マウントクックの峰にヒラリー卿の名前がついた

(8月7日 マウントクックをハーミテージホテルから望む。この日はPM14:30ぐらいから雲も途切れて山の頂上も見られるようになりました。けれどこの時期はハーミテージホテル周辺は雪に埋もれています。)

皆さんは世界でエベレストに初登頂を成し遂げた人物をご存知ですか?1953年にニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーが世界最高峰の山に人類史上初めて登りつめたのです。このヒラリーさんの名前がニュージーランドの最高峰の山;マウントクックの南側の山の背につけられます。

ニュージーランドの英雄として存命の頃からニュージーランドの$5札に描かれていたり、Sir(卿)の称号も与えられていて誰もがニュージーランドの誇りとして崇められていた人物も3年前に88歳で亡くなられています。このヒラリー卿の成し遂げたことはエベレストへの初登頂だけではなく南極大陸探検なども成し遂げた冒険が知られていますが、ニュージーランド国内でも様々な偉業を成し遂げました。代表的なのがマウントクックの南側の山の背をこれまた初めて制覇してマウントクックの頂上に達した人です。

このマウントクックの南側の峰はこれまでサウスリッジという場所を示すような単純な名前しか山岳地図に記されていませんでしたが、8月18日よりニュージーランドの地名を管理する機関が正式にヒラリーリッジ;HillaryRidgeと変更させることになります。

このサウスリッジ=ヒラリーリッジはマウントクックに訪れる人が晴れて山の頂上まで見張らせる日には必ず目にする頂上に掛けての山の斜面になります。2003年にマウントクックにあるハーミテージホテルにはヒラリー卿の記念館と彼の銅像が立てられましたが、その銅像が見上げているのがこのヒラリーリッジといっても良いでしょう。

何時の日かマウントクックに観光やハイキングなどで訪れる際はそのヒラリーリッジを見上げてみてください。ヒラリー卿はその斜面を1948年に制覇しています。

(ハーミテージホテルにあるヒラリー卿の銅像。その目線の先にはマウントクックのヒラリーリッジがあります。8月7日14:00撮影)