マウントクック/ケアポイント2時間トレッキング

マウントクックの11月は高原植物の花とトレッキングを楽しむ人がたくさんやってくる時期にもなります。11月23日にケアポイントトラックをハーミテージホテルから往復してきたのでその様子を写真とビデオで紹介します。

11月に入るとマウンクックリリーなどの高原の花が咲き始めるので、その花がたくさん見られて、フッカー氷河湖のほとりまで歩いて行けるフッカーバレートラックにはたくさんのハイカーが歩くようになりますがフッカー氷河湖までハーミテージホテルから往復すると4時間ぐらいは必要になります。そこまで歩く時間がないとか、体力的に心配だという方には、2時間ほどで歩けるケアポイントトラックを歩いてみるのもいいでしょう。

ケアポイントトラックはハーミテージホテル脇にあるトラック入口から歩いて行けます。トレイル案内の看板にも片道1時間という表示がされていて普通の体力があれば1時間以内でケアポイントへと歩いて行けるでしょう。

ハーミテージホテルから歩き始めて10分ほどでケアポイントへ向かう道とフッカーバレー、もしくはキャンプ場へと向かう道の分岐点に差し掛かります。ケアポイントは真っ直ぐと絶壁に氷河が垂れ下がる岩壁に向かって歩いていくことになります。

ケアポイントへのトラックはほぼ高低差の無い道を歩いて行けます。前半は晴れていたらマウントクックの姿を右手前方に見ながら歩いていけます。途中ボードウォークの上を歩くあたりは気持ちよく周りの景色も見回しながら歩けるでしょう。

ケアポイントへのトラック沿いにはマウントクックリリーはほとんど見られないけど11月23日に歩いた時はこんなピンクのオダマキの花が見られました。オダマキはこの辺りでは紫の花をよく見かけるのですが、ピンクの花はこのトラック上だけと思います。また12月ぐらいまではホーミテージホテルに近いところではルピナスも咲いています。他にもケアポイントまでの道には小さな白、もしくはクリーム色のNZの高原植物の花も咲いています。

ボードウォークの道が終わると三叉路に差し掛かります。ケアポイントは真っ直ぐと向かっていきます。このトラックは出発してからハーミテージホテルに戻るまでトイレが無いのですが、この三叉路を右に曲がって5分ぐらい歩くとキャンプ場のトイレ、炊事場に行けます。ケアポイントの行き帰りにこのキャンプ場に立ち寄ってみるのもいいでしょう。

更にケアポイントへと向かっていくと再び分岐点が出てきます。左に行くとセアリーターン、ミューラーハットへと登って行くトラックに入ります。ケアポイントは真っ直ぐ行きます。

ケアポイントへの最後の道のりは緩やかなスロープの登りになり、足元もそれまでより少し歩きずらい大きな岩の砂利道になります。

緩やかなスロープを10分ほど登ると目的地のケアポイントに到着。この日は風もなく快晴。だけど多くの人はフッカーバレーに、又は健脚の人はセアリーターン目指していると思われここには人が2組だけしかいませんでした。絶景を静かに独り占めできました。

ケアポイントにはベンチもある展望台があります。別にこの展望台に入らなくてもこの展望台の左右どこからでも絶景がパノラマで見晴らせます。特にマウントセフトンの岩壁に垂れ下がる氷河が大迫力で迫りくるように見上げることができます。時折その氷壁から雪崩の音も響き渡り聞こえてきます。

ケアポイントの展望台からは眼下にミューラー氷河が作り出した氷河湖を見下ろせます。そしてその氷河湖の奥にはマウントクックの雄姿が見られるのです。以前はこの展望台のところからもう少し奥の方へと歩いて行けたのですが、今シーズンからこの展望台以降は地面が不安定なため立ち入り禁止になっています。

ケアポイントから見回したパノラマビデオ(17年11月23日PM12時撮影)