クライストチャーチの2月16日土曜日の夜。これがNZの都会の週末の夜

クライストチャーチ2月16日大聖堂広場12月1月2月のNZ旅行

クライストチャーチの今の土曜日の夜の様子を写真で紹介。地震の後の復興中だけどNZの都会の週末の夜は大体こんな感じというのが分かっていただけると思います。日本の都会の夜を期待していたら絶対に外します。

スポンサーリンク

クライストチャーチの2月16日夏の週末の18時を6枚の写真で紹介。

クライストチャーチ2月16日PM18リトルハイイータリー

今のクライストチャーチで最も賑やかなお食事処はリトル・ハイ・イータリー/ Little High Eateryでしょう。2月16日のPM18時には溢れるほどの人がやってきていて、各店舗の前には行列が出来ていました。

ここはお酒と一緒に世界のグルメを楽しめるちょっとしたフードコートですが、子連れの家族もかなり来ています。日本の居酒屋の雰囲気もあり、気軽に立ち寄れる場所としても観光客も訪れています。

クライストチャーチ2月16日土曜日PM18リトルハイイータリー

このリトル・ハイ・イータリーは町の中心から少し離れていて、周辺は地震の後のままに建ち残ったビルなどもたくさんあって、この場所にたどり着く、又は町のホテルに戻る時は少し寂しい感じがすると思うけど、探していってみるべき所です。

クライストチャーチ2月16日土曜日PM18時のザテラス

クライストチャーチの中心のザ・テラスも賑わいが戻ってきてます。地震前からこのオックスフォード・テラス / Oxford Terraceというエイボン川沿いの通りは人気のバーが立ち並び地元の人たちのパーティー・スポットでした。

そこにザ・テラスという商業ビルが昨年完成して、2月16日の土曜日はエイボン川に沿うお店はどこも多くの客でにぎわいを見せていました。

クライストチャーチ2月16日PM18時EntX

しかし、クライストチャーチの土曜日のPM18でも町の中は実際人影がかなり途絶えます。

昨年にオープンした大型エンターメントビルのEntXには映画館が7ツ入り、町の中心にあり、PM22時半まで開いているフードコートがあるのですが、リトル・ハイ・イータリーと比べると人影はかなり少ない感じでした。

クライストチャーチ2月16日PM18時キャセルモール

そしてクライストチャーチの目抜き通りであるキャセル・モール / Cashel Mallやコロンボストリートには週末のPM18時ですが、歩いている人がほとんどいない状態です。

NZの大きな町では平日、そして週末でもPM5時、6時には小売店などは閉まります。週末はオフィスはやはり閉まっていることから夜は町の中であればあるほど人影が途絶えるのが普通です。

クライストチャーチの町でも地震後の復興途中であることもあって夕食が取れるレストランやバーなどがまだまだ多くなく、だからリトル・ハイ・イータリーやザ・テラスなどの話題の場所には人が集まるけど、町の中心は日本の夜の飲食街と比べると非常に寂しい所です。

地元の人は週末に集まって食事をしようと考えたら、まず誰かの家に集まってBBQで盛り上がるのが普通で、町に繰り出しレストランやバーで騒ぐことを考えることはまず発想されません。

クライストチャーチ大聖堂2月16日

クライストチャーチは2011年2月22日の大地震で町の中は崩壊したのですが、やっと昨年ぐらいから新しい商業ビル、ショッピングモールなどもオープンし始めていますが、まだまだ観光地としては楽しい所ではないのが現状です。

町の中心の大聖堂もやっと今年の1月から修復工事が始まりましたが、ここには2月16日に夕方には写真を撮りに来ている観光客ばかりが目立つ場所で、以前のように夜の食事やショッピングなどで観光客がたくさん訪れる町に戻るには2~3年ぐらいかかりそうです。

クライストチャーチに個人旅行でやって来るのに必ず役立つNZブリーズのクライストチャーチへの個人旅行ページ

NZブリーズクライストチャーチへの個人旅行ページ