヌーズもオンライン予約が可能です。

 

テカポに6月,7月,8月に行く観光送迎ツアー

冬を迎えるテカポにクライストチャーチ空港から、もしくはクイーンズタウンから行く専用車での観光送迎ツアーをNZブリーズは行ってます。星空が見えやすくなる冬のテカポに泊まるNZ個人旅行をこれで計画してみて下さい。

クライストチャーチ空港から始まるテカポへの観光送迎ツアー

NZブリーズでは日本語ガイドが専用車を使いテカポまでの観光送迎を行っています。クライストチャーチから始まるどのコースもクライストチャーチ空港に飛行機が到着した時の出迎えから始まります。飛行機が午前中に到着してもその後空港からテカポへと向かっていけます。

CHC4 クライストチャーチ空港発テカポ泊クイーンズタウンへの2日間
一日目;クライストチャーチ空港出迎え,
チャーター車でテカポへ送迎。テカポでは人気観光スポットでの下車観光有り
二日目;テカポ出発マウントクックを経由してクイーンズタウンへ観光送迎
マウントクックにて自由時間3~4時間を持つことも可能
料金;NZ$1400/2~3名

クライストチャーチ空港からテカポへの片道観光送迎
料金;NZ$670/1~3名

CHC1 テカポ2泊クライストチャーチ往復3日間
一日目;クライストチャーチ空港出迎え,チャーター車でテカポへ送迎
テカポでは人気観光スポットでの下車観光有り
二日目;テカポ発着マウントクック日帰り観光
マウントクックにて自由時間4~5時間を持つことも可能
三日目;テカポ発クライストチャーチ空港又は市内ホテルへ送迎
料金;NZ$2000/1~3名

クイーンズタウン発テカポへの観光送迎

クイーンズタウンからテカポへの送迎途中はマウントクックへ立ち寄ったり、マウントクックは経由しなくてワイナリーなどの観光をしながら向かうアレンジも可能です。クイーンズタウン出発時間も希望に沿います。

クイーンズタウンからテカポへの片道観光送迎
料金;NZ$380/1~3名

ZQN2 テカポ泊クライストチャーチへの2日間
一日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、マウントクック経由テカポへ観光送迎
マウントクックにて自由時間3~4時間を持つことも可能
二日目;テカポ発クライストチャーチ空港又は市内ホテルへ送迎
料金;NZ$1400/2~3名

クイーンズタウン又はクライストチャーチ発着観光送迎ツアー

NZブリーズではクイーンズタウン又はクライストチャーチ発着でチャーター車利用のプライベートツアーを行っています。コース内容や問い合わせ、予約先などはNZブリーズのサイトページをご覧下さい。

2017年8月5日のテカポ、良き羊飼いの教会
テカポも町の中が雪で閉ざされることは6月から8月でも数日しかありません。国道8号線が通る町なので雪が積もってもすぐに除雪作業が行われます。冬のテカポの景色はすごくきれいです。

2017年8月5日のテカポ、マウントジョン
テカポに冬に訪れても日中は是非天文台のあるマウントジョンに登りましょう。レンタカーなどで登っていけますが、町から歩いても登っていけます。

テカポにクニクニピッグを見に来ませんか

冬を迎えるテカポは星空が見えやすい夜が長い季節に入って行きますが、昼間に何もすることがないと困る時にはクニクニピッグを見に行きませんか?

テカポの行って宿泊するなら、クニクニピッグが見れます。

テカポに行って宿泊する人はほとんどがその星空を見るためが目的な人が多いと思いますが、星はやっぱり夜に見えて、その夜が月が出ている日や曇りか雨天の場合は星空も期待していたものとは違うことになると思いますが、クニクニピッグは日中、そして夜でも、月夜でも、雨でも見に行くことができるでしょう。

そのクニクニピッグは一応商業施設的なところで柵の中で飼われているのだけど、その場所にはだれでもいつでも入っていけて、クニクニピッグが飼われている場所は無料で見れます。

その場所はとりあえずBalmoral Farmyardと看板も出ているところで、柵の中のヒツジやアルパカ、そしてこのクニクニピッグなどにエサをあげたりすることができる、大人$10での有料ツアーを行っているようなのだけど、いつ行っても誰もいないし、そのツアーらしきものを行っているのは1回だけ見たことがあるぐらいのところです。こういったことで、有料ツアーを行っている場所にこのクニクニピッグだけを見る目的だけで入って行くのに気遣う人はBalmoral Farmyardには近づかないようにすればいいでしょう。

Kunekune Pigと書いてマオリ語読みするとクニクニピッグと言われるこのブタはとにかくとても人懐っこい、醜い顔の大きなブタです。人の姿に気付くとすぐに近づいてきます。何か食べるものをくれ!と近づいてくるようにも思えますが性格的にはいつでもそんな大人しくて愛嬌のある姿に見れる大きなブタです。

クニクニピッグは人に気づくと必ず駆け寄ってきます。

クニクニピッグは牙もあり、ごわごわの硬い体毛があるブタですが、臭くもないし非常に大人しいブタです。

クニクニピッグが飼われているのはペッパーズブルーウォーターリゾートの裏隣りといった所にあり、ペッパーズリゾートにはこんな看板があって、その下をクニクニピッグがいる柵まで小道が通じています。

Balmoral Farmyardで飼われているクニクニピッグ以外のヒツジやアルパカはこんな感じでだれでもいつでも柵越しに見ることができます。写真のアルパカの後ろの建物はペッパーズ・リゾートの建物で、この写真を撮ったのは住宅街の中の道路から撮ったものです。クニクニピッグもこんな感じでいつでも見に行けることができます。

テカポへの行き方、楽しみ方、ホテル情報ならNZブリーズのテカポページをご利用ください。

 

NZ南島ホテル付き周遊ツアー18~19年受付開始

ニュージーランドの南島を個人旅行で周遊する方々向けにNZブリーズが提供しているホテル付きのプライベートツアーの18年度から19年度のツアーを発表し、受付を開始しました。

2018年の7月以降19年の1月にかけてニュージーランドにやってきてNZ南島を個人旅行で周遊することを計画される方は是非このプライベートツアーをご利用ください。日本とNZ往復の航空券をご自身で手配していただいた後はNZ南島の旅行の準備はこれで終わりにすることができます。

NZブリーズ・18’~19’NZ南島ホテル付き周遊ツアー

NZブリーズのNZ南島ホテル付き周遊観光ツアーページにて以下の6つのコースを新たに18年~19年シーズン用のコースとして料金と共に発表しました。詳細や問い合わせ先は全てはそのサイトページからで分かり、eメイルで応対しています。

クライストチャーチ空港又はクイーンズタウン空港到着からNZ南島人気観光地を縦断するツアー

(1) ニュージーランド南島見どころ縦断5日間ツアー

ニュージーランド観光での定番&人気観光地で泊まりながら見どころを逃さず縦断する4泊5日ツアー

宿泊先と宿泊数
テカポ一泊、マウントクック一泊、クイーンズタウン2泊

主な含まれるツアーポイント
・星空が有名なテカポで一泊
・マウントクックではマウントクックが見えるハーミテージホテルの部屋にて宿泊+夕食&朝食付き
・マウントクックからクイーンズタウンまでの移動途中でワイナリーにてランチ休憩
・ミルフォードサウンドには日本語ドライバーガイドの専用車利用で一日観光

2名以上での参加可能
料金:5月~10月出発/NZ$2200/お一人、11月~19’1月出発/NZ$2300/お一人

(9) ミルフォードサウンドとテカポに泊まる5日間ツアー

ミルフォードサウンドで泊まって、2時間15分のネイチャークルーズを楽しみミルフォードサウンドを満喫。そしてテカポにも泊まる充実の5日間プラン

クイーンズタウン1泊、ミルフォードサウンド一泊、クイーンズタウン1泊、テカポ一泊

主な含まれるツアーポイント
・ミルフォードサウンドではミルフォードサウンド・ロッジで宿泊
・ミルフォードサウンドの遊覧クルーズは人混みの少ない時間帯での2時間15分の長めのネイチャー・クルーズ
・マウントクックには午前中到着。ご希望の出発時間まで自由行動。午後の一杯を個人ハイキングなどに当てられます。
・星空が有名なテカポで一泊

2名での参加のみ
料金: 7月~10月=NZ$2350/お一人、11月~19’1月=NZ$2400/お一人

(11) テカポに2連泊アルプス街道縦断5日間ツアー

テカポに2連泊するプラン。マウントクック訪問とワイナリー訪問も含み、ミルフォードサウンド観光後はテアナウにて宿泊する5日間。

クイーンズタウン1泊、テアナウ1泊、テカポ2泊

主な含まれるツアーポイント
・ミルフォードサウンドへは乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加
・テアナウを専用車にて出発後テカポへの途中でワイナリーにてランチ休憩が入ります。
・テカポから日本語ガイドが専用車にてマウントクック日帰り観光へとお連れします。

2名~4名での参加のみ
料金;7月~9月=NZ$2150/お一人、10月~19’1月=NZ$2280/お一人

(DUD3) ペンギン街道+タイエリ鉄道6日間ツアー

NZ南島到着後テカポ、マウントクック、そしてミルフォードサウンドなどを巡りながらタイエリ峡谷鉄道やダニーデンでのブルーペンギンツアーも含まれる充実の6日間ツアー

テカポ一泊、マウントクック一泊、ダニーデン一泊、クイーンズタウン2泊

主な含まれるツアーポイント
・星空が有名なテカポ泊
・マウントクックではマウントクックが見えるハーミテージホテルの部屋にて宿泊+夕食&朝食付き
・マウントクックからダニーデンへの途中、モエラキボールダーズ見学、夜にはブルーペンギン見学ツアーを日本語ガイドと共に参加
・ダニーデンをタイエリ峡谷鉄道にて出発、プケランギにて下車後はクイーンズタウンのホテルまで専用車にて移動
ミルフォードサウンドへは乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加

2名~4名での参加のみ
料金;9月~10月=NZ$2850/お一人、11月~19’1月=NZ$2950/お一人

クイーンズタウン空港到着からNZ南島人気観光地を周遊後クイーンズタウン空港まで周回するツアー

(4) クイーンズタウン着発テカポにも泊まる4日間ツアー

クイーンズタウン到着後4日間でNZ南島の人気観光スポットを巡りながら、星空で有名なテカポにも宿泊してクイーンズタウンから帰路に就くプラン。

クイーンズタウン2泊、テカポ一泊

主な含まれるツアーポイント
・クイーンズタウン空港到着時現地日本語係員がお出迎え、空港より専用車にてワイナリー訪問などを含めたクイーンズタウン郊外の見どころを巡る観光付き
・ミルフォードサウンドへは乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加
・マウントクックには午前中到着。ご希望の出発時間まで自由行動。午後の一杯を個人ハイキングなどに当てられます。
・星空が有名なテカポで一泊
・テカポを朝出発。クイーンズタウン空港には出発便に併せて到着。

2名~4名での参加のみ
料金;7月~9月=NZ$1380/お一人、10月~19’1月=NZ$1420/お一人

(DUD1) クイーンズタウン着発ペンギン街道周回6日間ツアー

クイーンズタウン到着から始まり6日間かけて南島の人気観光スポットを巡りながら、ダニーデンも訪れブルーペンギン観覧ツアーも含まれるツアープラン。

テアナウ2泊、ダニーデン一泊、テカポ一泊、クイーンズタウン一泊

主な含まれるツアーポイント
・クイーンズタウン空港到着後、空港より専用車にてテアナウへ向かい。初日はテアナウ泊。
・ミルフォードサウンドへはテアナウ発着で乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加
・テアナウからダニーデンへと専用車で移動。夜にはブルーペンギン見学ツアーを日本語ガイドと共に参加
・ダニーデンからテカポへの移動途中にはモエラキボールダーズの見学も含む。
・星空が有名なテカポで一泊
・テカポを朝出発。マウントクックに午前中到着。ご希望の出発時間まで自由行動。午後にかけてクイーンズタウンのホテルまで専用車にて移動。

2名~4名での参加のみ
料金;7月~9月=NZ$2150/お一人、10月~19’1月=NZ$2330/お一人

NZブリーズのNZ南島ホテル付き周遊観光ツアーページはコチラ

 

NZの格安レンタカー,エースレンタルカーが便利になってます。

NZの格安レンタカーのエースレンタルカーがオークランド空港、クライストチャーチ空港、そしてクイーンズタウン空港から利用するのに便利になってます。

NZの空港到着後から格安レンタカー周遊にエースレンタルカー

エースレンタルカー・オークランド空港事務所

空港の近くに事務所を持っているからレンタル料金が安く抑えることを続けて30周年を迎えているエースレンタルカーのオークランド空港事務所も国際線や国内線発着時間が拡大したのに併せて事務所の営業時間も早朝AM06時から夜のPM21時45分まで拡大されています。この時間内ならレンタカーのプックアップや返却が可能になっています。

また、オークランド空港郊外にある事務所までの送迎無料シャトルも同じく朝6時から夜の9時45分まで行われるようになってます。

エースレンタルカーのオークランド空港事務所ページでは国際線、もしくは国内線ターミナルから空港事務所への無料送迎シャトルサービスの待ち合わせ場所などが分かります。

エースレンタルカー・クライストチャーチ空港事務所

エースレンタルカーのクライストチャーチ空港事務所が移転されて、これまで返却の際には結構その事務所の場所が分かりずらいところにあったのが、わかりやすいところになってます。

移転されても空港からは歩いていける距離には新しい事務所が無いため送迎サービスを利用することになるのですが、その空港と事務所の間の無料送迎シャトルは朝7:30から夕方18:30まで行われています。

エースレンタルカー・クイーンズタウン空港事務所

クイーンズタウン空港のエースレンタルカーは空港ビルの正面にデポがあって送迎シャトルなど必要のない便利な格安レンタカー会社なのですが、クイーンズタウン空港発着便が夜遅くまで離発着するようになってるのでその営業時間も朝8時から夜はPM20時半まで延長されています。

NZの格安レンタカーを個人手配でオンライン予約ができる情報をまとめたページならNZブリーズ

NZブリーズのNZ格安レンタカーページではエースレンタルカーのオンライン予約を含めてNZのレンタカー周遊に役立つ情報を満載してます。是非参考にしてください。

 

クライストチャーチのランチ、ディナーに安くて、話題のレストラン

クライストチャーチの町の中にもやっとディナーでも使えるレストランが増えてきてます。その中でいま最も話題になっていて、安上がりでしかも美味しいレストランを紹介します。

18年のクライストチャーチ・美味しくて安くてランチも夕食も楽しめるレストラン

地震後のクライストチャーチの町の中にはまともなレストランがほとんどなくなって、夕食を取れるレストランを探し出すのに一苦労していたのが昨年ぐらいから少しづつですがやっと夕方5時以降も開いている食事処が出てきました。

その中で17年にオープンして、口コミ人気が後押ししている話題の美味しいレストランに行ってきました。噂通りの美味しさに加えて、これまでには無いタイプのレストラン形式で日本からの個人旅行者にも絶対人気が出そうなレストランですからクライストチャーチで宿泊する予定の方はこれをチェックしてから行ってみて下さい。

リトル・ハイ・イーテリー/Little High Eatery

ここは町の中心から南東方向、斜めに延びるハイストリートのさらにもう少し先にあるからLittle Highとつけられていると思うのですが、少し町の中心から歩いたところにこのビルが17年の5月に新築オープンして以来話題を集めています。

この一つのビルに8つの小さなお店が寄り集まって、テーブルなどは全て共有スペースになっているちょっとしたフードコートといったビルなのですが、大きな町のショッピングセンターにあるようなファーストフード店が集まるフードコートとは全く違う、グルメなフードコートといったところです。多くのお店はリ・スタートなどの屋台ですでに人気が出ていた地元のお店が一つの屋根の下に集まってきたようなところなので、どのお店のフードもお勧めです。それが少しづつでも違った料理を一か所で味わうことができるのです。

また、ここは朝食から夕食までいつでも味わえるような朝8時から夜は10時、もしくは週末は夜中12時まで開いている所です。これまで地震以降はこんなところは町の中心近くには無かったのです。

既に8つの小さなお店の中にはトリップアドバイザーで口コミ人気を集めているBacon Brothers(グルメベーコンバーガー)や BASE Woodfired Pizzaがあり、それ以外にタイ・ヌードル、中華、スシバーなどの地元の人も好きなアジアン・フード、そしてラテン料理、ベネズエラ料理まで楽しめます。もちろんどのお店もビール、ワインなどの販売も行うライセンス・レストランです。

リ・スタート・コンテナモールは終了

クライストチャーチの中心に地震以降話題になっていたコンテナのショップが集まるリ・スタート/Re Startも周りに大きなショッピングモールが出来上がり、その役割を終えて3月に終了しています。

人気のあったギリシアのスバラキ屋さんのDimitris Greek Foodもその場所での屋台は一時閉店になってます。しかし今年の年末までには同じ場所にRiverside Farmers Marketという都市型ファーマーズマーケットが商業ビルとして新築され、その店舗の一つとして再開されるようです。

ポット・スティッカー・ダンプリング・バー/Pot Sticker Dumpling Bar

このお店はその名のDumplingからも分かるように餃子と点心が中心の中華レストランです。しかし普通のレストランとは違い、Barと最後についているように点心などをつまみにお酒も楽しめる中華カフェバーみたいなお店です。

このお店の餃子、点心そして中華マン(Bao)はどれも超美味。そして一品が4個から6個というサイズなので2人などで行くといろいろな品を食べ合うことができるはず。ちょっとした有名な中華レストランの飲茶を小さなお店で味わえるようなところです。

場所は前述のリトル・ハイ・イーテリーに近いLichfield Streetにあり、お隣に有名なビアーバー・レストランであるDux Centralもある。毎日朝の11時から開いているのでランチにも使えるし、PM10時ぐらいの遅くまで開いているので夕食にも最適です。

このポット・スティッカー・ダンプリング・バーではテイクアウェイも可能なので先日実際食べてみました。

3種類テイクアウェイ、右上がこのお店ご自慢のポークベリーBao(一つで$10)、左上がエビとコリアンダーの点心(Prown & Coli Crystal Dim Sum 4つで$12)、下のが豚肉とにらの蒸し餃子(Like a Pig in Chive Dumpling 6つで$10、焼き餃子も選べる)。

エビの点心はまさに美味、大きなエビが中にしっかり詰まっています。また餃子の方もお肉がこれでもか!というぐらい詰まっていて食感も充分満足。写真の左にはオーダー表。これが各テーブルごと、又はカウンターにあるので数量を記入してウェイトレスに渡すだけで注文ができます。

クライストチャーチのレストランや観光スポットが分かるNZブリーズのクライストチャーチ・ページ

NZブリーズではクライストチャーチの地震後の、今のレストランや観光スポット、ホテルなどを日本語マップと共にクライストチャーチ観光ページで紹介しています。これからクライストチャーチにやってくる方、クライストチャーチからテカポやクイーンズタウンへと個人旅行で周遊する計画を練るのに是非役立ててください。

クライストチャーチ発着キャンピングカー旅行にアポロ

クライストチャーチ、又はオークランドを出発、そして帰着する周遊旅行をレンタルキャンピングカーでするならアポロ・モーターホームを選ぶのもお勧めです。

NZ自由旅行に最適なキャンピングカー

アポロ・キャンピングカー利用でニュージーランド周遊

ニュージーランドは今やレンタカーで自由に周遊するのが一般的になっていてどこの観光地もいつもレンタカーで溢れていますが、特にレンタルキャンピングカー利用者が激増しました。先日ミルフォードサウンドまで行った際には行き交う車の3台に1台はキャンピングカーという状況になっています。日本からの個人旅旅行者にも是非このキャンピングカーでNZを周遊してみることをお勧めします。

NZのレンタル・キャンピングカーの会社としてはマウイ、ブリッツ、そしてマイティーというブランドを持つツーリズム・ホールディング社と成長著しいジューシーという会社が大手ですが、オーストラリアから進出してきて、今やNZでも定着しているアポロ・モーターホーム・ホリデー社も最大手の会社として知られています。

このアポロの貸し出し事務所がNZにはクライストチャーチ空港とオークランド空港にしかないので、クライストチャーチを出発してNZ南島を周遊した後クライストチャーチに戻ってくるか、オークランドを出発してワイトモやホビット村、ロトルア、トンガリロ国立公園などを周遊後オークランドで返却するようなキャンピングカー旅行には最適だと思います。

アポロ・キャンパーバンのクライストチャーチ空港事務所

アポロ・モーターホームホリデー社は車種のグレイド別にブランドとしてアポロ/Apollo、スターRV/Star RV、チーパ・キャンパ/Cheapa Campaなどがありますが、どのブランドのキャンピングカーを予約しても同じ一つのクライストチャーチ空港の事務所が貸し出し、そして返却場所になります。

アポロのクライストチャーチ空港事務所は空港から3.2kmほど離れたところにあり、無料の送迎サービスの行われています。空港からはフリーダイヤルでTelをすればシャトルバンがやってきてくれ、逆に事務所から空港へも湖の無料送迎シャトルを利用できます。

アポロ・キャンパーバンの車種

アポロのキャンピングカーは大きく分けて2種類の車種があって、ハイエースを改良したキャンパーバンと呼ぶタイプとベンツ、又はフォルクスワーゲンのエンジンを使うモーターホームと呼ぶ大型豪華版があります。

アポロのモーターホームは室内も快適に過ごせる居住性が高く、走行性も非常に高いキャンピングカーになってます。特に欧米、オーストラリアからの年配のカップルが利用しているのを見かけます。

アポロキャンピングカーをオンライン予約

アポロキャンピングカーをオンラインで予約できるサイトとして料金比較サイトがお勧めです。DriveNowを利用すればマウイやブリッツなどの他社の車種、そしてアポロでも同系列のスターRVやチーパ・キャンパも料金を車種別に比較しながら選べます。このDriveNowでは最近アポロが特に格安で販売されています。

NZでのキャンピングカー旅行情報ならNZキャンピングカー・ホリデー

NZキャンピングカーホリデーではNZの北島、又は南島をキャンピングカーで周遊するための旅行情報を満載しています。アポロのオークランド空港、クライストチャーチ空港事務所のことも分かります。

 

 

NZ南島4月~6月お勧め現地プライベートツアー

ニュージーランドの秋である4月から6月にかけてテカポやミルフォードサウンドなどへクイーンズタウンから、またはクライストチャーチから専用車を使ったプライベートツアーに参加しませんか?

NZブリーズの4月~6月に催行してる日本語ガイド付きプライベートツアー

NZブリーズでは日本人個人旅行者を対象に日本語ドライバーガイド付きの一組のみの専用車で観光送迎サービスを行っています。

クイーンズタウン発着半日、日帰りツアー

期間限定、黄葉見学とワイナリー訪問一日ツアー

4月に見どころを迎えるワナカ、アロータウンの黄葉と収穫の時期も迎えるワイナリーを訪れる観光&ワイナリーツアーです。

4月7日~5月6日催行、NZ$360/2~3名 (2名以上から催行) AM10:00~PM17:30

ワイナリーでランチとテイスティングの半日ツアー

クイーンズタウンから1時間ほどのセントラルオタゴワイナリー地区の中心地にあるワイナリーレストランでのランチとギブストンバレーのセラードアー2件でのテイスティングが半日で楽しめます。

5月7日~9月30日 2名~3名にて催行可能 料金;NZ$140/2~3名
ランチ費用、テイスティング費用は含まれません。

その他、ミルフォードサウンド日帰り観光ツアー、ミルフォードサウンドに1泊+ミルフォードサウンドネイチャークルーズ1泊2日ツアーなどが4月~6月にはお勧めです。詳細、問い合わせ先はクイーンズタウン発着日帰り観光ツアーぺージをご覧下さい。

NZ南島周遊ホテル付き観光プライベートツアー

(1)定番ニュージーランド南島見どころ縦断プラン

クイーンズタウン空港もしくはクライストチャーチ空港到着から始まるニュージーランド観光での定番&人気観光地で泊まりながら見どころを逃さず縦断する4泊5日のホテル付き周遊ツアー。

宿泊はテカポ1泊、マウントクックのハーミテージホテル1泊、クイーンズタウン2泊

含まれる観光は
・乗合観光バスでのミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズ
・ワイナリーにてランチ休憩&アロータウン観光

2名以上での参加可能 料金:4月~6月出発/NZ$2200/お一人

この周遊ツアー以外にミルフォードサウンド・ワナカ・テカポ泊5日間プランやクライストチャーチ着ダニーデン発ペンギン街道5日間プランなどの周遊ツアープランを催行しています。詳細、お問い合わせはNZ南島周遊観光ツアープランページをご覧ください。

クイーンズタウン又はクライストチャーチ発着観光付き送迎ツアー

NZ南島の観光地を2日間から5日間かけて観光しながら移動していくチャーター送迎サービスです。このプライベートツアーは年間通して催行されています。また、それぞれの観光地でのホテルは含まれないのでご自身でホテルを手配されたい方、定期バスにスケジュールや路線が旅行計画に合わない方にはお勧めです。

ZQN1 クイーンズタウン空港着からミルフォードサウンド観光とテカポ泊4日間

1日目=クイーンズタウン空港出迎え、観光、ホテルへ送迎
2日目=乗合観光バスのミルフォードサウンド日帰り観光
3日目=クイーンズタウンをチャーター車で出発、マウントクック経由テカポへ観光送迎
4日目=テカポ発クライストチャーチ空港又は市内ホテルへ送迎

2名参加の場合;NZ$2000/2名 3名での参加の場合;NZ$2250/3名

CHC1 テカポ2泊クライストチャーチ往復3日間

1日目=クライストチャーチ空港出迎え,チャーター車でテカポへ送迎、テカポ観光
2日目=テカポ発着マウントクック日帰り観光
3日目=テカポ発クライストチャーチ空港又は市内ホテルへ送迎

NZ$2000/1~3名

CHC3 テカポとミルフォードサウンド観光3日間

1日目=クライストチャーチ空港出迎え,チャーター車でテカポへ送迎、テカポ観光
2日目=テカポ出発マウントクックを経由してクイーンズタウンへ観光送迎
3日目=乗合観光バスのミルフォードサウンド日帰り観光

2名参加の場合;NZ$2000/2名 3名での参加の場合;NZ$2250/3名

DUDCHC クライストチャーチ発クイーンズタウン行き3日間

1日目=クライストチャーチ空港出迎え,チャーター車でテカポへ送迎、テカポ観光
2日目=テカポからダニーデンへ向かう途中モエラキボールダーズ見学含みダニーデンホテルまで送迎。
日の入り前にダニーデンホテル出発。オタゴ半島でのブルーペンギン見学ツアーに日本語ガイドと共に参加。その後ホテルまで送迎。
3日目=ダニーデンホテルよりダニーデン駅に送迎、ダニーデン駅よりタイエリ峡谷鉄道に乗りプケランギへと向かう。プケランギ到着後チャーター車によりクイーンズタウンホテルへ観光送迎。

2名参加の場合;NZ$2300/2名 3名での参加の場合;NZ$2400/3名

以上の片道移動型送迎サービス以外にクライストチャーチからテカポへの片道やクイーンズタウンからプケランギ駅までの片道送迎なども行っています。詳細、お問い合わせは クイーンズタウン又はクライストチャーチ発着観光付き送迎ツアーぺージをご覧ください。

 

マウントクックの2200段の階段登ってセアリーターンへ

マウントクックの人気半日トレッキングコースであるセアリーターンへ行ってきた様子をレポートします。急な階段を上ってたどり着く場所は格好のセルフィー映えする絶景が広がり、しかもその場でインスタグラムやフェイスブックにアップできるところです。

マウントクック・セアリーターントラック

3月8日のAM11時ごろから出発。マウントクックのキャンピンググランドに車を停めて歩き始めます。ちょうど登って行く山肌にはセアリーターンの辺りまでまだ朝の雲がかかっていました。今日は晴天の天気予報なのでこの雲は気温が上がれば途切れるはずです。

スタートからまずはケアポイントにも向かう平坦なトラックを行くとセアリーターン、又はミューラーハットへの分岐点に差し掛かります。ここからセアリーターンまで往復で3時間の表示。大体この時間は当たってます。

マウントクックのキャンプ場が標高770mぐらい、そこからおよそ1.2kmほど緩やかなブッシュの中の坂道を上って行くと急な階段が現れます(この地点がおよそ870mほどの標高)。私はこれまで数えたことがないけどハーミテージホテルでもらえる周辺マップでの記述ではなんと2200段あるらしい急な斜度の階段が本当に延々と、いやになるほど続いてセアリーターンへと上っていけます。登り始める前に覚悟を決めましょう。

セアリーターンにはこれまで何度か行ってるけど、改めて気付いたことはこの急な階段の道のりは前半(階段を上り始めてからの前半)の峰のところ大岩まで解特に急な斜度だと思います。だから足をのせる階段の幅も狭くて、一段一段の高さも高い(=日本人の体形にはつらい、膝ぐらいまでの高さの一段になることが多い)。まして前半の山肌はブッシュが生い茂り、登って行く道のりが見晴らせないのも結構つらいと思います。

階段を上り始めたら途中いくつか休憩ができそうな大岩があったりするのですが、階段に差し掛かってから20~30分ぐらいで尾根にあたるところに大きな岩が格好の休憩場所、そしてビューポイントになってます。こんなところで休憩しながら登って行きましょう。この日はここに赤ちゃんと5~6歳ぐらいの女の子連れの若いカップルが休憩してました。ヨーロッパからの若いカップルはよく子連れでこんなところも歩いていたりします。特に背負える赤ちゃん連れはよく見かけます。

尾根の辺りからセアリーターンまでは低いブッシュの山肌の斜面になるので上の方まで登って行く道のりが分かります。まして山肌に対して左側はマウントクックの雄姿やマウントセフトンの氷壁などが見られて、右下はハーミテージホテルなどのマウントクック村が見下ろせるので一息入れながらも登って行くのに弾みがつくはずです。

上から降りてくる人や先行者の姿を目で追っていくと、目的地のセアリーターンにすでに到着している人を見上げて見付けることができるでしょう。セアリーターンは標高1320mほど、階段が始まってからは450mほど階段で登ることになります。時間にして一般的に休憩を何度も取りながらも1時間半ほどの登りです。

セアリーターンにマウントセフトンの氷壁が映る写真は誰もが撮りたくなるカメラ・スポットとしてマウントクックの中での観光名所の一つです。この日も風のないときにはカメラを構える人がたくさん立ち止まります。私の両横にもカメラを撮ってる人がいました。

セアリーターンの小さな池の奥にはベンチテーブルがあって、みんなそこでランチを取ったり、休憩してますが、さらに奥に行くと崖っぷちになっていて、眼下にミューラー氷河湖も見下ろせます。そのところがセアリーターンとは別のセルフィースポットになってます。

セアリーターンの崖っぷちから撮ったパノラマビデオ。フッカーバレーの氷河湖まで行くとWifiは届かないのですが、セアリーターンぐらいまではマウントクック国立公園内の中でもWifiが届く所です。だから私もこの日セアリーターンからファイスブックに別のビデオをアップさせてます。

セアリーターンから降りていくのもやはり登ってきた急な階段を下りることになります。下りは結構危ないのでゆっくり降りていきましょう。

NZブリーズの兄弟ぺージの歩いてNZ/NZトレッキングサポートではマウントクックのセアリーターンのトレッキング情報を始めNZでのトレッキングルートをたくさん紹介してます。

 

シンガポール航空のセール利用でクライストチャーチ行きがお勧め

シンガポール航空が日本就航50周年記念セールを行っています。そのセール利用だとクライストチャーチまでの往復がお勧めでお得なチケットになってます。

シンガポール航空を利用すれば日本からシンガポールでの乗り継ぎ一回でクライストチャーチまでやって来れます。シンガポールと日本の羽田はもとより関空、名古屋、福岡、そして広島からも毎日定期便が就航されてますが、シンガポールとクライストチャーチ間も毎日1往復定期便が就航されています。

この関空や名古屋、福岡からニュージーランド航空を利用してクライストチャーチまで来るとしたら成田もしくは羽田までやってきてから、NZにはオークランドまで直行便ですが、オークランドで乗り換えが往路、帰路とも必要でクライストチャーチまでやってきます。料金的にもこのオークランドとクライストチャーチ往復に1万円の追加料金が発生します。

今回のシンガポール航空日本就航50周年記念セールでは東京発着はあまりお得ではないのですが、関空、名古屋、福岡からのチケットは6万円台から販売されています。広島発着では何と60120円から、という激安チケットになってます。

このセールは3月31日までの期間限定販売で、4月1日以降ゴールデンウィーク期間を除いて5月31日までの日本出発日での航空券となります。秋のNZ旅行をクライストチャーチから始めるのは最適なセールになるのではないでしょうか?


クライストチャーチ空港のシンガポール航空機

NZブリーズではクライストチャーチ空港到着時の出迎えから始まるNZ南島の観光地への送迎ツアーを行っています。このシンガポール航空を利用して夜が長くなって星空が見えやすくなるテカポやクイーンズタウンへの周遊旅行に利用していただけるでしょう。

NZブリーズのクライストチャーチ個人旅行ガイドぺージ