ニュージーランドの観光、冬休みが始まる7月4日から続々復活

7月3日クイーンズタウンリマーカブルNZ南島個人旅行

ニュージーランドの観光業が続々と復活しています。コロナウィルスがNZの国境以外の国内には存在しないようになって3密制限が解除され、そして学校が冬休みになる7月4日に合わせて、これまで休止や運行を取りやめていた観光ツアーなどが再開しはじめています。後は海外から観光客が戻ってくるのを待つばかりです。

NZ国内の観光業はNZ国内の観光客向けに復活し始めたけど、海外旅行者向けツアーなどは復活不透明

ニュージーランド航空は成田/オークランド間を週1便、6月27日より再開

NZ航空が成田線を再開しましたが、NZ国内入国は基本的にNZ国民のみで旅行者は入国はできません。

テカポの星空ツアー、7月3日から再開。マウントジョン天文台にも木~月(AM10.30~PM14.30)に上がって行けるようになる。

クイーンズタウンのTSSアーンスロー蒸気船も7月4日からウォルターピーク牧場へのクルーズツアー再開

マウントクックのハーミテージホテル、7月3日からチェックインできるように復活。

インターシティーバス、NZ国内休止路線を7月1日から再開させ始めて、クライストチャーチ発着テカポ経由クイーンズタウン路線も復活

これまでインターシティーバスでクイーンズタウンまでクライストチャーチから来ようとするとダニーデン経由での路線しか運航されていなかったのが、7月1日からテカポなどの小さな町を通る路線でクイーンズタウンとクライストチャーチ間を往復できるようになります。
また、北島の路線は大幅に復活され、中にはオークランドからロトルア行きの路線はホビット村ツアーで有名なマタマタ/Matamataにも停車するようになります。

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズ、7月4日から冬季スケジュールで再開