NZをキャンピングカーで周遊してみませんか

NZをキャンピングカーで周遊してみませんか?今やNZにやってくる個人旅行者は大体このキャンピングカー、もしくはレンタカーで自由な周遊旅行をしているのが一年中見られるようになってます。日本からやってくる人もこのNZでキャンピングカー利用の旅行ということのデビューをしてみませんか?

ニュージーランドの地元の人たちはもちろんのこと、オーストラリアや本家のイギリスからやってくる人たちにとってNZのホリデーを家族、もしくは友達同士で過ごすのにはこのキャンピングカーが使われます。そしてそのキャンピングカーで泊まる場所としてのホリデーパークやキャンプ場がNZ国内にはどんな小さな村にも必ずあります。

NZキャンピングカ-ホリデーでは、日本からNZにやってきてキャンピングカーを利用して周遊するための様々な旅行情報を満載しています。レンタルできるキャンピングカーの使い方や車種別装備などがビデオやイメージで分かることから、ホリデーパークの使い方、そしてキャンピングカーで是非周遊してほしい北島と南島の周遊モデルコースをホリデーパークやキャンプサイトの場所まで分かるマップと共に紹介しています。

NZキャンピングカー・ホリデー;このサイトからNZでのキャンピングカー周遊を実現してみてください。

NZでのキャンピングカーでの周遊がイメージできるビデオ


シニアカップルがキャンピングカーで南島の観光スポットを周遊する様子がイメージ出来ます。テカポから始まって、マウントジョン天文台にもキャンピングカーで登って行き、リンディス峠を越えワナカで過ごし、カードローナ経由でワイナリーに立ち寄った後クイーンズタウンに入って、その後ダニーデンへと行ってます。ダニーデンのオタゴ半島を観光後モエラキボールダーズ、そしてそのモエラキの小さな村にある有名なシーフードレストラン;Fleur’s Placeでのランチ、そして太平洋沿いを北上してクライストチャーチの手前でアカロアに立ち寄る日程でのキャンピングカー周遊スケジュールが分かるビデオになってます。


男性2人でのキャンピングカーで旅行の様子です。Jucy Rentalという会社はこのような若い人向けのキャンピングカーレンタルから始まっていて、今やNZ全国でいつでもこの黄緑色のキャンピングカーは見かけるようになってます。ビデオとしてはクライストチャーチを出発後まずアーサーズパスに訪れ、その後マウントクック、そのままミルフォードサウンドへと行き、Jucyクルーズで遊覧してからクイーンズタウンやワナカでの滞在を楽しんでいる様子が分かります。


カップルがNZの北島をキャンピングカーを利用して、主な人気観光スポットで現地アクティビティーも体験しながら周遊する姿が分かります。オークランドではハーバー帆船クルーズやスカイタワーに訪れ、ワイヘキ島へ渡ってワイナリーを訪問、その後ホビトン村へ行って、ワイトモ洞窟見学からコロマンデル半島へ行ってます。そしてNZでの一番有名なサーフスポットであるラグランでサーフィンも体験しています。

NZでキャンピングカーをレンタルするなら、NZ国内では最も人気のキャンピングカー会社(Maui,Britz,mighty,そしてJucyなど)の車種別料金を比較後、オンライン予約ができるDrive Now を利用するのがお勧めです。

ミルフォードサウンドに1泊するのはやはりお勧め

ニュージーランドの観光地で代表となるミルフォードサウンド。ここにはクイーンズタウンなどから日帰りで訪れるのがい一般的ですが、やっぱりこの世界遺産の中で1泊するのがお勧めです。

ミルフォードサウンドには宿泊できる手段が2件しかなくて、1泊するにも選択肢がないためどうしても日帰りツアーとなるのですが、1泊して1泊2日でミルフォードサウンドを訪れるとやっぱり日帰りでは体感できない大自然の姿を満喫できるでしょう。ミルフォードサウンドまでの道のりもツアーバスやレンタカーで混雑する時間帯を避けてじっくりと観光しながら楽しめます。ミルフォードサウンドでの遊覧クルーズも人混みを避けることができるので、船内でも余裕を持って周りの景観を見ていられるでしょう。まして1泊するのだけら夕方から夜の景色、そして朝方の静かな入り江の姿も楽しめるわけです。

ミルフォードサウンドに宿泊するにはMilford Sound Lodgeか、オーバナイト・クルーズに乗船するかのどちらかになります。どちらも観光シーズンは予約が込み合って、なかなか宿泊すること事態も難しいのですが、チャンスがあれば是非、このどちらかでミルフォードサウンドを1泊2日で満喫してみてください。

ミルフォードサウンドロッジリバービューシャレー

(ミルフォードサウンドに唯一地上にある宿泊施設ミルフォードサウンド・ロッジのリバービューシャレー。オーバーナイトクルーズも面白い体験ができると思いますが、このミルフォードサウンドロッジに泊まるのもお勧めです。料金は高いのですが、ここに泊まるならこのシャレーに泊まることをお勧めします。)

ミルフォードサウンドロッジリバーサイドシャレー

(シャレーの中は高級ホテル並みの内容です。ただし、お二人での宿泊が基本です。3人で一部屋だとエキストラベッドが非常に小さいと思います。)

ミルフォードサウンドロッジマウンテンビューシャレー

(シャレーには2タイプあり、上記のリバービュー、そしてマウンテンビューシャレーがあり、こちらには簡易キッチンが無くて、シャワールームのみになります。部屋の大きさはほとんどリバービューと変わりません。またこのロッジ自体の場所がミルフォードサウンドの入り江からは徒歩で30分ほど離れた山の中にあるので、ミルフォードサウンド自体は見えませんが、周りは切り立った山肌が取り囲む谷底なので夕方や朝方の山肌の姿も素敵なところです。)

ミルフォードサウンドロッジカフェ

(ロッジの本館にはカフェがあって、夕食と朝食を取れます。9月7日に泊まった際は夕食にこの写真のBeef & Venison Casserole/NZ$29を食べましたが、意外とお腹いっぱいになる量があって、非常においしかったです。このカフェ以外にレストランはミルフォードサウンドには無いため、シャレーに泊まっている人やバックパッカーに泊まっている人、そしてキャンピングカーで来ている人もここで食事をとっていました。)

ミルフォードサウンドロッジキャンピングカーサイト

(このミルフォードサウンド・ロッジはここ3~4年で拡張されて、以前よりは高級志向のシャレー、そしてキャンピングカーで訪れる人向けの為の宿泊施設に変わってきてます。レンタルキャンピングカーでミルフォードサウンドに訪れる人は断然お勧めの所です。パワーサイトの場所がかなり増えています。このパワーサイトもオンラインで予約が可能です。したがってシーズン中はこのパワーサイトも予約がとりにくくなります。)

ミルフォードサウンドロッジキッチントイレシャワー

(このキャンピングカーサイトに新たに共有キッチン&シャワー&トイレ施設が建てられています。以前は本館の中にこの共有キッチンはあったのが、このキャンピングカーサイト近くにできたため、本館のバックパッカーに泊まって自炊しようとするとこの建物まで家根の無い外を歩いてやって来なくてはならなくなりました。)

ミルフォードサウンド共有キッチン

(ロッジの共有キッチンは他のホリデーパーク並みの設備が使えます。ましてガスコンロです。キャンピングカーでここに泊まるならこのキッチンで調理したほうが広々と、ガスや充電のことも気兼ねなく使えるでしょう。)

ミルフォードサウンドロッジ共有キッチンリビング

(共有キッチンの建物内のリビングも快適に過ごせそうです。雨の日がほとんどのミルフォードサウンドでもキャンピングカーの中にいるより、このリビングでのんびり過ごせるでしょう。)

NZ南島レンタルキャンピングカー周遊

ニュージーランドの南島をレンタルキャンピングカーで周遊してみませんか?そのキャンピングカーでの周遊旅行計画に役立つサイト=”NZキャンパーホリデー;NZ Camper Holiday”を新たに立ち上げました。

ニュージーランドに個人旅行でやってきて見どころ、そしてアウトドアー・アクティビティーが豊富な南島をレンタルキャンピングカーで周遊するための計画を考えている方々は是非このNZキャンパーホリデーを活用して下さい。

このサイトはNZ南島個人旅行情報満載のNZブリーズの兄弟サイトです。NZブリーズと同じように個人旅行でレンタルキャンピングカー旅行をしたい人には必要不可欠な情報はそろっていると思います。このサイトからキャンピングカーのレンタル、ホリデーパークの所在地やオンライン予約、そして日本人のNZ個人旅行での興味と旅行期間に合うよう考えられたモデルルートのマップと日程表まで分かります。

NZキャンパーホリデー(http://www.nzoutdooractivity.com/NZCamperHoliday/nzcamperindex.html)に載せている情報は基本的に3つ。その3つのページの内容を簡単に紹介します。
1).NZ南島キャンピングカー周遊
NZでのレンタルキャンピングカーはそのレンタル期間が最低5日以上からということから考えたNZ南島の見どころなどを周遊するモデルルートと日程表を載せています。

モデルルート、日程は5種類。レンタル会社の所在とNZ南島での主要飛行場がクライストチャーチとクイーンズタウンになることを考えてこの2つの飛行場に到着してからNZ南島を周遊後帰路に就くコースとして5つのルートをグーグルマップに公開しています。最低必用日数はコースにより6日間、8日間、10日間、そして15日間に分かれます。あくまでも一般的な最低必要日数なので同じ場所に連泊することも考えられその日数は増えることも考えられます。但し、日数を減らすことも考えられないこともあるのですが、移動時間とその距離、またキャンピングカーで旅行することの趣旨を考えると日数を減らして弾丸日程にすることはお勧めしません。

またこのページにはキャンピングカーでの周遊ならではのホリデーパークの所在地、また公営のキャンプサイトの場所、そして大きなスーパーマーケットがある町なども分かります。特にミルフォードサウンドやマウントクックにはスーパーマーケットは無いのでそこへと至る前に買い出しが可能な町なども分かります。

フランツジョセフやフォックスグレイシャーがあるNZ南島の西海岸は特に海外からのキャンピングカー周遊をする人にとってのメッカになっていますが、そのフランツジョセフやフォックスグレイシャーにある小さなスーパーやショップなどでは僻地ということもあってお肉は冷凍、新鮮な野菜は皆無に近い状況で、西海岸に至るまでに大きなスーパーの場所が分かればキャンピングカーには冷蔵庫がついているのでそれを活用可能と思われることからこの情報も載せています。


(NZ南島キャンピングカー周遊モデルコースのうち、その1.NZ南島アルプス街道縦断ルートのグーグル日本語マップ)

2).NZキャンピングカー・レンタル
このページからレンタルキャンピングカーのオンライン予約が出来ます。車種別とレンタル会社別の料金比較が可能で、最後に日本からでもオンライン予約が行えます。

また、そのキャンピングカーの代表的車種の違いも分かります。その装備や使い方などはビデオで分かるようにしています。同じくレンタルキャンピングカー会社の違いも表にしています。特にここから会社別の付随保険、追加保険料なども分かるようにしています。

NZ南島レンタルキャンピングカー周遊

(クイーンズタウン空港にあるレンタルキャンピングカー会社の駐車場。レンタルキャンピングカーも様々なタイプがあります。予算や周遊目的に併せて選ぶことができます。)

3).NZ南島ホリデーパークとDOCキャンプサイト
キャンピングカーでNZ南島を周遊する際に利用することになるホリデーパークの使い方や設備の様子を写真と共に紹介してます。また、ミルフォードサウンドを含めたフィヨルドランド国立公園などにあるNZの政府機関であるDOCが管理するキャンピングサイトの利用方法がわかるようにもしています。

クイーンズタウンホリデーパーク

(クイーンズタウン・レイクビュー・ホリデーパーク)