朝食の取れるクイーンズタウンのカフェ

 クイーンズタウンにやってきたら是非日常とは違う朝も迎えてみてはいかがでしょう?クイーンズタウンの町には朝早くから開いていて朝食も取れる素敵なカフェがたくさんあります。

 日ごろ朝食抜きで過ごす人も海外に出たなら是非朝から町に繰り出してカフェでの朝食を楽しむのも海外旅行の面白い体験ではないでしょうか?

 またニュージーランドにパッケージ旅行でやってくる人はそのツアーに朝食が含まれている場合はどこのホテルも同じようなバイキング形式のブレックファースト。それも何日かたつと飽きてきます。また朝食もツアーに含まれない人は前日スーパーマーケットやコンビニでサンドイッチなどを買ってきていてホテルの部屋でぼそぼそと食べる人も多いようです。

 もしそういうパッケージ旅行でクイーンズタウンに訪れて一日自由時間がある人や、個人で自由に旅程を計画してクイーンズタウンにやってきた人は是非町に繰りだして朝食、又はブランチをカフェで取られることもクイーンズタウンを楽しむ一つの方法でしょう。オークランドやクライストチャーチなどの都会と違ってクイーンズタウンの朝は会社へ慌しく向かう通勤の人を見かけることのないリゾート地なのでそれだけでも忙しい日本から離れた海外旅行先ののんびりした気分を味わえるでしょう。

 クイーンズタウンには朝7時から開いているスターバックスやサブウェイ、そしてマクドナルドのカフェ版マックカフェもありますが、ここにきたらやはり地元の人にも人気のカフェで朝食を取られることをお勧めします。

 どこの朝食を取れるカフェもその朝食はイギリス式の調理されて熱々のものを含めたクックドブレックファーストが多く、結構ボリュームがあるので朝昼兼用にもなります。また最近はやはりオーガニックの食材を使った朝食も当たり前のようにどこのカフェのメニューにも出てきます。

 主なカフェのブレックファーストメニューはベーコンやソーセージに調理された卵といった定番からパンケーキ、マフィン、ミューズリー、そしてヨーグルトといったものが見られます。そしてクイーンズタウンを含めたニュージーランドの南島の南部にはもともとスコットランドからの移民者が多かったことからアメリカで言うオートミール、Porridge;ポリッジというオーツ麦のおかゆも食べれるカフェがあります。

 クイーンズタウンで地元の人に人気の朝食が取れるカフェ

1.Joe’sGarage;ジョーズガレージ。Searle Lane 7am~

 もともと隠れ家的なカフェだったのが一昨年移転してもまだ探し出すのにちょっと難しい場所にあります。しかしここのコーヒーは次のブードゥーカフェと常にトップを競うクイーンズタウンで最も美味しいコーヒーといわれる。 

2.VuduCafe;ブードゥーカフェ。
 Beach Street 7:30am~

 幾度も受賞暦があり、今年もクイーンズタウンの最優秀Cafeに専門誌で選ばれている。今年の7月には別の場所Reesストリートに2号店がOpenした。この2号店もすでに朝から多くのお客がやってきている。


(こちらが2号店。この写真のようにリースストリートからも入れるけど、裏側のワカティプ湖に面するところからも出入りが出来る。)

3.ReesSt Delicatessen リースストリート・デリカッセン;
ショットオーバーストリートとリースストリートの4つカドにあるTheMoutaineerビル2F 8am~

 恐らく地元の人に今最も人気のあるCafem、デリカッセンでしょう。ビルの2Fにあるのでこの町に初めて訪れる観光客には見つけにくいかもしれないけどビルの2階からショットオーバーストリートを見下ろすすごく開放感のある店内はのんびりCafeタイムを取るのも気持ちが良い。) 

(このビルの2Fにリースストリートデリカッセンが入っている。)

(店内はスペースに余裕があって、ガラス窓越しに屋外が見張らせるので開放感がたっぷりある)

クイーンズタウンの朝食が取れるカフェが分かるグーグルマップ

より大きな地図で クイーンズタウン市街地マップ&バス路線 を表示