クイーンズタウンにスーパームーン昇る。

本日5月6日は満月です。今月の満月はいつもとは違いスーパームーンと呼ばれる特別な満月がニュージーランドに昇る日となりました。

クイーンズタウンは今日も秋の快晴の日になって、夕方から夜にかけて薄い雲が掛かっていますが、スーパームーンにはほとんど影響のない素晴らしい月夜になりました。スーパームーンは月が地球にもっとも近づく月の満月のことを表すらしいのですが、通常の明るさより30%光度が高く、14%大きく見られるということです。昨年は3月にこのスーパームーンが観られましたが月の軌道の影響で約18年ごとにこのスーパームーンが見られるとのこと。

けれどこのスーパームーンでなくてもニュージーランドで見られる満月は本当に明るくて、大きいと思います。満月のしかも快晴の真夜中に郊外の道を車で走るようなときは車のヘッドライン無しでも走る道路がしっかり分かるほどです。またこれから冬を迎えてクイーンズタウンの周辺の山肌に雪が積もり、これが満月に照らし出される夜などは本当にとてもきれいな大自然の夜景を堪能出来ます。冬は夜の時間が長くなる分、星空や夜空を街の中からでもじっくり観ることできる季節にクイーンズタウンはなります。来月6月の満月は6月4日です。

(5月5日、満月になる一日前の日は月がちょうど夕焼けの時間と重なるように昇ってきました。ましてリマーカブル山脈の頂上の裏側から昇ってきました。PM17:30撮影)

(5月6日PM18:30 リマーカブル山脈の上にまぶしいぐらいに光り輝くスーパームーンとクイーンズタウンのワカティプ湖の湖面)

(5月6日PM20:45 クイーンズタウンの東の夜空に光り輝くスーパームーン。この写真だけでは30%明るさがUPしているなんて分かりませんね。)