12月のNZ原生林で見られる花②


12月にニュージーランドにやってきて花粉症に陥る日本の旅行者もいるのですが、その原因の花粉が鮮やかな黄色い花をたくさん咲かすエニシダであったりしますが、今年はNZ南島の原生林にたくさん見られるブナの木も4年から6年周期で花を咲かすその当たり年のようです。これからミルフォードトラックや、ルートバーントラックを歩かれる方はその花粉にご注意ください。

このブナの花もニュージーランドでは11月~12月に花を咲かせます。このNZ原生の樹木の中では他にもたくさん12月に入って一斉に花を咲かせる樹木もあり、この12月と言う時期的なことと、その赤い花からクリスマスツリーと別称で親しまれているホプツカワを代表としてサザンラタや寄生植物のレッドミスルトゥなどもNZ原生種には珍しく、よく目立つ赤い花を咲かせているのが見られます。

また蜂蜜の名前のほうがとても有名になっているマヌカの花もこの12月ぐらいがNZ南島ではその白い、小さな花が咲き乱れる時期です。クイーンズタウン周辺、テアナウ、そしてマウントクックなどの原生の森の手前である少し開けた山肌、道端などにたくさん咲いているのが見られます。小さな白い花を枝の先にびっちり咲かせるのでその木全体がまるで粉雪を積もらせたようにも見られます。

そしてNZの南島の原生林の森の中では小さな白い花を咲かす草花を見つけることができるのもこの12月が中心になります。これから年末年始にかけてこのクイーンズタウンやマウントクック、ミルフォードサンド周辺にトレッキングにやってくる人は是非足元もよく気を付けながら小さな花を見つけてみてください。

レッドミスルトゥ

 

(NZの北島ではホプツカワ、南島ではサザンラタかこのレッドミスルトゥが原生林の森の中でその赤い花を目立たせています。ミルフォードサウンドの遊覧クルーズにこの時期乗って、周りの山肌の森の中で赤い色をした部分が見られたら、それはこのミスルトゥかサザンラタの花だと思っていただいていいでしょう。)

マヌカの花

 

(この花が蜂蜜で有名なマヌカの花。蜂蜜の名前は有名だけど、その蜂蜜が取れる花はあまり知られていませんが実は木の花です。)

マヌカの花

 

(マヌカの木は背丈が5-6mほどまでしか成長しないので背丈のもっと高いブナなどの森の中では見られず、意外と牧場が近くに広がる開けた場所に群生していたりします。その群生しているマヌカの木が全体的に12月ぐらいには白い小さな花で覆いつくされるように見られるので遠目で見るとまるで粉雪が積もったように見られます。)

ニュージーランドバイオレット

 

(12月のNZ現生の森の中でまとまって小さな花を咲かせている一つにこのスミレがあります。ニュージーランドバイオレット)

ニュージーランドバイオレット

 

(NZバイオレットも鬱蒼と生い茂ったブナの森、そして苔むした沢沿いの斜面などにたくさん見られます。ルートバーンネイチャーウォークで12月13日に撮影)

オッドリーブドオーキッド

 

(そして白い小さな花を咲かせるランもこの12月の一時期に一斉に開花します。これはオッドリーブドオーキッド(Odd Leaved Orchid)と呼ばれるラン。ほかのところでも見られるらしいけどルートバーントラック上では私はこの一か所でしか過去見つけてことがありません。ルートバーンネイチャーウォークで咲いていますがほぼ誰もが見落とします。)

オッドリーブドオーキッド

 

(NZの原生のランの中ではその花の姿が最もかわいらしく、面白い花の姿を持つランだと私は思っています。意外ときれいに撮影できたのでここに2枚アップします。)

エバーラスティングデイジー

 

(NZ原生のキク=デイジーも12月ぐらいから森の中だけではなくマウントクックなどの開けた山肌などに白い花を咲かせますが、その中で最も数多くみられて、花の開花時期が長く、そしてとても小さな花を群生してまとまって咲かせているのがこのエバーラスティングデイジーでしょう。このデイジーは1月2月ぐらいまでトレッキングコース上で咲いているのを見つけることができるでしょう。)