クライストチャーチ復興状況16’8月現在

クライストチャーチの地震後の復興はゆっくりと進行中です。けれど観光で訪れるにはまだまだ早すぎる感じです。先日8月15日に町の中を歩いて見て回った際のレポートです。

町の中心では4つの大型商業施設(The Terrace, BNZ Centre, ANZ Centre, The Crossing)が着々と建築作業を進めています。今年の末までには外観はきれいに出来上がりそうですが、中身の店舗やオフイススペースがオープンするのはまだその先に思えます。まして一度にこんなにたくさんのスペースが一気に埋まるとは思えないほどです。また、その新しい商業ビルのほとんどが外壁を一面ガラス張りにしていて、見栄えは近未来的で、オシャレな感じですがいつの日か再び大きな地震があった時の被害が心配にもなりました。

地震前もクライストチャーチの観光スポットであったアートセンター(一つだけのビルではなくて旧カンタベリー大学の校舎の一群。地震前にはその建物の中がアーチストたちのアトリエや工芸所、ギャラリーなどで使われて一般公開もされていた)は建物の修復スケジュールにほぼ沿うような感じで作業が勧められていて、今年中にはほぼ半分の古い建物が修復を終了して中にも入れるようになりそうです。その一つの建物の中に観光案内所(i-サイト)が入ることも決まっているようで、来年以降このアートセンターがクライストチャーチの観光の中心地になりそうです。

以上の大型商業施設とアートセンター、そして駐車場ビルの建築工事は着々と進行中ということが町を歩いていても明らかにわかるのですが(=工事現場ばかり)、町の中心から一本通りを離れたところは取り壊したビルの後に残された更地が広がるだけでそこに今後何か建物が建てられる気配さえ見られないところになっています。また南北に貫くクライストチャーチの目抜き通りであるColomboストリートのキャセドラル・スクエアから南側は前述の4つの大型商業施設が建築中ですが、キャセドラル・スクエアから北側は同じく殺風景な場所になっています。この北側には大型展示会場が建設される計画でしたが、現在この計画も頓挫しているようで、本当にキャセドラル・スクエアーから東へ、又は北へ少し離れたら建物さえない更地の土地が町の中心に残っています。

日中でもクライストチャーチの町の中心地には人気が少ない状態がまだ続きそうです。カフェやコンビニが少しだけ増えてきていますが、夕方以降はそんなお店もみんな閉まってしまうので観光で訪れるにはまだまだ寂しい状況が続きそうです。今回クライストチャーチに8月の冬に訪れましたが、クイーンズタウンに戻ってきたらスキーリゾートと化している8月のクイーンズタウンは小さな街ですが、人と車があふれて活気があって華やいでいるのが改めて思い知らされました。

クライストチャーチアートセンター

(アートセンターの修復作業は進行中です。この建物の中にi-サイト;観光案内所が入り、オープンするのも間近かのようです。お隣の建物は来週には一般公開がされるようです。)

クライストチャーチアートセンター

(アートセンターの修復作業スケジュール。緑色の建物が今年中には作業を終えそうです。このアートセンターの建物のほぼ半分にあたると思います。)

クライストチャーチBNZセンター

(Ibisホテル前に建築中のBNZセンターの一部は出来上がっていて、路面店舗はハンバーガーショップなどのファースト・フード店がすでに開店しています。だけど2階以上のビル内にはオフイスや店舗はまで入っているようには見られませんでした。)

クライストチャーチシティーモール16年8月

(コロンボストリートを挟んでシティー・モール(Chashel Mall)の東側はANZセンターとThe Crossingの2つの大型商業施設が建築中です。今後クライストチャーチの中心地はこのようなガラス壁面のビルに挟まれる通りばかりになって行きそうです。)

クライストチャーチコロンボストリート北側

(キャセドラルスクエアーの北側の風景です。地震前はこの正面の通り沿いは店舗が立ち並び、観光客にはショッピングを楽しむ目抜き通りだったのですが、その面影は今は全く分からない状態になっています。写真の左側には政府主導で計画された展示会場が建築される予定でしたが、その計画は現在頓挫しているようで、この左側の土地はこの状態がしばらく続きそうです。正面の高いビルは来年末にはクラウンプラザホテルが入居予定となっているビルですが、最近になってやっと工事が始まりそうになってきてます。右側の土地には新しい図書館が建てられるようですが、こちらは工事が始まっているので、来年ぐらいにはまともな形に見られるようになりそうです。)

クライストチャーチマンチャスターストリート16’8月

(地震前はクライストチャーチの第2の目抜き通りで主にオフィスビルが軒を連ねていたマンチャスター通りも今はこのような更地がどこまでも広がる場所になっています。この後何かここに建物が建てられそうな雰囲気もありません。)

クライストチャーチキャセドラルスクエア16’8月

(8月15日(月)の日中のキャセドラル・スクエア。人気が少ないっと言うか、人が歩いていない。)

テカポまでのクライストチャーチ空港からのドライブルートマップ

クライストチャーチ空港からテカポまでのレンタカーでの道のりをグーグルマップで作り公開しました。これからテカポに星空などを見に来る方でレンタカーを利用する人は是非活用してみてください。

このテカポまでのクライストチャーチ空港からの道のりマップはクライストチャーチ空港に降り立ったその日にテカポまで移動したい人には活用できると思います。特に星空が見やすくなる4月から10月まで(NZの秋から冬,春にかけて)に星空だけを見にNZにやってきたというような人にはお勧めです。

一般的にクライストチャーチ空港に国内線や国際線で降り立った時にはクライストチャーチ発のテカポ方面へと行くバスはどれも出発した後なのでクライストチャーチで一泊しなくてはなりません。その問題をレンタカー利用だと解消できるのですが、このマップはレンタカー利用でクライストチャーチからテカポまで陸路をセルフドライブで行く一般的なルートを紹介してます。曲がり角や交差点なども写真付きで紹介してます。

このマップはNZブリーズのテカポページに掲載もしていますが、NZにやってきてからこのマップを使おうと思っている方は、NZでのWifi事情は非常に悪いので、まして運転中、もしくはテカポのホテルに到着するまではWifiにつなげるところなどは一切無いと思っていた方が良いので、このマップを日本を出発するまでグーグルドライブに保存するかマイマップにKLMファイルをダウンロードして、そしてWifiなしでもこのマップを表示できるGPSだけを利用するマップappやレンタカーで使うカーナビにアップロードできるようにしていた方が良いでしょう。

もし車の運転は無理という方はNZブリーズではクライストチャーチ空港からテカポまでの送迎サービスを行っています。そちらも参考にしてください。

クライストチャーチ空港からテカポへのレンタカードライブルート日本語マップ

クライストチャーチ空港レンタカー駐車場

(クライストチャーチ空港からレンタカーでテカポまではおよそ3時間20分/230kmぐらい。)

Hornby HUB ショッピングセンター 1号線曲がり角

(空港を出てから直ぐに国道1号線を走ることになるのですが、空港から10分ほどで国道1号線はこのHornbyというところで直角に折れ曲がって南下することになります。この場所はいつでも交通量の多い、まして大型トレックなどもたくさん走っている場所なのでこの曲がり角は要チェックです。3車線ある道もこの交差点を右折する車線は1車線だけ。ましてこの交差点手前はここにあるHornby HUBショッピングセンターへの入口道路に右折するところでもあるため油断してるとこの交差点を真っ直ぐ通り過ぎるはめになります。けれどここの交差点を右折できればそのあとはテカポまで間違えることはない道になります。)

クライストチャーチからテカポへのドライブルート

(クライストチャーチの郊外に出ると(Hornbyを過ぎてすぐに)制限速度が100kmの道が延々続くことになります。時折RakaiaやAshburtonといった町は通りますが1号線をこの曲がり角まで南下していきます。テカポ、マウントクック方面へは1号線から79号線へとここを右折して入って行きます。この曲がり角はAshburtonの町中から36km/30分ほどのところにでてきます。)

ジェラルディンの片側一車線の橋

(79号線に無事入った後は次にGeraldineと言いう町を目指しますが、その手前にこの橋が出てきます。この橋は片側1車線しかないGeraldine Riverに掛かる橋です。見てのように橋の手前に優先順位が分かる道路標識も有りますので戸惑わないように渡って行ってください。このような橋はこの後テカポまでは出てきません。もしマウントクックへとその後向かう場合は、道中このような片側1車線の橋には出くわすことになるでしょう。)

ジェラルディン テカポへの道のり

(クライストチャーチ空港を出てからノンストップで走っておよそ135km/2時間ほどでこの小さな町ジェラルディンに到着するでしょう。ここで休憩が取るのが一般的。定期路線バスも必ずここで休憩してます。この町の中で国道79号線も右折することになります。少しこの道路標識が見逃しやすいかもしれませんが、ほとんどの車がこの三叉路を右折していくでしょう。この右折したところに公衆トイレもあるし、カフェも何件か揃っています。このジェラルディンを出た後はテカポまで1時間ほどです。)

テカポへのドライブマップ

(ジェラルディンを出てからは少し国道1号線よりは道幅も狭くなり、丘陵地帯の中を走ることになるため多少カーブが連続して出てきます。そして79号線もFairlieという小さな町で終わり、そこから国道8号線に入ってテカポへと向かいます。このフェアリー/Fairlieを通り過ぎてからしばらくすると長い上り坂を上ってBurkes峠(標高709m)に達することになります。この峠辺りからは壮大な景色が進行方向前後左右に広がることになります。そして前方に見えてくる雪を頂いた高い山並みに向かって長い真っ直ぐとした道をテカポへと向かうことになります。)

テカポ良き羊飼いの教会

(テカポの良き羊飼いの教会。マップにはこの教会の場所はもちろんのこと日中レンタカーでも上って行くことが可能なマウントジョン天文台への登り道入口も分かるようにしています。ちなみにこの写真は昨年15年の8月30日に撮った写真です。)

16’9月~17’3月NZブリーズ・ツアープラン発表

ニュージーランドへの個人旅行者向けにNZ南島を日本語ガイドが案内しながらプライベートチャーター車で観光周遊するNZブリーズのツアープラン;16年~17年ツアーを発表しました。

2016年は関空からのオークランド直行便が復活され4月からその販売も始まり、昨年から好評の成田発着でオークランド直行便の週3便増便が今年も引き続き12月から飛ばされることもあって更に日本からNZへやってくる個人旅行者が増える見込みです。その観光シーズンが始まる9月から17年3月までのツアープランを4つ発表しました。是非9月以降夏の観光シーズンである2月,3月までのNZ観光旅行計画を立ててみてください。

NZブリーズのツアープランの詳細やスケジュール、そして問い合わせ先などはNZブリーズのサイトページ”16年-17年NZ南島個人旅行者向け周遊観光ツアープラン”ページ;http://www.nzbreeze.co.nz/contents/support%20tour/17%20support%20tour%20plan.htm
をご覧になっていただきたいのですが、4つのツアーの概要を下記に紹介します。

(1)定番ニュージーランド南島見どころ縦断プラン
・NZ観光で定番となる人気観光地で泊まりながら見どころを逃さずに縦断する4泊5日プラン
・クイーンズタウン到着からクライストチャーチ空港へと北上するコースとクライストチャーチ空港到着からクイーンズタウン空港で終わる南下コースの選択ができます。
・4泊の滞在地はテカポ1泊、マウントクック1泊そしてクイーンズタウンで2連泊
・マウントクックでは個人ハイキングや現地オプショナルツアーに参加できる自由時間をたっぷりつくれます。
・星空で有名なテカポでの宿泊
・マウントクック/クイーンズタウン間の移動中はワイナリーでのランチ休憩や人気の観光名所を下車観光が含まれます。
・ミルフォードサウンドにはクイーンズタウン発着の大型観光バス使用の乗り合い観光ツアーに参加して訪れます。
料金;16年5月=NZ$1800/お一人、9月~11月=NZ$2000/お一人、12月~17’3月=NZ$2200/お一人

マウントクックフッカーバレートレッキング

(マウントクック・フッカーバレー・トレッキング・イメージ)

(4)クイーンズタウン着発テカポにも泊まる4日間プラン
・クイーンズタウン到着からNZ南島を周遊観光してクイーンズタウン空港でツアー終了となる3泊4日のプラン
・3泊の中クイーンズタウンに2泊に加えて星空で有名なテカポにも泊まれるツアー。
・クイーンズタウンに到着する初日に日本語ガイドと共にワイナリーを含めたクイーンズタウン周辺の見どころを訪れる観光が含まれます。
・ミルフォードサウンドにはクイーンズタウン発着の大型観光バス使用の乗り合い観光ツアーに参加して訪れます。
・マウントクックに立ち寄り午後の時間一杯を使って自由ハイキングや現地オプショナルツアーに参加できます。
・最終日にはクイーンズタウン空港にご自身で手配された出発便の時間に併せて到着。その日のうちにオークランドへと移動、もしくはオークランドを経由して日本への帰国便にも乗り継ぎができます。
料金;16年5月~8月=NZ$1150/お一人、9月~11月=NZ$1350/お一人、12月~17’3月=NZ$1450/お一人

テカポ良き羊飼いの教会と南十字星

(テカポ,良き羊飼いの教会と南十字星・イメージ)

(9)ミルフォードサウンドとテカポに泊まる5日間プラン(10月~3月催行)
・昨シーズンから催行しているコース。好評だったので継続します。また個人的にもお勧めコース。
・クイーンズタウン到着からクライストチャーチ空港へと北上するコースとクライストチャーチ空港到着からクイーンズタウン空港で終わる南下コースの選択ができます。
・世界遺産のミルフォードサウンドに唯一ある宿泊施設ミルフォードサウンドロッジに宿泊。そのシャレーで1泊
・ミルフォードサウンドで1泊後ミルフォードサウンド遊覧クルーズでは最もお勧めの(日本語アナウンスはありませんが。。。)2時間15分のネイチャークルーズをまだ観光客も少ない午前中に参加していただけます。
・テアナウにて1泊。午後に土ボタル洞窟ツアーのオプショナルも可能。
・テアナウ/テカポ間を日本語ガイドが案内しながら専用車にて移動。途中はワイナリーでのランチ休憩や人気の観光名所を下車観光が含まれます。
(マウントクックには立ち寄らないコースです。)
・星空で有名なテカポでの宿泊
料金;16年10月~11月=NZ$2200/お一人、12月~17’3月=NZ$2300/お一人

ミルフォードサウンドエンカウンターネイチャークルーズ

(サザンディスカバリー・ミルフォードサウンド・エンカウンター・ネイチャー・クルーズ・イメージ)

(6)ダニーデンとNZ2大世界遺産訪問6日間プラン(10月~3月催行)
・クイーンズタウン到着からNZ南島を北上しながら周遊観光してクライストチャーチ空港でツアー終了となる5泊6日のプラン
・クイーンズタウンに到着する初日に日本語ガイドと共にワイナリーを含めたクイーンズタウン周辺の見どころを訪れる観光が含まれます。
・ミルフォードサウンドにはクイーンズタウン発着の大型観光バス使用の乗り合い観光ツアーに参加して訪れます。
・テアナウにて1泊。午後に土ボタル洞窟ツアーのオプショナルも可能。
・テアナウを出発後ダニーデンのオタゴ半島へと向かいラーナック城見学+ペンギン保護地区見学ツアーに日本語ガイド共に参加します。
・ダニーデン市内ホテル泊
・ダニーデンからマウントクックへと移動途中世界でも珍しいモエラキボールダーズの見学も含みます。
・マウントクックでの一泊の時間内で個人ハイキングや現地オプショナルツアーに参加できる自由時間がつくれます。
・星空で有名なテカポでの宿泊
料金;16年10月~11月=NZ$2600/お一人、12月~17’3月=NZ$2750/お一人

ダニーデンオタゴ半島ペンギンプレイス

(ダニーデン・オタゴ半島・ペンギンプレイス・イメージ)