大雪の後のミルフォードサウンドとマウントクック


(大雪の為閉鎖されテ板ミルフォードサウンドまでの道が1週間ぶりに開通した翌日、7月18日のミルフォードサウンド。グレノーキーエアーのWEBCAMから)

 やっとミルフォードサウンドまでの道=国道94号線がオープンされました。冬でも多くの観光客が訪れるニュージーランドの世界遺産観光地のミルフォードサウンドまでの道のりはこの国道94号線1本しかありません。しかもミルフォードサウンドが行き止まりでそこから同じ道を辿ってテアナウやクイーンズタウンへとどの観光バスもレンタカーも戻ってくることになります。

 このミルフォードロードと呼ばれる国道94号線は先々週の7月8日(金)から昨日7月17日(日)のPM12:00まで積雪と雪崩の為ホリフォードバレーからミルフォードサウンドまでの道は通行止めになっていました。これからも10月ぐらいまでこの雪崩の危険性によりこの道は閉鎖されることが月に何回かあるようになります。しかしその日数は以外に少なく、多くの日は積雪があっても除雪作業がすばやく行われ多くの観光客がこの地を訪れることが出来るようになります。雪が積もった後のミルフォードサウンドまでの道のりは夏にここを訪れるより素晴らしいという声も高いところです。

 またニュージーランドにやってくる観光客が必ずといって良いほど訪れる世界遺産のもう一つとしてマウントクックがありますが、こちらも先々週から雪で埋もれるようになっているようです。けれどこのマウントクックまでの道はミルフォードサウンドまでの道より標高の低い(500m~760m)道=国道80号線を通るので積雪はありますが、道路が閉鎖になることは余りありません。だから冬でも毎日のようにグレイトサイツのような観光バスなどもここへと訪れています。

 ここにあるハーミテージホテル周辺も今は雪で埋もれていると言っても良いぐらいなので、夏には多くの人が楽しむハイキングコースなどはどこも入っていくことは出来ないようになっています。けれどここも雪化粧をしたマウントクックとその周辺の姿は大変きれいだといわれるところでもあります。


(7月18日のマウントクック。ハーミテージホテルのWebcamから拝借。)