クイーンズタウンでのクリスマスの日12月25日はこんな感じ

クリスマスの日のクイーンズタウンモールクイーンズタウン観光

メリー・クリスマス。クイーンズタウンは今年も静かなクリスマスの日を迎えました。昨日のクリスマスイブまではニュージーランドの世間一般も非常に慌しく、忙しく動き回っていましたが、今年もこの一年で一番大切な日=クリスマスの日を無事迎えています。

スポンサーリンク

クイーンズタウンのクリスマスの日はお店、スーパーマーケットも酒屋さえも閉まっている日

日本とは違いクリスマスの日が一年の中でも一番静かになるときで誰もが家庭でクリスマスの日を祝います。だからどこのお店も、会社も一切お休みになる日でもあります。祝日でもあるこの日は特にどのお店もお休みになることが一般的でコンビニもマクドナルドもスーパーマーケットもレストランもお休みになるのが普通です。

しかし観光の町のクイーンズタウンだけはニュージーランドの中でもまだお店が開いている、観光に関するサービス業などは営業されているところです。そのためこの時期にニュージーランドにやってきた観光客はこのクイーンズタウンに滞在していたらまだ食事にありつける、何かアクティビテイーでこのクリスマスの日を過ごすことが出来る町でもあります。

クイーンズタウンでもこのクリスマスの日はほとんどのお店、会社は終日閉まっています。町の中のマクドナルド、スターバックスは開いていますが、サブウェイやケンタッキーフライドチキンというファーストフード店も閉店、コンビニはさすがにこの町は開いていますが、スーパーマーケットは終日お休み、レストランは主に日本食、中華、そしてインド料理店は開いていますが、他のほとんどのレストランはお休み。そしてアクティビティーでもバンジージャンプや、ラフティング、乗馬などはやっておらず、ミルフォードサウンドへの観光ツアー、スカイライン展望台などわずかに催行されているものもあります。

こんな静かな町の様子も明日になれば一転して多くの観光客が町の中に戻ってきます。そして12月31日まではこの町に更には海外からの観光客に加えてニュージーランドのオークランドやクライストチャーチといった都会から夏休みをこの町で過ごそうと家族連れが続々と訪れるようになっていき一年で一番町の人口が増えるときを迎えます。

(12月24日のクイーンズタウン、ファーグバーグはいつもの賑わいを見せていました。)

(12月25日クリスマスを迎えるとこの行列が出来るハンバーガー店も一年で唯一のお休みの日になります。)

(クリスマスの日を迎えたクイーンズタウンモールは人気がありません。夕方になってもこの町の中でうろうろ徘徊するのは海外からの観光客がわずかに目立つ程度でした。ちなみにこの日はお酒の販売もされていません。前日までにお酒を買っておかなければクリスマスをお祝いすることすら出来なくなります。)