クイーンズタウンの公共バスが安くて便利になってます。

クイーンズタウンの町や空港、そしてアロータウンなど郊外を結ぶ公共バスが料金を安くして、そして観光客にも便利になってます。

これまでConnectabusという名で知られてきたクイーンズタウンの公共バスが11月20日から名前をOrbusと変更され、路線やタイムスケジュールもそれまでより便利に改変されてます。料金も今風のプリペイドカード方式を取り入れ安く利用できるようになってます。また、観光客の人にもクイーンズタウン空港から町の中心や主なホテルなどへの往復に便利に使えるようになってます。

(クイーンズタウンの町の中心キャンプストリート;Camp Streetのバス停に停まるOrbus。)

この変更の主な理由は、クイーンズタウンの町がNZの観光地として、そしてリゾート地、別荘地としてどんどん人気が出ていることから人口自体が増大、観光客の運転するレンタカーやキャンピングカーの増大、そして郊外への住宅地の拡大から町は今や慢性的な渋滞ができるようになり、駐車スペースの確保が難しくなっている現状をなんとかするための対策から自家用車ではなく公共のバス利用をもっと普及させたいことから始まってます。

このように一般にクイーンズタウンに住む人向けの改革となっているのですが、以前のコネクタバス運行との違いは路線が拡張され、バスの本数が増大され、そして料金が安くなっています。これが上手くいくかは個人的には???なのですが、観光客としてクイーンズタウンにやってくる人にとっての利点を少し紹介します。

まず、クイーンズタウン空港とクイーンズタウンの町を結ぶバスの本数が増えて路線もシンプルになってます。路線ナンバーは1番となる路線が空港と町の中心を結ぶOrbusになるのですが、朝の6時から15分おきにこの路線をバスが行き来しています。夜の19時以降は30分おきですが24時まで運行されています。クイーンズタウン空港も昨年度から夜の21時台に到着する便も出てきているので遅い時刻にクイーンズタウン空港に到着しても町のホテルには安く行けるようになってます。

(クイーンズタウン空港のバス停に停まるOrbus。このバスを運行している会社はRitchiesというNZ最大のバス会社でこのRitchiesペイントカラー=白地/青色文字のカラーバス車体が今のクイーンズタウン公共バスとなってます。)

また、この路線ナンバー1番は空港から町の中心を経由してFerhillという住宅地まで結ぶ路線になってます。以前は空港からFernhillには町の中心でバスを乗り換えなければならなかったのが1回の乗車で済むようになったのですが、この空港と町、そして町からFernhillまでの沿道には主なホテルやアパートメント、ユースホステルなど観光客が泊まる宿泊施設のほとんどがそろっています。だからクイーンズタウン空港に到着後やホテルからクイーンズタウン空港へと向かう際もこのOrbusが便利に使えるでしょう。

(クイーンズタウンの公共バスOrbusのPDF版路線マップと運航スケジュール

そして料金は現金利用の場合は一回の乗車で路線を変えなければ一人NZ5ドルとなります。しかし空港へのバス利用、又は空港から乗る場合は$10均一になります。以前はNZ$12ドルだったのが少し安くなってます。これをプリペイドカード利用とすると一回の乗車が空港への利用も含めてNZ$2ドルになります。但しこのGoCardと呼ばれるカードの費用が$5で初回のカードには$10が含まれているので初めてこのGoCardを購入して乗車する際には$15ドル必要になります。だからクイーンズタウンに滞在して空港への往復にこのOrbusを利用するならGoCardをクイーンズタウン空港到着時に購入するほうがお得になります。(クイーンズタウン空港内では預け荷物受け取りターンテーブルの横にあるMilford Sound Scenic Flightsのカウンターにて販売されています。)

また、クイーンズタウン郊外にある人気の観光の町;アロータウンへの路線が一本になってます。以前は途中でバスを乗り換える必要があったのがこのOrbus路線番号2番にてクイーンズタウンの町中心からアロータウンまでの往復を1回のバス乗車で行けるようになっています。まして以前は1日に5往復ぐらいしかできなかったのが今回の改定により朝の6時から夜の10時まで1時間おきにこのバスを捕まえられるようになってます。ちなみにこの路線上にはそのレストランが人気絶大のAmisfield Wineryがあります。

クイーンズタウンのお土産にファッジ、ヌガーもイケる

クイーンズタウンの人気のスイートショップとして人気のリマーカブル・スイートショップのファッジやヌガーはお土産にも最適だと思います。日本ではあまり知られないお菓子ですがクイーンズタウンのお店はいつでも子供連れや若いカップルなどで溢れています。

ヌガー/Nougatという言葉を最近聞いたり、見たりすることはありませんか?アンドロイドの最新OSバージョンがヌガーというコードネームで昨年の8月からリリースされて最新のスマホなどに使われ始めているのでその名前を聞かれたことがあるかもしれません。これまでのアンドロイドのコードネームはカップケーキから始まってキットカットや、マシュマロなどのお菓子の名前が使われてきてますが、その中でこのヌガーというお菓子は日本では全くといっていいほど聞いたことも見たことも、まして食べたこともない代物だと思います。このヌガーという英国系の国では伝統的なお菓子は検索するとソフトキャンディーということになるようです。これがNZではやはり子供たちが愛するお菓子、もしくは家庭でも作ったりするお菓子です。

クイーンズタウンのリマーカブル・スイートショップでは、このヌガーとファッジ/Fudgeというこれまた英国系の国では定番の甘菓子を小さな自社工場で作っていて、お店にはたくさんいろいろな種類が陳列されています。このお店は自家製ヌガーやファッジ以外にNZ、そして海外のイギリス、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパの駄菓子をたくさん揃えて売っているスイートショップとして人気があるお店です。

ファッジの方はこのお店でなくても、コンビニやデイリーでも見かけると思いますが、特にカフェやベイカリーでそのお店独自のファッジが売られていることがあって、NZに住んでると甘いものを食べたい時などに口にすることが多くなると思います。またバターやチョコレートがたくさん使われているためトレッキングやスキー、スノーボード、マウンテンバイクなどをするときの行動食としても使われたりします。その点ヌガーの方はスーパーやコンビニのお菓子コーナーで袋詰めのものが見かけたりする程度であまり大人になってからは食べる機会がないようなものになっていると思います。ファッジはすごく甘い評判があって、確かに甘いのですが、ヌガーの方は日本の人にも食べれる甘さです。まして物によると甘さをあまり感じないお菓子だと思えばいいでしょう。どちらかというと水あめを使用することからキャラメルよりやわらかい固形状のお菓子だと言えます。

クイーンズタウンのリマーカブル・スイートショップではファッジとヌガーは無料の試食も行われているので試してみてから買ってみるのも良いでしょう。

クイーンズタウンリマーカブルスィートショップ

リマーカブルスイートショップはクイーンズタウンのBeach Streetにあり、いつでも子供連れやカップルで賑わっています。ここはさすがに日本人の観光客の姿はあまり見られず、欧米もしくはオーストラリアからの観光客、そして中国からの観光客が来ています。

リマーカーブルスイートショップファッジ、ヌガー

店内ではファッジとヌガーの試食が行え、カウンター越しにとてもフレンドリーな店員がその試食を勧めてくれます。一個ずつの購入も可能ですが、ギフト用に6個詰め合わせや12個入りギフトボックスとして好きなものを選ぶこともできます。

リマーカブルスィートショップクイーンズタウン空港

このリマーカブル・スイートショップはクイーンズタウンにしかないお店ですが、近くのアロータウンのお店が一号店として始まってから今はクイーンズタウン空港にも出店してます。クイーンズタウン空港から出発する前にも買って行くことができます。

リマーカブルスィートショップヌガー

緑色のヌガーがキウィフルーツヌガー、それとナッツとフルーツのヌガー。共に100g。グルテンフリー。常温のまま(冷蔵庫には入れないでね!と買ったときに教えてくれます。)2か月は新鮮な状態で食べられるらしい。

17年黄葉見学とワイナリー訪問ツアー受付開始

ワナカとアロータウンの黄葉シーズンにワイナリーも訪問しながら観光するツアーを17年も期間限定で行います。NZブリーズの現地ツアーページにて受付を開始しました。
毎年4月になるとクイーンズタウンを含めて隣町のワナカやアロータウンはNZの中でも最も黄葉がきれいな町に様変わりします。そのワナカとアロータウンを日本語ドライバーガイドの専用車で観光、途中赤ワイン;ピノノアーの産地で世界的にも知られるセントラルオタゴ地区のワイナリーでのランチタイムやセラードアーを一日かけて巡るツアーをNZブリーズは行います。

今年のこのツアーは4月8日(土)から5月3日(水)出発の期間限定。2名以上から催行します。料金はお一人NZ$170.これまでにも多くの方に好評のツアーです。ツアー問い合わせ、申し込みはNZブリーズの現地ツアーページ;http://www.nzbreeze.co.nz/contents/zqn%20option/zqn%20option.htmlから行えます。

17年黄葉見学とワイナリー訪問一日ツアー
催行期間;4月8日(土)から5月3日(水)
予定行程;
AM10:00クイーンズタウン・ホテル発/
AM11:00~PM12:00頃ワナカ黄葉見学とワイナリー訪問/
PM13:00~PM14:00頃セントラルオタゴ地区(Bannockburn)のワイナリーレストランにてランチ休憩(費用は自費)/
PM15:00ギブストンバレー地区のワイナリー訪問とカワラウバンジーブリッジ見学/
PM16:00~PM17:00頃アロータウン黄葉見学/
PM17:30ごろクイーンズタウンホテル帰着

料金;NZ$170/お一人

ワナカ湖畔の黄葉16年4月18日

(16年の4月18日のワナカ湖畔、有名なポプラ並木の黄葉)

アロータウンの黄葉15年4月29日

(15年4月29日アロータウンの黄葉風景)

セントラルオタゴワイナリー地区の黄葉とワイナリーレストラン

(このツアーではワイナリーも収穫の時期を迎えて、ぶどう棚もきれいに色づきます。そんなぶどう棚に囲まれたワイナリーレストランでランチタイムを過ごしていただけます。)

16年’ワナカとクイーンズタウン周辺の黄葉

ニュージーランドの黄葉の季節も16年は終盤を迎えようとしてます。4月に入ってからワナカやクイーンズタウンの周辺は黄色、オレンジ色に色づく木立が彩鮮やかに映えるようになります。今年のこの黄葉の様子を写真で紹介します。

今年もNZブリーズでは4月限定として黄葉とワイナリー訪問ツアーを行いました。参加していただいた方々はちょうど黄葉の見ごろにツアー参加していただいたこともあってNZらしい秋の風景を楽しんでいただいたと思います。私も大変面白かったのでまた来季も続けてやって行きたいツアーです。このツアーで訪れるのはクイーンズタウンを出発後午前中にワナカ、そしてワナカのワイナリー、その後場所を変えてセントラルオタゴワイナリー地区の中心地であるバノックバーンでのワイナリー・ランチ、そして午後にはギブストンバレーに立ち寄ってからアロータウンというNZでの黄葉の名所を訪れる一日ツアーです。ワナカとアロータウンというNZでも黄葉の名所2か所に加えて収穫の時期を迎えるワイナリーもぶどう棚の葉っぱも色づき、同じくきれいな景観を楽しめます。

4/10ワナカ湖畔の黄葉

(ワナカの湖畔のポプラ並木はNZの中で最も知られた黄葉の写真スポットだと思います。この時期は実にたくさんのカメラマンがこの湖畔に訪れます。4月の10日に訪れた際は少し色づき始めた感じでしたがこのようにカメラマンも来てました。)

4/18ワナカ湖畔の黄葉

(ワナカの黄葉は4月の第2週目が見ごろと言われています。今年は暖かい日が秋を迎えても続いているので少し黄葉の見ごろも遅くなった感じがしましたが、4月18日に訪れた際はこのポプラ並木の黄葉はちょうどいい感じで見れました。)

4/29ワナカ湖畔の黄葉

(ワナカの湖畔の黄葉は主にポプラとなるため他の色づく木立より早めに葉っぱが落ちてしまいます。4月29日に訪れた際はさすがに葉っぱが落ちてる木立が多かったのですが、それが逆に地面に積もった感じで黄葉の葉っぱの絨毯のような遊歩道を歩くことができます。)

4/29リッポンワイナリー

(ワナカ湖畔にある人気のワイナリー;Rippon。ここのセラー・ドアーはワナカ湖を見晴らす小高い丘の上にあって、このように収穫を迎えたビンヤードの姿を見晴らせます。)

4/18カリックワイナリーレストラン

(秋のワイナリーでのランチはお勧めです。このCarrickワイナリー・レストランに4月18日訪れた際はここのビンヤードでの収穫して、圧搾する作業風景も見るとみることができました。収穫の時期の日中はワイナリーがあるところは大体晴れていて、朝の冷え込みから気温が上がって汗ばむぐらいになったころにランチタイムとなります。)

4/29マウントデフィカルティーワイナリー

(赤ワインのピノノアーの産地として有名なセントラルオタゴ・ワイナリー地区にはセラー・ドアー以外にランチを取れるレストランも併設しているブティック・ワイナリーが何か所かあります。その中でこのMt.Difficultyはそのブドウ畑などを見下ろせる場所にレストランもあります。4月28日に訪れた際は黄葉したビンヤード、ポプラ並木、そして果樹園の景観を見晴らしながらランチタイムを迎えることができました。)

4/29カワラウバンジーブリッジ

(バンジージャンプ発祥の地であるカワラウ川のバンジー・ジャンプでも、アロータウンに近いことからこの時期は周りの山肌にはきれいな黄葉が見られるところです。)

4/18アロータウンの黄葉

(NZの黄葉の名所であるアロータウンはNZ国内で目にする黄葉するポプラや柳の木以外に外来種の落葉樹がたくさん見られるところです。だからオレンジ色や赤く色づく木立もあって他の場所より彩りが華やかになります。ここには午前中より日が差し込み始めるお昼時から訪れることをお勧めします。)

4/19アロ-タウン アロ-リバーの黄葉

(ゴールドラッシュの時代に作られたこのアロータウンでも、その砂金が大量に見つかったアロー川沿いには柳の木が続きます。また山肌や街路樹にも使われている大きく育ったシカモアーという木はポプラの葉っぱより遅めに色づき始めます。だからこのアロータウンでの黄葉の最盛期は4月下旬といわれてます。)

4/19アロータウンの黄葉

(アロータウンに黄葉の写真を撮りに来る観光客はさすがに町の中心、及びアロー川沿いに集中してますが、少し離れたこのWilcox Greenという広場から見られる黄葉の山肌はあまり人がいない中で写真が撮れます。4月19日に訪れた際の景色です。)

4/28レイクヘイズの黄葉

(4月28日のレイクヘイズ。ここは湖畔沿いにぐるっと柳が大きく育って続いています。これがこの4月の秋晴れの朝方には風が無くて湖面が鏡のようにたたずみ、このような黄葉とリフレクションの湖の姿を楽しめる日があります。この4月28日が今年の最高のレイクヘイズの姿だったと思います。)

4/28レイクヘイズの黄葉

(レイクヘイズ湖畔には遊歩道がこの湖を一周できるように続いています。この時期にこの湖畔を歩くと延々黄葉の木立の元を歩くことができます。)