クイーンズタウンでブラフ・オイスターを食べられるレストラン

ニュージーランドの秋の味覚の代表であるブラフ・オイスターがクイーンズタウンのレストランでも出されるようになっています。3月から大体8月ぐらいまでレストランなどでこの天然ものの美味しい牡蠣が食べられます。

ブラフ;BluffというNZ最南端の漁港沖合で採られる牡蠣がNZの人も一番おいしいといわれます。そのブラフオイスターと呼ばれる牡蠣は天然に育った牡蠣で、3月から収穫ができ、年間の収穫量も決められるため市場に出回るのは3月から大体8~9月ぐらいまでです。NZ全国のレストランやスーパーマーケットでも売られるのですが、どこもその日の市場価格で売られます。またその日に入荷されていない日もある為レストランやスーパーマーケットでもいつでも買えることはありません。やはり3月から5,6月ぐらいまでは毎日入荷されていることが多いためクイーンズタウンのレストランでも店頭には”ブラフオイスター入荷”の看板が出ていたりします。

クイーンズタウンのレストランで主にシーフードを扱っているレストランなどではこの小ぶりでぷりぷりの、そしてジューシーな牡蠣を生で、又は天ぷらで、グリルしたもの(Kilpatrick),炒めたもの(Pan Fry)を食べることができるでしょう。是非地元の白ワイン(ピノグリ;Pinot Gris、ソビニヨン・ブランなど)と一緒に味って見てください。

クイーンズタウンフィッシュボーンレストラン

(クイーンズタウンのシーフードレストランでは最も有名なフィッシュボーン;Fishbone。3月から店頭の看板にはBluff Oysterの品書きが出るようになっています。)

フィッシュボーンレストランブラフオイスター

(4月2日のフィッシュボーンの店頭に出されていたメニュー。この日はブラフオイスターは生の6個でNZ$30、少し炒めたもの6個が$32となっていました。)

クーンズタウンブリタニアレストラン

(クイーンズタウンのシーフードレストランでは老舗になるブリタニア:HMS Britanniaでもブラフオイスターの看板がモールにでていました。 ここは日本語のメニューもあり、お肉料理もおいしいレストランです。)

クイーンズタウンPier 19レストラン

(クイーンズタウンの蒸気船乗り場にあるPier 19。ここの看板では6個が$28、1ダースで$54となっていました。この価格が今年の平均的なクイーンズタウンのレストランで出されている料金だと思います。)

クイーンズタウンPrime Restaurant

(クイーンズタウンの船着場の入り江を見晴らすことのできるレストラン;Primeでも大きな看板が店頭に出されていました。このレストランも地元のワインをたくさん揃えています。)

クイーンズタウンEriks フィッシュアンドチップス

(レストランではなくてもブラフオイスターが食べられます。クイーンズタウンの町の中にあるフィッシュ&チップス屋台であるErick’s Fish&Chipsでもブラフポイスターが生で、もしくは天ぷらで食べることができます。)

(噂のブラフ・オイスターってこんな牡蠣)

17年黄葉見学とワイナリー訪問ツアー受付開始

ワナカとアロータウンの黄葉シーズンにワイナリーも訪問しながら観光するツアーを17年も期間限定で行います。NZブリーズの現地ツアーページにて受付を開始しました。
毎年4月になるとクイーンズタウンを含めて隣町のワナカやアロータウンはNZの中でも最も黄葉がきれいな町に様変わりします。そのワナカとアロータウンを日本語ドライバーガイドの専用車で観光、途中赤ワイン;ピノノアーの産地で世界的にも知られるセントラルオタゴ地区のワイナリーでのランチタイムやセラードアーを一日かけて巡るツアーをNZブリーズは行います。

今年のこのツアーは4月8日(土)から5月3日(水)出発の期間限定。2名以上から催行します。料金はお一人NZ$170.これまでにも多くの方に好評のツアーです。ツアー問い合わせ、申し込みはNZブリーズの現地ツアーページ;http://www.nzbreeze.co.nz/contents/zqn%20option/zqn%20option.htmlから行えます。

17年黄葉見学とワイナリー訪問一日ツアー
催行期間;4月8日(土)から5月3日(水)
予定行程;
AM10:00クイーンズタウン・ホテル発/
AM11:00~PM12:00頃ワナカ黄葉見学とワイナリー訪問/
PM13:00~PM14:00頃セントラルオタゴ地区(Bannockburn)のワイナリーレストランにてランチ休憩(費用は自費)/
PM15:00ギブストンバレー地区のワイナリー訪問とカワラウバンジーブリッジ見学/
PM16:00~PM17:00頃アロータウン黄葉見学/
PM17:30ごろクイーンズタウンホテル帰着

料金;NZ$170/お一人

ワナカ湖畔の黄葉16年4月18日

(16年の4月18日のワナカ湖畔、有名なポプラ並木の黄葉)

アロータウンの黄葉15年4月29日

(15年4月29日アロータウンの黄葉風景)

セントラルオタゴワイナリー地区の黄葉とワイナリーレストラン

(このツアーではワイナリーも収穫の時期を迎えて、ぶどう棚もきれいに色づきます。そんなぶどう棚に囲まれたワイナリーレストランでランチタイムを過ごしていただけます。)

17年秋のNZブリーズツアープラン2コース発表

ニュージーランドに個人旅行でやってくる方向けに様々な旅行情報を提供しているNZブリーズでは2017年の秋=4月、5月を周遊するツアープランを2つ発表しました。

NZ南島の秋を満喫しながら人気の見どころをもれなく周遊することが5日間コースと6日間コースを設定しました。どちらもクイーンズタウンに到着してからクイーンズタウン空港から帰路に就くパターンです。サマータイムが終わって夜の時間が長くなって星空を見上げるのにも適する季節になって行く4月、5月にテカポでの宿泊もどちらも含まれています。
この2つのコースの詳細、日程表、問い合わせ先はNZブリーズのサポートツアーページ;http://www.nzbreeze.co.nz/contents/support%20tour/17%20support%20tour%20plan.htm をご覧になっていただきたいのですが、ここに概要を紹介します。
(17’秋-1)クイーンタウン着発、秋のNZ南島見どころ周遊5日間プラン
1日目;クイーンズタウン空港到着後日本語ドライバーガイドの専用車にて黄葉の名所であるアロータウン見学を含めたクイーンズタウン郊外の観光後クイーンズタウンホテルへ送迎。クイーンズタウン泊
2日目;ミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加。クイーンズタウン泊
3日目;クイーンズタウンを専用車で出発、ワナカへと向かい観光しながらマウントクックへと向かいます。
マウントクック・ハーミテージホテル泊(夕食、朝食付き)
4日目;マウントクックの出発時間はご希望に沿います。午後にマウントクックからテカポへと向かいテカポ泊
星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにて各自行っていただきます。
5日目;テカポを朝出発。クイーンズタウン空港への途中ワイナリーレストランにてランチタイムを取ります。
クイーンズタウン空港にはPM出発便に併せて到着。
料金:17’4月~5月=NZ$1950/お一人

(17’秋-2)ミルフォードサウンドとテカポに泊まる6日間プラン
1日目;クイーンズタウン空港到着後日本語ドライバーガイドの専用車にてクイーンズタウンホテルへ送迎。クイーンズタウン泊
2日目;クイーンズタウンを専用車で出発。ミルフォードサウンドまで見どころでカメラストップしながら向かい、ミルフォードサウンド到着後オーバーナイトクルーズに乗船。船内泊(夕食、朝食付き)
3日目;オーバーナイトクルーズ終了後ミルフォードサウンドからテアナウへと移動。午後もしくは夜にテアナウの土ボタル洞窟ツアーに参加。テアナウ泊
4日目;テアナウ出発後アロータウンへと向かい、アロータウンにて自由散策。その後ワイナリーにてランチ休憩。午後にはテカポへと移動。テカポ泊
星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにて各自行っていただきます。
5日目;テカポから専用車でのマウントクック日帰り観光へと出かけます。テカポにて連泊
6日目;テカポを朝出発。クイーンズタウン空港にはPM出発便に併せて到着。

料金:17’4月~5月19日=NZ$2420/お一人

セントラルオタゴワイナリーレストラン

(NZの4月5月は秋。ツアープランの行程中では黄葉が楽しめるアロータウン、ワナカを訪問し、収穫の時期を迎えるワイナリーでのランチタイムをとることができます。)

テカポ良き羊飼いの教会と南十字星

(4月以降は夜の時間が長くなるニュージーランド。その夜の星空を見上げるのに適した人気のテカポにこの二つのツアープランでは宿泊します。)