テカポ,マウントクックで11月12月に高原の花を見るための送迎ツアー

NZの南島は11月12月ぐらいには高原の花が咲き乱れるシーズンになります。その時期にテカポとマウントクックを巡る送迎ツアーをNZブリーズは行います。

テカポのルピナスとマウントクックのマウントクックリリーを見て、撮影して歩くことができるNZ南島送迎ツアー

NZブリーズではクライストチャーチもしくはクイーンズタウンからテカポとマウントクックを経由して2日から3日間での観光送迎ツアーを行っています。11月、12月の高原の花が咲き乱れる風景を専用車で観光、そしてお花畑での撮影やマウントクックリリーが咲くフッカーバレーを個人トレッキングで歩いていく時間も含めた日本語ドライバーガイドでの送迎ツアーを利用してNZ南島の春を満喫してみて下さい。

NZブリーズの観光送迎ツアーは…
・日本人ドライバーガイドによる予約者だけの専用チャーター車利用プライべートツアーになります。
・ホテルはツアーに含まれません。ご自身で手配していただけます。当社で手配も可能です。その場合は見積もり依頼をしていただけます。
・クライストチャーチ空港又はクイーンズタウン空港への到着、又は出発時間に併せて出迎え、送迎ができます。NZ南島での滞在時間、日数の節約が可能になります。

そのほかのNZ南島送迎ツアーや片道送迎サービスなどの詳細はNZブリーズの送迎サービスページにて分かります。

ZQN3ツアー/マウントクックとテカポ泊クライストチャーチへの3日間

一日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、マウントクックへ観光送迎 マウントクック泊
二日目;マウントクックからテカポへ送迎。マウントクック出発時間は希望に沿います。テカポでは人気観光スポットでの下車観光有り。テカポ泊
三日目;テカポ発クライストチャーチ空港又は市内ホテルへ送迎

NZ$1800/2~3名

ZQN5ツアー/クイーンズタウン発着マウントクックとテカポ泊3日間

一日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、マウントクックへ観光送迎。マウントクック泊
二日目;マウントクックからテカポへ送迎。マウントクック出発時間は希望に沿います。テカポでは人気観光スポットでの下車観光有り。テカポ泊
三日目;テカポ発クイーンズタウン空港又はクイーンズタウンホテルへ送迎

NZ$1500/2~3名

CHC2ツアー/テカポとマウントクック泊クイーンズタウンへの3日間

一日目;クライストチャーチ空港出迎え,チャーター車でテカポへ送迎。テカポでは人気観光スポットでの下車観光有り。テカポ泊
二日目;テカポからマウントクックへ送迎。マウントクックでは午後の時間を使って半日トレッキングや現地ツアーを楽しめます。マウントクック泊
三日目;マウントクック出発、ランチタイムをワイナリーレストランで取りクイーンズタウンへ観光送迎。(ワイナリーレストランでの費用は含まれません。)

NZ$1890/2~3名

CHC4ツアー/テカポ泊クイーンズタウンへの2日間

一日目;クライストチャーチ空港出迎え,チャーター車でテカポへ送迎。テカポでは人気観光スポットでの下車観光有り。テカポ泊
二日目;テカポ出発マウントクックを経由してクイーンズタウンへ観光送迎。マウントクックにて自由時間3~4時間を持つことも可能

NZ$1400/2~3名

2017年のルピナス、マウントクックリリーの見ごろは…

17年テカポのルピナス11月17日

2017年のテカポ周辺のルピナスの花は11月下旬ぐらいが満開時期でした。写真は11月17日に撮影。毎年テカポ周辺では12月下旬ぐらいまでルピナスが楽しめます。またミルフォードサウンドへの道のりも12月から1月にかけてこのルピナスが咲き乱れます。

2017年マウントクックフッカーバレーのマウントクックリリー11月18日

2017年11月18日のマウントクックフッカーバレーでのマウントクックリリー。マウントクックのフッカーバレーは例年10月下旬ぐらいからこのマウントクックリリーが咲きはじめ、12月上旬ぐらいまで楽しめます。

11月から12月上旬にかけてのマウントクックのフッカーバレーは、奥に向かって歩いていけばいくほどマウントクックリリーがたくさん咲き乱れています。特に第3の吊り橋を渡る前後はマウントクックリリー畑のような道のりを歩いて行けます。この第3の吊り橋まではガイド付き半日ツアーではいけないのですが、NZブリーズの送迎ツアーではフッカーバレーを個人で歩くことができる時間を自由に設定していただけます。

テカポとマウントクックのホテルを日本語で料金比較してオンライン個人手配ができます。

テカポに6月30日の夕方から7月1日朝まで1泊

テカポに6月30日の日の入り後に到着して、テカポのホテルで1泊して7月1日の朝、日の出の時刻後すぐにマウントクックへと向かっていくまでの体験記です。これから8月下旬ぐらいまでにテカポにやってくる方には多少参考になるでしょう。

テカポの冬は夜が長くて日の出の時間がとても遅い

6月30日(土)にクライストチャーチ空港からテカポに向かいました。クライストチャーチ空港でお客さんを出迎えたのですが、この時期は日本からのNZ航空便はAM08時ごろ到着、それから国内線に乗り継いでクライストチャーチまで来るのは早くてもPM12時過ぎになるでしょう。その時間からテカポに車やレンタカーで向かうとテカポには早くてもPM16時半過ぎになります。この時期は日の入りがPM17時ごろです。テカポに到着の時にはかなり暗くなっている時間に到着です。この6月30日も国内線の到着が1時間遅れたことやクライストチャーチの市内観光を少し行ってからテカポに向かったので、テカポに到着時間はPM18時半過ぎ、さすがにテカポは真っ暗で湖の色なんかは全くわからない、湖自体があることも分からない時間に到着となりました。

テカポに泊まると多くの人が夕食を取りに行くのが日本食レストランの湖畔、サーモン丼が有名で日本人より最近は中国からの旅行者に大人気。これが一年中衰えることなく続いているのでここで夕食を取りたい人は是非事前に予約した方が良いでしょう。この6月30日も大盛況の湖畔レストランでした。但しこのレストランも日曜日の夜は定休日。このテカポにも他のレストランがあるのですが、日曜日の夜は他のレストランなども冬の時期はお休みだったりします。テカポに6月から8月の日曜日に宿泊する人は夕食が取れるレストランは5件ぐらいだと思っていてください。選択肢はあまりありません。(Reflections Cafe & Restaurant;カフェバーレストラン, Tin Plate Kitchen & Bar;イタリアン, Mackenzies Cafe Bar Grill 石焼きステーキなど,後はタイ料理店と中華レストランがあるだけ)

またこの時期は夜の時間が長くなるのですが、テカポに泊まる人の目的は大体星空を見にやってきます。Erath&Sky社が行う星見ツアーもこの時期は出発が早く、6月30日はMt JohnのツアーがPM20:20出発、Corwan’s HillへのツアーはPM20:15発となってました。だからこの時間までに夕食を済ませなければならないので湖畔レストランもPM18時のオープン時間からPM19時半ぐらいまでは予約一杯です。

この日の夜は残念ながら曇り空の夜でした。まして満月の日から3日後の夜、そしてPM19:30ぐらいが月の出の時間ということで星空ツアーが始まる時間には東の曇り空の隙間から月が光り輝くような夜となりました。この日のツアーはCorwan’s Hill のツアーは出発はしたけど、星が見えないということで15分ぐらいで戻ってきてツアー代金は返金となってました。しかしMt Johnのツアーに参加した人は天文台の説明などが主だったけど星は見れたということで2時間ツアーはしっかり催行されてホテルに戻ってきてました。(このツアーは一旦出発したら返金は無い。NZ$150/一人)

テカポの良き羊飼いの教会を6月30日PM20時半、満月から3日後の月が曇り空から覗いている方向に撮った写真

星空が見られないので良き羊飼いの教会があるところからテカポの町方面(南の方角)を撮った写真、PM20時半ぐらい

翌日は朝からマウントクックへと向かい、その後クイーンズタウン、そしてテアナウへと向かう日だったので早朝出発、冬の時期だから早朝と言えるAM08時半出発です。この時期朝日が昇る時間がAM08:15ぐらいです。朝出発の時間がまだ薄暗い。7月1日の朝は少し小雨が降っていたのですが、昨晩到着の際はその存在さえ分からなかったテカポの湖と良き羊飼いの教会をちょっと見学してからマウントクックへと向かいました。この時期はこの良き羊飼いの教会の管理人さんもAM10時の出勤となってます。そして教会の中に入れるのもPM16時まで。もし良き羊飼いの教会の中を覗いてみたいなら日中にテカポに立ち寄るようにしましょう。

7月1日AM08時半テカポの良き羊飼いの教会、この時間はまだこの柵が開けられてないので教会の建物へ近づくことはできません。

7月1日AM08時半、日の出の時間から15分後ぐらい。このときに昨晩テカポに到着した人にはテカポには湖があって、その水の色が青白いものということを始めてその目で見ていただけました。

NZブリーズのテカポまでの観光送迎ツアー

NZブリーズでは冬でもテカポへとクイーンズタウン、もしくはクライストチャーチから観光送迎ツアーを行ってます。詳細、料金、問い合わせ先はNZブリーズのNZ南島観光送迎サービスページにて確認してください。

 

 

NZ航空の春から夏のセール7月17日まで

NZへの直行便を定期就航しているNZ航空が18年から19年の観光シーズンであるNZの春から夏にかけての格安セールを7月17日まで行ってます。

NZ航空利用で格安にNZ南島を個人旅行計画を立てるのは今です。

ニュージーランド航空が8月13日から来年の3月までという冬、そして春から夏の期間が旅行対象期間となるセールを行ってます。これを機会に遅めの夏休み、そしてシルバーウィークのNZ旅行、そしてNZの夏のトレッキング旅行、レンタカーやキャンピングカーでの周遊ドライブ旅行計画を立ててみてはいかがですか?

NZ航空は成田からオークランドまでの直行便は通年毎日就航されていて、それに加えてこのセール期間にも入る7月18日以降は羽田からオークランドへの直行便が週3便、そして関空からは今年も10月26日から週3便オークランドまでの直行便が飛ぶことになります。

NZ航空のオフィシャルサイトからは検索時に料金や乗継便も分かるNZ南島への旅行も簡単にできます。クライストチャーチやクイーンズタウンまでの単純往復はもちろんのこと、クライストチャーチに降り立った後陸路を移動後クイーンズタウンから帰路に就く複数都市周遊チケット(又はその逆のクイーンズタウン到着からクライストチャーチ空港から日本への航空券)の検索も簡単にオンラインでできます。

NZブリーズのページではNZへの個人旅行計画が全て立てられます。

NZブリーズではクライストチャーチ空港、又はクイーンズタウン空港到着時から始まるNZ南島のホテル付き周遊ツアーや2~5日間かけて移動しながらNZ南島を観光できる送迎ツアーを行ってます。

NZ南島の主な観光地であるクライストチャーチ、テカポ、マウントクック、そしてミルフォードサウンドをクイーンズタウンを拠点としてチャーター車で巡るプライベートツアーを行うNZブリーズの観光送迎ツアーページ

また、オークランド空港やクライストチャーチ空港、そしてクイーンズタウン空港に降り立ってからレンタカーでNZを周遊するなら格安レンタカーのエースレンタルカーがお勧めです。

オークランド空港と市内、クライストチャーチ空港とクイーンズタウン空港に事務所のあるエースレンタルカーのホームページ

 

ミルフォードトラックとマウントクックの日帰りトレッキングを含むNZ南島ツアー

NZのトレッキングシーズンにミルフォードトラックやマウントクックなどの人気トレッキングルートを日帰りで歩くことができる日程が含まれ、テカポやクイーンズタウンなどの観光地を巡るホテル付きのNZブリーズのツアー2コース、予約、問い合わせを開始しました。

NZブリーズのホテル付きツアーはクイーンズタウン、又はクライストチャーチ空港到着から始まるNZ南島の現地ツアーです。そのツアーに日帰りトレッキングを主な目的とした周遊ツアーを18-19年シーズンは2つのコースを用意しました。

ミルフォードトラックやルートバーントラックといったNZのトレッキングでの代表的ルートを一日、もしくは半日で、しかもガイド付きの体験トレッキングが楽しめる現地ツアーを含み、マウントクックではフッカーバレーやケアポイントなどの人気ルートへ個人で自由に歩ける時間を2つのコースでは設けています。

NZにトレッキングを目的にやってきて代表的なトレッキングルートを日替わりで巡ってみたい方には最適なツアーになるでしょう。

NZ南島人気の日帰りトレッキングツアーやマウントクックでの自由ハイキングが含まれたツアー

(16)NZ南島日帰りトレッキング三昧6日間ツアー

ミルフォードトラックとルートバーントラック、そしてマウントクックのフッカーバレーを半日又は日帰りで歩くことができる6日間ツアー。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • テアナウ2泊+クイーンズタウン2泊+マウントクック1泊
  • ミルフォードトラック半日ガイド付きトレッキングツアー
  • ミルフォードサウンド遊覧クルーズ
  • ルートバーントラック日本語ガイド付き一日トレッキングツアー
  • マウントクックでの半日の自由トレッキング時間
  • テカポでの下車観光
  • 日本語ドライバーガイドによるチャーター車移動
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能

2名以上での参加可能
料金;NZ$2750/お一人
18’10/26~19’4/21出発
*出発日により催行できない日があります。

NZ南島日帰りトレッキング三昧6日間ツアー日程表はこちら

(5)ミルフォードトラックとマウントクックをトレッキングで楽しむ5日間ツアー

ミルフォードサウンドで宿泊して、ミルフォードトラックの半日ガイド付きツアーとミルフォードサウンド遊覧クルーズも楽しめるツアー。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • テカポ2泊+テアナウ1泊+ミルフォードサウンド1泊
  • テカポに2連泊
  • テカポからマウントクックに日帰り観光
  • マウントクックでの終日の自由トレッキング時間
  • ワイナリーでのランチタイム
  • ミルフォードサウンドロッジのシャレーに1泊
  • ミルフォードトラック半日ガイド付きトレッキングツアー
  • ミルフォードサウンド遊覧クルーズ
  • 日本語ドライバーガイドによるチャーター車移動
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能
  • クイーンズタウンのホテルは含まれません。

2名での参加のみ
料金;NZ$2850/お一人
18’10/26~19’4/21出発
*出発日により催行できない日があります。

ミルフォードトラックとマウントクックをトレッキングで楽しむ5日間ツアーの日程表はこちら

NZブリーズのホテル付きNZ南島周遊ツアーページ

ミルフォードトラックの一部分であるサンドフライポイントからジャイアントゲートフォールスまでの片道5.5kmほどの道のりをガイド付きで歩ける現地小人数ツアーに参加ができます。

マウントクックでは自由時間を終日とれます。その自由時間に人気のフッカーバレートラックもフッカー氷河湖まで片道約7kmほどの平坦な道のりを写真も撮りながら歩けます。

NZ南島の春,9月10月に観光とトレッキングを楽しむツアー

NZ南島の9月、10月は春先のとてもいい季節です。牧場は新緑が広がり、子羊がどんどん生まれてくる時期で牧場がとても華やぎます。また、山肌には雪が残っていてこれも一年の中で最も景観がきれいな時期です。そして9月末からはサマータイムも始まる日中の時間がどんどん長くなり観光やトレッキングにもいい時期になっていきます。

NZブリーズの9月、10月限定、ホテルと日本語ドライバーズガイドによる専用車での移動が含まれている18年度ツアー

(8)春のNZ南島ハイキングとミルフォードサウンド5日間ツアー

ミルフォードサウンド観光とルートバーントラックの日帰り日本語ガイド付きハイキングが楽しめる4泊5日ツアー。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • クイーンズタウン3連泊+テカポ1泊
  • マウントクックにて4~5時間の自由時間
  • ミルフォードサウンド日帰り観光バスツアー
  • ルートバーントラック日本語ガイド付き一日トレッキングツアー
  • 日本語ドライバーガイドがご案内
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能

2名以上での参加可能
料金: 9月,10月=NZ$2100/お一人

日程表はこちら

(3Day1) テカポとマウントクックのホテル付き2泊3日縦断ツアー

テカポとマウントクックに2泊してクイーンズタウンとクライストチャーチ間を3日間かけて観光縦断。

ツアーで宿泊する観光地と含まれる主なハイライト

  • テカポ1泊+マウントクック1泊
  • マウントクックはハーミーテージホテル泊,朝食と夕食付
  • ワイナリーでのランチタイムを含む
  • 日本語ドライバーガイドがご案内
  • クライストチャーチ空港、もしくはクイーンズタウン空港から始めるコースを選択可能
  • クイーンズタウンのホテルは含まれません。(クイーンズタウンのホテルは自己手配、もしくはNZブリーズにて手配も可能です。要問合せ。)

2名以上での参加可能
料金:9月出発=NZ$1500/お一人 10月出発=NZ$1600/お一人

日程表はこちら

NZブリーズのホテル付きNZ南島周遊ツアーページ

17年の9月27日のマウントクックのフッカーバレートラック。トレッキング道には雪や凍結もなく、けど周りの山肌にはたんまりと雪が残っているとてもきれいな景観を見ながら歩くことができます。NZブリーズのツアーの日程ではこのマウントクックでの個人トレッキングの為の自由時間を持つことができます。

ルートバーントラックは10月末から山開きがされますが、ルートバーン・フラットまでなら積雪などの心配もなく冬でも歩くことができます。そのルートバーンフラットまで日本語ガイド付きでクイーンズタウンから日帰りでトレッキングを楽しむ現地ツアーを(8)春のNZ南島ハイキングとミルフォードサウンド5日間ツアーには含めています。

NZ南島の11月から3月の人気観光地ホテル個人手配はお早めに

ニュージーランドの観光シーズンに今年は個人旅行でやってこようと考えている方はホテルのオンライン予約は今すぐにでも行った方が良いでしょう。すでに年末年始のホテル予約は埋まってきています。

テカポ、クイーンズタウン、マウントクックの11月以降のホテル予約はお早めに

毎年11月以降3月ぐらいまでのNZの観光シーズン中では人気観光地であるクイーンズタウンなどのホテルは海外からの旅行者で埋まってしまいます。年々その傾向はひどくなる完全な売り手市場になっていて、各ホテルの稼働率は90%を超えるといわれています。

今年も6月14日の段階で既に年末年始のホテル予約は埋まって来ています。人気の観光地、又は夏の避暑地にもなるテカポやマウントクックなどはホテル自体の数が限られていることもあって主なホテルは12月30日から1月3日までの間はほぼ予約一杯になっています。ましてテカポは11月以降3月までの間はどこのホテルもバックパッカーに至るまで2泊以上の予約が必要という制限が加えられます。だから年末年始にテカポでは1泊だけするのはほぼ不可能といった観光地になっています。

また、クイーンズタウンにはホテルがたくさんあるのですが、ここも完全に売り手市場になってるので年末年始は2泊以上、そして特別料金に跳ね上がります。NZの主な観光地のホテル1泊料金は最近ではNZ$200以上するのが相場にもなってきてるのですが、これが正月料金はNZ$500ぐらいになります。それでもこの時期は大体どこのホテルやアパートメントも満室/NO Vacancyの看板が玄関口に掲げられることになります。

マウントクックにある唯一のホテル、ハーミテージホテルは今日の6月14日の段階で12月31日と1月1日は満室状態です。これもいつまで続くかは定かではないですが12月30日まで、もしくは1月2日以降にマウントクックを訪れる計画を立てているなら今すぐにオンライン予約をした方が良いでしょう。

テカポの日本のパッケージツアーもよく使うペッパーズ・ブルーウォーター・リゾートの予約画面には12月21日以降1月3日までの予約は2泊以上から受け付けることができるという表示がされています。ましてここも年末年始は2泊以上でもすでにかなり埋まりつつあります。

クイーンズタウンのホテルも年末年始は2泊以上しなければ予約ができないところがほとんどですが正月料金で2泊すると軽くNZ$1000を超えてしまいます。それでもクイーンズタウンのホテルは12月下旬から2月ぐらいまでは満室状態が続くことになります。

クイーンズタウンのホテルを日本語で検索、料金比較してオンライン予約するならHotel Combinedを利用がお勧め。(ブッキング.コムやエクスペディアなどの料金比較が可能なの加えてHotel Combinedではホテル自体が売り出している料金も比較、そしてホテル直にオンライン予約もできます)

NZブリーズではテカポやマウントクック、ミルフォードサウンドといったNZ南島の主な観光地へとチャーター車で数日間かけて移動しながら周遊する観光ツアーを行っています。この観光送迎ツアーはホテルが含まれていません。ご自身で個人手配ができます。

但し、NZブリーズの観光送迎ツアーも6月14日の段階で11月19日(月)から11月26日(月)までの期間と12月31日(月)から1月6日(日)はすでに予約で埋まっていて更なるご予約を受け付けられません。

ミルフォードトラック個人ウォーク18/19山小屋予約6月19日から

ミルフォードトラックの個人ウォーク2018年~19年度シーズン山小屋予約のオンライン予約が6月19日から始まります。今年はその予約のためのオンラインアカウントを作る必要があるようになり、その受付は6月11日から始まります。

18/19年シーズンミルフォードトラック個人ウォークは10月23日から

NZにやってくる目的がこのミルフォードトラックを歩くため!!、という人が待ち焦がれていた個人ウォークのオンライン予約開始日がやっと発表されました。今年は6月19日(水曜日)NZ時間のAM9:30から(日本時間ではAM06:30)ミルフォードトラックを管理する公共機関のDOCのサイトページで始まります。

今年はその予約をする目的の人に事前にオンラインアカウントを作る必要があることになって、これは6月11日(月)から同じDOCのサイトページから行えるようになります。

昨年はこのミルフォードトラック個人ウォークのオンライン予約開始日が2週間前に発表された後、その予約開始が始まった5月3日からたった2週間ほどで歩くのにはベストシーズンと言える11月20日から3月上旬までは予約が埋まってしまいました。今年はこの予約開始日の発表も遅れて、昨年より更にこのオンライン予約を待ち焦がれている人が世界中にたんまりいると思われます。今年はミルフォードトラックを歩いてみようと考えている人は何よりまずこの予約開始日の6月19日をチュックしておきましょう。

ミルフォードトラックを個人ウォークで歩くには3泊の山小屋と交通手段の予約が必要。

18/19年度のミルフォードトラック個人ウォークは10月23日から19年の4月30日までとなっています。この期間の間ミルフォードトラックを歩くには3泊山小屋に宿泊しなければなりません。この3泊の山小屋予約が6月19日からオンラインで始まるのですが、一回の予約で3泊の山小屋が全て予約できます。今年はその宿泊費がNZ国外の人は1泊NZ$140となって、3泊で一人NZ$420となります。

また、このミルフォードトラックを歩くためには交通手段が別に必要でその出発点のGlade Wharfまでのバスやボート、又は到着であるサンドフライポイントからのボートやミルフォードサウンドからのバスなどもオンライン予約で山小屋を予約する際に併せて予約ができます。この費用などは山小屋宿泊費用とは別途必要ですが、この17年度のバスやボートの料金はこちらのDOCサイトページで分かります

ミルフォードトラックの個人ウォークについての詳細はDOCのサイトページから分かります。

テアナウのDOCで山小屋チケットを受け取る為に停まっているクイーンズタウン発テアナウ・ダウンズ行きバス。このバスも山小屋予約の際に併せてオンライン予約ができます。

17年12月13日にジャイアントゲート・シェルターで出くわしたミルフォードトラック個人ウォークの人たち。これらの人はミルフォードトラックの山小屋予約の激戦を勝ち抜いた人たちでしょう。

ミルフォードトラックを歩くための参考追加情報

ミルフォードトラックを歩く人は終着点のサンドフライポイントに辿り着いた後はボートに乗ってミルフォードサウンドへとやってきます。そして大半はその日のうちにバスでテアナウやクイーンズタウンへと向かって行きます。

けれど、このミルフォードサウンドに到着してからミルフォードサウンドの絶景を見るために遊覧クルーズを楽しむ人も結構います。これはDOCの山小屋予約には含まれていないので、別途それぞれの遊覧クルーズを行う会社(Southern DiscoveriesJucy Cruiseなど)のサイトぺージで事前予約が必要です。

ミルフォードサウンドの遊覧クルーズを楽しんだ人でもその日のうちにバスでテアナウまで戻って行きますが、このミルフォードトラックを歩き終わった後にミルフォードサウンドで宿泊する人もいます。但しミルフォードサウンドで宿泊できる手段は2つだけでReal Journeys社が行うオーバーナイトクルーズ、もしくはMilford Sound LodgeとなりこれもDOCの山小屋予約とは別に事前予約が必要です。

また、ミルフォードトラックの山小屋予約が成功した後はそのミルフォードトラックとミルフォーサウンドについての日本語ガイドブックがあればより一層ミルフォードトラックを歩くには興味深く歩いて行けるでしょう。NZブリーズではこの日本語ガイドブック;オールミルフォードガイドをこちらのサイトページでオンライン販売を行ってます。

そして、NZブリーズではクイーンズタウン空港からテアナウへ、又はクイーンズタウンからテアナウのDOCでの山小屋チケット受け取り時間を経由後テアナウダウンズへの片道送迎サービスなども行っています。ミルフォードトラックの歩き方やマウントクックのトレッキングなどの情報を満載したaruitenz.com;NZトレッキングサポートのページも参考にしてください。

7月,8月限定クイーンズタウン発観光付き送迎ツアー

 

7月と8月のクイーンズタウンとテカポを訪れる4日間の観光送迎ツアー

NZブリーズの観光送迎ツアーはホテルはついていませんが、空港到着から空港出発までの間の観光付き送迎を日本語ガイドのチャーター車で行うツアーです。

その送迎ツアーを7月、8月という冬の景色がとても素敵になるクイーンズタウンとテカポの2大観光地を4日間で巡るコースを2つ用意しました。

ZQNWin1;7月8月クイーンズタウン着発+テカポ泊4日間

  • 一日目;クイーンズタウン空港出迎え,市内ホテルへ送迎
  • 二日目;クイーンズタウンにて終日自由、ミルフォードサウンドへの一日観光ツアーなどにも参加できます。
  • 三日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、ランチタイムをワイナリーレストランで取りテカポへ観光送迎。
    ワイナリーレストランでの費用は含まれません。
    テカポまでの道中とテカポでは良き羊飼いの教会などの人気観光スポットでの下車観光を含みます。
  • 四日目;テカポをチャーター車で出発。クイーンズタウン空港又はクイーンズタウンホテルへ送迎

料金;NZ$1200/2~3名

ZQNWin2;7月8月テカポ泊クライストチャーチへの4日間

  • 一日目;クイーンズタウン空港出迎え,クイーンズタウン市内ホテルへ送迎
  • 二日目;クイーンズタウンにて終日自由、ミルフォードサウンドへの一日観光ツアーなどにも参加できます。
  • 三日目;クイーンズタウンをチャーター車で出発、ランチタイムをワイナリーレストランで取りテカポへ観光送迎。
    ワイナリーレストランでの費用は含まれません。
    テカポまでの道中とテカポでは良き羊飼いの教会などの人気観光スポットでの下車観光を含みます。
  • 四日目;テカポをチャーター車で出発。クライストチャーチ空港又はクライストチャーチ市内ホテルへ送迎

料金;NZ$1480/2~3名

7月と8月のクイーンズタウンとテカポを訪れる4日間の観光送迎ツアーの詳細や問い合わせはNZブリーズのサイトページ=クイーンズタウン,クライストチャーチ発着観光付き送迎ツアーページにて分かります。

クイーンズタウンとテカポのホテルを料金比較後日本語オンライン予約

クイーンズタウンのホテルを料金比較後日本語オンラインするならHotel Combined利用がお勧め

テカポのホテルなら

7月と8月のクイーンズタウンとテカポを訪れる4日間の観光送迎ツアーについてのお問い合わせ

クイーンズタウン,ワナカのスキー場18’は6月9日から

クイーンズタウン、又はワナカにスキー、スノーボードを楽しみに来ませんか?2018年のクイーンズタウン,ワナカのスキーシーズンは6月9日から幕開けします。

クイーンズタウンは6月9日から、ワナカのスキー場は6月16日からオープン

クイーンズタウンのスキー場でリマーカブルスキー場が今年18年は一番早く開幕する予定で6月9日からはオープンして、1週間後の6月16日5からコロネットピークがオープンします。同じ日の6月16日にワナカに近いカードローナスキー場がオープンした後最後に6月28日にトレブルコーンが開幕予定になってます。

今年は5月の末の今週に寒波がやってきてどのスキー場もたんまりと雪が積もってこのまま予定日通りにオープンされそうです。そしてどのスキー場も9月下旬から10月上旬までオープンされる予定となってます。

毎年7月上旬のスクールホリデーから本格的にゲレンデは賑わいを見せ始めますが、その7月から9月までの間はクイーンズタウン空港にたくさんのスキーヤー、スノーボーダーを載せたオーストラリアからの飛行機がやってきてクイーンズタウンとワナカの町もスキーリゾートとなります。そのオーストラリアからクイーンズタウン空港にやってくる旅客機の便数は今年は過去最高になることがすでに決まっていてホテルやアパートメントなどは軒並み満室状態が続くことになります。

日本からも日本の夏休みを利用してスキーヤーやスノーボーダーがこのクイーンズタウンやワナカにやってきますが、その大部分は海外スキーツアーを利用する人や大学チームや小学生、中学生を対象としたNZ合宿ツアーなどでやってきている日本人がゲレンデでは見られます。

そういった団体ツアーではなくて個人でもクイーンズタウン、ワナカへとスキー、スノーボードを短期間楽しみに来ることも可能です。そういった個人NZスノーツアーを仕立てるのにNZスノーサポートのサイトページは役に立つでしょう。

クイーンズタウン、ワナカへの個人スノーツアーを個人手配するのに役立つNZスノーサポート

クイーンズタウン、ワナカのスキー場への行き方が分かるゲレンデ情報ぺージ

NZスノーサポートではクイーンズタウン又はワナカに滞在しながらスキー場へ通うための旅行情報を全て紹介しています。まずはクイーンズタウンとワナカ近郊のスキー場であるカードローナ、リマーカブル、コロネットピーク、そしてトレブルコーンのゲレンデ情報からゲレンデではないヘリスキーの情報まで載せています。

NZスノーサポートのゲレンデ情報ページで分かること。

  • カードローナ、コロネットピーク、リマーカブル、トレブルコーンスキー場のゲレンデ情報
  • リフト券、シーズンパスなどの18年シーズン料金
  • クイーンズタウン、ワナカからゲレンデへの送迎バス会社の料金や違い
  • クイーンズタウン、ワナカ、そしてマウントクックで行われるヘリスキーの料金や詳細

クイーンズタウンとワナカにスキー、スノーボード目的で滞在するための旅行情報ページ

クイーンズタウンとワナカに滞在しながらゲレンデへと通うための旅行情報を町ごとの2つのページで紹介しています。

クイーンズタウン又はワナカでのスノー滞在ページで分かること、

  • クイーンズタウン空港へやってくるための航空券
  • クイーンズタウン空港から格安レンタカーをオンライン予約
  • ワナカへのクイーンズタウン空港、もしくはクライストチャーチ空港からの道のりと日本語マップ
  • クイーンズタウンとワナカのそれぞれのスノー滞在に適したお勧めホテル、アパートメント、バックパッカー情報
  • ゲレンデへの送迎バス
  • クイーンズタウン、ワナカの町にあるレンタルショップ
  • クイーンズタウン、もしくはワナカから出発できるヘリスキー会社

クイーンズタウン空港から格安レンタカーならエースレンタルカーがお勧め

クイーンズタウン空港には大手のレンタカー会社(Avis,Herz,Budgetなど)の受付カウンターが空港ビル内にありますがその空港ビルの正面に格安レンタカーとして知られるNZのレンタカー会社;エースレンタルカーがあります。スバルレガシーやトヨタRav4などの4WD車のストックも豊富にあります。

 

マウントクックのフッカーバレーを7月,8月に歩くことができるか

マウントクックの人気のトレッキングコースであるフッカーバレーをNZの冬である7月、8月に歩くことができるのか?こんな質問に対して去年2017年の8月14日に歩いた時の写真でお答えします。

マウントクックのフッカーバレートラックは冬でも閉鎖はされていない。

マウントクック/AorakiはNZの最高峰の山ですが、その麓のハーミーテージホテルやフッカーバレートラックがある標高は大体760mぐらいです。だから冬の時期でも積雪があるのは数日です。だけどさすがに気温は氷点下を下回る日が(それでもマイナス7度ぐらいまで)多くなるので、凍り付いているような朝を迎えることが多いのですが、日中晴天の日は10度ぐらいまでは気温も上がりフッカーバレートラックの道のりも雪や氷に悩まされることがあまりありません。

7月や8月にマウントクックを訪れて、冬のフッカーバレーを歩きたい人はその日の状況を判断して歩きに行ってもいいでしょう。

マウントクックのフッカーバレーを2017年の8月14日に歩いた様子

マウントクックのフッカーバレーへの出発点でもあるキャンプ場は雪も無い。だけどここの水洗トイレはこの時期閉鎖されて(水道が凍り付く)、簡易トイレが設置されます。

フッカーバレー・トラックはフッカーレイクに至るまで3本の吊り橋が出てきますが、2本目の吊り橋まではその道のりも凍り付いていたり、雪がトラック上に残っていることはあまりない。

フッカーバレーにも雪が積もる日はさすがにあるのですが、スノーシューなどで歩いていくほどは積もっていたりする日はほとんど無いけど、残雪が凍り付いているところはさすがに多くなります。けれどアイゼンをつけて歩くには無理なほどの道のりになります。2本目の吊り橋を渡った後は写真のようなボードウォークの道のりも凍り付いていることがあるけどそんなときのためにこのボードウォークには金網が引かれていて滑り止めにもなってます。

昨年の8月14日のフッカーレイク。こんな冬の時期でもこのフッカーバレーを歩きに来てる人は結構いて、冬の間はこんな氷河湖となってるフッカーレイクを見ることができます。

昨年の7月は記録的にも寒い月でもあってマウントクックの最低気温はマイナス14度まで落ち込んだ日がありましたが、フッカーバレートラックの終着点であるフッカーレイクも6月下旬から8月上旬にかけては凍り付いていたりします。この姿がまたとてもきれいだと思います。

マウントクックのフッカーバレーは9月になると雪解け、気持ちよく歩ける日が多くなります。

9月に入ると日差しも強まり、フッカーバレーに日が差し込む時間が断然増えていくので気持ちよくフッカーレイクまで歩いて行ける日が多くなります。昨年の9月27日にフッカーバレーを歩いた様子をブログで紹介してます。

マウントクックの冬にクイーンズタウンから行きたい方にNZブリーズの観光送迎ツアー

NZブリーズでは7月、8月のNZの冬でもクイーンズタウンからマウントクックへの送迎ツアーを行ってます。