テカポの星空、オーロラを見るにもいいウォークウェイ

テカポは世界的にも星空を観るのにはとても適した場所として知られていますが、これから冬を迎えていくとさらに星空観測には最適な条件になっていきます。

また昨年から地球的なサイズでオーロラが現れやすい年になっているということですが、今年もまだそのオーロラの発生率は高い年でこの南半球のニュージーランドでも1月、3月と肉眼でも分かるぐらいのオーロラが観測されています。このオーロラを見るにもテカポは特に良いところでしょう。

テカポにはこの星空を観測する施設としてマウント・ジョンという小山の上に天体観測所の施設があり、町からその星空観測ツアーも出ています。この施設からの星空は写真を撮るにも最適なところなのですが、夜にこの山に登っていくにはツアーに参加するか、麓から続くハイキングコースを登っていくかの2通りがあります。車でこの山の上には日中は登っていけますが、夜間は麓のゲートが閉ざされます。そして自分の足で歩いて登っていく場合は町からまず湖畔沿いを30分ぐらい歩いてからマウントジョンに登っていくハイキングコースの入り口にたどり着いた後、松林の中の少し急な坂道を50分ぐらい登ることになります。

また町の中でもテカポ湖畔に建つ”善き羊飼いの教会”の辺りは夜間暗いのですが、さすがに南側には街灯や町の明かりが漏れて入るので本当に星空の写真を、そして南側の地平線近くに現れるオーロラを写真に撮りたい場合にお勧めのウォークウェイがテカポの町の裏側=南側にあります。

コーワンヒルCowansHillという草原の中にある丘までの散策路が町の裏側にあり、その草原の南側には街灯や町の明かりなどは無く、夜間は真っ暗なところになります。町の中からでも歩いて30-40分でたどり着くことが出来ますが、テカポの町に入る手前の国道沿いの入り口から歩いて入っていくと丘の上まで10分ぐらいでたどり着けます。

これからテカポに星空を観る為訪れようと考えている人はこのウォークウェイの存在もチェックしていたほうが良いでしょう。但しオーロラに関して観られる確立はかなり低いことだけ考慮していたほうが良いでしょう。

(4月21日PM20:15にテカポ、コーワンヒルウォークウェイから撮った南十字星;サザンクロス)


より大きな地図で テカポ Lake Tekapo ニュージーランド 見所マップ・観光地図 を表示
(テカポのコーワンヒルウォークウェイの入り口などを入れ込んだグーグルマップ)