クイーンズタウンからワナカへ一日レンタカードライブマップ

クイーンズタウンで滞在中にレンタカーでワナカへの一日ドライブの観光を計画する人のために近郊の見どころも加えたドライブマップをグーグルマップに作り、公開しました。これから黄葉見学やスキー、スノーボードのためにワナカへ訪れようと考えている人にも便利なものになるでしょう。このマップにはGPSデータを含めています。是非活用してみてください。

クイーンズタウン空港からこのドライブは始まっていますが、もちろんクイーンズタウンの町のホテルからでも活用できるでしょう。そのルートはクイーンズタウンを離れてまず国道6号線を東へと向かい、郊外のレイクヘイズ(黄葉でも有名)に立ち寄ってからアロージャンクションを直進してバンジージャンプで有名なカワラウ・バンジーブリッジを訪れます。その後ワイナリー地帯が続くギブストンバレーを抜け、カワラウ川の渓谷を通り抜け果樹園が続くクロムウェルに立ち寄ります。この辺りの国道沿いにはフルーツショップが続くのでその一件に立ち寄って見ることをお勧めします。秋にはこの沿道は黄葉のポプラ並木も見事に見られるところです。

そしてクロムウェルから6号線のままワナカまで向かいます。ワナカの街に入る手前には立体迷路で有名なパズリングワールドが出てきます。そしてワナカの街、そして湖を見張らせる90分ほどの周回コースであるマウント・アイロン・トラックの入り口も出てきて簡単なトレッキングを楽しむことも可能です。ワナカの街でひと時過ごした後はクイーンズタウンに向けて裏道的な山岳コースをたどって戻ることにします。

ワナカの町からカードローナ方面へと向かう国道89号線に入ります。ワナカの町の裏側にはBaseCampという映画館、カフェバーを併設した施設があって、ここでは室内ロッククライミングが簡単に楽しめます。ワナカの街を離れるとカードローナ川に沿って山の中へ向かうことになりますが、20分ほど走ると冬にはスキー場になるカードローナスキー場の入り口が出てきて、それを通過すると小さな村カードローナに差し掛かります。ここには1860年代から営業が続けられているカードローナホテルがあり、そこで喫茶も楽しめます。

カードローナの村を離れた後は本格的に山の中に入っていくことになりますが、次第に標高を上げて行き最終的にはNZ国内の国道では最も高い標高になるCrownRange(1076m)を越えることになります。この峠越えのルートは一般的にNZで最も美しいスカイラインと評されています。峠を越えてからはクイーンズタウン方面が車の進行方向前方の眼下に広がることになります。この道はだからワナカのほうからクイーンズタウンのほうへと向かうほうがその景観をドライブしながらでも楽しめます。

CrownRangeの曲がりくねった、急勾配の道を降りてくると国道6号線に合流します。そして国道6号線に降り立った直ぐ後に脇道に入っていきアロータウンへと赴くのも良いでしょう。この歴史的な小さな村は黄葉の時期がとても素敵な小さな観光地でもありますが、午後からここを訪れる方が太陽の陽が東側にある山肌にも当たって村全体的には素敵な景観になります。アロータウンからクイーンズタウンの街中へはレンタカーで20-30分ぐらいで戻って行けるでしょう。