関空からNZへ直行便,16年11月から週3便再開


NZ航空が16年11月から3月までの期間限定で関空からオークランドまでの直行往復便を週3便で再開させます。これで関西からニュージーランドへの周遊観光でやってくるのにすごく便利になりそうです。

ニュージーランド航空は13年の3月まで通年を通して関西空港からNZへの往復便を就航していたのですが、今年の11月から2年半ぶりにNZの夏の観光シーズン中だけの期間限定で復活させることを発表しました。11月4日から2017年の3月26日までの期間中、月曜日、金曜日、日曜日の週3回オークランドへの直行往復便を就航させます。このチケットの販売は4月以降からということですが、今からこの関空便を使ってNZの観光シーズンである春から夏にかけての周遊旅行の計画を立ててもいいと思います。スケジュールは以下のようになります。

NZ98便 関西空港(KIX) PM21:00発 オークランド(Akl) PM12:05着 (11月4日~17’3月26日の水、金、日)
NZ97便 オークランド(AKL) AM10:25発 関空(KIX) PM18:00着 (11月4日~17’3月26日の水、金、日)

この便を利用してNZの観光では人気観光地がそろうNZ南島へとやってきてください。実はNZ航空はすでに今年のNZ冬季からクイーンズタウン空港が夜間離発着も可能になるに伴い、オークランド/クイーンズタウン間の国内線便を増やすことも決めています。関空からオークランド経由でクイーンズタウンまでやってきた後、ミルフォードサウンドやマウントクック、そしてテカポといったNZ観光の定番観光地を周遊後オークランドを経由して関空まで戻る個人旅行が最低6日間から可能になると思います。

その1例として関空からNZ南島の人気観光地を周遊するスケジュールを紹介しておきます。6日間での弾丸コースとなります。
1日目;関空発
2日目;オークランド到着、午後14:35もしくはPM16:55オークランド発クイーンズタウンへと国内線で移動。午後16:35以降クイーンズタウン着、クイーンズタウン泊
3日目;終日ミルフォードサウンド観光、クイーンズタウン泊
4日目;クイーンズタウンから地上移動でマウントクック経由、テカポへ、テカポ泊
5日目;テカポから地上移動でクライストチャーチへ移動、クライストチャーチで一泊するかクライストチャーチ空港からオークランドへと移動。
6日目:(クライストチャーチAM05:40発、もしくはAM06:50発の国内線を利用してオークランドまで移動)オークランドAM10:25発の関空行きNZ97便で日本へと向かう。PM18:00関空着

 

【関空-オークランド直行便を再開へ】ニュージーランド航空では2016年11月~2017年3月にかけて、関西国際空港・オークランド間にて週3便の運航を再開する予定です。西日本発のニュージーランド旅行がより便利に。オークランドからニュージーランド各地への乗り継ぎもスムーズです。販売開始日程など詳細については、近日中に再度お知らせします。ご期待ください!

Posted by Air New Zealand on 2016年3月2日

(NZ航空のフェイスブックで発表された関空/オークランド便再開のニュース)
http://www.airnewzealand.jp/seat-map-boeing-767-300
(16’11月から3月までの関空/オークランド間の使用予定されているNZ航空の使用機材(ボーイングB767-300型)のシートマップ

クイーンズタウン空港NZ航空便

(11月以降は関空からこのクイーンズタウン空港へとNZ航空を使ってやって来ることを計画してみて下さい。)