NZガイドブックに載ってるお土産店はここにある

NZへの旅行ガイドブックで誰もが持ってくる地球の歩き方18-19年度版にお土産物屋さん=アオテアギフツ/Aotea Giftsの情報が載せられていますが、そのお店のオークランド、テカポ、そしてクイーンズタウンの場所を紹介します。

アオテアギフツ/Aotea GiftsはNZに8店舗ある

アオテアギフツはNZの主な観光地に全部で8店舗を展開するNZ人が経営するNZで最大規模のお土産物屋さんです。オークランドとテカポ、そしてクイーンズタウンに2件、ロトルアとダニーデンに各1件ありそれぞれ観光客なら一度は通るような分かりやすい所にお店はあります。

地球の歩き方の18-19年度版にはそのNZを代表するお土産物屋であるアオテア・ギフツで人気のお土産物が紹介されています。

今やNZでの人気お土産物の筆頭にも挙げられるクッキータイムもアオテア・ギフツで売られています。このクッキータイムはどこのコンビニやスーパーマーケットでも売られているので、他のお土産物屋さんでは取り扱ってなかったりするのがアオテア・ギフツはあえてクッキータイム社から仕入れています。だから普通のスーパーなどで売られているのとは違う特別クッキーや詰め合わせセットがオリジナルなものが売られています。

このNZブリーズのブログでも人気ブログとして定着しているNZ産缶詰バターは今でも日本人観光客には人気が衰えない商品として陳列棚にはたくさんおかれています。これ以外にNZのお土産定番のマヌカハニー、ラノリンクリーム、プロポリス歯磨き粉やメリノ衣料などがどのアオテア・ギフツのお店で売られています。

アオテアギフツオークランド店

アオテアギフツ・オークランド店

アルバートストリート;Lower Albert StreetのAMPビルの1階、DFSギャラリアビルがCustomストリートを斜に挟んである。日本人のスタッフ多数いる。

アオテアギフツ・ブリトマート店

キー・ストリート/Quay Streetとコマース・ストリート/Commerce Streetの角にある。大黒レストランの隣、Quayストリートを渡るとクイーンズ埠頭フェリー乗り場がある。

NZブリーズが作成したオークランド観光日本語マップにはアオテアギフツ・オークランド店2件の場所も分かるようにしています。

アオテアギフツ・テカポ店

アオテアギフツのテカポ店はテカポに滞在したならすぐに見つけることができるでしょう。村の中央にあり、湖畔レストランの横にあります。

アオテアギフツ・クイーンズタウン店

アオテアギフツ・クイーンズタウンビーチストリート店

ワカティプ湖畔のビーチストリート/Beach Streetに面する場所。Shotoverストリートを挟んで隣にはクラウンプラザホテルがある。クイーンズタウンのお店ではこちらのほうが日本人スタッフがいる。

アオテアギフツ・クイーンズタウンモール店

クイーンズタウンの町の中の歩行者天国の通り=The Mallの真ん中あたりにある。

アオテアギフツ5%割引コード付きPDF版チラシ

Aotea Gifts JAPANESE A4 Shopping Card 2017_2018 – NZ BREEZEのサムネイル

アオテアギフツのNZ国内8店舗どこでも利用可能な5%割引コードの付いたチラシです。各お店に行って割引バーコードをレジでスキャンしてもらうと商品の5%割引をゲットできます。

NZブリーズのオークランドのお勧めホテル、レストラン、ショッピングページ

NZブリーズのサイトページにオークランドのオンライン予約が可能なお勧めホテルやレストラン、そしてアオテアギフツを含めたショッピング用の日本語マップを載せているページを公開しています。オークランドへの観光、個人旅行に是非ご利用ください。

クイーンズタウンに来なきゃ撮れないセルフィースポット9選

ニュージーランドにやってきても、クイーンズタウンに来なければ撮れない風景やお店、自然景観がやっぱりあります。ここに町の中から歩いて行けるお勧めのセルフィースポットを9か所紹介します。

スカイライン展望台/Skyline Queenstown

クイーンズタウンに来た観光客の大半はここに絶景を撮りに訪れます。ゴンドラに乗って展望台へ上っていけます。ニュージーランドの観光パンフレットなどで出てくる景色をバックに自撮りを試してみて下さい。

ウィリアム・リース像/Statue of William Rees

クイーンズタウンの町を歩けば必ずこのブロンズ像を見つけることができるでしょう。このクイーンズタウンに入ってきた最初の開拓者であるウィリアム・リースのブロンズ像をバックに写真も良いけど、周りをどちら向いてもカメラスポットになるでしょう。湖側はジェットボート乗り場で、対岸の山々がバックに広がり、このブロンズ像の横の建物はパタゴニア・チョコレートショップで美味しいアイスクリームがテイクアウィできるし、町の中心側は目抜き通りのThe Mallとなります。

キウィバード像

このキウィバードの像はちょっと隠れたところにあるけど、湖岸にあって対岸のセシルピークなどの山並みもきれいに入るので見つけてほしいカメラスポットです。TSSアーンスロー号の乗り場近くでPublic Kitchen and Barレストランの横にある為周りでは屋外テーブル席でビールなんかを飲んでる人が多いかもしれません。

TSSアーンスロー号波止場

キウィバード像があるのがTSSアーンスロー号という古い蒸気船乗り場近くということで、タイミング良ければそのTSSアーンスロー号をバックにセルフィーするのも良いでしょう。この素敵な蒸気船はクイーンズタウンのシンボル的な船で白い船体、赤い煙突から”湖の貴婦人”と呼ばれています。今は観光用に使われているのでいつでもこの波止場に停泊しているわけではなくて、湖の遊覧クルーズを行う出航時間前後30分に停まっているところを撮れます。TSSアーンスロー号の出航時間はAM10時、PM12時、PM14時、PM16時、そしてPM18時になります。

ファーグバーグ・ハンバーガーショップ/Fergburger

今や世界中のガイドブックにクイーンズタウンのBucket ListになってるハンバーガーショップのFergburger/ファーグバーガー、ここでハンバーガーを食べるのもいいけどクイーンズタウンにやってきてることが最も分かるカメラスポットになってると言っていいでしょう。下の写真みたいに行列の姿と共にお店の写真を撮ってる人も多いところになってます。

クッキータイム・バー/Cokkie Time Bar

ファーグバーガーと同じくクイーンズタウンにしかないお店で、日本人などにはとても人気のお店としてクッキータイムの専門店があります。このお店の前にあるマスコットのクッキーマンチャーと一緒にセルフィーするのもいいかもしれません。

キウィ・バードライフ・パーク/Kiwi Birdlife Park

スカイライン展望台へと行く際にこの前は必ず通ることになるでしょう。飛べない鳥のキウィが見れる野鳥園ですが、実際その鳥を写真で撮ることは園内でもできないのです。だからこの入口のところでセルフィーしておきましょう。

ロータリーパーク公園/Rotary Park

この公園は地元に人でもあまり知らない公園ですが、写真のように町と湖、そして山並みも見晴らせる公園です。町からも簡単に歩いて行けるのですが、写真で分かるように少し湖面からは坂を上ったところにあります。その坂道はクラウンプラザ・ホテルの横のLake Streetという道ですが、とても急な坂道です。その途中にこのRotary Parkへ入って行く狭い歩道があります。ここにはテーブルとベンチがあるのですが、いつ行っても人がいることはめったになく、この場所がバックパッカーのDeco Backpackersの裏庭みたいになってるので、たまにその宿泊者が読書してたり、飲食してたりします。だけどここは公共の公園なので出入り自由です。

レイク・エスプラネード/湖岸沿いの道

町から西の方角にはLake Esplanadeという名の車道が続きます。その湖岸沿いはSaint Omer Parkという公園にもなっていて湖岸沿いの遊歩道を歩いて行けます。この遊歩道を歩いていく道のりはどこでも湖と対岸の山並みを見晴らせるカメラスポットになるでしょう。特に夕陽が映えるリマーカブルの山並みがこの遊歩道から見晴らせる夕方時がお勧めです。

NZブリーズのクイーンズタウンページでは上記の9つのセルフィースポットを載せた日本語マップと共にクイーンズタウンでの滞在を満喫するための観光情報を満載しています。

NZブリーズ作成クイーンズタウン観光日本語グーグルマップ

 

オークランド,クイーンズタウンでお土産をまとめ買いする方に朗報

NZのお土産物屋さんが日本へ宅配する料金を重さ制限なしの詰め放題定額キャンペーンを12月までやっています。オークランド、クイーンズタウンでNZのお土産をまとめ買いする予定の方にはいいチャンスです。

NZのお土産物屋さんの代表格である”Aotea Gifts”ではお店で買ったその商品を日本へと宅配するサービスを長年続けていますが、通常重さによって送料が増加していくのを、”箱の中に詰め込むだけ詰め込んでも定額のまま”、というキャンペーンを今月から12月まで行っています。好評だと延長もあり、ということですが、12月までにオークランドやクイーンズタウンで日本へと帰国前にお土産をまとめて買ってしまおうと考えている方は一度このAotea Giftsに立ち寄って日本人スタッフに問い合わせてみるべきでしょう。

Aotea GiftsはNZの主な観光地のオークランド、クイーンズタウン、その他テカポ、ロトルア、そしてダニーデンにも店舗展開してますが、このキャンペーンの内容に詳しい日本人スタッフがいるのはオークランドの本店(Albert Street店)とクイーンズタウンもBeach Street店の方を利用されることを勧めています。

お土産物屋さんからNZお土産を日本に宅配すると別送扱いの消費税が免税になります。しかし宅配には送料がかかります。この送料がMiniサイズの箱ならNZ$129、Smallサイズの箱ならNZ$149ぽっきりの定額というキャンペーンです。Miniサイズの送料NZ$129の送料が惜しい場合はもちろんスーツケースに詰め込んで持ち帰ればいいのですが、消費税の免税は受けられません。このことで宅配が得か?持ち帰りの方が得になるかどうかはいわゆる送料分=NZ$129分の消費税が掛かる商品を買うかどうかによります。NZの消費税=15%(実際のお土産商品の内税は少し少ないのですが…)がNZ$129分に相当する商品価格はおよそNZ$860です。もしお土産をNZ$860相当以上買われるなら宅配で送ったほうがお得ということになります。

(アオテアギフツで日本への宅配に使われる箱にお土産詰め込み)

宅配に使われる箱にはAotea Gifts店で購入する商品なら何でも詰め込めるので(持ち込みのワインや日本から持ってきた個人物などは受け付けられません)、商品額が高いものやバター、マヌカハニーなどの重たいもの、又はクッキータイムのNZギフトボックスといったスーツケースに押し込むには形も壊れそうでかさ張る商品などをまとめて買う場合はこの宅配サービスを利用したほうがいいでしょう。

(アオテアギフツではクッキータイムもスーパーやコンビニでは売っていない詰め合わせボックス商品も販売されてます。テカポ店やオークランド店でも売ってます。)

また下記の5%割引付Aotea Giftsのチラシをお店で見せていただいたら、さらに5%割引が加算されますのでよりお得になりますよ。是非ご利用ください。

Aotea Gifts NZ BREEZE A4 Shopping Card 17_18のサムネイル

NZアオテアギフツ各店舗で利用可能な5%割引コード付きチラシ。PDFファイルなのでクリック、タップで別表示、ダウンロード可能。

クッキータイムのクリスマス・クッキー販売中

ニュージーランドのお土産で人気のクッキータイムがクリスマス期間限定クッキーを販売中です。クイーンズタウンの専門店だけでなくテカポやオークランドのお土産物屋さん、そして全国のスーパーマーケットでも購入できます。

クライストチャーチに工場があって昔からNZの人なら誰もが好きな手のひらサイズの大きなクッキーと言えば”クッキータイム”。最近はニュージーランド航空の国内線に乗れば機内サービスで配られるので、観光でやってくる旅行者でも一度は口にすることが多いこのクッキータイムが今年もクリスマスシーズンに合わせて期間限定のクリスマス・クッキーを販売しています。

全国のスーパーマケットやコンビニのレジ前には必ず陳列棚があるクッキータイムの商品も、この時期はオリジナル版クッキータイムのパッケージがクリスマス仕様に変わって販売されています。キャラクターのクッキー・マンチャーがサンタクロースになっている絵柄に変えられ、すぐに見つけることができるでしょう。

また、クッキータイムの専門店としてNZ国内ではこの1件だけとなるクイーンズタウンのCookie Barではこのお店だけの商品もクリスマス向け商品が出そろっています。今の時期クイーンズタウンにやってきたら是非お土産にもクリスマス・クッキータイム商品を買っていくことをお勧めします。

このクイーンズタウンのクッキーバーで販売されているクッキータイム商品は旅行者向けのパッケージが取り揃えられていて、一般のスーパーマーケットなどでは手に入らないものが多いのですが、NZのお土産物屋さんであるアオテア:AOTEAではこれまでクイーンズタウン店がこのクッキーバーで販売されている同じ商品を取り扱っていたのですが、オークランド店も、そしてテカポ店でもさすがにNZを代表するお菓子ということで取り扱うようになっています。クイーンズタウンのクッキーバーに行くことができない人はオークランド、テカポ、クイーンズタウンのアオテア・ギフトでこのクッキータイムを見つけてみて下さい。アオテアギフトだと各店舗PM10時まで開いています。

クイーンズタウンクッキータイムクリスマスクッキー

(全国のスーパーでも売っているオリジナルサイズのクッキータイムはこのようにクリスマス仕様のパッケージになっています。この写真はクイーンズタウンのクッキーバーに陳列されているものです。)

クイーンズタウンクッキータイムクリスマスクッキー

(クイーンズタウンのクッキーバーで販売されているクリスマスクッキーの商品もいろいろあるのですが、お土産にもお勧めなのがこのNZ航空の機内サービスでも配られているのと同じサイズ;ルーキーサイズ20個入りがいいのでは?これ以外にオリジナルサイズのクッキータイムが1枚入っているボックスがそのまま海外にも郵送することができるクリスマスカード付Postcard Cookiesというのもあります。)

テカポアオテアギフツクッキータイム

(AOTEAギフツのテカポ店では店頭にこのクッキータイムの陳列棚があるので、すぐに見つけることができるでしょう。サーモン丼で有名な湖畔レストランの隣がアオテアギフツ・テカポ店です。)
https://www.cookiebar.co.nz/christmas-cookies/

(クイーンズタウンのクッキーバー・ホームページからはオンラインでクリスマスクッキーを購入することもできます。)

クッキータイムがお土産物屋でも買えます。

NZのお土産としても人気の高いクッキータイムがお土産物屋さんでも買えるようになってます。観光や夕食の後にもお土産物屋さんでクッキータイムを見つけることができるようになったということです。

NZにオークランドを始めクイーンズタウン、ロトルア、そしてテカポにアオテア・ギフツ;Aotea Giftsの名で店舗を展開するNZのお土産物屋さんが、NZの誰もが愛するクッキーとして知られるクッキータイムを扱うようになってます。お土産物屋さんだからシーズン中は夜11時まで開いているので、夕食後のショッピングのついでにクッキータイムが見つかられるようになってます。

クッキータイムのことを知らずにNZにやってきても、大体多くの人がまずNZ航空の国内線でクイーンズタウンやクライストチャーチに移動中の機内サービスでこのクッキータイムが配られるので、その美味しいクッキーを初めて知るようになると思いますが、その機内サービスと同じルーキーサイズというオリジナルの大きなクッキータイムに比べると食べやすい小さなサイズのギフトパックが20枚入り、3枚入り、そして先日から新たに9枚入りのパックがアオテア・ギフツで手に入るようになってます。

クッキータイムはその専門店としてはNZ中の中でもクイーンズタウンにしかクッキーバーとして店舗が無く、普通誰もがこのクッキーはスーパーやコンビニの棚に陳列しているのを手に入れます。これが日本からのパッケージツアー客となるとそのツアーの最中にスーパーマーケットやコンビニに立ち寄ることができないのが通常です。バス移動の最中に休憩するところにはクッキータイムが置いていないカフェであったり、観光中の日中にはスーパーやコンビニに立ち寄る暇は無いはずです。まして観光が終わると直ぐに夕食の時間になって夕食後にスーパーやコンビニに立ち寄るにはホテルから離れていたりするのであきらめる人が多いはずです。そのツアーでは大体観光地(クイーンズタウン、テカポやオークランド)のお土産物屋さんには立ち寄るようになっているのでその時にこのクッキータイムも他のNZお土産と併せてまとめ買いができるようになったということです。

アオテアギフツのクッキータイム

(アオテア・ギフツ・クイーンズタウン店に陳列されているクッキータイム20枚入りギフトボックス。このお土産物屋さんではこれがNZ$25ドルで販売されてます。この中にはホーキーポーキー&ホワイトチョコレート・クッキーが10枚入っていて、このクッキーはアオテアギフツだけのクッキーとなっていてクイーンズタウンのクッキバー専門店や一般のスーパーでも手に入れられないものです。)

アオテアギフツのクッキータイム

(先日からお土産にはお手頃枚数として9枚入りのクッキータイムギフトボックスがアオテアギフツの店頭に並ぶようになってます。これはまだオンライン販売は行われてないようなので、NZにやってきてこのお土産物屋さんでしか手に入れられないものになるでしょう。)

アオテアギフツクイーンズタウンモール店

アオテア・ギフツはクイーンズタウンには2件;日本人スタッフも多いBeach street店とモールの中にあり、共にシーズン中は11時まで、冬の期間でも10時まで開いています。オークランドやテカポ、そしてロトルアの店舗もどこも夕食後に立ち寄りやすい立地にあります。)

クッキーバークイーンズタウン

クイーンズタウンのクッキータイム専門店のクッキーバーで販売されている20枚入りギフトボックス。ここではこれがNZ$20です。この20枚入り、3枚入り、9枚入りギフトボックスはNZの中ではこのクッキーバーかアオテアギフツでしか売られていません。一般のスーパーやコンビニではこのギフトボックスは販売されていません。)

アオテアギフツのクッキータイム

アオアテギフツのサイトからクッキータイムギフトボックスがオンライン購入でき、日本への郵送もしてくれます。今のところ20枚入りと3枚入りのギフトボックスがオンライン購入可能のようです。)