マウントクックに新モーテルオープン

マウントクックに昨年の12月に新しいモーテルがオープンしています。AorakiCourtMotelという名前で宿泊施設が限られるマウントクック国立公園内にハーミテージホテルとは違う経営で営業が始まっていました。

AorakiCourtMotelはマウントクックビレッジに入っていくと一番最初に出てくる建物となっていて、立地的にも素晴らしいところにあります。マウントクックの景観を見晴らすことが出来ませんが周辺の山並みを十分堪能できる場所です。モーテルということでレストランなどは付随していないので、自炊が必要ですがどの部屋にもキッチンが完備されています。また全部の部屋では無いようですが、スパバスのバスタブが付いているようです。この施設でハーミテージホテルが運営するモーテル、シャレーより安い料金設定なのでこれからはこのマウントクックにレンタカーなどでやってくる個人旅行者には人気が出そうです。

マウントクックビレッジにある宿泊施設でマウントクックの姿を部屋から拝める宿泊施設はハーミテージホテルとAorakiMtCookAlpineLodgeがありますが、このマウントクックを部屋から拝むことをあきらめることが出来たら、またベッドがキングサイズのベッドが一つに2人で寝ることに抵抗が無いカップル、または2人旅の方にはこの新しいAorakiCourtMotelはお勧めの宿泊施設になります。この村の中にはハーミテージのレストラン、カフェ、そしてOldMountainerCafeBar&Resutaurantとバックパッカー内に格安レストラン&バー(ChamoisBar&Grill)があるのでモーテル内で自炊しなくてもこれらのレストランに取りに行くことも可能です。また朝食は簡単に部屋のキッチンで作って食べられるので良いのではないでしょうか?そしてStudioUnitの定員2名の部屋を選ぶとキングサイズのベッドが一つですが、2BedsRoomUnitを4人で泊まるとしたらベッドは4つ用意されるので友達同士の4人連れ、また家族連れなどにはとてもお勧めできるものになるでしょう。そしてどの部屋もWifi施設が利用できるところも良いですね。

アオラキコートモーテル、マウントクック

 

(マウントクックビレッジに新たに加わった宿泊施設=AorakiCourtMotelはビレッジに入ったら最初に出てくる建物)

アオラキコートモーテル マウントクック2

 

(残念ながらこのモーテルからはマウントクックの雄姿を拝むことは出来ないけれどマウントセフトンの夕焼け、朝焼けは十分堪能できるでしょう。ハーミテージホテルが運営するモーテルは回りにたくさん木立があってなかなかこのような景観は拝めません。)

アオラキコートモーテル マウントクック3

(AorakiCourtMotelはまだ建物の外側が建築中。奥に写っている建物がマウントクックバックパッカー。その手前にあります。レンタカーでNZ周遊している人、ハーミテージホテルでは料金的に泊まれないという家族連れなどにはお勧めです。)