12/30 込み合ってきたクイーンズタウン

 今年もまた年の暮れを迎えるにあたってクイーンズタウンの町には続々と人が集まってきています。
海外からの旅行者、NZの町からの行楽客がクリスマス後にこぞってこのリゾートタウンにやってきています。
 
 信号のないこの町の中の道路は朝から渋滞が続いています。また町の中で車を停める所も見つからない状態。町の歩行者天国のMollは人で溢れています。そしてこの時期の夜はもっと大変になって、この小さな町の中にはおよそ80件ほどのレストランがひしめき合っているのですが、それがどこも一杯になって予約などをしてなかった時にはもう夕食にたどり着くまで長い時間待つか、捜し歩くことになります。

 (人で一杯のクイーンズタウンモール、12/30)

 (車で一杯のスタンレーストリートの交差点、12/30)

 この状態は明日の12/31まで続き、1/1以降は徐々にですが落ち着きを取り戻していきます。やはりどこの国とも同じように1月4日までは年始の忙しい時期が続きそうです。

 しかし残念なことに今年の年末年始の天気はあまり良くなく、今日も曇り空、明日12/31は雨もしくは曇り(最高気温20度、最低気温9度)ということで夜中に行われるカウントダウン、花火はあまりいい状況ではなさそう。そして1/1(祝日)も曇り(最高気温19度、最低気温10度)、1/2(祝日)は雨のち晴れ(最高気温20度、最低気温10度)といった感じで、多くの人が町に戻りだす1/3以降がこの辺りは快晴の夏の天気が戻ってきそうという天気予報となっています。

 日本からの旅行者もこのクイーンズタウンに12/27ぐらいからたくさんやってきていますが、1/4以降は逆にガタッと減るようなことが言われています。日本からの燃油サーチャージも1/4以降発券分からほぼこれまでの半額ぐらいになりそうなのですが、天気もこれからが本格的な夏の天気を迎えるこのクイーンズタウンに是非やってきてみてください。