お勧めのミルフォードサウンドのオーバーナイトクルーズ

 ニュージーランドでの観光地で最もお勧めなところがミルフォードサウンドですが、ここには一般的にクイーンズタウンからバスなどで行って帰ってくる日帰り観光が一般的です。しかし是非ここには一泊していただきたい。しかも出来れば地上ではなくて、船の上での宿泊をお勧めします。

 ミルフォードサウンドという世界遺産に含まれる氷河が削り取った入り江で泊まるには宿泊施設として一件ロッジがあるだけで、それ以外はこの船の中で泊まる手立てしかないといっても良いでしょう。この船での宿泊を含めたクルーズのことをオーバーナイトクルーズと呼んでいますが、このミルフォードサウンドでオーバーナイトクルーズを行っている会社は唯一リアルジャーニー(RealJourney)だけです。

 オーバーナイトクルーズに使われる船はミルフォード・マリナー号(MilfordMariner)ミルフォード・ワンダラー号(MilfordWanderer)になり、マリナー号のほうが主にカップル、二人連れ用、ワンダラー号の方が4人以上のグループ向けといったもので、そこからワンダラー号のほうが若い人の方が良く利用しています。

 日本からの旅行者にはマリナー号のほうをお勧めします。カップル、お二人で乗船すると割り当てられる部屋はツインベッドかダブルベッドを選択でき、シャワールーム、洗面所も部屋に併設されています。料金は通常一人頭NZ$470と最高級ホテル並みの料金がかかりますが、世界遺産の中で、しかも海の上で泊まれるNZの中では非常に数少ない機会になります。

 特に個人的に勧めるのは日中行われているミルフォードサウンドでのクルーズでは多くの人が乗船し慌しい雰囲気はどうしてもあります。またミルフォードサウンドまでの道のりは特にこの日中のクルーズ出航に併せて多くの観光バスやレンタカー、キャンピングカーが同じ時間帯に移動することになりこれまたどこもかも慌しい感じでのんびりと周りの壮大な景色を眺める雰囲気が損なわれます。

 それに比べてこのオーバーナイトクルーズに乗船する人たちはミルフォードサウンドまでの道のりも人ごみの去った後じっくりと観光しながら向かうことが出来ます。またクルーズ上でも他の日中クルーズ船が終わったあとの静かな入り江の姿を見ることが出来、夜や朝などは他のクルーズでは絶対に見ることの出来ないミルフォードサウンドの姿を体験できます。

 例年はこの予約は直ぐに一杯になっていたのですが、前シーズンぐらいから結構2-3ヶ月前でも予約が入るようです。また4月には毎年この料金が少し下がります。

 リアルジャーニーではクイーンズタウンからオーバーナイトクルーズへのバスツアーが出ています。またNZブリーズでは日本語ガイドつきでオーバーナイトクルーズへの観光送迎を行っています。

 (12/20 AM09:30 オーバーナイトクルーズを終えて帰港してきたミルフォードマリナー号)


 (リアルジャーニー社によるミルフォードサウンドオーバーナイトクルーズのプロモーションビデオ)