クイーンズタウンでのNZドル両替

これからニュージーランドに観光旅行で訪れクイーンズタウンにやってきた時、日本円からニュージーランドドルへの両替が必要な場合は町の銀行で行うのが一番お徳ということを覚えておくと良いでしょう。

 最近は日本人もクレジットカードでのお買い物に抵抗がなくなってきて海外旅行では何でもかんでもカードで支払いを済ましちゃうようになってきてますが、ニュージーランドの旅行ではニュージーランドドル現金で行うのが日本人にとっては一番お得です。日本で発行されたクレジットカードより、日本の銀行で両替してきて持ち込んだニュージーランドドルよりニュージーランドに到着後日本円を両替して手にしたニュージーランドドル現金のほうが為替レートの差でお得になります。

 この日本円現金でを持ち込んでニュージーランド国内で両替する場合、これまたホテルより、そして両替所より町の一般の銀行のほうが今はニュージーランド国内では両替をするのに一番お得です。一般の銀行、両替所では日本円を含めた外貨からニュージーランドドルに両替する場合手数料(Commission)が掛からないようです。

 ホテルでは手数料がかなり上乗せされていますが、宿泊している時間内ではいつでも両替が出来る便利さはあります。けれど普通ホテルフロントには現金を大量に残しておく事はないでしょう。両替所では手数料を上乗せさせたレートが表示されています。そして一般の銀行は店頭にある電光掲示板の為替レートがその日のそしてその銀行での両替レートになります。

 クイーンズタウンではこのホテル、両替所、そして銀行の中で為替レートが一番お得なのは銀行です。クイーンズタウンでは以前と違いお土産物屋や観光案内所などがこの両替業務を行っているところはほとんどなくなってしまっています。それだけ現金を両替して持ち歩く人が減った訳です。

 それでも観光の町のクイーンズタウンは他のニュージーランド国内の町、観光地より両替をするのに大変便利な町でしょう。町の中には両替所が3箇所、土日に営業も行っている一般銀行が2行もある町です。

(クイーンズタウンのCampストリートにあるASB銀行。平日は9:30から17:00、そして土日は10:00から17:00まで両替が可能。)

(クイーンズタウンのASB銀行店頭にある両替レート掲示板。日本円現金=NoteからNZドルに両替したい場合はWeBuyNoteの欄をトラベラーズチャックの場合はWeBuyChequeの欄のレートを見ます。)

(クイーンズタウンのReesストリートにあるBNZ銀行。ここは平日ならPM20:00まで開いているのでミルフォードサウンドツアーから帰ってきてもまだ利用できるでしょう。土日は18:30までOpen。)

(クイーンズタウン空港にあるのは両替所のTravelex。飛行機が飛ぶ時間帯には営業されてます。)

(町の中の両替所はTravelexが町の中心にある観光案内所と同じビル内に一つ。(AM8:00~PM18:00)。そして町の郵便局=POST ShopもTravelexと提携して両替業務を行ってます。)