ミルフォードサウンド日帰り観光6月15日、服装チャックも可能

ミルフォードサウンド6月15日遊覧クルーズ6月7月8月のNZ旅行

クイーンズタウンからミルフォードサウンドまで日帰りでの観光バスツアーに6月15日参加してきました。写真とビデオで6月のミルフォードサウンドへの道のり、原生林の森の中、遊覧クルーズでのハイライト、そしてこの時期ミルフォードサウンドへ訪れる人の服装チャックができます。

スポンサーリンク

6月15日のミルフォードサウンドは晴れ、気温8度、少し路面凍結だけ

6月はNZでは最も日照時間が短い月、ミルフォードサウンドへの道のり途中は両側に切り立った岩壁が続く谷底の道を走り抜けます。

今年はまだ冷え込むことが無い日が続いていますが、それでもモンキークリークの辺りは一日中陽が当たらないので路面が凍結したりします。この日も少しだけブラックアイスがみられました。道路には滑り止め+凍結防止のための細かい砂利(Grid)がまかれます。

6月15日ミルフォードサウンドへの道のりモンキークリークにて

ミルフォードサウンドへの道のりは冬でも緑豊かな原生林が生い茂る森の中の道のりでもあります。

フィヨルドランド国立公園の森を作り出す原生林はほぼ常緑樹です。冬でも緑豊かな森が見られ、その森の中は苔むして、大きく成長したシダの木が生い茂るとても冬の森、そして緯度が45度という高緯度の森には感じられない様相をしています。

6月15日のミルフォードサウンドへの道のり原生林の森

ミルフォードサウンドは冬でも凍り付く外海につながる入り江ではありません。だから多くの観光バスツアーや、ミルフォードサウンドの遊覧クルーズも朝からたくさん就航されています。

6月15日のミルフォードサウンド船着場

6月15日のPM13時のミルフォードサウンドは晴れ、気温が8度ぐらい。風も穏やかであまり寒さを感じられませんでした。

冬のミルフォードサウンドは観光客も少なく、遊覧クルーズもゆったりとしたスペースで、周りの絶景を満喫できます。

6月15日ミルフォードサウンド遊覧クルーズ

ミルフォードサウンド遊覧クルーズのハイライトの一つであるスターリングの滝へとクルーズ船が滝つぼに突っ込んでいく様子をビデオで紹介。

この時期にミルフォードサウンドへやって来るのに適した服装もチェックできます。

ミルフォードサウンドへの個人旅行での行き方、観光の仕方、見逃せない観光スポットなどを調べたいならNZブリーズのミルフォードサウンドへの個人旅行ページ

NZブリーズミルフォードサウンド個人旅行ページ