テカポの新YHA19年5月以降なら予約が可能になってます。

新テカポユースホステル建築中

テカポに建築中のユースホステルが19年の5月以降ならオンライン予約ができるようになってます。ゴールデンウィーク後半にテカポへとやって来たい方は個人予約を考えても良いのではないでしょうか?

テカポの新YHAは19年1月以降にオープン予定となってます。

テカポに新築中のユースホステルはオープン予定が19年初めとなってます。おそらく1月後半から2月には完成しそうです。

テカポのYHAは以前は町の中心から少しだけ離れた湖岸沿いにあって、その旧YHAもリビングルームが素敵なテカポ湖を見晴らせるテカポの宿泊施設でも飛び切りの立地に建っていてその宿泊人気はテカポで一番といっても良かったのですが、新たに建築中のYHAもこれまたテカポでは最高の立地に出来上がります。

新テカポYHAは町の中心に建てられ、お隣は同じく建築中の星空観測ツアーなどを行うEarth&Skyの新しい観測ドーム、そしてテカポ湖岸までの間には視界を遮る建造物などは無く、良き羊飼いの教会までは国道を横切ることなく遊歩道を徒歩数分で歩いて行けて、スーパーマーケットも徒歩2分ほどの距離、これまたテカポの中のホテル施設としては最上級の立地に建築中です。

以上のことに加えて、格安の宿泊施設であるユースホステル、テカポというアジアからの個人旅行者に人気のテカポという場所にあり、テカポ自体にホテル施設が非常に少ないことからオープン後の宿泊人気はものすごいことになりそうです。

その宿泊予約がいまだ建築中ですが、5月以降なら予約が受け付けられるようになってます。すでに予約されている日もあるので、今後テカポにやってきたい方で普通のホテルではなく格安ホステルでも構わない方は一度は予約を考えてみるのも良いでしょう。

新テカポYHA12月11日現在

テカポの建築中の新ユースホステル、18年12月11日現在。恐らくこの後クリスマス休暇などで建築作業は中断されて、完成に至るのは2月ぐらいだと思われます。

テカポのYHAホームページ

ユースホステルNZのテカポページでは完成が”Opening early 2019″となってます。そして5月以降ならオンライン予約が可能になってます。

新テカポのYHA料金

新しいテカポのYHAのオンライン予約ページを見ると宿泊可能な部屋と料金が分かります。

男女相部屋で8人同室(4つの2段ベッド)、共同シャワー、トイレ利用の料金がNZ$35/一人/一泊から。

ドミトリーも女性だけ、男性だけの部屋もある。

個室もありキチネットと専用シャワー(Ensuite)があって、TVも部屋にあるクイーンサイズのダブルベッド一つの部屋がこのテカポYHAでは最上級になりそうですが、料金は1泊一部屋NZ$145となってます。

テカポへのクライストチャーチ空港又は、クイーンズタウンから日本語送迎ツアーをNZブリーズを行ってます。

クライストチャーチ空港又はクイーンズタウンからテカポへの片道、往復、マウントクック観光を含めた送迎ツアーなどの詳細、料金はNZブリーズの観光送迎ページで分かります。

クイーンズタウン6時40分発で日本へ乗り継いで帰国するNZ航空便チェックイン

クイーンズタウン空港を早朝出発してオークランド経由で同じ日に日本へと帰国することができるNZ航空便のクイーンズタウン空港でのチャックインを実際体験してきました。

クイーンズタウン空港AM6時40分発日本へのNZ航空便チェックインで気になる3ポイント

クイーンズタウンを早朝出発してオークランドで1泊することなく日本へと同じ日の夜までには帰ることが今シーズンから可能になったNZ航空のスケジュール便、そのクイーンズタウン空港での気になるポイントを実際チェックインを行うところを見て、聞いて体験してきたのでレポートしてみます。

クイーンズタウン空港は午前5時からオープンします。

クイーンズタウン空港を出発する朝第一便となるのは今シーズンはAM06:40発。この便に乗ってオークランドから国際線へ乗り継いで日本へと帰る便のチェックインは5時40分までに済ませること、とクイーンズタウン空港は定めています。

このため、クイーンズタウン空港にはせめて5時半までには到着したいところ。けれど多くの人は国際線へのチェックインも兼ねるからもう少し早めに空港へと到着したいと思うでしょう。しかしクイーンズタウン空港自体が開くのがAM5時からです。AM4時半にクイーンズタウンの町を出発してAM4時45分にはクイーンズタウン空港に到着してしまった私たちは空港職員がやって来るまで入口が明けられるのを屋外で待たされる羽目になりました。

クイーンズタウン空港への早朝送迎サービス

AM05時にオープンされるクイーンズタウン空港。12月12日AM05時40分撮影

クイーンズタウン空港のNZ航空便チェックインは国際線乗継でもセルフチェックインが可能

NZ航空はすでにNZ国内の飛行場でチャックイン作業を行う場合は機械でのセルフチャックインが通常になっていて、同日にNZ航空便で国内線から国際線に乗り継ぐ便のチェックインも受付カウンターを利用することなくセルフチェックインが出来るようになってます。

このセルフチャックインの機械はNZ航空カウンター前にたくさん設置されていて、言語を英語はもちろんのこと日本語にも対応しています。そしてパスポートがあればタッチパネルで日本語の支持に従いながらこの日に乗る予定のすべての便(例;クイーンズタウンからオークランドとオークランドから成田への便)の搭乗券とバッゲージタッグを発券まで行えます。もちろんこの機械の周りにはNZ航空係員が数名いるので何か分からないことになったりしたら助けてもくれます。

クイーンズタウン空港への早朝送迎サービス

クイーンズタウン空港のNZ航空チェックインカウンターとセルチェックインマシーン。このセルフチェックインマシーンが稼働し始めるのがAM5時20分からでした。その5時20分までにはたくさんの人が空港へと到着していて、機械が動きだした途端にたくさんあるマシーンの前にも行列ができていました。

オークランド空港では預けたスーツケースは出てこない。

クイーンズタウン空港からオークランドまでNZ国内線で移動してからオークランドで日本への飛行機に同じ日に、同じNZ航空の便に乗り継いでいく場合はクイーンズタウン空港で預けたスーツケースなどは日本到着まで通しでNZ航空が運んで、オークランドでの乗継の際には手荷物だけ持って、出国手続きを行い、日本へのNZ航空便に搭乗することになります。

これは、日本からNZへやってきてオークランド経由でクイーンズタウンやクライストチャーチまでやって来るときはオークランドに国際線で到着後NZへの入国審査で預け荷物のスーツケースが検疫などでチェックを受けなければならないのでオークランド空港でスーツケースが出てきますが、これと同じことが帰国するときもあり得ると思ってしまう人が多くて、オークランド空港で国内線ターミナルと国際線ターミナルをスーツケース持って移動しなければならないのか?と考えてしまうのですが、NZを出国する際のスーツケースの中身は検査され無いことからオークランド空港での乗り継ぎの際にはスーツケースを持ち運ぶ必要はありません。

クイーンズタウン空港への早朝送迎サービス

NZブリーズの早朝クイーンズタウン空港への送迎サービス

NZブリーズではクイーンズタウンのホテルからクイーンズタウン空港への片道送迎も行っています。クイーンズタウン空港をAM6時40分発の便にも併せた早朝送迎も請け賜わってます。

NZブリーズのクイーンズタウンホテルからクイーンズタウン空港への片道送迎
料金;1名から3名までならNZ$70
所用時間;20分~30分

NZブリーズクイーンズタウン発着観光送迎ツアーページ

NZブリーズのクイーンズタウン、およびクライストチャーチ発着観光送迎サービスページ

 

 

19年4月5月のNZ南島ホテル付き縦断5日間ツアー2コース

NZブリーズ19年秋NZ南島ホテル付き5日間ツアー

NZブリーズの19年4月から5月にかけての出発ツアーを2コース発表しました。日本の春休み、ゴールデンウィークにかけてカップルで、親子旅で、家族旅行でNZの秋を満喫したい方は是非お問い合わせ下さい。

NZブリーズの19年4月5月出発NZ南島周遊ホテル付きツアー

2つのコースはどちらのコースも5日間コースで、黄葉の名所であるワナカやアロータウンを定番観光地に加えて訪問するコースとなります。

また、NZ南島の観光旅行での定番観光地のミルフォードサウンド、マウントクックはもちろん訪れ、4月になって夜の時間が増えて星空観賞もしやすくなるテカポにはどちらのコースも一泊するコースとなります。

どちらのコースもまた、それ以外の19年のNZ南島ホテル付きコースの内容や問い合わせ先はNZブリーズのサイトぺージ’NZ南島ホテル付き周遊観光ツアー”ページをご覧ください。

(19秋-1) ワナカとテカポにも泊まるNZ南島秋の見どころ縦断5日間

NZ南島での秋の見どころを5日間で縦断観光。
ミルフォードサウンド観光,ワナカの黄葉見学,マウントクックでのハイキング,テカポでの星空観賞のチャンスもある充実の5日間プラン

4泊は
クイーンズタウン1泊+テアナウ一泊+ワナカ一泊+テカポ一泊

ツアー初日をクライストチャーチ空港から、もしくはクイーンズタウン空港から始める縦断コースの選択が可能なツアー

19’4月~5月クイーンズタウン空港、もしくはクライストチャーチ空港から出発限定
料金;NZ$2200/お一人

ワナカとテカポにも泊まるNZ南島秋の見どころ縦断5日間のスケジュール

NZブリーズ19年秋のホテル付き5日間ツアー1のスケジュール

(19秋-2) マウントクックとテカポにも泊まるNZ南島秋の見どころ縦断5日間プラン

ミルフォードサウンド観光とテカポでの星空観賞に加えてNZの黄葉の名所であるワナカ,アロータウンも訪れマウントクックで一泊してハイキングも楽しめる充実の5日間プラン。

4泊は
クイーンズタウン2泊+マウントクック1泊+テカポ1泊

ツアー初日をクライストチャーチ空港から、もしくはクイーンズタウン空港から始める縦断コースの選択が可能なツアー

19’4月~5月クイーンズタウン空港、もしくはクライストチャーチ空港から出発限定
料金;NZ$2200/お一人

マウントクックとテカポにも泊まるNZ南島秋の見どころ縦断5日間プランのスケジュール

NZブリーズ19年秋のホテル付き5日間ツアー2のスケジュール

NZブリーズの’NZ南島ホテル付き周遊観光ツアー”ページ

NZブリーズホテル付きNZ南島周遊観光ツアーページ

クイーンズタウンの日本出発前にオンライン予約をお勧めする人気レストラン8件

アミスフィールドワイナリーレストランクイーンズタウン

クイーンズタウンのレストランでディナーを楽しむのに人気がありすぎて当日では食事ができないレストランがいくつかあります。そんな人気レストランのうちオンラインで日本出発前に予約ができる8件のレストランを紹介します。

クイーンズタウンの事前にオンライン予約ができる人気レストラン

ボツワナ・ブッチャリー / Botswana Butchery

NZ料理、予約が必ず必要と言われる大人気のレストラン。湖畔のコテージを改装した店内はとてもスタイリッシュ。

クイーンズタウンボツワナブッチャリー予約画面

ボツワナ・ブッチャリー・クイーンズタウンのオンライン予約ページ。予約人数、希望日を選ぶと予約が可能な時間も分かる。基本的に夕食のピーク時間では2時間が食事時間という制限があり、2時間後には席を空けなければならない。eメールアドレスに予約確認の返信が届く。また、モバイルのTel番号を知らせていれば、もし予約時間になってもお店に現れなければそのTel番号にマネージャーから確認のTelが掛かってくる。

ラータ / Rata Dining

 

NZ料理、ミシェランシェフのJosh Emettがプロデュース。NZ食材が程よくアレンジされたコンテンポラリー料理.

ラータレストランクイーンズタウン

ラータのオンライン予約ではクレジットカードで予約確約ができ、予約キャンセル条件もホテルと同じようなシステムを取っている。

ジェヴォイス・ステーキ・ハウス / Jervois Steak House

NZのトップマスターシェフのレストラン。その極上ステーキはオセアニア地区では最高の評価を得る。シーフード,サイドデッシュも極上。

ジェヴォイス・ステーキ・ハウスクイーンズタウン

ザ・バンカー / The Bunker

入口が小さく見つけにくいけど、中はものすごく雰囲気の良い本格的レストラン。地元の人にも長年愛され観光客に人気が広まってほしくない隠れ家的なお店。

ザ・バンカーレストランクイーンズタウン

フレイム・バー&グリル / Flame Bar & Grill

非常に人気のある南アフリカBBQスタイルのステーキハウス。2階からの眺めも良いことで知られる。

フレイムバーアンドグリルクイーンズタウン

スカイライン展望レストラン / Stratosfare Restaurant

バッフェスタイルのレストランでとても多くのテーブル席がある展望レストランだけどクイーンズタウンにやってくる観光客が必ず一度は訪れるといわれるスカイライン展望台にあり、多くのツアーバスがやってくるレストランなので事前オンライン予約をお勧めします。料理もバッフェスタイルの割に評判が非常に高い。

予約時に食事開始時間を4.30pm, 4.45pm, 5.00pm, 6.30pm, 6.45pm, 7.00pm, 8.30pm,8.45pmから選択できる。但し、90分間の食事制限時間がある。

クイーンズタウンスカイライン展望レストラン

ペドロズ・ハウス・オブ・ラム / Pedro’s House Of Lamb

ここはレストランではなくテイクアウェイ専門のお店。そしてローストラムの一品メニュー。 一切れが巨大なものなので2人で分け合うのが良いでしょう。

事前予約者だけにローストされ、予約時にピックアップ時間を知らせていればその時間に合わせてスローローストが終わるようにしてくれる。だから事前予約が必要。

以前に私のお客さんで日本から予約してきた人も実際いた。但し、このお店が町の中心から少し離れていて、コンロから出されたばかりのアツアツローストが肉汁もたっぷり入ったアルミボックスに入れられたものを持ち帰らなければならないので、できればレンタカーで旅行している人向け、またホテルより食器やナイフ、フォークなどが備えられてるアパートメントタイプやモーテルに宿泊している人の方が良いでしょう。

ペドロズハウスオブラムクイーンズタウン

アミスフィールド・ビストロ&セラードアー / Amisfield Bistro

クイーンズタウンの郊外のワイナリーのレストラン。ランチもディナーもメニューはシェフにお任せのコースメニューのみ。

ランチが3コースランチで$75/一人、+食事に合うグラスワイン4杯で$45/一人、ディナーになると7コースディナーだけになり、$140/一人で+食事に合うグラスワイン6杯ついて$70//一人と決してお安いことのないレストランだけどいつでも予約は一杯。

アミスフィールドビストロクイーンズタウンワイナリーレストラン

クイーンズタウンのレストラン、ショッピングについての現地情報

NZブリーズのレストランへの往復チャーター送迎サービス

NZブリーズではクイーンズタウン市内の事前オンライン予約が可能な上記のようなレストラン、又は郊外のワイナリーレストラン(アミスフィールドやギブストンバレー・ワイナリーレストランなど)に専用車でホテルとレストランの往復を送迎するサービスを行っています。

NZ$90 / 1~3名

お問い合わせ、予約は下記の問い合わせフォームで受付けしています。

NZブリーズのクイーンズタウンのお勧めレストランとショッピングガイドページ

NZブリーズのクイーンズタウンのお勧めレストランとショッピングガイドページでは上記のレストラン以外にもシーフードやラム肉料理で人気のレストラン、行列ができるレストラン、人気のカフェ、そして気軽に利用できるテイクアウェイショップも紹介しています。

また、上記のレストランの場所やオンライン予約ができるホームページアドレスも分かる日本語グーグルマップを公開してます。

 

オークランドのホテル、この10ホテルから選んでいれば大丈夫

オークランド観光とホテルマップ

オークランドのホテルを日本人宿泊者の口コミと立地条件、値段を参考にして10件選んでみました。オークランドに個人旅行で行く場合この中から選んでいればオークランドの宿泊は満足出来るでしょう。

オークランドのお勧めホテル、5つ星から格安ホテルまで10件

オークランドの中心地には予約ができるものでも約600件ほどのホテルがあります。そのうち日本人の個人旅行者にお勧めできるホテルを以下の条件で10件選んでみました。

・日本人宿泊者からのいい口コミが過去にある。
・ショッピングや観光に便利な場所にある。
・空港バスのバス停に近い
・料金がそのクラスの中ではコスパが高い。
・バックパッカー、ユースホステルなどは除く
・キッチン付きのアパートメントタイプは除く

尚、口コミはBooking.comの日本サイトから参照してます。

初めてのオークランドでも安心の5つ星ホテル、トップ4

グランド・メルキュール・オークランド / Grand Mercure Auckland

NZ$234~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;”街の中心部で港にも近く、非常に便利です。また、建物内部、設備はとてもきれいで清潔感がありました。”

グランド・メルキュール・オークランド

 スタンフォードプラザ・オークランド / Stamford Plaza Auckland

NZ$247~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;”部屋が広くゆったりしていて、バスタブとシャワーも両方あってとても使いやすかった。”

スタンフォードプラザオークランド

スカイシティ・グランド / Skycity Grand Hotel

NZ$319~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;

“ベッドの寝心地が良かった。 部屋が綺麗で掃除も行き届いていた。”
“朝食がいろいろ食べれて全部おいしかった。 マクラの硬さが選べた。 スタッフの気遣いが心に沁みた。”

スカイシティグランドホテル

コーディス・オークランド / Cordis Auckland by Langham Hospitality Group

NZ$193~/一泊/部屋 無料シャトル有り

日本人宿泊者からの口コミ;”スタッフの対応は、かなり、素晴らしい。 清掃も、きちっとされている。 坂道の多いオークランドでは、ホテルの循環バスが、かなり便利だと思った。”

コーディス・オークランド

カップル,女子旅に人気が高く,立地条件も良いお勧めオークランド4つ星ホテル、ベスト3

グランド・ミレニアム・オークランド / Grand Millennium Auckland

NZ$170~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;”スタッフがみな親切でフレンドリー。ラウンジのサービスがよかったです。シャワーと浴槽が別なのがポイント高いと思いました。”

グランドミレニアムオークランド

M・ソーシャル・オークランド / M Social Auckland

NZ$246~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;”お部屋が綺麗。スタッフが親切。食事、ショッピング、フェリー乗り場が近く、何をするにも便利な場所。”

M・ソーシャル・オークランド

クラウンプラザ・オークランド  / Crowne Plaza Auckland

NZ$194~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;”アクセスが良く、便利。 部屋は清潔で、シャワー、ベッドも申し分なし。”

クラウンプラザ・オークランド

オークランド市内で格安の3つ星ホテル、日本人も泊まってる3件

ベストウェスタン・プレジデント・ホテル・オークランド / Best Western President Hotel Auckland

NZ$135~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;
“どの部屋も比較的広いです。 ホテル自体は古いですが、立地は最高です。”

“セキュリティがしっかりしている。キッチンがある。ベットメイクがある。フロント係が親切。”

ベストウェスタン・プレジデント・ホテル・オークランド

エコノ・ロッジ・シティ・セントラル  / Econo Lodge City Central

NZ$89~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;”ベッドが広くて寝心地がよかった。お値段がお手頃。市街地で、どこへ行くにも便利。スタッフがフレンドリーで親切だった。”

エコノ・ロッジ・シティ・セントラル

ウォルドーフ・テトラ・ホテル・アパートメンツ / Waldorf Tetra Serviced Apartments

NZ$75~/一泊/部屋

日本人宿泊者からの口コミ;”部屋が広く、ゆっくり寛げます。 通りの坂が急なことを除けば、中心部へのアクセスも悪くなく立地は良い。 スタッフの対応も良好です。”

ウォルドーフ・テトラ・ホテル・アパートメンツ

オークランドの最適なホテルを見つけるにはNZブリーズのオークランドホテル&レストラン、ショッピングページで

NZブリーズのオークランドのお勧めホテルと人気レストラン、ショッピングページではお勧めのホテルを上記以外も含めて18件、キッチン付きのサービスアパートメンントを6件、そして個室があって、女子専用のドミトリーなども選べるホステル、バックパッカーを6件紹介してます。ページから日本語オンライン予約が可能です。

また上記のホテルの所在地と空港バスのバス停も含めたオークランドの観光+ホテルマップもご利用ください。

 

まだ間に合う、1月1日から5泊6日ホテルと観光付きNZ南島ツアー

NZブリーズ1月1日から5泊6日NZ南島ツアー

19年の1月1日にクライストチャーチ空港到着してからテカポ、ダニーデン、ワナカ、そしてクイーンズタウンに宿泊して5泊6日の日本語ガイド付き観光ツアーをNZブリーズでは2名限定で受け付けます。

1月1日にクライストチャーチの空港、もしくは市内ホテルから日本語ガイド付きの専用車でツアーを始めて、1月6日の日曜日にクイーンズタウン空港まで送迎で終了する5泊6日のツアー限定です。飛行機の手配はご自身でしていただきます。1月6日にクイーンズタウン空港からオークランドへ、もしくはオークランド経由日本への航空券を手配できるようならお問い合わせ下さい。

19年1月1日 クライストチャーチ空港到着から5泊6日ホテル,観光付きNZ南島縦断ツアー日程と主な見どころ

料金;NZ$2950/お一人//2名での参加のみ募集

19年1月1日(火)

  • クライストチャーチ空港出迎えからツアー開始
  • 星空が有名なテカポ泊(日本語星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにてご自身で可能)
  • テカポでは3ベッドルーム,キッチン付きロッジ泊

1月2日(水)

  • テカポからダニーデンへの途中、モエラキ・ボールダーズ見学、ダニーデン市内観光も含まれます。
  • 夜にはブルーペンギン見学ツアーを日本語ガイドと共に参加
  • ダニーデン市内ホテル泊

1月3日(木)

  • ダニーデンをタイエリ峡谷鉄道にて出発、プケランギにて下車後はワナカのホテルまで専用車にて移動。
  • ワナカ市内キッチン付きモーテル泊

1月4日(金)

  • ワナカからクイーンズタウンへは人気の観光スポット(ワナカツリーやワイナリー)に下車観光しながら移動。
  • クイーンズタウンではワカティプ湖畔のホテルに2連泊+朝食付き

1月5日(土)

  • ミルフォードサウンドへは乗合観光バスツアーに参加。ミルフォードサウンド遊覧クルーズ船内ではピクニックランチ付
  • クイーンズタウンホテル泊

1月6日(日)

  • 午前中もしくは午後 クイーンズタウンホテルを出発クイーンズタウン空港まで送迎、ツアー終了。

19年1月1日 クライストチャーチ空港到着から5泊6日ホテル,観光付きNZ南島縦断ツアー日程表ぺージはコチラ

NZブリーズのNZ南島ホテル付き周遊観光ツアーのページはコチラ

テカポスリーリバーロッジ

テカポでの1泊はキッチン付き3ベッドルームのロッジ。

オタゴ半島ブルーペンギン

オタゴ半島のブルーペンギン見学ツアーに参加

ダニーデン駅のタイエリ峡谷鉄道

ダニーデン駅からプケランギまで片道タイエリ峡谷鉄道にお二人で乗車

ワナカツリー

今やNZの代表的カメラスポットになってるワナカのワナカツリーを訪れます。

ミルフォードサウンド遊覧クルーズスターリングの滝

ミルフォードサウンドには日本語ガイド付きの乗り合い観光バスツアーで向かいます。

テカポのルピナスは11月ぐらい,けど観光客はすでに来てます。

テカポの観光シーズンはすでに始まっています。ルピナスの花はまだ咲いていませんが、ホテルやホリデーパークまで予約で埋まっています。

10月6日のテカポはすでに観光客も多いけど、快晴で風もなく、夜には満天の星空

テカポのルピナスの花はこれからシーズンを迎えます。

テカポのルピナスの花10月6日

テカポの良き羊飼いの教会の周りは毎年ルピナスの花が咲き乱れます。10月6日にはまだまだ緑の葉っぱが生い茂り始めた時期で花が咲く茎も伸びてきてない状態でした。恐らく11月にかけてルピナスのお花畑がテカポの周辺で見られるでしょう。

(NZでは雑草として扱われてるルピナスは、今年は教会の周りでは整備処理されたため数は減っています。けれどある程度は咲き乱れそうです。)

テカポの観光シーズンはすでに始まっていました。

テカポ良き羊飼いの教会10月6日

テカポには今や一年中観光客が訪れる小さな町になってますが、さすがに冬の時期は観光客も減るのが10月にもなると増加の一途を辿ります。良き羊飼いの教会の周りは一日中観光客が絶えることなく、人の姿をフレームに入れなくて教会とテカポ湖をまとめてセルフィー写真を撮ることは不可能になります。10月からそれまで16時には閉ざされていたこの教会の中にはPM17時まで入ることができるようになります。

テカポのホテルを予約するにはとても困難なシーズンに突入します。

テカポのホリデーホーム

11月から3月ぐらいまでのNZでの観光シーズンでは主な観光地のホテルンも予約で埋まってしまうのはごく当たりまえになっていますが、ホテル自体が非常に少ないテカポでは10月ですでにホテルが見つからない状態になってます。

10月6日から8日の2泊のホテルも既に予約が埋まっていたのでホリデーホームと言われる貸し別荘を見つけました。3ベッドルームでキッチン、リビングルームは別にあり、そして薪暖炉があるこのホリデーホームが1泊NZ$169でした。この価格なら他のホテルなどよりは2人以上なら絶対お得な価格です。11月以降レンタカーで訪れて2泊以上テカポですることを考えるならホリデーホームを滞在場所として考えるのがお勧めです。

10月6日のテカポの夜は満天の星空

テカポ良き羊飼いの教会とスバル10月8日AM03時撮影

テカポもこれから夏を迎えていくと日の入り時間がとても遅くなって星空が見られる時間もPM10時以降となって行くのですが、10月だとまだ何とかPM9時半以降ぐらいから満天の星空が見られます。

10月6日と7日の夜は新月の3日,4日前で、月が無くて、雲もない夜となって満天の星空が見られた夜となりました。

良き羊飼いの教会の周りは中国からの観光カメラマンが夜中1時ぐらいまではたくさんやってきているのですが、3時ともなるとさすがに人も駐車場の車もいなくなって教会の後ろの上に輝くスバルを入れての写真が撮ることができました。

NZブリーズでは11月2日限定でクライストチャーチ発テカポでのホテル1泊付きでクイーンズタウンまで観光送迎する2日間のツアー参加者を募集しています。

 

11月,12月,1月のNZ南島4泊5日レンタカー旅行これがベストコース

マウントクックへのプカキ湖畔の国道80号線

NZの南島をレンタカーを利用して11月から1月と言う観光シーズンに、クイーンズタウンからミルフォードサウンド、マウントクック、テカポを巡りながらクライストチャーチ空港まで5日間で旅行するベストコースをクイーンズタウンで観光送迎サービスを行うNZブリーズが紹介します。

クイーンズタウンから格安レンタカーでミルフォードサウンド、マウントクック、テカポを観光しながらクライストチャーチ空港へと目指す5日間

11月、12月、1月のNZ南島をレンタカーで旅行するときのガイドブックに載っていない6つのポイント

  1. 11月からNZは観光シーズンが始まるといっていいでしょう。11月から3月ぐらいまでは世界中からNZへと旅行者がたんまりとやってきます。ホテルなどはどこの観光地も予約が取れない時期に突入。テカポのホテルやホリデーハウス、バックパッカーまで11月から3月まで2泊以上しないと予約を受け付けない宿泊施設が主になる。
  2. 11月から1月にかけてはマウントクックリリーなどのNZ固有種の高原植物がトレッキングルートなどで見られ、外来種だけどとても人気のルピナスが国道の道端に咲き乱れる時期。
  3. 12月20日ぐらいが一年の中で最も日の入り時間が遅くなる日、11月から1月ぐらいはNZの南島の日の入り時間がPM21時半ぐらい。ホテルの到着時間が多少遅くなってもまだまだ明るい時間帯に到着できるでしょう。だけど星が瞬き始める時間はPM22時半以降と遅くなるのでこの時期はあまり夜空を楽しめる時期ではありません。
  4. 12月から暦は夏。11月以降は日差しもきつくなり車を運転するときやトレッキングなどではサングラスが必需品。
  5. 12月中旬からNZの学校は1月一杯まで夏休み。NZの家族連れも都会から離れてテアナウやワナカ、そしてテカポなどの避暑地にもなる行楽地に押し寄せます。郊外の国道ではスピード違反や飲酒運転の取り締まりが強化されます。レンタカーであってもスピード違反の罰金は果たさなければなりません。
  6. NZではクリスマスの日=12月25日が最も大切な日でクライストチャーチなどの町などはどこもお店は閉まる日。クイーンズタウンやテアナウ、テカポなどではレストランが昼から開いているけど、コンビニやスーパーマーケット、そしてガソリンスタンドもお休み、または午前中は開いていない日になります。但し1月1日は普通の日曜日と変わらない感じで観光地のお店やレストランは通常営業されます。

11月、12月、1月のNZ南島をレンタカーで4泊5日かけて旅行するベストコースのスケジュール、日本語マップ

1日目はクイーンズタウン空港に到着後空港でレンタカーを始める。そしてクイーンズタウンで1泊

2日目、朝にクイーンズタウンをレンタカーで出発、ミルフォドサウンドへと向かい、ミルフォードサウンドで遊覧クルーズを楽しんだ後はテアナウまで戻ってきてテアナウで1泊

3日目、テアナウからマウントクックまで観光しながら移動。マウントクックで一泊

4日目、午前中マウントクックで半日トレッキングやグレイシャー・エクスプローラーや氷河着陸の遊覧ヘリコプター現地ツアーなどを楽しんで、午後にはテカポへと移動。テカポに到着したらレンタカーでマウントジョン天文台へと上って行く。テカポにて一泊

5日目、テカポからクライストチャーチ空港へと移動してクライストチャーチ空港からオークランド、又は日本への飛行機に乗る。

NZブリーズ作成NZ南島周遊定番ルートマップ。各地の主なカメラストップの場所や国道の曲がり角まで分かります。テアナウからミルフォードサウンド間の道のりではGPSで拾ったウェイポイントデータで主なカメラストップの位置が正確に分かります。

1日目、クイーンズタウン空港到着後クイーンズタウンで一泊

この日の移動距離=20km以内

クイーンズタウン空港に到着したらまずは空港にあるレンタカー会社でレンタカーの手続き、クイーンズタウン空港内には大手のレンタカー会社のハーツやエイビス、スリフティー、ヨーロッパカーが受付カウンターを設置しているとともにEziカーレンタルとJucyレンタルがカウンターがある。

また、NZの格安レンタカーでクライストチャーチ空港にも事務所のあるAce Rental Carsは空港ビルの正面の建物が事務所になっているので、スーツケースを取った後すぐにレンタカーで空港を離れていけます。

このNZ到着初日はあまり移動することなく20分ほどで行けるクイーンズタウンの町中まで行って一泊が良いでしょう。

宿泊場所の数はとても多いクイーンズタウンなので、レンタカーを利用しているから町の中のホテルより湖に面した少し町から離れたホテルやアパートメントでも一泊にはいいでしょう。まして町の中心にあるホテルや安宿は駐車費用が掛かったり専用駐車場すら無いのが普通です。

クイーンズタウンのお勧めレストランや人気カフェ、B級グルメ、そしてお土産ショッピングに最適なお店が分かるNZブリーズのクイーンズタウングルメ&ショッピングページ

クイーンズタウンのホテルを料金比較して日本語でオンライン予約する。

クイーンズタウン空港エースレンタルカー事務所

クイーンズタウン空港の敷地内にあるエースレンタルカーの事務所

クイーンズタウンスカイライン展望台

クイーンズタウンでの観光では誰もが一度は訪れるスカイライン展望台へとゴンドラで登って行くのがお勧め。ゴンドラ乗り場の手前にはキウィバードが見れるKiwi Birdlife Parkもあります。

NZ格安レンタカーエースレンタルカー

NZでの格安レンタカーならエースレンタルカー

2日目、クイーンズタウンからミルフォードサウンドへ、そしてテアナウ泊

この日の移動距離=410km

AM07:30分までにはクイーンズタウンホテルを出発してミルフォードサウンドへと向かいます。

NZは郊外の道は制限速度100kmのハイウェイ、クイーンズタウンを離れたらまずはワカティプ湖沿いの国道6号線を南下していきます。この湖沿いの道は40kmほどカーブが多い道になるのでまずはゆっくり目に走って行きましょう。

ワカティプ湖沿いの道が終われば牧場の中の真っ直ぐとした道が多くなります。ワカティプ湖の南端の小さな町、Kingstonを過ぎた後6号線をそのまま南下して75kmほど走ると97号線へと右折します。この三叉路にはTe Anau,Milford Sound方面の道路標識もありますが、朝クイーンズタウンから6号線を南下していく車やバスのほとんどはここで曲がりミルフォードサウンドへと向かう車ばかりなのでこの曲がる場所を見落とさないでしょう。

その後97号線はMossburnという小さな町(公衆トイレ有り)の中で94号線になってテアナウの町まで続きます。クイーンズタウンからテアナウまでの距離は170kmほど。これを時速90~100kmぐらいで走って行くと2時間ほどでテアナウに到着できます。

AM10:00~AM10:30 テアナウの町の中でトイレ休憩。

この日ミルフォードサウンドに行って遊覧クルーズに乗る人はこのテアナウの休憩時にランチ代わりになるものを購入してから行くのが良いでしょう。テアナウを出た後にお店はありません。(遊覧クルーズを事前予約するならその船の中で取れるランチも併せて予約ができます。どのクルーズもコーヒーや紅茶はクルーズ中の無料サービスが受けられます。)

AM10:30にはテアナウを出発、国道94号線を北上してミルフォードサウンドを目指します。

この後ミルフォードサウンドまでの道はミルフォードサウンドに近づくにつれカーブが多い山岳道路になって行きます。先行車を追い抜く箇所もほとんど出てこない道を走ることになるのですが、慎重に且つある程度は高速で走って行きましょう。ミルフォードサウンドまでどれだけ時間がかかるか?とか、どれほどの距離がまだ残っているのか?初めて走る道で予想はできないと思いますが、これからアドバイスすることを守って行けば安全にそして大自然のすごい景観も楽しみながらミルフォードサウンドへ行けるでしょう。

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズをPM13:45出航のクルーズに乗ることとすると、

テアナウをAM10:30までには出発
・テアナウからフィヨルドランド国立公園内に入るまでの45kmほどはノンストップで走る。
・フィヨルドランド国立公園に入ったらカメラストップで車を停めるのは3か所(時間が余ればもう一か所追加)=エグリントンバレー、ミラーレイク、モンキークリーク、時間が30分ほど余ればキャズムも追加。
・途中にルピナスの花が咲き乱れていたり、切り立った山肌の滝がものすごくても、他の車が路肩に停車して写真を撮っていてもミルフォードサウンドに到着するまでの往路は3か所のカメラストップだけにしましょう。遊覧クルーズ後のテアナウへの復路に時間を気にすることなくそういったところに立ち寄れます。
エグリントンバレー、ミラーレイク、モンキークリークのカメラストップ時間は長くても15分
・モンキークリークの後ホーマートンネルを通過することになりますが、このホーマートンネルを12時30分までに通過すれば13時45分出航のクルーズには何とか間に合うでしょう。できれば12時10分ぐらいにはトンネル通過を目安としてください。

ミルフォードサウンドの一般車両の駐車場からクルーズ船が出航するターミナルまで徒歩10分ほどの遊歩道を歩く必要があります。また、11月ぐらいから3月ぐらいまでの時期はこの駐車場が非常に込み合います。もし駐車スペースが見つからない場合はターミナルから離れた駐車スペースに駐車しなければならないことがあり得ます。だから13時45分出航のクルーズ船に乗船するには13時ぐらいにミルフォードサウンドの駐車場に到着を目安としてください。遊覧クルーズのチェックインはどこのクルーズ会社もターミナル内のチェックインカウンターに出航20分前までに行うこととなってます。

また、テアナウを出発してから直ぐに電波が届かない場所へと入って行きます。だからWifi利用でのグーグルマップはスマホなどでは見られないところになります。ミルフォードサウンドでもWifiは利用不可能です。だけどGPSは届くのでカーナビは利用できるのですが、もしレンタカーを予約するときにカーナビを追加予約しない場合はこのテアナウ/ミルフォードサウンド間のマップデータ(KMLファイル)だけでもエクスポートしてご自身のスマホをナビ代わりになるように日本にいる間に事前準備をしておくことを勧めます。

このNZブリーズ作成のマップとNZ国内においてオフライン、Wifiなしでも使えるマップアプリを併用してカーナビ代わりにする方法を別のブログで紹介しています。是非そちらを参照して下さい。

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズが終了した後はテアナウまで同じ道を戻って行きます。

テアナウまで直行で行けば2時間ほど(距離としては120km)で戻れるのですが、できれば往路で立ち寄れなかったところも少し立ち寄ってもいいでしょう。特にミルフォードサウンド出発後再びホーマートンネルを通り抜けるのですが、そのホーマートンネルを抜けた直後の左側は安全に車が停めれるスペースがあり、ここに停車して周りを取り囲む切り立った岩壁を見回してみてもいいでしょう。

また体力に余裕があればディバイドからキーサミットへのトレッキングを楽しんでもいいでしょう。標高530mほどのディバイドから標高920mのキーサミットまで往復で2時間半から3時間ほどのトレッキングですが、ミルフォードサウンドにレンタカーやキャンピングカーでやってくる欧米の個人旅行者にとってはミルフォードサウンドへの一日観光のお決まり日程になってます。

ミルフォードサウンドを出発するのが16時ぐらいになって直行でテアナウに向かって、到着するのが18時ぐらい。これにキーサミットトレッキングを加えるとテアナウ到着がPM20時半から21時ぐらいになるのですが、11月から1月までの日の入り時間は21時から21時半ぐらいなのでテアナウ到着時間にやっと夕方気分になる感じです。夕食の時間が遅くなりますが、一日を大自然の中で十分満喫できる一日となるでしょう。

テアナウのお勧めレストランやお勧めホテルが分かるNZブリーズのテアナウへの個人手配旅行ページ

テアナウのホテルを料金比較して日本語でオンライン予約する。

ミルフォードサウンドまでのカメラスポットモンキークリーク

ミルフォードサウンドへの道のりは氷河地形の醍醐味を堪能できるシーニックルートです。モンキークリークでは車から降りて周りを見上げて見回してみて下さい。この場所はエグリントンバレー、ミラーレイクと同じく車を安全に停められるスぺースがあります。

ミルフォードサウンドの日本語解説付き遊覧クルーズ

ミルフォードサウンドを13時45分に出航するジューシークルーズでは最新鋭の大型カタマラン船が使用され、この時間のクルーズにはグレイトサイツのクイーンズタウン発着の観光バスツアー参加者も乗るので船内ガイドアナウンスは日本語も聞くことができます。

NZブリーズミルフォードサウンドページ

ミルフォードサウンドまでの道のりとミルフォードサウンドを満喫するための観光情報が満載のミルフォードサウンドを個人手配旅行で楽しむためのページ

3日目、テアナウからマウントクックへ、マウントクックで一泊

この日の移動距離=440km

テアナウの町で給油することがお勧め

朝、テアナウを出発。一旦クイーンズタウン方面へと前日走った国道94号線/Mossburn/97号線/6号線で戻ります。

クイーンズタウン空港の前を通り過ぎたらクイーンズタウンの町には向かわず東へと向かっていき、アロータウン、又はカワラウ・バンジーブリッジをトイレ休憩も兼ねて訪れます。テアナウからおよそ2時間15分ぐらいです。

アロータウンもしくはカワラウバンジーブリッジを訪れたら、その後はすぐ近くのワイナリー地区であるギブストンバレーのワイナリーを訪れてもいいでしょう。ピノノアーのティスティングが可能です。またGibbston Valley Wineryではワインのティスティングと他にナチュラルチーズの試食もできるチーザリーがあったり、ランチ専用のレストランも併設されてます。

カワラウ・バンジーブリッジやギブストンバレーのワイナリー地区を通り過ぎたらカワラウ川の渓谷を走り抜けます(15分ほど)。するとクロムウェル/Cromwellに差し掛かるのですが、このクロムウェルの辺りは果実とワイン用のブドウの産地として知られ、国道沿いにはフルーツ直売店がいくつかあります。その中にJones Fruits Shopがあります。ここには広い駐車場とトイレがある為この国道を通るほぼ全部の観光バスが休憩も兼ねて立ち寄るスポットになっています。レンタカーで旅行している人も大体ここに立ち寄っている口コミで大評判のお店です。マウントクックへと向かう車線とは反対車線側にあり、カワラウ川の渓谷を通り抜けた直後に出てくるので見落としやすいのですが、是非立ち寄るといいでしょう。果物はもちろんのことマヌカハニーなどの試食や100%フルーツアイスクリームが人気です。

クロムウェルの町で国道6号線を離れ、町を通り抜けた後からマウントクック、テカポ方面に国道8号線で向かいます。このクロムウェルから次に出てくる町らしい町はオマラマ/Omaramaまでありません。その距離110kmの間公衆トイレは無いと思ってフルーツショップでトイレを済ましておきましょう。

クロムウェルからオマラマまでの国道8号線の道のりはリンディス峠を越える山道になって行くのですが、ミルフォードサウンドへの道なりとは違い、この辺りの主要幹線道路でもある為カーブや上り下りはやや緩やかなものです。またこの辺りの山肌には森が一切無い牧場で使われている山に囲まれた谷底の道のりになります。この風景も日本には絶対見られない風景となり、リンディス峠では車を停めてその景観を見晴らすことができるルックアウトもあります。

リンディス峠を越えて山道を下った後からは次の日に訪れるテカポまではまっすぐで平坦な道が続くことになります。スピードの出しすぎにご注意。

オマラマ/Omaramaは小さな町ですが トイレ休憩、給油、カフェ休憩には適した町です。オマラマからマウントクックまではおよそ100kmの距離。

オマラマを通り過ぎ、真っ直ぐとした道をしばらく走ると人造湖のレイク・ルアタニファ/ Lake Ruataniwhaが左に出てきて(右側にはサーモンの養殖場、直売店)、そしてトワイゼル/ Twizelの町の前を通り過ぎます。

トワイゼルの町から8kmほど走ると国道8号線から脇道である80号線へと曲がる3差路が出てきます。マウントクックを目指すにはこの国道80号線に入ります。(曲がらずに真っ直ぐ8号線を行けばテカポへ)

国道80号線はマウントクック国立公園が突き当りになる道のりで、この道のりもシーニックロードです。特に晴れているときに車で運転するにはとても爽快な道になるでしょう。

プカキ湖が見え始めたら道路わきに車を停めて写真を撮る人も出てきますが、この国道80号線も100km制限のハイウェイです。プカキ湖とマウントクックを見晴らせるルックアウト=Peters Lookoutが国道沿いにあるので写真を撮るにはこのルックアウトに入って安全に車を停めてカメラストップを行って下さい。

マウントクックでの宿泊や人気トレッキングコースのことまで分かるNZブリーズのマウントクックに個人手配旅行での行き方、楽しみ方ページ

11月~1月でも予約ができるかもしれないマウントクック・ロッジ&モーテルの直接予約はコチラ

マウントクックやテカポはホテルなどは数が少なく、けれど観光客が押し寄せる11月以降はホテルの予約が取れない場合はトワイゼルやオマラマでの宿泊を考えるのもいいでしょう。

トワイゼル/Twizelのホテルを料金比較して日本語でオンライン予約する。

クロムウェルフルーツショップ

クロムウェルの国道沿いにある人気フルーツショップ; Jones Fruits Shop。ここで販売されてるマヌカハニーはスーパーマーケットで売られているものより高品質(UMF15+以上)で、お土産物屋さんなどより廉価で試食した後買うことができます。

リンディス峠のルックアウト

リンディス峠のルックアウト。山側の車線脇に安全に車を停められるスペースがあります。

マウントクックとプカキ湖が見晴らせるピーターズルックアウト

プカキ湖畔、国道80号線沿いにあるピーターズルックアウトからの景観

4日目、マウントクックからテカポへ、テカポで一泊

この日の移動距離=およそ100km

午前中はマウントクックにて人気のトレッキングコースを歩いたり、氷河着陸のヘリコプター遊覧グレイシャーエクスプローラーなどの現地ツアーに参加するのが良いでしょう。

フッカーバレートラック、ケアポイントやセアリーターントラックを歩く場合に出発点となる、キャンプ場の駐車場は11月以降非常に込み合います。できればAM10時ぐらいまでには駐車スペースを確保してトレッキングを楽しんだ方が良いでしょう。午前中歩いた方がこのマウントクックで人気のトレッキングコースはどれも木陰など一切ないコースなので強い日差しからある程度逃れ、また午後からの強い山肌を吹き降ろす風からも逃れることができるでしょう。

午後にはマウントクックを離れテカポへ移動。80号線を走り、8号線まで戻ってから東へと向かいます。

国道8号線に戻ったあと再びプカキ湖沿いの道が続きますが、安全に車を停められるところは一か所だけなので国道脇に車を停めてカメラストップをすることは避けましょう。この道のりは大型トラックでも時速100kmで走ってます。

プカキ湖が見えなくなったらテカポまでは約40km、再び直線の道が続く道のりなので25分ほどでテカポに到着できます。

テカポの町に入る前にマウントジョン/Mt Johnにレンタカーで上って行くことをお勧めします。テカポの町に入る手前に国道8号線から脇道に曲がって入って行きます。

マウント・ジョンには私有の有料道路(NZ$8/車,18年10月現在)で上っていけます。大型観光バスなどは上っていけない細い山道ですが、晴れていればそのマウントジョン頂上からの景観は絶景になるでしょう。夜間はこの道路は一般には閉鎖され、星空ツアーの送迎バスだけが利用できる道になります。

テカポの観光スポットとして良き羊飼いの教会がありますが、ここにはテカポに到着した時と翌日の朝に訪れるといいでしょう。朝と午後の日差しの向きや風のあるなしで湖や教会の姿も様変わりして見られるでしょう。

テカポでの宿泊はレンタカー利用なので国道沿いのホテルなどよりたくさんある貸し別荘=ホリデーホームに泊まることをお勧めします。町の中心から離れますが、素敵な、キッチン付きのホリデーホームがたくさんあります。

テカポでの宿泊、湖畔レストラン、お土産物屋さん、そして星空を見るための必要情報が満載のNZブリーズのテカポに個人手配旅行で行き観光と星空を満喫するページ

テカポのホテルを料金比較して日本語でオンライン予約する。

マウントクックフッカーバレートラック

マウントクックのフッカバレートラック、キャンプ場の駐車場から3時間から4時間ほどでフッカー氷河湖までの往復を歩けます。

テカポのマウントジョン天文台とカフェ

テカポのマウントジョン頂上。ここには有名な天文台とアストロカフェという名のカフェがあります。

5日目、テカポからクライストチャーチ空港へ

この日の移動距離=130kmほど

テカポの町で給油することがお勧め。

午前中、テカポを出発。この日クライストチャーチ空港からオークランドへ移動、又はオークランド経由で日本への国際線便に乗り継ぐ場合はそのチェックイン時間に間に合うように出発。所要時間は3時間から3時間半です。

テカポを出発後は国道8号線でまずフェアリー/ Fairlieまで45kmほど走り、フェアリーの町の中で国道8号線から79号線へと曲がって入って行きます。この路線もテカポとクライストチャーチを結ぶ観光ルートなので、多くの車やバスがこの79号線に曲がって行くので見落とすことは無いでしょう。

フェアリーから79号線(ここの区間はカーブが結構続きます。)を46kmほど走るとジェラルディン;Geraldineの町の中に国道は入って行きます。このジェラルディンまでテカポからおよそ1時間。この後クライストチャーチ空港まで大きな町などを通り過ぎていきますがトイレ休憩、カフェ休憩には最適な町なのでここで一旦休憩を挟むといいでしょう。

ジェラルディンの町から79号線で離れていくと8kmほどで片側一車線の橋が出てきて、その橋を渡った直後に72号線との分岐点があり、真っ直ぐと行くと道は72号線となりますが、クライストチャーチ空港へは右に曲がって79号線を走って行きます。そして9kmほど走れば国道1号線に交わる三叉路に突き当り、そこから国道1号線利用でクライストチャーチを目指します。

国道1号線を走って行く途中はアッシュバートン/Ashburton、ラカイア/Rakaiaという町を通り過ぎます。そしてクライストチャーチの郊外にあたるTempleton辺りに差し掛かると制限速度が70kmの道に変わり、さらにHornbyに入ると50kmの道になります。この50km制限の道になったところで国道1号線をクライストチャーチ空港へと大きな交差点を左に曲がって行くことになります。左側はHornbyのショッピングセンターです。この交差点を曲がると空港までは7kmほど、曲がらずに真っ直ぐと行くとクライストチャーチの町の中心へと向かっていくことになります。

クライストチャーチの空港でレンタカーを返却する場合空港手前でガソリンを満タンにする必要があります。意外と空港周辺にはガソリンスタンドが無いので、このHornby手前や対向車線側になりますがHornby周辺のガソリンスタンドで給油することをお勧めします。

クライストチャーチ空港エースレンタルカーの無料送迎サービス

NZの格安レンタカー会社、エースレンタルカーのクライストチャーチ空港オフィスは空港から少し離れたところにあるので空港とそのオフィスとは無料の送迎サービスが行われています。

クライストチャーチ空港レンタカー駐車場

クライストチャーチ空港内に受付カウンターのあるハーツやエイビス、スリフティー、ヨーロッパカー、そしてEziカーレンタルの駐車場。この駐車代金はレンタル費用に含まれています。各レンタカー会社ごとに決められた駐車スペースにレンタカーを停めて、忘れ物などないようにして、空港ビル内の受付カウンターに鍵を返却するだけになります。

NZの格安レンタカーを日本語予約

NZの空港内に受付カンターがあるレンタカーを日本語で検索、オンライン予約するならRentalcars.comがお勧め。

クライストチャーチの18年9月現在これから注目するべき観光スポット

クライストチャーチ大聖堂広場18年9月

クライストチャーチは今年から来年19年にかけてかなり観光スポットが増えていきそうです。18年の9月、10月に完成する観光スポットと来年19年にかけて注目するべき観光スポットを紹介します。

クライストチャーチの市内はまだまだ工事中、又は復興工事も始まっていないところが目立ち観光でこの町を訪れてもあまり面白いところではないのですが、来年ぐらいには観光客も戻ってきそうな町になって行きそうです。その兆しを示すような新しいビルや観光スポットが出来上がったり、計画が見えてきてます。

クライストチャーチの18年9月から19年にかけて出来上がる観光にも面白そうなビルやスポット

大型エンターテーメント・センター;EntXが9月28日にオープン

Hoytsをはじめとする7つの映画館と18のレストランが集まる新型フードコートが一つのビルに入るエンターテーメントセンターとして注目を集めていたEntXが9月28日にオープンします。場所はクライストチャーチの目抜き通りであるコロンボ・ストリートの南側で、バスターミナルの隣という町の中心に出来上がります。

このEntXの中に入るフードコートは13ほどのストリートフード系のレストランが揃うようです。また夜の10時半までオープンしているということなので、このフードコートのおかげでこれまで町の中心で夕食を気軽に取れるレストランなどが見つけにくかったものが解消されそうです。

クライストチャーチEntX9月28日オープン

クライストチャーチ・セントラル・ライブラリーは10月12日に新築オープン

クライストチャーチの公共施設として図書館が大聖堂広場の横にオープンします。この新しい図書館は21世紀の図書館という触れ込みで、とても図書館とは思えない大型ビルでもあり、そのビルの外観もとてもモダンなデザインです。マオリ語でTurangaと名付けられた図書館は観光でも訪れてもいいスポットになりそうです。

公共施設なので入場は無料で、図書館と言えば無料Wifiが利用できるところと知られてますがこのTurangaもWifiを使えるようです。館内ではパソコンはもちろんのこと大型タッチウォールなどの最先端の電子技術を利用した文化の閲覧や見学、そしてレーザーカッターや3Dプリンターの利用もできるようです。

クライストチャーチ新セントラルライブラリー10月12日オープン

クライストチャーチ空港のノボテル・クライストチャーチ・エアポート・ホテルは完成遅れて19年の4月ぐらいになりそう。

当初今年の11月には完成する予定だったノボテルホテル・クライストチャーチエアポートは大きな水道工事事故があって19年の4月までには完成となってます。

空港の敷地内と言っていい場所に200部屋を持つ4つ星ホテルとなるノボテルホテルが出来上がると早朝に出発して行く人や深夜に当着する人にとってはとても便利な空港ホテルになりそうです。

ノボテルクライストチャーチエアポートホテル完成は19年4月

リバーサイド・ファーマーズ・マーケットの完成は19年の2月、3月ぐらいだろう。

ファーマーズ・マーケットといっても青空マーケットではなく常設、7日間いつでも開かれるビル内マーケットとなって、生鮮食料品が売られるマーケットも入り、カフェやレストランもあり、そしてブティックなどの小売店舗もまとめて入る商業ビルになりそうです。

この場所はもともとRe-Startと言われたコンテナショップが集まる場所が再開発されたようなところなので、そのRe-Startで人気のあったフードコンテナ店がこぞって入店する予定で人気のスバラキショップ;Dimitris Greek Foodも含まれます。ただこの建築が見るからに予定(今年の11月には完成予定となっている)から遅れているようで恐らく19年の2月、3月ぐらいにオープンがされそうです。これが完成したらクライストチャーチの町の中心の大型商業ビルはほぼ全部そろうでしょう。

リバーサイドファーマーズマーケット予定地

9月14日の段階でリバーサイド・ファーマーズ・マーケットのビルが立てられる所は基礎工事が始まったばかりのような状況。11月にオープンされることは無いでしょう。

NZのお土産物屋さんのAotea Giftsのクライストチャーチ店は19年末に有名日本人建築家デザインのビルに入ってオープン予定

紙の大聖堂;カードボード・キャセドラルのデザインを手掛けたとして有名になった日本人建築家の坂茂氏が再びクライストチャーチのビルのデザインをします。今度はオフィスや小売店が入る商業ビルですがそのデザインはこれまた素敵なものになってます

この商業ビルが大聖堂広場の南側というに一等地に出来上がるようですが、そのビルの中にAotea Giftsが入ります。もともとAoteaスーベニアの名前でこの大聖堂広場に面するビル一階に入っていたのですが地震の後そのビルは取り壊されたので、Aotea Giftsとしては8年越しの凱旋にもなりそうです。

アオテアギフツクライストチャーチ新店が入る予定のビル建築予定場所

19年末に完成予定となるアオテアギフツが入るビルの建築場所は大聖堂広場南側コロンボストリートとHereford Streetの角という一等地です。すでに18年9月にはその予定地は柵で囲まれていて10月には建築が始まりそうです。

アオテアギフツ新クライストチャーチ店19年オープンを記したホームページ

アオテアギフツのホームページでは19年にクライストチャーチ店がオープンすることを記しています。そのページに坂茂氏デザインの完成ビル予想図を見ることができます。

クライストチャーチへの個人手配旅行にNZブリーズのクライストチャーチ個人旅行ぺージが役にたちます。

クライストチャーチに個人で行くなら上記の観光スポットが日本語マップで分かるNZブリーズのクライストチャーチ個人手配旅行ぺージをご覧ください。

クライストチャーチへの行き方から市内観光や市内のお勧めホテル、レストラン情報から、テカポやマウントクックへのクライストチャーチ空港発着でのNZブリーズのツアーのことも分かります。

NZブリーズクライストチャーチ個人手配旅行ページ

クライストチャーチのホテルを料金比較してから日本語でオンライン個人手配

テカポの新しいYHAと天文センターは19年にオープン

テカポでは今、新しい建物が2つ建築中でそれがかなり形になってきてます。新しいユースホステルと天文センターがともに19年の4月までにはオープンしそうです。

テカポの新しい建物とお店18年9月現在

テカポの星空観光は年々人気を上げて、今や中国と日本からやってくる観光客は一年中押し寄せている感じです。その観光客増大に伴い新しい宿泊施設となるユースホステルと天文センターが共に今後のテカポの観光のメッカとなるべく建築が進められています。

ユースホステルは昨年までは違う場所にも在って、湖岸に建つバックパッカーホステルとしてNZでも一番といっていいぐらい人気の格安で景色のいい安宿として知られていました。それがさらにグレイドアップするように新しいYHAの場所は恐らくテカポの中では最も立地条件のいい場所、町の中心、湖の見晴らし抜群、良き羊飼いの教会にも近いところに建築中です。部屋数は120を持つ大規模のユースホステルになるようです。これができれば少しだけでもテカポの宿泊施設不足の解消にもつながりそうです。

テカポの新YHA建築中18年9月

テカポの新しいユースホステル建築中18年9月

テカポの新しいユースホステルの建築現場にはオープン予定が18年の末と看板が出ていますが、YHAのサイトページではオープンは19年初めとなっていて、そのオープン日が決まればオンライン直接予約も可能になるようです。

また、星空ツアーで有名なEarth&Sky社が新たに天文センターを建築中で、これまた立地条件では最高の(新しいYHAの横)場所になります。これが出来上がれば現状でも行われている夜間の星空ツアーの拠点になるとともに日中や悪天候の夜でも南半球の天体や海洋民族であるマオリの星や天体にまつわる伝説なども学べる施設になるようです。

テカポの新しい天文センター建築中

テカポの新天文センター18年9月建築中

新しいテカポの天文センターは19年の4月オープン予定で建築が進められています。

またテカポにあるお土産物屋さんのAotea Giftsはこれこそ町のど真ん中、テカポに車でやってきた人なら見逃すことができないところに2件目のお店をオープンさせています。以前はここの建物はスーパーマーケットが入っていたところです。これまでと同じ湖畔レストランの隣にあるAotea Giftsは営業中ですが、最近はどちらのお店も中国からの観光客増大への対応のお店になってます。昨年まではこのお土産物屋さんで手に入ったクッキータイムはこの前立ち寄った際は陳列もされていませんでした。

アオテアギフツテカポ2号店

NZブリーズのテカポへの観光送迎ツアー

NZブリーズでは個人旅行でテカポへとやってくる方への送迎観光サービスを行ってます。

テカポへのクライストチャーチ空港到着から始まる観光送迎ツアー、クイーンズタウンから日帰り、又はテカポでのホテル付きツアーなどを行っています。

詳細はNZブリーズのNZ南島観光送迎ツアーページ、又はテカポへの個人手配旅行ページをご覧ください。

テカポ良き羊飼いの教会と南十字星9月14日AM4時撮影

9月14日のAM4時に撮ったテカポの良き羊飼いの教会と南十字星