NZでマス釣りの為のページをスマホ対応に

ニュージーランドでマス釣りを楽しむためのフィッシングと旅行情報ページのNZマス釣りサポートをスマホ対応に、そしてフライフィッシング情報も更新して公開しました。

NZマス釣りサポート;NZ Trout Fishing Support はニュージーランドにフライ・フィッシングを目的にやって来ようと考えている方に向けてNZでの代表的マス釣りスポットの情報と日本語マップ、そしてマス釣りスポットへの足となるレンタカーやキャンピングカーの予約サイト、フィッシングロッジとも言われるマス釣りには最も適した宿泊場所の情報などを掲載しています。

紹介しているNZでのマス釣りスポットは、NZ南島ではクイーンズタウン近郊のマタウラ川、クイーンズタウン郊外のグレノーキー周辺、ワナカ湖周辺、フィヨルドランド国立公園内とテアナウ周辺、西海岸地区のフランツジョセフ近郊、テカポに近いトゥワイゼルとオマラマ周辺の6か所です。これに加えてNZでのフライフィッシングの聖地である北島のタウポ周辺でのマス釣り情報を紹介してます。

NZマス釣りサポートには各地区の日本語マップを掲載してますが、このマップ上の川へのアクセスポイントやアコモデーション、ホリデーパーク、キャンプ場などは南島のマップに関しては全てその場に行ってGPSデータを拾ってきてるものを載せています。これらのアクセスポイントやアコモデーションなどはグーグル検索でも出てこないところばかりです。また、これらのマス釣りスポットはどこもWifiの繋がらない所ですが、GPSは使えるところなので是非日本を出発する前にこのマップの情報はスマホにダウンロードしてナビ代わりに活用してほしいマップとなります。


NZマス釣りサポートのマタウラ川上流マス釣りアクセスポイント・日本語マップ

NZマス釣りサポートではマタウラ川でのマス釣りに最適なCastle Hill Lodgeを始めそれぞれの川に徒歩でも入っていけるようなアコモデーションとなるロッジやB&B、モーテル、またホリデーパークやキャンプ場までマップとページに載せています。これらのアコモデーションはオンラインホテル予約サイトなどにも出てこなかったり、それがマス釣りに適した宿かどうか分からないところばかりです。これらのアコモデーションのオンライン予約もNZマス釣りサポートのページから可能です。

NZにマス釣りの為に個人旅行でやってきて、フィッシング・ガイドを付けなくても地元の人と同じように釣りを楽しめるようにNZでの様々なフィッシング情報をNZマス釣りサポートでは載せていますが、NZでも最近人気のマス釣りスポットも紹介してます。それがNZ南島ではテカポから続く水力発電用の水路;Hydro Canalでのマス、およびサーモンフィッシングです。この水路での釣りは他の川とは違い、冬の時期(6月から9月)でも釣りができる場所であり、なんといっても話題になってるのが巨大トラウトが子供でも釣り上げているスポットとして知られています。日本にはあまり知られていないこんな人気フィッシングスポットもマップと共に紹介してます。

NZでのフライフィッシングと言えば昔から北島のタウポです。このフライフィッシングの聖地であるタウポでのマス釣りのための情報もNZマス釣りサポートでは満載してます。ここもNZでは唯一といっていいその川での釣りが冬の間の6月から9月にかけて許されているところです。ましてその冬場がこのタウポは最もマス釣りスポットとして人気があり、多くの釣り人が世界中からやってきます。是非NZマス釣りサポートの情報を参考にご自身のフライフィッシング技量をNZで試してみて下さい。

NZ南島をキャンピングカーで旅行しませんか?

NZのアウトドアーを満喫するためにキャンピングカーやレンタカーを利用して周遊するのもお勧めです。NZ南島をそのキャンピングカーを利用するために必要な旅行情報をまとめたNZキャンパーホリデーのサイトページをリニューアルして、南島のホリデーパークなどの情報を更新させました。

NZキャンピングカーホリデー
NZキャンピングカーホリデーではNZでキャンピングカーやレンタカーで周遊する為のレンタルキャンピングカーの情報からホリデーパークなどの情報を日本語マップとモデル周遊スケジュールと共に紹介しています。

今回更新させたのはNZ南島のホリデーパークとキャンピンググランドの情報を充実させました。これを参考に是非NZ南島のアウトドアーを満喫しながら周遊してみて下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャンピングカーならマウントクックの麓にあるホワイトホースヒルキャンピンググランドなどに泊まりながらトレッキングなどを楽しめます。NZキャンピングカーホリデーではこのようなDOCが管理するキャンプサイトのうちお勧めのキャンプ場を紹介してます。またキャンプ場の利用方法も分かります。

ミルフォードサウンドロッジキャンパーバンサイト

レンタカーでNZを周遊する際はNZ全国にたくさんあるホリデーパークを利用するのもお勧め、ホリデーパークにはモーテルタイプのその部屋にキッチンやシャワールームがあるキャビンやロッジと呼ばれる部屋があります。またキャンピングカーで泊まる時には電源を確保できるパワーサイトを利用ができ、また共用のキッチンやシャワールームも併設されているので快適に、そしてホテルよりはとても格安に宿泊が楽しめるでしょう。NZキャンピングカーホリデーではミルフォードサウンドロッジを始め、NZ南島にあるお勧めのホリデーパークを紹介してます。それらのホリデーパークだとキャンプ場と違い事前にオンラインで予約も可能です。

NZキャンピングカーホリデーではNZ南島をキャンピングカーで周遊するモデルコースを5つ、日本語グーグルマップと日程表でも分かるようにしています。それぞれのマップからは宿泊地になる町のホリデーパークやキャンプサイトの所在地はもちろんのこと周遊中に楽しめるアウトドアーのアクティビティー、見どころなども分かるようになってます。

 

NZ南島周遊モデルルートマップ,アップグレイド

ニュージーランドに個人旅行でやって来て周遊することを計画する際にモデルコースとなるマップとそれをたくさん掲載しているサイトをアップグレイド&更新しました。NZらしい大自然が詰まった南島を周遊するときに活用してください。

グーグルマップが最近その仕様をアップグレイドさせたのに伴い、これまで作ってきた周遊モデルルートマップをアップグレイドして、新たに改正して、観光&見どころスポットも加えてから公開しました。またNZブリーズのページ(ニュージーランド個人旅行周遊モデルルート http://www.nzbreeze.co.nz/contents/model%20route/nz%20model%20route.htm)も新たに更新させました。

今回アップグレイドさせたモデルルートマップは南島周遊だけですが、今後は北島の周遊モデルマップも作成する予定です。しかし、やはりNZらしい大自然や見どころ、アクティビティーがそろっているのは南島です。このNZ南島モデルルートマップは全部で10マップを公開していますが、これらを見ていただければ一般的旅行会社のパッケージツアーでは組まれていないルートを個人旅行で周遊できることが分かると思います。しかもNZブリーズのサイトぺージではこのマップから定期路線バスを利用して周遊できるかどうか?また、レンタカーやNZブリーズの観光送迎サービスを利用してなら周遊できるルートを見つけることができるでしょう。

一般的な日本の旅行会社が組むパッケージツアーのNZ南島周遊ルートはクイーンズタウン/ミルフォードサウンド/マウントクック/テカポそしてクライストチャーチへと抜けるアルプス街道とも言えるNZ南島を縦断するコースです。このNZ観光旅行の定番ルートも最短で2泊3日で駆け抜けることができますが、このマップからはどこで滞在をしたら何が見れるか?何ができるか?何が体験できるかなども分かり滞在が必要な場所や周遊必要日数も分かることでしょう。

また、定番のアルプス街道縦断ルート以外に太平洋沿いの観光地、特にペンギンなどのNZ固有種の自然海洋動物が見られるオアマルやダニーデンにも立ち寄るペンギン街道ルートや、NZ南島の西海岸を縦断して氷河トレッキングなどを楽しむためのルートなども4マップ公開しています。そしてNZ南島を2週間ぐらいかけて周遊できる方にお勧めの日帰りトレッキングを満喫する周遊ルートやNZ南島の温泉を巡るルートなどのマップも公開しています。


NZ南島定番の周遊ルート;アルプス街道縦断ルートマップ。このマップではクイーンズタウンからミルフォードサウンドに一日観光に出かけた後、クイーンズタウンからマウントクックへ移動して一泊、そしてマウントクックからテカポ経由でクライストチャーチ空港へと向かうルートを紹介しています。クイーンズタウンで2泊してマウントクックで1泊後クライストチャーチ空港からNZ南島を離れる3泊4日のコースとしています。このグーグルマップからその道のりの詳細な経路や走行距離も分かります。このマップのKLMファイルをエクスポートしてご自身のマイマップにインポートしたらNZにやってきてこのマップをGPSマップとしても活用してもらえます。)


(アルプス街道に加えてオアマルやダニーデンといったNZ南島の太平洋沿いも周遊するときに使えるマップです。ただしこの周遊ルートはレンタカー、もしくはNZブリーズの送迎サービスなどを利用すれば現実的になるものです。マウントクックおよびテカポからダニーデンへの最短ルートとなる国道82号線を通る定期路線バスがないためです。またオアマルに滞在してブルーペンギンコロニーに行くためにも町の宿泊場所からはレンタカーなどが無ければ不便になるため定期路線バスだけを利用して周遊することを考えている方には向かないでしょう。)


NZ南島の西海岸を縦断するグレイシャー街道ルート。このマップではクライストチャーチからまずマウントクックを目指して、クイーンズタウンまで南下した後西海岸へと向かいます。フランツジョセフで滞在後グレイマウスでルートは終わっていますが、このグレイマウスからはトランツアルパイン列車利用でクライストチャーチまで戻ることが可能になります。クイーンズタウンからグレイトサイツ観光バス(実際はNewmansバスが運行)がフランツジョセフまでツアーバスを毎日運航していますし、フランツジョセフからグレイマウスまではインターシティーバスを利用でき、しかもこのインタシティーバスはグレイマウス駅でトランツアルパイン列車と接続して乗り継げることができます。)

NZ南島の人気の日帰りまたは半日トレッキングが楽しめる観光地を全て周遊するルート。NZの南島で日帰りハイキング、トレッキングが楽しめるところとしてはマウントクックが人気ですが、それ以外にテカポでも楽しめます。またクイーンズタウンからはルートバーントラック体験一日ハイキング、テアナウからはあの有名なミルフォードトラックをガイド付きで一日だけ体験できるツアーが行われていますし、ルートバーントラックの一部でもあるキーサミットへのハイキングもミルフォードサウンド観光と併せてレンタカー利用なら可能です。そしてワナカもロブロイ氷河トレッキングに一日かけて出かけることができるところです。そして西海岸にはフォクスグレイシャーとフランツジョセフで氷河の上を半日で歩ける氷河ウォークやヘリハイクが行われています。)

NZ南島マス釣りサポートサイト公開

ニュージーランドの南島の主な川は10月からマス釣りのシーズンが始まりました。それに合わせてそのマス釣りのためのフィッシング情報満載のサイトを開設しました。NZでトラウトフィッシングをやってみようと思っている方はこのNZ南島マス釣りサポートを一度は覗いてみて下さい。このサイトの情報を利用すれば初めてNZにマス釣りをするために訪れる人でもガイドを雇ったり、ツアーに参加しなくても個人旅行でマス釣り旅行が作れるでしょう。

ニュージーランドでは北島のタウポ周辺がマス釣りではとても有名で、一年を通してトラウトフィッシングが楽しめる川や湖が多いところとして知られてますが、南島にも欧米からわざわざやってくる釣り人も多いスプリングクリークがあることでも知られてます。その南島で人気の、そして観光地からも近い川をこのサイトでは紹介しています。

このNZ南島マス釣りサポートではレンタカーなどを利用して初めて訪れる川でも、その川へのアクセスゲートが分かるようにグーグルマップに公開した川ごとのアクセスポイントマップを載せています。またピックアップした渓流はホテルやモーテルがあって、スーパーマーケットもあるような町、または観光地にも近いところばかりです。

クイーンズタウンから通える川としては、ブラウントラウトのフライフィッシングではNZで最も有名な川と知られるマタウラ川、そしてグレノーキー周辺の川、またワナカではこれまたそのライズがすごいことで知られるワナカ湖から流れ出すクルーサ川のDeansBank区間、テアナウではフィヨルドランド国立公園の中を流れるフライフィッシングのみの川のエグリントン川を取り上げてます。それから南島の西海岸からはNZのスプリングクリークと代名詞がつけられているラ・フォンティンストリームを取り上げています。

まだ工事中のページが残っていますが、11月以降からこれらの川も水温が上がり本格的にフライフィッシングのシーズンに入って行きます。このサイトを参考に今年のNZの夏には周遊旅行中にマス釣りも楽しんでみてください。


NZ南島マス釣りサポートのバナー)


View larger map

(NZ南島マス釣りサポートにも掲載しているクイーンズタウンから車で1時間ほどのマタウラ川のアクセスポイントマップ)

 

NZブリーズ13-14シーズン・南島周遊ツアープラン更新

ニュージーランドの南島の観光地情報を現地から直接発信しているニュージーランド・ブリーズではその観光地を結ぶ観光送迎サービスと周遊観光ツアーも行っています。その13-14シーズンの新ツアーを発表しました。http://www.nzbreeze.co.nz/contents/support%20tour/13%20support%20tour%20plan.htm

これまで行われてきたNZブリーズツアープランに参加していただいた方々の意向と日本の旅行会社のパッケージツアーでは余り見られないけど是非紹介したい観光地を定期バスなどでは時間の掛かりすぎる行程を効率よく、そして可能な限りのんびりと過ごせるように考慮して厳選したコースを5ツ作りました。

NZブリーズのツアープランは基本的に専用車利用です。混載バスではない参加者だけの専用車となりますので行程中のわがままを聞かすことが可能でその日の天気や体調によって時間を変更なども可能なのが評判です。またコース自体も参加者の希望を汲み取ることはかなり自由にできるので延泊や希望の立ち寄り場所を追加することも可能になります。これに加えて最近はご家族や友人同士の少人数でNZに自由旅行される方も増えたのでこれまで4人までの対応だったプランを8人まで対応可能にしました。8人までの小グループの方々を12人まで搭乗可能な一台の専用車で周遊することが出来ます。

新コースは主にNZ南島の主要な人気観光地を泊まり巡るものですが、クライストチャーチ空港がNZへとやって来る最初の到着地になる人は空港出向かえからツアーは始まり、その後テカポ、マウントクック、クイーンズタウン、そしてミルフォードサウンドへと南下していきながら周遊後クイーンズタウン空港から出発する4泊5日のコースが基本になります。このコースを逆回りにすることも可能になっていてクイーンズタウン空港から始まり北上してクライストチャーチ空港でお別れという行程も同料金で可能になっています。

コースにおいて利用するホテルはどのコースもデラックスホテルで、口コミ評価も高く、個人的にもお勧めできるホテルを選びました。マウントクックはハーミテージホテルのマウントクックが見れるお部屋(SuperiorRoom)を基本にしています。

詳しいツアープランはNZブリーズのサイトページをご覧になっていただきたいのですが、簡単に5つの新コースを紹介しましょう。
1)定番NZ南島見どころ縦断プラン (通年催行可能)
これまで最も人気のあったコースの継承ですが、多くの旅行者は通り過ぎて、立ち寄るだけのテカポとマウントクックに一泊づつします。その後マウントクックから一日でテアナウまで移動するのですが、途中クロムウェルやバンジーブリッジ、アロータウンなどオプショナルツアーなどで行かなければならない小さな観光地も立ち寄ります。そしてミルフォードサウンドには日本語ガイドつきで向かうことになりますが、テアナウから出発することになるので一般的に行われているクイーンズタウンから始まる終日観光バスツアーよりは時間的にも車での移動距離もかなりの節約が可能になり、その後宿泊するクイーンズタウンでの滞在時間も増やすことが可能になります。NZブリーズのツアープランではどの観光地でも延泊などの変更も可能ですが、素敵なクイーンズタウンでの滞在も延長することが可能なコースです。

2)マウントクック2泊、NZ南島大自然満喫プラン (通年催行可能)
マウントクックのハーミテージホテルに2連泊することで終日のマウントクックハイキングを楽しむことも可能になります。マウントクックではハイキング以外にグレイシャーエクスプローラーや氷河着陸するセスナ機もしくはヘリコプターでの遊覧飛行もオプショナルツアーで可能になります。

3)ミルフォードサウンドとマウントクックに泊まる貴重体験プラン (10月~4月)
世界遺産であるミルフォードサウンドの中には宿泊施設が限られている為ほとんどの人がここには日帰りでやって来るのですが、そのミルフォードサウンドに泊まれるクルーズ船に一泊することが含まれたツアーです。そしてもう一つのNZを代表する観光地でもあり世界遺産の中でもあるマウントクックのハーミテージホテルに宿泊するこれも人気のあるコースです。マウントクックでは半日以上の時間を自由に過ごしていただくことも可能です。

4)ミルフォードトラック体験半日ハイキングつきNZ南島トレッキングプラン (11月~4月)
ハイキング天国のNZのなかで最も人気のミルフォードトラックとマウントクックでのハイキングが楽しめるツアーです。ミルフォドトラック半日ハイキングには日本語ガイドが同行します。そして午後からはミルフォードサウンドでの遊覧クルーズも楽しめ、他のツーアでは2日間にかけて行う行程を効率よく一日で楽しめます。そしてマウントクックも滞在。マウントクック滞在後はテカポにも泊まります。このためマウントクックでも終日のハイキングを楽しむ時間をつくりだすことも可能になります。

5)NZ南島大周遊・ウエストコーストプラン (通年催行可能)
NZ南島の隠れた観光地ウエストコーストにも回るツアーです。ツアーはクライストチャーチから始まりまずテカポに一泊後マウントクック経由でクイーンズタウンまでやってきてここで2泊、この2泊の間にミルフォードサウンドへは観光バスツアーにて訪れます。そして4日目以降欧米からやってくる自由旅行者には根強い観光地として知られるフォックスグレイシャー、またはフランツジョセフに専用車で訪れます。この西海岸は交通手段が限られるので通常で2日以上の滞在が必要になりますが、専用車利用なので1泊2日で巡ります。けれど十分フォックスグレイシャーなどの大氷河見学、又は氷河の上を歩く半日氷河ハイクに参加する時間はあります。最後にはNZのなかで最も人気のある観光列車のトランツアルパインを使いクライストチャーチへと戻ります。

NZブリーズ NZ南島周遊ツアーぺージ
http://www.nzbreeze.co.nz/contents/support%20tour/13%20support%20tour%20plan.htm