ニュージーランドの蘭の花

 今年は10月、11月と暖かい日が続いた為森の中の花もいつもよりは早めに咲き始めたと思われます。ニュージーランドにも自生するランの花がたくさん見られるところです。この原生林の森の中で見られるランの花もいつもは1月ぐらいに見られるのが12月には咲き始めたのが多かったように思えます。

 どのランの花も森の中では大変小さな姿で咲いているので見つけにくいのですが、ここに今年12月にニュージーランドの南島、世界遺産の原生林の中のトレッキングコース上で見られたランの花をいくつか紹介します。今年はそろそろこの高原植物の花の姿は見られなくなってきていますが、1月にはまた新たな花を見つけることが出来るかもしれません。


(12月3日 マウントアスパイアリング国立公園内ブルーバレートラック上で見られたスレンダーフォレストオーキッド。この日はこのトラック上にたくさんこのランが咲き乱れていました。)

(同じくブルーバレートラックで見つけたグリーンフードオーキッド。このランはマウントクックやルートバーントラック上では12月下旬まで咲いているのが見られました。)

(12月13日ルートバーントラック上で見られたオッドリーブドオーキッド。私はこのトラック上でこのランを見つけたのはこれが始めて。花が咲いている期間が恐らく1週間以内ぐらいと短いようなのでこれまで見つけられなかったと思われます。)

(12月11日マウントクックのガバナーブッシュトラック上で見られたホワイトフィンガーズオーキッド。このランも時期と場所によってはまとまって咲いているのが見られます。)

(今年もこの花が咲いているところは見られなかったようです。12月11日、そして12月20日と見に行きましたが花は咲いていなかったサンオーキッド。マウントクックのガバナーブッシュトラック上で発見。このランは晴天の日で気温も上がるときの条件がそろったときだけに開花するといわれています。恐らくこの写真のランの花はきれいな紫色、もしくは白色の花と思われます。)

(12月20日、マウントクック、ガバナーブッシュトラック上で見られたブラックオーキッド。このランは12月~1月に掛けてルートバーントラックなどの他の場所でもよく咲いているのが見られます。)