クイーンズタウンヒルは冬でも登っていけます。

クイーンズタウンは冬の7月から春の11月ぐらいまでは周りの山は雪化粧してとてもきれいな景観が広がります。その景観を小高い丘に登って行くとさらにパノラマで見晴らせます。その丘の名前が付くクイーンズタウンヒルなら真冬の7月、8月でも町から歩いて登っていけます。

クイーンズタウン・ヒル:Queenstown Hillは標高830mの小山で、クイーンズタウンの町から歩いて行けるウォーキング・トラックがあります。町からだと標高差は510mほどですが、結構急斜面が出てきます。だから大体普通休み休み登って行って3~4時間ほどで町からも往復できます。8月にクイーンズタウンへやってくる人でスキー場にもいかず、ミルフォードサウンド以外にやることが無くて困るようなら、このクイーンズタウンヒルに歩いて登って行くのもいいでしょう。実際多くの観光客が毎日ここを町から歩きに来てます。

クイーンズタウン・ヒル・ウォークは実際この丘の中腹から始まります。その中腹の入り口までにかなりの急斜面である住宅街の中を登ってくることになります。この入り口の看板では頂上までの往復時間が1.5~2.5時間となってます。

クイーンズタウンヒルの頂上までの道のり半分は松の雑木林の中を歩いていきます。冬の間は薄暗い寒い森の中ですが、結構斜面の傾斜はあるので寒く感じることは無いでしょう。

入口から森の中を登って行くと、30分ほどで森を抜けて一旦平らな部分に出てきます。そこで初めて町の眺望が楽しめるところになります。ここにはバスケットオブドリームというオブジェが置かれていて、ちょうどいい一服入れる所となるでしょう。

冬の間はさすがにこの丘も凍り付いていたりします。雪が積もるほどの標高ではないのですが、この凍結が登り降りする道のりでは注意が必要になるでしょう。陽の当たるところは朝には凍り付いていた土の斜面がぬかるみ、滑りやすくもなります。

そしてバスケット・オブ・ドリームから頂上までは日影の無い、それまでよりは急になる斜面のトラックを登ります。この斜面はだから冬に訪れても汗を掻いてしまう斜面になるでしょう。みんな休み休み登って行ってます。

クイーンズタウンヒルの頂上に至るまでも町を見下ろす景観は素晴らしいのですが、やはり頂上からはもっと素敵な景観が見られます。このクイーンズタウン・ヒル・ウォークは犬を連れて来れるトラックなので、地元の人は良く犬と一緒に登っています。

クイーンズタウン・ヒルの頂上からクイーンズタウンの町は見下ろせますが、登り道途中では見られなかった南、そして丘の裏側にあたる東、および北側のコロネットピークまで大パノラマの景観を見晴らすことができます。

7月23日クイーンズタウンヒル頂上からのパノラマ

冬のミルフォードサウンドまでの道のり7月11日

冬にもミルフォードサウンドには行けます。7月11日にそのミルフォードサウンドまで行ってきた様子を写真と共に紹介します。

今年のニュージーランドの冬は全般的に暖冬となっていて雪が非常に少ない冬になっていますが、さすがに気温は冬らしい気温になっています。クイーンズタウンからミルフォードサウンドへ一日観光で冬に訪れる際はなんといってもこの気温が低いことから午前中はどこもかも凍り付いている世界が続き、霜が霧氷となっていたり、標高の高い切り立った山並みは雪化粧した姿を見上げながら観光が楽しめます。けれどフィヨルドランド国立公園に入ってからの道路はいたるところで凍結路面が出てきます。これが一番心配事になるでしょう。

この道路の凍結よけに細かい砂利が路上にまかれています。またその路面が凍結していそうなところの手前にはちゃんとこの先に路面が凍結していることが分かるようなサイン(Black Iceというサイン)が冬の間は設置されています。この砂利が巻かれているところを加速したり、強くブレーキを踏んでしまうとやはり後輪が振られたりします。そこでさらに急ブレーキをかけてしまうと制御不能に陥るかもしれません。7月11日のミルフォードサウンドへ行った帰り道で、ホーマートンネルを抜けて下り坂に差し掛かるところでは車が一台土手の下に落ちているのがありました。よく見かける光景です。冬にミルフォードサウンドに行くことは可能ですが、スピードの出しすぎには充分注意しましょう。

11h July ミルフォードサウンドへの道のり エグリントンフラット

(冬のミルフォードサウンドへの道のりはさすがに寒いです。特に前の晩が晴天の夜の翌朝は霜がびっしりと降ります。7月11日のエグリントン・フラットも霜が降りて真っ白な平原となっていました。これでAM10時半ぐらいです。)

ミルフォードサウンドへの道のり ミラーレイク

(7月11日のミルフォ-ドサウンドへの道のりは晴れ間が少し覗く曇り空で、風が無い午前中でした。ミラーレイクも朝方はしっかり湖面がたたずみ対岸の山並みもしっかりと湖面に映していました。けれど、ここの湖畔沿いの遊歩道は森の中にあることから冬の朝は特に凍り付くような気温になっています。)

ミルフォードサウンドへの道のり ケア

(ミルフォードサウンドへの道のり途中の見どころスポットの一つモンキークリークではよくケアが現れます。この日は私の車が2羽のケアの標的となり、いたるところをかじられる攻撃に会いました。おかげでその場、その時間帯に居合わせた日本からの観光ツアー客に車と一緒に写真を撮りまくられるパパラッチ被害となってしまいました。)

ミルフォードサウンドへの道のり ホーマートンネル

(今年は7月にしてさほど雪が降っていないミルフォードサウンドへの道のりで、ホーマートンネルの辺りも麓は全く雪が積もってもいなくて、まして山の上にもあまり雪が積もっていないので雪崩の心配など皆無の状態でした。)

ミルフォードサウンド7月11日

(ミルフォードサウンドに到着したら少し雨が降り始めましたが、観光には全く影響のないほどの小雨の日でした。けれどここは冬でも大雨の心配があるところです。明日の7月13日から3日間ぐらいはここは大雨警報が出ています。標高の高い山並みは積雪がありそうな天気予報が出ています。こんな天気予報が出るとミルフォードサウンドへの道のりにはスノーチェーンを車に積んでくることが義務付けされます。これを怠ると罰金処置になります。テアナウのガソリンスタンドなどではスノーチェーンのレンタルが行われています。)

テ・アナウ タカヘ

(この日は鳥好きのお客さんだったので、ミルフォードサウンドからクイーンズタウンへと帰る途中で特別サービスとしてテアナウの野鳥園に立ち寄りタカヘを見てきました。冬でもこの野鳥園では飛べない鳥のタカヘが策の中で放し飼いされているのを見ることができます。)

クイーンズタウンは暖冬の16年になりそう

今年のニュージーランドは暖冬の様子です。さすがに冬を迎えて気温は低いことは低いのですが、それでも例年よりは3-4度も気温が高い毎日が続いています。クイーンズタウン周辺のスキー場は雪不足の16年になりそうです。

5月の末にNZは寒波が押し寄せ南島の多くの場所で積雪がありました。クイーンズタウンの周辺の山並みもすっかり雪化粧して4つあるスキー場はオープン前の大量積雪に大喜びしていたのですが、それ以来このニュージーランドではどこもまともな雪が降ることはなく、逆に暖かい雨が降る日が多いことになっています。これはオーストラリアの東海洋辺りの海水が非常に高い水温が続いていることによるらしいですが、おかげでそのあたりから暖かい風がNZへと降りてくることが多く(オーストラリアの東海岸では大雨が6月は続きました。)、南から上がってくる寒冷前線が今年は少なかったりしているようです。

この暖かい北風(南半球だから)がNZの冬にもたらしたのは6月にしながら例年では3月ぐらいの気温状態の日が続くようになっています。6月22日にはクライストチャーチの最高気温は22度まで上がって6月の過去最高気温になりそうでした。さすがに日の出の時間が一年で最も短い時期なので地面の温度が温まらない時期です。例年この6月は霜が降りたりして道路が凍結することが多い朝を迎えることが多いのですが、今年に限ってはそんな車のフロントガラスの霜取りに時間をかける日などほとんどありません。

おかげでどのスキー場も5月末に積もった雪だけが残っている状態でオープンすることになったため、今週の水曜日からコロネット・ピークスキー場はついに雪不足でクローズとなっています。トレブルコーンスキー場などは23日からオープン予定だったのが雪が多いところで20cmしかないためオープン自体を延期したままになっています。

16年の6月はいつもより暖かい日が続きましたが、クイーンズタウン周辺では一年で最も寒い月は7月です。昨年はエルニーニョの影響で7月にはテカポ周辺などはマイナス22度まで気温が下がった記録的な年だったのですが、今年はまずそれはなさそうですが、それでも7月、8月にニュージーランドにやってくる人は暖冬といってもさすがに寒いことは確かなので日本で2月に着るような暖かい服をお持ちください。

22ndJuneChristchurchMaxTemp21C

(6月22日にクライストチャーチの最高気温は22度まで上がる記録的な日になりました。6月に入ってもこのクライストチャーチやクイーンズタウンでも日中の気温が15度前後まで上がる日が続いています。)

22nd June Coronet Peak close

(6月22日の水曜日からコロネットピークスキー場はこのWebカメラに映し出された状態の雪不足の為くクローズとなっています。明日の6月26日には寒波がやってきそうで、ある程度積雪は見込まれそうですがその後来週にはまた暖かい北風がこのスキー場のゲレンデにも雨をもたらしそうです。トレブルコーンスキー場は今年はオープンする日が7月下旬ぐらいになるかもしれません。)

24th June Winter Festival Fireworks6

クイーンズタウンは雪不足の状態ですが、恒例のウィンター・フェスティバルが昨晩6/24から始まりました。冬休みを迎えたオーストラリアからの家族連れなどがこの町にどっとやってきています。)

 

クイーンズタウンの冬は夜が長い

クイーンズタウンに冬のこの時期にやってくると夜が長いことを思い知らされるでしょう。特に朝に明るくなるのが非常に遅いことにビックリするはずです。昨晩は一年で一番夜が長い日でした。

7月から8月中旬ぐらいまでにニュージーランドにやってくる人は長い夜を楽しむ方法を考えていてください。但し、日本の夜遊びになれている方はこの国に冬に訪れることは避けられた方が良いでしょう。

夜が長いだけクイーンズタウンでも夜景や星空を楽しむにはとてもいい時期になります。冬の夜は特に雪化粧した山々が光り輝いて日中見る風景とはまた違った幻想的で素敵な自然の夜景が見られる時期です。

クイーンズタウン6月22日AM8:30

(6月22日の朝が今年は最も日の出が遅い朝となりました。クイーンズタウンでの日の出はAM08:20でした。この時間帯にやっと町でも薄明るくなってきます。当然通勤&通学の車もヘッドライトは点灯しなくては行けない時間帯です。日本からこの時期にやってくる人はこれをまず戸惑うことになるでしょう。この朝が明るくなるのが遅いと感じる時期は8月下旬ぐらいまで続きます。)

6月19日クイーンズタウン月光写真

(6月19日の夜は満月の一日前の夜でした。その夜に撮った月光写真。満月の夜は特に雪化粧した山々がきれいに見れる夜になります。)

6月19日クイーンズタウン夜景

(クイーンズタウンの町を見下ろす丘の上の公園から撮った月光写真。)

クイーンズタウン6月19日満月の一日前の夜景

(クイーンズタウンの町の中の湖畔から月とは逆向きになるセシルピークに向けて撮った月光写真)

クイーンズタウン町の中から南十字星

(満月の明かりがあってもクイーンズタウンの冬の夜は南十字星などの星も町の中から見つけることができます。この時期は暗くなってから真上を見上げるとそのサザンクロスも分かるでしょう。この写真にも4つの星が写っているのが分かるでしょう。)