テカポの満月一日前の夜の教会撮影

テカポでも満月の明かりの元ではやっぱり満天の星空は見れません。そんな時には月の明かりを利用した夜空の撮影も面白いのではないでしょうか?10月15日は満月の一日前でしたが、雲の無い夜になったテカポで月光写真にチャレンジしてみました。

10月15日のテカポは朝から快晴に恵まれ、湖も素敵なミルキーブルー色で光り輝く一日になりました。この辺りは先週にかけて寒波が11日と13日の2度に渡って通り過ぎて、10月始めにはほとんど冬の雪が消えかけていた山の上も雪化粧が戻って来ました。そのおかげで15日はとても素敵な風景が見られる春の一日になりました。そんな雪化粧した山並みと、小さな石造りの教会(良き羊飼いの教会)とミルキーブルーの湖の姿を一枚の写真にとらえてみようと満月(実際は満月の一日前)の明かりの元で写真撮影にチャレンジしてみたということです。

テカポ良き羊飼いの教会夕焼け

10月15日にテカポでの月が昇ってくるのがPM18:40ぐらい、日の入りがPM19:50.そしてテカポの東の山並みから月が顔を見せる時間には良き羊飼いの教会や東の山並みが夕焼けで映える日にもなりました。この写真はPM19:30に撮影したものです。この夕焼けもテカポは素敵なところです。

テカポ10月15日PM17:30

10月15日の日中は快晴に恵まれ、空のスカイブルーとテカポ湖の湖のミルキーブルー、そして雪化粧した山並み、教会の周りはもうすぐ咲き始めるルピナスの葉っぱなどの新緑が映えて鮮やかな色合いの風景写真が撮れました。

テカポ月光写真

これが満月の一日前の明かりの元にPM23時に歩道橋から撮った写真です。ISO2500,F3.2,SS/5秒といったセッティングで撮りました。歩道橋からだと教会、湖の端の山並みが北側になり、月はほぼ真上の北寄りにあります。月の明るさがいかに明るいかが分かるでしょう。それにしても教会の周りは月夜でも、夜中でもたくさんのカメラマンが集まっているのが分かるでしょう。

テカポ月光写真

日中に教会の写真を撮った場所と同じところからPM23:10ぐらいに撮った月光写真です。夜に撮ったことが分かるかもしれませんが山並みの上には星も捉えています。雪山と教会、湖のミルキーブルー、そして星も少し一枚の写真にとらえているつもりで自己満足です。

テカポ月光写真

少し北よりの湖畔近くまで移動して撮った写真です。少し月明かりを後ろから浴びるようにすると雪山は入りませんが星の数は増えます。南十字星ぐらいの明るい星は満月でも肉眼で見つけることができるのですが、さすがに月の明かりがある夜は(半月でも)銀河、天の川までは映し出すことは難しいでしょう。

 

クイーンズタウンの徒歩圏内星空撮影スポット

クイーンズタウンの町の中からでも星空は見ることができます。町の中から歩いて行ける星空、特に南十字星の撮影に適した場所を2か所紹介します。

クイーンズタウンは大きな湖と山に囲まれた小さなリゾートタウンで、湖の方角(南方面)には外灯などの明かりがありません。その湖の方角に南十字星は光り輝いているのですが、小さな町の中からでもこの南十字星ぐらいは見つけることができます。けれど町の明かりから少し離れると満天の星空が広がり、星空撮影にもより適したところがあります。レンタカーなどあれば郊外に出ていけばそういった満天の星空を満喫できる、外灯の無い、真っ暗闇のところはたくさんあるのですが、紹介するスポットはクイーンズタウンに初めてやってくる観光客でも分かりやすくて、レンタカーは無くて、町から歩いて行ける星空撮影に適した場所としての2か所です。さすがに外灯や町の明かりは多少影響のある真っ暗闇のところではないのですが、安全に歩いて行けるところです。

クイーンズタウンの町の中からの星空、南十字星

(クイーンズタウンのノボテルホテル横の湖岸からでもこれぐらいの星空撮影が可能です。だけどさすがに町の明かりや外灯が気になるでしょう。)

一つはクイーンズタウンのガーデン(Queenstown Gardens)の先端です。町の中のホテルからなら徒歩10分ぐらいでこの場所に行けるでしょう。このクイーンズタウン・ガーデンの湖沿いには遊歩道があり、夜には外灯がついています。だからこの先端まで行くのに外灯の元を歩いて行けます。先端に行けばこの外灯と次の外灯の間に暗闇の区間が出てきます。この外灯の明かりが届かない遊歩道から少しだけ湖岸に降りればほぼ真っ暗になります。そしてその湖が広がる正面が方角としてはほぼ南なので、南十字星は対岸の山(Cecil Peak)の上に見つけることができるでしょう。

クイーンズタウンガーデン先端からの星空,南十字星

(クイーンズタウン・ガーデンの西端から撮った星空、南十字星)

もう一か所はクイーンズタウンの町からは西へと向かうのですが、Rydges HotelやYHAのLake Frontの前を通り過ぎる方角へと向かいます。その方角に町の中心から湖岸沿いに15分ほど歩いたところからSunshinBay Walkというウォーキングルートが始まります。その入り口付近が真っ暗で、町からも近い星空撮影スポットになるでしょう。ただ、この場所へとやってくる道のりはYHA Lakerfrontを通り過ぎた辺りからは外灯が無い国道沿いを歩くことになります。撮影スポットも真っ暗なので、日中の明るいうちにその場所と歩く道のりを確認していたほうがいいでしょう。

クイーンズタウンサンシャインベイウォーク入口からの星空、南十字星

(クイーンズタウンの町から西へと湖岸沿いを15分ほど歩いたところから始まるサンシャインベイ・ウォークの入り口当たりの湖岸から撮影した星空)


(クイーンズタウンの徒歩圏内の星空撮影スポット、2か所の場所も加えたクイーンズタウン観光マップ

 

テカポの月夜はもちろん明るい

ニュージーランドのテカポで星空を見るのにやってこようと思っている方は月が出ているときはやっぱり星空は見えにくくなることを知っておいた方が良いでしょう。

テカポで満天の星空を見ようと日本からたくさんの人がやってきてますが、結構こちらに来てからその日の夜に月が出ている時間にかち合うことを知って、それでも星空ツアーに参加して、月が思っていた以上に明るくて満天の星空までは見れなくて、月のクレーターを望遠鏡で見て帰る人が結構います。およそ満月の日の前後5日間ぐらい(=ひと月に10日)は星が見れる夜にはこの月の光が満天の星空を見ることを遮ること覚えていたほうが良いでしょう。但し全く星が見れないわけではなくて南十字星などの明るい星は見えるでしょう。天の川やその中の星雲などはさすがに見えにくくなります。こんな月夜に星空ツアーに参加しても星は見えるわけだから返金はありませんよ。

先日、そんな満月の夜の5日前でも月明かりがとても明るい夜中にテカポの教会のところで星空撮影にチャレンジしました。

テカポ良き羊飼いの教会と南十字星

(8月14日の夜は満月の5日前。その月が西へと向いた時間ごろから撮影に乗り出した写真がこれです。南十字星は良き羊飼いの教会の上にしっかりと写っています。天の川はさすがに明るすぎてみることもできませんでした。月が明るいおかげで夜道はヘッドライトなくても充分歩けます。)

テカポ良き羊飼いの教会と月夜の星空

(このテカポの教会は撮影スポットとして日中から観光客が絶えないのですが、夜中も星空と教会を写真に収めようと思う人がたんまりやってきます。およそ冬の時期ならPM11時ぐらいまではひっきりなしに一眼レフのカメラを持った人が教会にやってきます。この教会の周りには外灯などは無く真っ暗なので、星空と教会のシルエットを写真に撮りたい人にはいいところなのですが、ここに訪れる人はそんな写真よりも教会と星空とそして人物も一枚の写真に収めたい人もやってきます。そんな人たちやファインダーを覗いても真っ暗だから教会の位置やカメラのピント合わせのためにも絶え間なくこの教会の建物はスポットライトで照らされます。月夜のこの夜でさえこの写真の状態がずーっと続いたのですが、真っ暗な月の明かりがない夜には足元を照らすため、又はカメラのセッティングの為のヘッドライトがたくさん交錯することになります。)

月夜のテカポ湖月光写真

(月が明るいときには月光写真もいいのではないでしょうか?この湖の方角が北になるのですが、南半球のNZでは月も一番高い位置には北にあります。このときはすでに月が西方向にかなり傾いていたのでこのようなテカポ湖の北方向の月光写真が撮れました。)

月夜の良き羊飼いの教会テカポ

(西方角から月の明かりを浴びたテカポの良き羊飼いの教会の月光写真です。冬の時期は周りの山が雪化粧して月夜にはこれがきれいに見れます。)

クイーンズタウンの冬は夜が長い

クイーンズタウンに冬のこの時期にやってくると夜が長いことを思い知らされるでしょう。特に朝に明るくなるのが非常に遅いことにビックリするはずです。昨晩は一年で一番夜が長い日でした。

7月から8月中旬ぐらいまでにニュージーランドにやってくる人は長い夜を楽しむ方法を考えていてください。但し、日本の夜遊びになれている方はこの国に冬に訪れることは避けられた方が良いでしょう。

夜が長いだけクイーンズタウンでも夜景や星空を楽しむにはとてもいい時期になります。冬の夜は特に雪化粧した山々が光り輝いて日中見る風景とはまた違った幻想的で素敵な自然の夜景が見られる時期です。

クイーンズタウン6月22日AM8:30

(6月22日の朝が今年は最も日の出が遅い朝となりました。クイーンズタウンでの日の出はAM08:20でした。この時間帯にやっと町でも薄明るくなってきます。当然通勤&通学の車もヘッドライトは点灯しなくては行けない時間帯です。日本からこの時期にやってくる人はこれをまず戸惑うことになるでしょう。この朝が明るくなるのが遅いと感じる時期は8月下旬ぐらいまで続きます。)

6月19日クイーンズタウン月光写真

(6月19日の夜は満月の一日前の夜でした。その夜に撮った月光写真。満月の夜は特に雪化粧した山々がきれいに見れる夜になります。)

6月19日クイーンズタウン夜景

(クイーンズタウンの町を見下ろす丘の上の公園から撮った月光写真。)

クイーンズタウン6月19日満月の一日前の夜景

(クイーンズタウンの町の中の湖畔から月とは逆向きになるセシルピークに向けて撮った月光写真)

クイーンズタウン町の中から南十字星

(満月の明かりがあってもクイーンズタウンの冬の夜は南十字星などの星も町の中から見つけることができます。この時期は暗くなってから真上を見上げるとそのサザンクロスも分かるでしょう。この写真にも4つの星が写っているのが分かるでしょう。)