5月クイーンズタウンの町の中から南十字星・サザンクロスの見つけ方

5月に入るとクイーンズタウンの町も静かになって、夜の街も人通りが少なくなります。もちろん街灯やお店の明かりは輝いていますが、南十字星は夜暗くなるともう町の明かりも邪魔にならないほぼ真上に上がって見上げることが出来ます。

この5月ぐらいからどんどん冬の訪れが近づいてくるのがわかるようになります。朝早くは霜が降り、吐く息も白くなりますが、日中はまだ暖かい日が続きます。日が沈むのがpm17:30ぐらいのこの5月は星空が瞬きだすpm19:00ぐらいでもまだそれほど寒くなく星空を屋外で眺めることが出来ます。

南十字星(サザンクロス)はこのクイーンズタウンではそのpm19:00ぐらいには町の中にいたとしてもほぼ頭上といった角度で見上げるとその4つの星が見つかるでしょう。

またこれからこちらは冬に向かって夜はより空気が澄み切る時期に向かいます。そうなると星空もより一層光り輝いて見られますが、周りの山肌には雪が積もって夜空でもその山肌が光り輝く景観はとてもきれいになります。その山肌少し上からとても多くの星が光り輝いているが見られる時期にこれから入っていきます。


(クイーンズタウンの町の湖岸にあるウィリアムス・リースのブロンズ像。その頭の上に4つの南十字星、左肩の横にポインターの二つの星が光り輝いているのが分かりますか?)

(5/10の晴れた夜、PM21:00ぐらいに撮影。クイーンズタウンの町の中でも街灯の無い暗がりではこれだけの星空が見上げることが出来ます。)