クライストチャーチ14年11月23日現在復興状況、ビデオ6本で紹介

クライストチャーチの地震後の復興状況はゆっくりと進んでいます。町の様子は特に変わったわけではなく工事現場的なところばかりが広がる状況はこの半年の中でも変わっていない様子ですが、さすがに新しいビルの基礎工事がたくさん始まっています。

11月23日の段階でのクライストチャーチの観光的なことも町の中はあまり状況は変わらないのですが、トラムが地震前の時と同じ周回コースに復帰したことぐらいです。

11月23日、日曜日の朝に収めたビデオ6本でクライストチャーチ市内の現状を少しでも感じてください。これから年末にかけてクライストチャーチに来られる方は何が見れるかが分かるでしょう。


(11/23のクライストチャーチ大聖堂広場をぐるっと360度回って展望できます。)


(大聖堂広場の北側をぐるっと展望しています。地震前は町の中でも最も人通りが多かったスクランブル交差点の周辺現状が分かります。)


(ビクトリアスクエア前、コロンボストリート北側をぐるっと展望。以前コプソーンセントラルホテルの跡地が更地になっています。ここの場所は今、インターシティーバスの発着場所になっています。)


(クライストチャーチの繁華街であったシティモール&ハイストリートの角でぐるっと360度展望してます。地震直後はビルが傾いたことで有名になったグランドチャンセラーホテルはすっかり取り壊され、新たにビルができる基礎工事が最近始まりました。)


(取り壊しも修復作業も行われないまま3年が経つリッジズホテル周辺の様子が分かります。この寂しい感じになった通りをトラムは走っています。)


(修復作業がゆっくりと進むアートセンター周辺が分かります。ここが今のクライストチャーチでは観光の中心となっています。)