クイーンズタウンのホテルが14ベストホテル上位独占

トリップアドバイザーが恒例の2014年度旅行者からの口コミで選ばれるトラベラーズチョイスホテル部門のアワードを発表してます。そのニュージーランド国内でのベストホテルと小規模ホテル部門の上位をクイーンズタウンのホテルが独占してます。

ベストホテル部門で1位にミルブルックリゾート、2位にソフィテル・クイーンズタウン、4位にグリーブアパートメンツ、そして5位にザ・リースホテル&ラグジュアリーアパートメンツが選ばれ上位を独占、そして小規模ホテル部門の1位にザ・デイリー・ラグジュアリー・ホテルが選ばれニュージーランドのホテルで口コミ人気の上位がクイーンズタウンに集中していることがわかる結果になっています。

この結果はこれからニュージーランドにやってくる人にはとても参考になる情報だと思いますが、あくまでも参考にする程度で、最後はご自身のNZ旅行における滞在日数、旅行予算、旅行目的などを考えてどのホテルに泊まるか決めるべきでしょう。

このトリップアドバイザーのレビュー(旅行者からの口コミ投稿数)はものすごい量ですが、日本人の旅行志向とはかなり離れていることがあると思います。特にクイーンズタウンおよびニュージーランドにやってくる海外からの旅行者の60%ぐらいはお隣のオーストラリアからで、そのレビューがやはり大半を占めます。14ベストホテル上位を占めたホテルは日本からパッケージツアーでやってくる人にはもったいない、良さがわからない、他のホテルのほうが予算的にも立地的にもいいところがあると思います。クイーンズタウンに個人旅行で来られてせめて3泊以上するなら、そしてレンタカーを使って周遊する方には上記のホテルは全てお勧めのホテルになるでしょう。

クイーンズタウン ミルブルックリゾート

(トリップアドバイザー14ベストホテル、ニュージーランドで1位になったミルブルックリゾート。クイーンズタウンの町からは車で軽く20分は離れています。ゴルフリゾートとしてゴルフをする方にはニュージーランドの中でも最高の滞在が楽しめるところだと思いますが、観光周遊旅行が目的の日本人の旅行者にもレンタカーがあれば素敵な滞在が楽しめるでしょう。ここはJTBもパッケージツアーで使っているように日本人旅行者への対応はクイーンズタウンのほかのホテルよりは断然ましなところです。これが逆に災いして日本語での文句が出やすいところでもあると思います。)

ソフィテルクイーンズタウン

(ニュージーランドの中で14ベストホテル2位に選ばれたソフィテルクイーンズタウン。高級志向の方でクイーンズタウンの町の中にあるホテルを探しているならこのホテルでしょう。ヒルトンクイーンズタウンより立地的にも断然ましになると思います。)

グリーブ・クイーンズタウン

(クイーンズタウン滞在でコンドミニアムタイプの宿泊場所を探している方にはこのグリーブが最適な場所になるかもしれませんが、2泊だけで、キッチンとか使わない滞在、また2人だけの滞在ならもったいない思いが残るでしょう。他にペッパーズ・オン・ビーコンというコンドミニアムタイプのホテルならワカティプ湖の眺望はばっちりで、町からこのグリーブのように坂を登ることなく歩いて行ける場所にあるので私はそっちをお勧めします。)

ザリースホテル&アパートメンツクイーンズタウン

(クイーンズタウンのザ・リースホテル&ラグジュアリーアパートメンツが14ニュージーランドベストホテル5位に選ばれています。ここも2泊だけではもったいないホテル。ただしここもレンタカーなどの足があったほうがクイーンズタウン滞在が楽になるところです。もしクイーンズタウンの町の中に行くのは一回ぐらいで十分、またはタクシーを利用することが苦に思わないと考えている方は2泊でも楽しめると思います。ここの部屋からの眺望は今回のベストホテルで選ばれているほかのホテルよりは断然素晴らしい。これこそクイーンズタウンの景色というところを満喫できるでしょう。)

ザ・デイリー・ブティックホテル・クイーンズタウン

(トリップアドバイザーのトラベラーズチョイスアワードの小規模ホテル部門では、上位に位置することがもう当たり前にも思えるほどニュージーランドの小規模ホテルの代表見たいなクイーンズタウンのザ・デイリー・プライベート・ラグジュアリー・ホテルです。けれどこの手のタイプのホテルは英語が話せて滞在者及びホストの人と気軽に歓談ができる方にはより滞在が楽しめるところだと思います。立地的にも町の中心から特に離れるところではありません。予算に十分余裕があって、クイーンズタウンでは大型ホテルには泊まりたくないと考えている英語が堪能な方にはお勧めです。)