テカポの観光的景観も変わって行きます

テカポ

テカポに新しい観光名所ができそうです。11月中には新しい歩行者専用の橋が掛かります。また今後テカポの町はかなりその景観が変わって行きそうな開発が進行中です。

良き羊飼いの教会と素敵なテカポ湖、そして日本人を含めたアジアの各国からの旅行者にはNZの観光名所にもなってるその星空で有名な小さな町;テカポは住人が300人ぐらいと非常に少ないので観光開発や土地開発がリーマンショック以降は頓挫した状態になってましたが、ここ2-3年の間にその様相も変わってきて、新たな宅地開発や市当局が新しい開発計画を進めるようになっています。そのうちの一つの歩道橋が11月末までには完成しそうです。

この歩道橋はテカポの町と良き羊飼いの教会を結ぶ橋として、そして教会とテカポ湖をバックにした写真撮影で訪れる旅行者が増えそうな観光名所にもなりそうな橋です。この歩道橋完成後はこれまで意外と交通量の多い国道8号線に沿って教会へと往復していた歩行者も、安全に町から良き羊飼いの教会へと往復することができそうです。

また町のお店や湖畔レストラン、そしてゴッドレイホテルが並ぶところから湖までの場所が、これまでただの芝生の広場的なところが2段階にわたって観光開発されるようです。この湖畔の土地に新たに建てられる予定の建物の主なものにEarth&Sky社が新たな星空観測所をこの町の中に立てるのとユースホステルが開発地の一区画の購買者になっていてテカポには2番目のYHAが建てられそうです。

そして今シーズンも観光シーズンに入る今月から来年の3月ぐらいまではテカポのどの宿泊場所もすでに予約一杯の状況になっていて、特に2月の旧正月期間中はどのホテルも8月ぐらいから満室状態になっていて、テカポの宿泊場所不足がこの先も2~3年は続きそうな感じですが、国道8号線から少し裏手に入ったところに5つ星、ベッド数100以上のリゾートアパートメントができるようです。すでにこのTekapo Sky Resortはそのウェブサイトも公開されています。このようなリゾートでもいいから何とかここは宿泊場所をもっと増やしてほしいところです。

テカポ新歩道橋
(11月1日 良き羊飼いの教会の前から撮った完成間近の歩道橋。この橋の上から写真を撮ろうという人が増えそうな気がします。)

テカポ新歩道橋

(同じくテカポの町側から良き羊飼いの教会側を見た歩道橋の様子。これができれば少しはテカポの町から教会への道のりも短くなりそうです。)

 

テカポの新しい歩道橋のコミュニティー・フェイスブック・ぺージがしっかりとありました。)

テカポ観光開発造成地

(11月1日の段階ですでに観光開発の第1ステージの車道がそれまで細い歩道だったところに舗装化されて出来上がっています。ここはテカポのお店やスーパーマーケットが並ぶ湖側のところになります。この写真の左側=湖側にはアース&スカイの新しい天体観測センターができるようです。マウントジョンの天文台に悪天候や曇天で上がれない場合の観測所になるようです。)

テカポ観光開発プラン

(今後テカポ湖畔側に観光揮発されていく計画図が立て看板で見られます。このプラン図の左側=今のインターシティーバスなどが停留場としても使っている駐車場の左側には新しい大き目のスーパーマーケットと店舗が建ち、今、Scenic Resort Motelが立っている湖側にはEarth&Skyの新しい観測センター、そして第2ステージには今の湖畔レストランがある建物の前にユースホステルなどが立ち並ぶようです。)