NZアオテアギフツNZのお土産物5%割引クーポン20年度版

AoteaGifts日本語ショッピングクーポン

NZの全国にお店があるアオテアギフツのお店で使える割引クーポンを20年度版に更新しました。これからオークランド、ロトルア、テカポ湖、ダニーデン、そしてクイーンズタウンにやって来るときはスマホなどにダウンロードしておいて、店頭でのお買い物時に使用していただけます。

アオテアギフツ/Aotea Giftsの5%割引クーポン19-20年版

AoteaGifts19_20JapaneseShoppingCardNZ Breezeのサムネイル

アオテアギフツのオークランド店、ロトルア店、テカポ湖店、ダニーデン店、そしてクイーンズタウン店でのお買い物時にこのPDFファイルを提示していただくと商品の5%割引が得られます。(すでにセール品は除く)

アオテアギフツの各店舗の場所や他のショッピング、グルメ情報などが分かるNZブリーズのサイトページ

NZブリーズのオークランドへのホテル、レストラン、ショッピングページ

NZブリーズオークランドホテルレストランショッピングページ

NZブリーズのロトルアへの個人旅行ページ

NZブリーズロトルアへの個人旅行ぺージ

NZブリーズのテカポ湖で個人ツアーでの星空観賞と観光ページ

NZブリーズテカポ湖個人旅行情報ページ

NZブリーズのダニーデンへの個人旅行ページ

NZブリーズダニーデンへの個人旅行ページ

NZブリーズのクイーンズタウンのお勧めレストランとショッピングガイドページ

NZブリーズクイーンズタウンレストランとショッピングページ

 

ミルフォードサウンドとホビット村への日本人ガイド付きバスツアーを個人手配

ミルフォードサウンド日本語ガイド付き日帰り観光バスツアー

クイーンズタウン発着のミルフォードサウンド観光バスツアーとオークランド発着ホビット村+ワイトモ洞窟観光バスツアー、ともに日本人バスガイドが同乗するグレイトサイツ社のツアーをオンラインで個人手配することができます。

日本人ガイド付きミルフォードサウンド観光バスツアーとホビット村+ワイトモ洞窟観光バスツアーをオンライン手配する2つのポイント

グレイトサイツ社が行うクイーンズタウン発着での日帰りミルフォードサウンド観光バスツアーとオークランド発着での日帰りホビット村+ワイトモ洞窟観光バスツアーをビアター/Viatorを通して日本語でオンライン個人手配することができます。そのオンライン手配(モバイル機器から、又はパソコンから可能)するときに少しだけ注意することが2つあります。

クイーンズタウン発着ミルフォードサウンド日帰り観光バスツアー

スマホからオンライン手配はこちらから

パソコンからオンライン手配はこちら

ビアターミルフォードサウンド日帰り日本語ガイド付き観光バスツアー

クイーンズタウンホテルからピックアップ(送迎)を予約時に依頼ができる

グレイトサイツ社のミルフォードサウンド観光ツアーはクイーンズタウン出発時にホテルからのピックアップ(送迎)がサービスとして行われています。

このサービスを受けない人やインターシティーバスのオンライン予約者はクイーンズタウンの町の中心のバス停(Athol Street)から乗車することになります。町の中心から離れたホテルに宿泊する予定の方はこのサービスを受けたほうがいいでしょう。

オンライン予約において予約情報入力画面で、そのホテルをインプットできます。予約時にホテルを入れられない場合でも後日このホテル名を知らせることもできます。

今のところ、このビアターのオンライン予約ではクイーンズタウンのホテルで選択できるのは、
Bella Vista, Heartland Hotel, Hotel St Moritz, Mercure Resort, Oaks Club, Oaks Shore, Peppers Beacon, Queenstown Lakeview Holidaypark, Rydges Lakeland Resort Hotel, Sofitel Hotel&Spa, YHA Lakefrontの11か所だけになってます。

日本人観光客がパッケージ旅行でクイーンズタウンでよく使われるホテルのミレニアムやノボテル、コプソーン、クラウンプラザなどはこのリストに入っていません。しかしホテル名とその住所を入力もできます。

日本語ガイドを選択するべき

同じくこのミルフォードサウンド観光ツアーには日本人ガイドが同乗しています。ただ、いつもこの日本人ガイドが同乗しているわけではなく日本人の乗客が乗っているときに同乗して日本語ガイドが行われます。

これもオンライン予約時に希望選択ができます。ホテル送迎を選択するボタンの下に”ツアー/アクティビティーの言語”という選択欄があるのでここの”日本語ガイド”を選択しましょう。

ちなみにこれもインターシティーバスのオンライン予約者には付けられないサービスで、インターシティーバスのオンラインで予約して日本人と分かっても日本語ガイドは同乗しません。

ビアターミルフォードサウンド観光バスツアー日本語ガイドチョイス

オークランド発着日帰りホビット村+ワイトモ洞窟観光バスツアー

ビアターオークランド発着日本語ガイド付きホビット村ワイトモ洞窟観光バスツアー

スマホからオンライン手配はこちらから

パソコンからオンライン手配はこちら

日本語ガイド付きツアーでもオークランドへ戻るツアーとロトルア行のツアーがある

ビアターの予約画面では、日付や人数を選んで空き状況を調べてみると次の画面ではこのツアーがロトルア行、又はオークランドに戻るツアーがあって、それぞれ英語ガイドのみと日本語ガイドが同乗するツアーがあることが分かるでしょう。

オークランドを出発して日帰りでオークランドに戻るか、オークランドを出発してロトルアへと向かうツアーに参加するかはこの予約の時に決まることになります。

オークランド発ホビット村ワイトモ洞窟ツアー選択

オークランドホテルからピックアップ(送迎)を予約時に依頼ができる

グレイトサイツ社のオークランド発ホビット村+ワイトモ洞窟観光ツアーはもオークランド出発時にホテルからのピックアップ(送迎)がサービスを受けることができます。

このサービスを受けない人はオークランドのスカイタワー横のスカイシティーバスターミナル(102 Hobson St, Auckland)から乗車することになります。町の中心から離れたホテルに宿泊する予定の方はこのサービスを受けたほうがいいでしょう。

ミルフォードサウンドに行く旅行計画を立てるならNZブリーズのミルフォードサウンドへの個人旅行ページですべての観光情報が分かります。

NZブリーズミルフォードサウンドへの個人旅行情報ページ

オークランドへの個人旅行計画にはNZブリーズのオークランドへの個人旅行ページと、オークランドのホテル、レストラン、ショッピングページが必ず役立ちます。

NZブリーズオークランドへの個人旅行ページ

 

クイーンズタウン,テカポ,マウントクックの18年9月,10月はこんな春でした。

18年10月7日のフッカーバレートラック

昨年18年のクイーンズタウン、テカポ湖、そしてマウントクックがどのような春だったかを9月、10月に撮り納めた17枚のイメージで紹介します。今年のNZ南島への9月、10月の個人旅行計画に参考にしてください。

クイーンズタウン、テカポ湖、マウントクックの9月、10月は春満開

クイーンズタウンの18年9月12日

クイーンズタウンの町の中や道路沿いの街路樹は桜が咲き始めます。9月12日で8分咲きといった感じでした。

クイーンズタウン18年9月12日の桜

クイーンズタウン18年9月12日の桜

テカポ湖の18年9月14日早朝の星空

テカポ湖で良き羊飼いの教会の周辺で早朝;AM5時半ぐらい=朝日が邪魔にならないほどの日の出前に撮った星空

テカポ18年9月14日AM0530星空

良き羊飼いの教会の上に(北方面)オリオン座と左側にはスバル/マオリ語でMatarikiを撮ってます。

テカポ良き羊飼いの教会と南十字星18年9月14日AM0530

テカポ良き羊飼いの教会の東側に南十字星が逆さまに写っています。

マウントクックのフッカーバレートラック18年9月15日

9月ともなるとトレッキングにも適したシーズンになるマウントクック。景色も冬の名残の雪景色がたんまり残っていてとてもきれいです。

マウントクックフッカーバレートラック18年9月15日

フッカーバレートラック終着点のフッカー氷河湖

マウントクックフッカー氷河湖18年9月15日

クイーンズタウンの町と周辺18年9月18日

18年の9月18日にはクイーンズタウンの町の中の桜は満開になってました。

クイーンズタウン桜満開18年9月18日

クイーンズタウン郊外の牧場では子羊がたんまりと見られるシーズンに突入します。

クイーンズタウン郊外の牧場の子羊18年9月18日

9月に入っても雪が降るクイーンズタウン、例年12月中旬までは毎月1回ぐらいは寒波がやってきて雪が降る日があります。クイーンズタウン周辺のスキー場は10月上旬までオープンしてます。

クイーンズタウン大雪の後18年9月18日

クイーンズタウンのサマータイム初日18年9月28日

NZでは毎年9月の最終日曜日からサマータイムが開始となります。

クイーンズタウンスカイライン展望台18年9月28日

テカポ湖の18年10月6日湖畔とマウントジョン天文台

テカポのマウントジョン天文台も10月になると冬季はPM5時までだったのがPM6時まで登って行けるようになります。夜にはここは星空ツアー参加者のみの場所になります。

テカポマウントジョン天文台18年10月6日PM17時

18年の10月6日ではテカポの周辺もまだルピナスの花は咲いていませんでした。この町、そして周辺は11月、12月ぐらいはルピナスが道端に咲き乱れます。写真に写る緑色の葉っぱがルピナスの花を咲かせます。

テカポ良き羊飼いの教会18年10月6日

マウントクックへの道のりとフッカーバレートラック18年10月7日

マウントクックへの道のり途中プカキ湖畔はNZ国内でも最も素敵なシーニックドライブの一つです。

マウントクックへの道のり18年10月7日AM1045

9月、10月のまだ雪がたんまり残っている山肌が風のないプカキ湖畔に写る日は誰もがこの湖畔で写真を撮っています。上の写真を撮った場所=Peters LookoutでPM1630にはこのような絶景が見られました。こんな光景は冬から春にかけてよく見られます。10月後半以降夏には午後から必ずと言っていいぐらい山風が吹きつける湖面になります。

マウントクックプカキ湖18年10月7日PM1630

マウントクックの人気トレッキングルートであるフッカーバレートラックも9月、10月ぐらいはまだ歩いている旅行者も少なく、そして雪化粧した山肌を十分見ながら歩いて行けます。

マウントクックフッカーバレー第2の吊り橋後18年10月7日

フッカーバレートラック終着点のフッカー氷河湖。

マウントクックフッカー氷河湖18年10月7日

NZブリーズではクイーンズタウン発着でテカポ湖、マウントクックへの観光送迎ツアーを行ってます。

NZブリーズNZ南島観光送迎ツアーページ

 

NZブリーズのNZ南島観光送迎ツアー空き状況カレンダー

NZブリーズの観光送迎ツアー空き状況カレンダー

NZブリーズはNZ南島の主な観光地間を専用車での観光送迎個人ツアーを行っています。そのご予約を受付可能な日が分かるカレンダーを公開しました。8月の夏休みから年末年始、2020年の春休みなどNZ南島への個人旅行、トレッキング旅行などに是非活用してください。

NZブリーズの片道送迎ツアー、NZ南島の観光付き送迎ツアー、ホテル付き周遊ツアーの予約状況カレンダー

 

NZ Breeze Private Tour Service Availability Calendar

Green/緑=Available/問い合わせ受付中
Red/赤=No Available/空き無し

この空き状況カレンダーを見ていただき、ご希望の送迎サービスや観光周遊ツアーの問い合わせをeメールにて送って下さい。

NZブリーズの片道送迎サービス一例

  • クイーンズタウン市内又は空港からワナカへ = NZ$120 / 1~3名
  • クイーンズタウンからマウントクック経由テカポ湖へ  = NZ$520 / 1~3名
  • クイーンズタウンからタイエリ鉄道のプケランギ駅へ  = NZ$340 / 1~3名
  • クイーンズタウン空港からテ・アナウへ = NZ$210 / 1~3名
  • ダニーデンからテカポ湖、又はマウントクックへ = NZ$600 / 1~3名
  • クライストチャーチ空港からテカポ湖へ = NZ$670 / 1~3名

NZブリーズの観光付き送迎ツアーの詳細はNZブリーズのクイーンズタウン、クライストチャーチ発着観光付き送迎ツアーページにて

NZブリーズ観光送迎ツアーぺージ

NZブリーズのホテル付き周遊観光ツアーの詳細はNZブリーズのNZ南島ホテル付き周遊観光ツアーページにて

NZブリーズホテル付きツアーページ

 

ミルフォードサウンド日帰り観光6月15日、服装チャックも可能

ミルフォードサウンド6月15日遊覧クルーズ

クイーンズタウンからミルフォードサウンドまで日帰りでの観光バスツアーに6月15日参加してきました。写真とビデオで6月のミルフォードサウンドへの道のり、原生林の森の中、遊覧クルーズでのハイライト、そしてこの時期ミルフォードサウンドへ訪れる人の服装チャックができます。

6月15日のミルフォードサウンドは晴れ、気温8度、少し路面凍結だけ

6月はNZでは最も日照時間が短い月、ミルフォードサウンドへの道のり途中は両側に切り立った岩壁が続く谷底の道を走り抜けます。

今年はまだ冷え込むことが無い日が続いていますが、それでもモンキークリークの辺りは一日中陽が当たらないので路面が凍結したりします。この日も少しだけブラックアイスがみられました。道路には滑り止め+凍結防止のための細かい砂利(Grid)がまかれます。

6月15日ミルフォードサウンドへの道のりモンキークリークにて

ミルフォードサウンドへの道のりは冬でも緑豊かな原生林が生い茂る森の中の道のりでもあります。

フィヨルドランド国立公園の森を作り出す原生林はほぼ常緑樹です。冬でも緑豊かな森が見られ、その森の中は苔むして、大きく成長したシダの木が生い茂るとても冬の森、そして緯度が45度という高緯度の森には感じられない様相をしています。

6月15日のミルフォードサウンドへの道のり原生林の森

ミルフォードサウンドは冬でも凍り付く外海につながる入り江ではありません。だから多くの観光バスツアーや、ミルフォードサウンドの遊覧クルーズも朝からたくさん就航されています。

6月15日のミルフォードサウンド船着場

6月15日のPM13時のミルフォードサウンドは晴れ、気温が8度ぐらい。風も穏やかであまり寒さを感じられませんでした。

冬のミルフォードサウンドは観光客も少なく、遊覧クルーズもゆったりとしたスペースで、周りの絶景を満喫できます。

6月15日ミルフォードサウンド遊覧クルーズ

ミルフォードサウンド遊覧クルーズのハイライトの一つであるスターリングの滝へとクルーズ船が滝つぼに突っ込んでいく様子をビデオで紹介。

この時期にミルフォードサウンドへやって来るのに適した服装もチェックできます。

ミルフォードサウンドへの個人旅行での行き方、観光の仕方、見逃せない観光スポットなどを調べたいならNZブリーズのミルフォードサウンドへの個人旅行ページ

NZブリーズミルフォードサウンド個人旅行ページ

 

ミルフォードサウンドに1泊2日でクイーンズタウンから往復送迎やってます。

ミルフォードサウンドロッジ

ミルフォードサウンドへ日帰りではなく1泊する方々向けの往復送迎サービスを通年通してNZブリーズは行ってます。ミルフォードサウンドで1泊する手段と2日目のお勧め現地ツアーなども併せて紹介します。

ミルフォードサウンドに1泊する2通りの方法と2日目のお勧め現地ツアー2種類

NZブリーズのミルフォードサウンドに1泊する方向けクイーンズタウン発着観光送迎サービス

コース:ZQN4
ミルフォードサウンド2日間での往復観光送迎
NZ$1050/2~3名
一日目=クイーンズタウンのホテル、もしくは空港からの出発も可能
2日目=ミルフォードサウンドからの出発時間はご希望に沿います。現地ツアー参加後のピックアップが可能。

ミルフォードサウンドで一泊する、またクイーンズタウンから日帰り、テアナウから日帰りのミルフォードサウンド観光や見どころなどが全て分かるNZブリーズのいるフォードサウンドへの個人旅行ページ

NZブリーズミルフォードサウンド個人旅行ページ

ミルフォードサウンドで1泊できるのはこの2通りだけ

ミルフォードサウンドロッジ / Milford Sound Lodgeに泊まる

ミルフォードサウンド唯一の宿泊施設。キャンピングカー泊のキャンピンググランドも兼ねるけどシャレーと呼ぶ宿泊施設で泊まる。夕食、朝食用のレストラン併設。

ミルフォードサウンドの独占的宿泊施設なのですぐにオンライン予約が埋まってしまうため、予約代行サイト(エクスペディアやブッキングドットコムなど)には卸していない。また日本の旅行会社も扱わないためあまり日本人には知られていない。

ミルフォードサウンドロッジトリップアドバイザーのページ

トリップアドバイザーのミルフォードサウンドロッジページ。トリップアドバイザーからでも宿泊予約はできない。

リアルジャーニー社のオーバーナイトクルーズに乗船してミルフォードサウンドで船上泊

ミルフォードサウンドを夕方(PM16:30)に出航して翌日の朝(AM09:15)に戻ってくる60人乗りのクルーズ船。

夕食と朝食が含まれている一人頭の料金表示がされています。一泊当たりの料金表示ではないのでご注意ください。

催行時期は9月中旬から5月中旬

クイーンズタウンからの接続バスでの往復ツアーも行われている。(英語ガイドのみ)

以前は日本の旅行会社もこのオーバーナイトクルーズを組み込んだツアーなどもあったけど、こちらもとても人気が高いので個人客のオンライン予約ですぐに埋まってしまうため旅行会社としても扱いにくい宿泊手段になってるようです。

ミルフォードサウンドロッジに1泊後翌朝からのお勧め現地ツアー2種類

サザンディスカバリー社のエンカウンター・ネイチャークルーズ

観光客が少なく、他のクルーズ船もまだ動いていない静かなミルフォードサウンドの入り江を十分満喫できるクルーズ。

5月~9月=AM09:45発、PM12;00帰着
10月~4月=AM09:30発、AM11:30帰着

ミルフォードサウンドのエンカウンター・ネイチャークルーズについて紹介したNZブリーズの過去ブログはこちら

サザンディスカバリーのミルフォードサウンドエンカウンターネイチャークルーズ

トリップ&トランプ社のミルフォード・トラック体験半日ハイキング+ミルフォードサウンド・シーニッククルーズ

11月~4月に催行、ミルフォードサウンドのビジターセンター(船着場)集合、出発。英語ガイドによるミルフォードトラックのジャイアント・ゲートまでの(約往復11km)半日トレッキング。PM13:15頃ミルフォードサウンドのビジターセンター帰着

その後リアルジャーニー社のシーニッククルーズに接続して乗船できるツアーが行われています。

ミルフォードトラック体験半日ハイキングについて紹介したNZブリーズの過去ブログはこちら

ミルフォードトラック体験半日トレッキング

NZブリーズのミルフォードサウンドへの2日間での往復観光送迎ではこれらの現地ツアー終了に併せてミルフォードサウンドを出発してクイーンズタウンへと送迎が可能です。

ミルフォードサウンドにレンタカーでクイーンズタウン空港から往復するならエースレンタルカーがお勧め。

エースレンタルカークイーンズタウン空港オフィス

 

テカポ湖に7月,8月,9月に行くホテル付き3日間と4日間ツアー

テカポ湖17年8月4日

星空をすっきりと満天に見るのにはベストなシーズンである7月、8月、9月にテカポ湖で泊まる3日間ツアーと4日間ツアーをNZブリーズが催行します。ホテルと移動手段だけが必要な個人旅行者に格安のツアーになってます。

クライストチャーチ空港から、クイーンズタウン空港からテカポ湖へと向かう2タイプのツアー

クライストチャーチ着発テカポに2泊フリータイム3日間ツアー、コース18

  • クライストチャーチ空港到着時日本語ガイドが出迎え
  • 星空が有名なテカポ泊(日本語星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにてご自身で可能)
  • テカポ湖ホテル2連泊
  • 3日目;PM12:50 テカポを定期路線乗り合いバスにて出発、PM16:00 クライストチャーチ空港に到着

クライストチャーチ空港から始まるスケジュール表はこちら

NZブリーズクライストチャーチ着発テカポ湖に泊フリータイム3日間ツアースケジュール

2名での参加可能
7月,8月,9月出発
料金:NZ$1000/お一人

テカポ湖マウントジョン天文台17年8月5日

クイーンズタウン2泊テカポに1泊フリータイム4日間ツアー、コース3

  • クイーンズタウン空港到着時日本語ガイドが出迎え
  • クイーンズタウンホテル2連泊
  • 専用車にてクイーンズタウンから、マウントクック観光後テカポ湖へ送迎
  • 星空が有名なテカポ泊(日本語星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにてご自身で可能)
  • テカポ湖ホテル泊
  • 4日目;PM12:50 テカポを定期路線乗り合いバスにて出発、PM16:00 クライストチャーチ空港に到着

クイーンズタウン空港から始まるスケジュール表はこちら

NZブリーズクイーンズタウン2泊テカポに1泊4日間ツアースケジュール

2名での参加可能
7月,8月,9月出発
料金:NZ$950/お一人

クイーンスタウンスカイライン展望台17年7月15日

NZをレンタカー、キャンピングカー旅行するのがお勧めなのが分かるビデオ6選

NZ南島キャンピングカー旅行

NZの冬から春にかけてキャンピングカーで周遊するイメージが分かるビデオを集めてみました。レンタカーで周遊するのも同じ感じになるので7月から11月ぐらいまでにNZにやって来る計画を立てる人は参考にしてください。パッケージ旅行、定期路線バスでは味わえないところにレンタカー、キャンピングカーでNZを自由に周遊してみて下さい。

NZレンタカー、キャンピングカー旅行のイメージがわくお勧めビデオ、7月から11月向け

NZ南島カップルで2人乗りキャンピングカーで周遊

Maui社の2人乗りキャンピングカー/Ultima での理想的NZ周遊イメージが伝わるでしょう。

テカポ湖のマウントジョン天文台でこのキャンピングカーで上って行ったところから始まり、好きなところで食事をとり、春先のワイナリーを訪れ自由に時間を満喫しています。

冬のクイーンズタウンをキャンピングカー、レンタカーで満喫

冬から春のクイーンズタウンがスキー場だけでは無く様々なアクティビティーが楽しめるところだというのが分かってもらえるでしょう。

冬でもクイーンズタウンの町には雪が積もることはめったになく、ゴルフ場でプレイもできるほどスキー場以外ではアウトドアーでのアクティビティーが満喫できます。

ビデオに出てくるクイーンズタウン周辺の観光スポット
1.コロネットピークスキー場、2.Onsenホットプール&スパ、3.スカイラインリュージュ、4.バンジージャンプ、5.ファーグバーガー、6.アイスバ-

泊まってるホリデーパーク=クイーンズタウンTop10 Creeksyde ホリデーパーク

NZ南島と北島の観光スポットをキャンピングカーで訪れたらこんな感じ

南島での観光スポット=ミルフォードサウンド、クイーンズタウン、マウントクック

クイーンズタウンでのジューシー・スヌーズのカプセルホテルの様子も分かる

ミルフォードサウンドではジューシークルーズに乗ってます。

北島での観光スポット=
タウポ湖(バンジージャンプ、フカフォールスジェットボート、スカイダイビング、ヘリコプター遊覧)

コロマンデル半島(カセドラルケーブ)

子連れでもNZはキャンピングカー旅行がお勧め

アポロ社のトイレ、シャワー付き4Berthのモーターホームを使ってNZ南島の冬を周遊しているビデオ

子連れ2家族がNZ南島を周遊している訪問地

1,西海岸からワナカ(フランツジョセフ、ブループール

2,ワナカからクイーンズタウン(ワナカからトレブルコーンへの道、クイーンズタウンまでクラウンレンジ越え)

3,クイーンズタウンでは(Bobs Cove、リマーカブル・スイート・ショップ、スカイライン・リュージュ)

4.ミルフォードサウンド

5.マウントクック

女の子2人連れ家族がNZ南島をキャンピングカーで周遊するイメージ

キャンピングカーでの過ごし方や調理の様子も分かります。

訪問地とアクティビティ-
1.マウントクック(フッカーバレーハイキング)、2,テカポ湖のホリデーパーク泊、バーベキューの様子、3.Omarama泊(クレイ・クリフ/ Clay Cliffs、Hot Tubsに入浴)、4.グレノーキー(ダートリバージェットとカヤック)、5.クイーンズタウン(スカイラインリュージュ、バンジージャンプ)、6.ミルフォードサウンドに行きミルフォードサウンドロッジのキャンピンググランド泊(ミルフォードサウンドクルーズ)、7.カトリンコースト/Catlins Coast(キャセドラルケーブ)、8.モエラキボールダーズ、9.オアマル/Oamaru、10.クライストチャーチ、11,アーサーズパス(キャッスル・ヒル)

冬のNZ南島の観光地への道のりが分かるビデオ

冬でも国道8号線のリンディス峠やクイーンズタウンとワナカの間のクラウンレンジにて積雪がたまにあるぐらいで、ビデオのように2WD車のハイエース改良キャンピングカーでも大体どこでもそう行為していくことができます。

しかし念のためにもスノーチェーンのレンタルは追加手配していた方が良いでしょう。ミルフォードサウンドへの道のりはたまにスノーチェーンを持参していかなければ通れない規制が敷かれることがあります。

ビデオでの注目点
ワナカの人気インスタグラムスポットであるロイズピーク /Roys Peakに冬に登って行ってます。

NZ南島の西海岸を走り抜けている映像が主

NZをキャンピングカーで周遊するなら車種別料金を比較しながらオンライン予約が可能なドライブナウ・キャンパーバン・NZがお勧め

ドライブナウキャンパーバンNZ

NZをキャンピングカーで周遊する計画をNZキャンパーホリデーで全て立てることができます。

NZキャンパーホリデーページ

クイーンズタウン空港からNZ南島をレンタカーで周遊するなら空港ビルの正面に受付カウンター、デポの有るエースレンタルカーが格安でお勧め。

エースレンタルカークイーンズタウン空港オフィス

 

NZキャンピングカー、カップル,熟年,子連れ,4人友達向け4車種

プカキ湖フリーダムキャンピンググランド

NZをキャンピングカーで周遊旅行する場合に多種類ある車種からどのタイプを選べば最適か?カップル、一人旅、友達2人で、熟年カップル、子連れファミリー、4人友達グループなどの利用者別にべッド数やトイレのある、なしなどでお勧めレンタルキャンピングカーを4車種選抜してみました。

NZレンタルキャンピングカーの代表的4タイプの車種はこんな方々にお勧め

格安キャンピングカー旅行を目的にするカップル、友達2組、一人旅にも勧められる2Berthキャンピングカ-

NZを格安にキャンピングカーで旅行するなら多くの会社はトヨタのハイエースを改造した定員2人の2Berthキャンピングカーが主流です。

トイレとシャワーは付いていないのでホリデーパークやDOCや自治体が管理する公衆トイレがあるキャンピンググランドで宿泊することが必要になります。

ベッド数はダブルベッド一つ

キャンピングカー会社別トイレ無し2Berthのブランド名
Britz = Hitop
Apollo = Hitop Camper
Mighty = Highball
CheapaCampa = Hitop

NZキャンピングカー2Berthハイトップ

Cheapa campaの2berthトイレ無しタイプの外装イメージ。どこの会社の2Berthトイレ無しはこれとほぼ同じ内装、外装です。

NZキャンピングカー2Berthハイトップの内装イメージ

2berthトイレ無しのキャンピングカーの昼と夜の内装イメージ

Britz社の2Berthハイトップキャンピングカーの使い方ビデオ

カップル、子連れファミリー又は友達2~3人向けに4Berthキャンピングカー

ダブルベッドが2つ広げられる定員4人の4Berth、シャワー無しタイプはカップルや男友達2~3人組などにお勧め。

車上のベッドは200Kgまでという重量制限があるので大人なら3人まで子連れファミリーも子供一人か小さな子供2人までといった定員4人と考えた方がゆとりがあるでしょう。

またNZではトイレがついていないとフリーダムキャンプサイトには泊まれない法律があり、この4Berthのハイエース改良型もトイレがついているのが一般的になっていますが、車内にはトイレの部屋がある訳ではなくカセット式の簡易トイレが付属されていて、そのトイレを使用するときは後ろ扉を押し上げて、カセットトイレをひきだして用を足す感じになり、外からは丸見えの屋外トイレといったものになります。だから基本的にはトイレとシャワーは付いていないと思って、ホリデーパークやDOCや自治体が管理する公衆トイレがあるキャンピンググランドで宿泊することをお勧めします。

キャンピングカー会社別トイレ無し4Berthのブランド名
Britz = Voyager
Apollo = Endeavour
Mighty = Double Down
CheapaCampa = Endeavour

NZキャンピングカー4Berth

NZキャンピングカー4Berth

4Berth、シャワー無しタイプの昼と夜の内装イメージ

韓国語ですがBritz社のクライストチャーチデポで収録された4BerthのVoyagerの様子が分かるビデオ。カセットトイレも分かります。

カップル、熟年カップル向けにトイレ、シャワー付き2Berthキャンピングカー

NZではトイレ付きのキャンピングカーでなければ基本的にはホリデーパークなどに泊まらなければならないようになっています。

この定員2人の2Berthキャンピングカーにはシャワー&トイレ兼用の部屋が内装されているので、フリーダムキャンピサイトなどにも宿泊することができます。

また、DOCや自治体が管理するキャンピンググランドで宿泊する際も、そこにある公衆トイレを利用するより車内のトイレを利用する方が気が楽になると思います。

内装が豪華、スペースにゆとりがあるモーターホームです。

キャンピングカー会社別トイレ無し2Berthのブランド名
Maui = Ultima
Britz = Venture
Apollo = Euro Tourer
Mighty = Deuce
CheapaCampa = 2 Berth Campervan

NZキャンピングカーmaui社の2Berthモーターホーム

NZキャンピングカー2Berthトイレシャワー付き

2Berth、トイレ&シャワールーム付タイプの昼と夜の内装イメージ

Mighty社のトイレ&シャワー付き2Berthキャンピングカー内装紹介ビデオ

4人友達グループ、子連れファミリーにトイレ&シャワー付き4Berthキャンピングカーがお勧め

トイレ&シャワールームが内装されている定員4人の4Berthキャンピングカーは2人までの子供連れファミリーや2組のカップル友達同士での旅行にお勧めです。

ベッド数はダブルベッドが2つ

キャンピングカー会社別シャワー&トイレ付4Berthのブランド名
Maui = Cascade , Beach
Britz = Explorer , Discovery
Apollo = Euro Camper
Mighty = Double Up
CheapaCampa = 4 Berth

NZキャンピングカー4Berth外装イメージ

NZキャンピングカー4Berth昼と夜の内装イメージ

4Berth、トイレ&シャワールーム付タイプの昼と夜の内装イメージ

トイレ&シャワー付き4Berthのキャンピングカーの内装を日本人4人グループで旅行している人が紹介しているビデオ

トイレ&シャワー付き4Berthのキャンピングカーの外装を日本人4人グループで旅行している人が紹介しているビデオ

NZをキャンピングカーで旅行するためのすべての準備ができるNZキャンピングカーホリデー

NZキャンパーホリデーページ

NZのレンタルキャンピングカーを車種別料金比較後オンライン予約ができるDrive Now キャンパーバンNZ

 

ミルフォードサウンドのゴールデンウィーク中3日間雨、雪、快晴

ミルフォードサウンドにこのゴールデンウイーク期間中である4月29日、5月2日と5月3日の3日間行きました。その大雨の後の雪化粧や日本人がたんまりやってきていたミルフォードサウンドの遊覧クルーズの様子を写真とビデオで紹介します。

4月29日のミルフォードサウンドは大雨の後の雪化粧した絶景が楽しめた一日

4月29日ミルフォードサウンドへの途中モンキークリーク

ミルフォードサウンドまでの道のりは2日間続いた大雨の後の名残がどこも見られ、山の上には今シーズン初冠雪の景色が見られた日。このモンキークリークでは谷間に吹き抜けるとても冷たい突風ですぐさま退散。

4月29日ミルフォードサウンドへの道のり、クレダウ渓谷

ホーマートンネルを抜けた氷河谷のクレダウ渓谷もまだ曇りがちだけど晴れ間も覗き始めています。昨日までの大雨でこの谷間の壁面にはたくさんの長い滝が見られました。

4月29日ミルフォードサウンド

ミルフォードサウンドに到着したらこのような快晴。この日は寒波がNZ南島襲い、高い山並みが南風を防いでいるこのミルフォードサウンドだけNZ南島の中でも唯一晴れ渡って、暖かい場所となりました。

5月2日は小雨交じりの曇りがちだけどミルフォードサウンド遊覧クルーズは大満足の一日

5月2日ミルフォードサウンドへの道のりエグリントンバレー

曇りがちだけど高い山肌には雲がかからず、雪化粧した切り立った山並みが見晴らせたエグリントンバレー

5月2日ミルフォードサウンドクルーズスターリングの滝

ミルフォードサウンドに到着時はまだ雲がかなりあったけど、雨には会わず遊覧クルーズも満喫でき、この後クイーンズタウンへの遊覧セスナ飛行も飛んでいた午後になりました。

5月2日ミルフォードサウンド遊覧クルーズハイライトスターリングの滝

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズでのハイライトであるスターリングの滝へと遊覧船が突っ込んでいくときに誰もが本当にびしょぬれになるところまで滝つぼに突っ込んでいくことにびっくりします。

5月3日は7日ぶりに快晴のミルフォードサウンド。氷河地形をどこでも満喫の一日

5月3日ミルフォードサウンドまでの道のりミラーレイク

快晴に恵まれたミルフォードサウンドへの道のりでの人気カメラスポットであるミラーレイクもとてもきれいな鏡の湖面を見せてくれました。

5月3日ミルフォードサウンド遊覧クルーズ

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズは快晴、そして風も無く穏やかな入り江の中では自然のイルカも姿を現してくれました。

5月3日のミルフォードサウンドでのシーズニック・クルーズ、スターリングの滝へとどんどん突っ込んでいきます。