ミルフォードサウンドまでの道のりと見所マップ

ミルフォードサウンドまでの道のりの見所などを写真つきで紹介した地図をグーグルマップに公開しました。このマップのトレイルは実際車で走った軌跡をGPSデータでアップロードしたものです。見所となるところもGPSデータで示しています。レンタカーなどでミルフォードサウンドへ行くときなどのカメラストップの目安などにしてください。

ニュージーランドにやってくる観光客が必ず訪れる景勝地として知られるミルフォードサウンド。この場所自体はとても素晴らしい景観で知られていますが、そこへたどり着くまでの道で見られる世界遺産の氷河地形と温帯雨林の森も大変素晴らしく是非車で訪れるべきところでしょう。

お勧めの地上交通でミルフォードサウンドへ訪れる手段としては観光バスツアーや専用車での観光送迎サービスなどを利用することです。この手段の場合は見所を見逃すことなく、そしてミルフォードサウンドでの遊覧クルーズの出航時間を気にすることなく車窓から、又は見所のカメラストップでゆっくり車から降りて写真を撮ったりしながら観光が楽しめます。

しかし、レンタカーなどでこのミルフォードサウンドまでの道を自分で運転して向かうとなるとなかなか余裕のある観光が出来ません。というのはテアナウを出発してミルフォードサウンドまで向かう国道94号線は一本道ですが、その距離120kmの大部分が曲がりくねって、時には勾配の険しい山岳ルートになり、初めてこの道を運転して走る人には周りの景色など見ている余裕がなくなり、ましてほとんどの車が大型観光バスも含めてこの道を100kmのスピードで走っているため見所的なところを通り過ぎて突っ走って行くのが通常でしょう。

このミルフォードサウンドまでの道のりマップではそのカメラストップで立ち寄るべき主要なところを抑えています。これを事前に知っていなければ恐らくレンタカーで走り過ぎてしまうことも少なくなるでしょう。またこのマップに紹介している見所のところがレンタカーでも安全に停車できるところです。この場所以外は車を停めるには危ない、カーブが連続する場所だったり、直線道路であっても路肩が無かったり、鬱蒼たる森の中の道だったりして気軽には停められないところだと言える場所になります。

エグリントンバレー、ミラーレイク、ノブズフラット、モンキークリーク、ホーマートンネルの出入り口手前、そしてキャズムなどがそのカメラストップで立ち寄るべき場所になりますが、どこも安全に車が停められるスペースがあるところです。

ちなみにこれらのカメラストップの場所はミルフォードサウンドまでの現地観光バスはどこも大体停車してくれます。また日本からの観光ツアーバスも停まったりするところですが、JTxやトラピXXXなどの大手旅行会社でも格安ツアーに参加してやって来ると現地バス会社との契約やそのツアーの旅程保証などのからみで停車するのはミラーレイク、ノブズフラットのトイレストップ、そしてキャズムだけというのが一般的になります。


より大きな地図で ミルフォードサウンドまでの道のりと見所マップ(GPSデーターつき) を表示