クイーンズタウン,ワナカの17年スノーシーズンが始まる

クイーンズタウンとワナカのスキーシーズンが今年も始まりました。2017年度は6月10日、カードローナスキー場とリマーカブルスキー場のオープンから始まりました。今年NZにスキー、スノーボードの為にクイーンズタウン、又はワナカに個人旅行でやってこようと考えている方に今年のスノー情報を少し紹介します。

今年のスノーシーズンは例年より雪の少ない開幕となりました。カードローナスキー場リマーカブルスキー場もまだまだまともに滑れる積雪は全くなく、オープン初日に動かされてるリフトは1~2本という寂しい開幕になってます。来週の6月17日にはクイーンズタウンから最も近いコロネットピークが、そしてその翌週の6月22日からワナカにあるトレブルコーンスキー場がそれぞれオープンする予定となってます。毎年この6月20日前後には各スキー場の山肌には雪がしっかりと積もって、スキーシーズンが本格的になって行きます。今年の予想はまだはっきりとは分かりませんが、来週末ぐらいからは山の上には雪が積もって行きそうな天気予報です。

こちらのスキーシーズンはやはり7月と8月になるでしょう。日本のスキー場と違って毎日積雪があることは全くなく、6月下旬までに一度ドカッと雪が積もる日があって、7月、8月には週に1日ぐらいゲレンデには雪の積もる日があって(それでもせいぜい一日積もって10cm足らず)、ゲレンデも気温が上がらないのでそのまま根雪になって行きます。8月下旬ぐらいから9月中旬ぐらいまでがその年の一番積雪のある時期になるでしょう。今年はこの時期にWinter Games NZという大会がクイーンズタウン、ワナカのスキー場などで行われます。

16年7月26日カードローナスキー場

(昨年7月26日のカードローナスキー場。さすがに7月下旬にはこのようにゲレンデには十分雪があります。)

また、今年も7月から9月までにかけてオーストラリアからのスキーヤー、スノーボーダーがたくさんやってくるところです。今年もこのオージーの為の国際線飛行機がクイーンズタウン空港にたんまりとやってきます。NZ航空はもちろんのことカンタス航空、ジェットスター、バージンオーストラリア各社、この冬の時期には増便してオージースキーヤーを運んできます。今年はクイーンズタウン空港の離発着がPM18時以降PM22時までならOKになった最初の冬になるので、空港のレンタカー会社はこの時期だけ閉店時間をPM20時30分ぐらいまで延長する対応を見せています。

エースレンタルカークイーンズタウン空港

(クイーンズタウン空港から格安レンタカーならAce Rental Carがお勧め。空港ビル正面にオフイスがあって7月、8月はPM20:30まで延長営業してます。)

カードローナスキー場駐車場

(クイーンズタウン、ワナカにレンタカーで通うならやはり4WD車が良いでしょう。ゲレンデの駐車場は4WDのレンタカーがずらりと並びます。写真はカードローナスキー場のカーパーク)

クイーンズタウンの町も6月下旬から本格的にスキーリゾートの様相へと変わって華やかな雰囲気が出てきます。今週のスキー場オープンに併せて、町の中のレンタルスキー、スノーボードショップも全てオープンするようになってます。そして7月に入るとこの辺りの冬の風物にもなるヘリスキーも行われ始めます。今は断然オーストラリアからのヘリスキー参加者が幅を利かせてますが、日本の方も是非こちらでヘリスキーを経験してみて下さい。

ブラウンズ・クイーンズタウンスキーレンタル

(クイーンズタウン、ワナカの町には多くのレンタルショップがシーズン中はオープンさせます。ゲレンデでもレンタルスキーやスノーボードができますが、ゲレンデに付いたらすぐに滑り始めることができる町の中でのレンタルをお勧めします。ゲレンデに行く前日にショップに行ってレンタルしても課金される日は翌日からとなり、どのショップもホテルまでそのレンタルしたスキー、もしくはボードをデリバリーしてくれます。町のレンタルショップではその年のデモモデルが借りれます。日本から持参するよりいいと思いますよ。今年のレンタル料は上級者向けのスキー、もしくはボードで一日/NZ$60前後です。)

サザンレイクスヘリスキークイーンズタウン

(クイーンズタウン、ワナカの町の中にはヘリスキーの受付事務所もシーズン中オープンします。代表的なヘリスキー会社はSouthernlake Heli SkiHarris Mountains Heli Skiです。)

今年の各スキー場の一日リフト券はほぼどこもNZ$110ぐらいです。日本からの短期滞在者にお勧めなのは3日券とか4日券という回数券的なリフト券が一般的になってます。親会社が一つのコロネットピークとリマーカブルスキー場を共通で使えてシーズン中の3日間のリフト券がNZ$297、4日間券の料金がNZ$380と単独で一日券を買うより割引が増えていくチケットです。同じようなのがカードローナスキー場とトレブルコーンスキー場でも行われていて、今年のFlexi3日パスがNZ$297、Flexi4日パスがNZ$388となってます。こちらはカードローナとトレブルコーンスキー場の2つのスキー場だけに有効となります。ワナカでの滞在を考える人はこのFlexiパスがとてもお得になるでしょう。

クイーンズタウン、もしくはワナカに個人旅行でスキー、スノーボードを楽しむためにやってこようという方に向けて”NZスノーサポート“を是非活用してください。必要なスノー滞在情報は全てこのサイトから得られるでしょう。

NZスノーサポートサイトページ

クイーンズタウン、ワナカのスキー、スノーボード情報はNZスノーサポートで全て見つかるでしょう。

クイーンズタウン,ワナカ滞在にホリデーパークもお勧め

ニュージーランドをレンタカーで周遊する際に宿泊場所としてホリデーパークを利用するのもお勧めです。特にクイーンズタウンやワナカに滞在するならホテルやアパートメントと併せてこのホリデーパークのモーテルタイプの部屋を検索することも考えたら良いでしょう。

NZ全国どこにでもあるホリデーパークは基本的にキャンピングカーなどで周遊する人たちが泊まる場所と思われますが、レンタカーで周遊する人にもお勧めの宿泊施設です。特にキッチン付きで、バス&トイレが個室として含まれるモーテルタイプの部屋なら快適に泊まることができるでしょう。

どこのホリデーパークでもキャンピングカーではないレンタカーや普通車で宿泊する人向けのいろいろなタイプの部屋があるのですが、料金の安いCabinとかStudioと呼ばれるタイプの部屋ではバス&トイレが共同利用の施設であったり、キッチンも共同利用となるのが普通です。またキャビンにはベッドに寝具がついていない=寝袋が必要とか貸し出しがある場合があります。その点モーテルとかOne-Bedroom Cottageなどと記されているいわゆるSelf-Containedという共有施設がなくて個別の部屋だと普通のモーテルやアパートメントと変わらない宿泊ができます。

特にクイーンズタウンやワナカのスキーシーズンにこういったホリデーパークの宿泊も考えることをお勧めします。クイーンズタウンのレイクビュー・ホリデーパークTOP10ホリデーパーク&モーテル・クリークサイドは町の中心から徒歩圏内できれいなホリデーパークです。またスキーシーズンにはどの宿泊施設も満室になるワナカではワナカKiwiホリデーパークワナカTOP10ホリデーパークのモーテルタイプの部屋はお勧めできます。この2つのホリデーパークはワナカの町の中心からは少し離れますが、スキー、スノーボードの為にワナカにレンタカー利用で訪れるなら是非利用を考えてもいいところになります。

クイーンズタウンLakeview Holiday Park

クイーンズタウンのレイクビュー・ホリデーパークは町の中心から近いし、とてもきれいなホリデーパークです。写真の部屋はTourist Flatと呼ばれている部屋のブロックです。

wanaka kiwi holiday park
ワナカには町の周りに計4つのホリデーパークがあるのですが、町の中のレイクビューホリデーパークは改装も行われていない古い施設で、どの部屋も共同施設利用の部屋ばかりで日本からのレンタカーで周遊する人にはあまりお勧めできません。町からは少し離れるけど、写真のキウィ・ホリデーパークやNZ国内でチェーン展開しているTOP10ホリデーパークにはきれいなモーテルタイプの部屋があります。

クイーンズタウン、ワナカにスキ-又はスノーボードをするためにやって来る方向けの個人旅行情報サイトとしてNZスノーサポートのクイーンズタウン滞在ページ、ワナカ滞在ページではそれぞれスキーシーズン中の宿泊施設としてこのホリデーパークも紹介しています。
NZスノーサポートページ
(NZブリーズの兄弟サイト;NZスノーサポート。このサイトの情報を参考に個人旅行でクイーンズタウン、ワナカへのスキーツアーを計画してみてください。)

クイーンズタウン・ワナカの17’スノーシーズンは6月10日から

クイーンズタウンとワナカは冬になるとスキーリゾートに一変します。その17年のスキーシーズンは6月10日から始まります。各スキー場のリフト券シーズンパスの早割り販売も始まっています。

クイーンズタウン近郊のスキー場であるコロネットピーク;Cronet Peakとリマーカブル;Remarkablesのスキー場は今年は例年とは違いリマーカブルスキー場のほうが早くオープンするようで、6月10日から予定されて、コロネットピークが1週間後の6月17日からオープン予定となっています。この2つのスキー場に加えてクライストチャーチにあるマウントハットスキー場も共通で使えるリフト券のシーズンパス早割り販売はすでに行われていて、但し3月30日までの購入ならNZ$599で、3月31日から5月31日までの購入はNZ$799となります。今年のこの2つのスキー場の一日券がNZ$119なので2つのスキー場に併せて6日以上行く予定を立てている方は今のうちにこの早割;EarlyBird シーズンパスを購入するべきでしょう。

またワナカをベースにしたら便利なカードローナ;Cardronaトレブルコーン;TrebleConeスキー場も早割シーズンパスの販売を行っています。カードローナは2月25日からオンライン販売を開始して、3月31日までの早割り販売期間の購入ならNZ$599(但し、7月3日~21日は使用不可のSaver料金パス。シーズン中使用可能なUnlimited料金パスは$849)です。がつこのカードローナスキー場は17年は6月10日から10月15日までオープンすることになっていて4つのスキー場では最も長い期間になりそうです。トレブルコーン・スキー場も同様に早割シーズンパスの販売をオンラインで行っています。

また、今年クイーンズタウン、ワナカに1週間ほどだけスノーボード、又はスキーで滞在予定を考えている方には最もお得なリフト券が早割での販売も行われています。コロネットピークとリマーカブル共通で使えるのが4日間パスと6日間パスが販売されていて、カードローナスキー場とトレブルコーンスキー場の2つのスキー場を共通で使えるのが3日間パスと6日間パスが早割りで販売されています。しかも3月末までに購入ならさらにお得な価格になります。
NZSKI.com;コロネットークとリマーカブル共通利用可能//Qweenstown Multi-Day Lift Pass
4日間パス;NZ$288(1日=$72)6日間パス;NZ$405(1日=$67.50) 共に使用開始日から12日間有効

カードローナとトレブルコーン共通利用可能//FlexiPass
早割3日間パス;$198(1日=$66)使用開始日から7日間有効+7月22日以降から使用可能
早割6日間パス;$396(1日=$66)使用開始日から14日間有効+7月22日以降から使用可能

NZブリーズの兄弟サイトであるNZスノーサポートではこれらクイーンズタウン、ワナカのスキー場のリフト券情報を始め、個人旅行でスキー、巣の滞在を楽しむ計画を立てるの必要なゲレンデ情報、クイーンズタウン&ワナカのホテル,宿泊施設のオンライン予約、レンタカーのオンライン予約、レンタルスキー&スノーボードショップ、ヘリスキー、そしてゲレンデへの送迎バスの情報などを掲載しています。

NZスノーサポートサイトページ

(クイーンズタウン,ワナカに個人旅行でスキー、スノーボードを楽しみに来ることが実現できるサイト;NZスノーサポート

16年8月17日カードローナスキー場

(NZのスキー場では最も人気のあるカードローナスキー場は今年既存の4人掛けリフト(写真中央奥のMcDougall’sリフト)を差し替え、高速6人掛けリフトにします。このリフトには6人掛けチェアーリフトが4つに対して1個の割合で8人乗りゴンドラが掛かるチョンドラー;Chondolaと呼ぶリフトがNZ初の設置となります。そのチョンドラーは上記の写真を撮った場所ぐらいまで延長されるものになるようです。16年8月17日撮影)

16年7月20日リマーカブルスキー場

(クイーンズタウンのリマーカブルスキー場は2年前に写真のCurvey Basin高速6人掛けリフトが設置されてからシーズン通して人気が衰えないスキー場になっています。今年はカードローナと同じく6月10日にはオープン予定となってます。16年7月20日撮影)

クイーンズタウンは真冬を迎えました。

ニュージーランドの16年の冬は暖冬といわれてましたが、7月30日には各地に大雪警報などが出るようになり、やっと本格的な冬を迎え今年は8月が真冬の月になりそうです。

クイーンズタウンは7月31日の朝になって今年初めて山の麓の町まで雪化粧しました。粉雪が舞う朝を今年は初めて迎えたわけです。例年なら6月、7月にこのような日が2~3日あってもいいのですが、今年は山の上の方は雪であっても麓は雨になっている日(又はスキー場でも雨の日)が続きました。さすがに気温は冬の気温であったのですが、雪が少ない年になっていましたが、8月になってやっと冬らしい雪化粧した景色になっています。

クイーンズタウン周辺のスキー場は先週から今週にかけての積雪でオフピステも雪で覆われるようになったようです。これで何とか9月下旬までスキー場はやって行けそうです。

8月に再び暖かい北風が吹き込む日があるとこの雪も解けてしまうのですが、今年はこの山の上に積もった雪の雪崩が多くなりそうな感じが出てきています。スキー場でも雪崩が起こる斜面はあるのですが、スキー場ではない観光地もこの雪崩が心配されるところがあります。その代表がミルフォードサウンドへの道のりです。

ミルフォードサウンドまでは冬でも観光バスが毎日のようにクイーンズタウンから出発していきます。ただそのミルフォードサウンドまでに行き着く途中の山岳地帯は非常に雪崩の起こりやすいところなので、毎日その雪崩が起こりそうな山の上に設置されたモニター機器により監視されています。そして雪崩の危険性が高まるとこのミルフォードサウンドへの道(国道94号線)は一切の車両が通れない道路閉鎖処置がされます。この道路クローズが今年は7月14日を初めての日として、7月31日までにはほぼ2日に一日が閉鎖となっています。ミルフォードサウンドという場所柄雨が多いところなので寒い日には大量に雪が山の上にも積もるのですが、ちょっと風向きが暖かい北向きになると雪が雨に変わります。こんな日が続くと雪崩が起こりやすくなります。例年春先の9月、10月にこのミルフォードサウンドの道が雪崩の影響で閉鎖になることが多いのですが、今年は8月にもそんな日が増えそうです。

リマーカブルスキー場7月27日

(先週末の7月23日からクイーンズタウン周辺のスキー場は積雪があって、どのスロープも滑ることができるようになったのですが、昨日の7月30日から今朝にかけても更なる積雪があって、本格的なスキーシーズンがやっと訪れそうです。今年は8月のお盆前後にこのスキー場に訪れる方がベストなコンディションになりそうです。写真は7月27日のリマーカブルスキー場。)

ミルフォードサウンドへの道のり

(ミルフォードサウンドへの道が閉鎖になるときはクイーンズタウンからの一本道である国道わきの電光掲示で道路状況が分かるようになっています。昨日撮ったこの写真の意味は国道94号線のテアナウ;Te Anauまではオープン、だけどテアナウからミルフォードサウンド;Milfordまでの94号線は閉鎖;closeということです。)

28th July Milford Road report

(NZブリーズにはミルフォードサウンドへの定期観光バスを運行している会社から冬の間はこのようなミルフォードサウンドへの道路状況、予報をメールで毎朝知らせてくれます。このメールでもミルフォードサウンドの道路が閉鎖ということが分かるのですが、閉鎖理由が路面凍結(ICE/GRID)と雪崩の危険性が高い(AVALANCH HAZARD HIGH)ということまで分かり、ミルフォードサウンドへ向かう観光ツアーの中止理由などが分かります。ちなみに7月14日、15日に閉鎖になった後7月24日以降今朝まで閉鎖状態連日続いています。)

クイーンズタウンは暖冬の16年になりそう

今年のニュージーランドは暖冬の様子です。さすがに冬を迎えて気温は低いことは低いのですが、それでも例年よりは3-4度も気温が高い毎日が続いています。クイーンズタウン周辺のスキー場は雪不足の16年になりそうです。

5月の末にNZは寒波が押し寄せ南島の多くの場所で積雪がありました。クイーンズタウンの周辺の山並みもすっかり雪化粧して4つあるスキー場はオープン前の大量積雪に大喜びしていたのですが、それ以来このニュージーランドではどこもまともな雪が降ることはなく、逆に暖かい雨が降る日が多いことになっています。これはオーストラリアの東海洋辺りの海水が非常に高い水温が続いていることによるらしいですが、おかげでそのあたりから暖かい風がNZへと降りてくることが多く(オーストラリアの東海岸では大雨が6月は続きました。)、南から上がってくる寒冷前線が今年は少なかったりしているようです。

この暖かい北風(南半球だから)がNZの冬にもたらしたのは6月にしながら例年では3月ぐらいの気温状態の日が続くようになっています。6月22日にはクライストチャーチの最高気温は22度まで上がって6月の過去最高気温になりそうでした。さすがに日の出の時間が一年で最も短い時期なので地面の温度が温まらない時期です。例年この6月は霜が降りたりして道路が凍結することが多い朝を迎えることが多いのですが、今年に限ってはそんな車のフロントガラスの霜取りに時間をかける日などほとんどありません。

おかげでどのスキー場も5月末に積もった雪だけが残っている状態でオープンすることになったため、今週の水曜日からコロネット・ピークスキー場はついに雪不足でクローズとなっています。トレブルコーンスキー場などは23日からオープン予定だったのが雪が多いところで20cmしかないためオープン自体を延期したままになっています。

16年の6月はいつもより暖かい日が続きましたが、クイーンズタウン周辺では一年で最も寒い月は7月です。昨年はエルニーニョの影響で7月にはテカポ周辺などはマイナス22度まで気温が下がった記録的な年だったのですが、今年はまずそれはなさそうですが、それでも7月、8月にニュージーランドにやってくる人は暖冬といってもさすがに寒いことは確かなので日本で2月に着るような暖かい服をお持ちください。

22ndJuneChristchurchMaxTemp21C

(6月22日にクライストチャーチの最高気温は22度まで上がる記録的な日になりました。6月に入ってもこのクライストチャーチやクイーンズタウンでも日中の気温が15度前後まで上がる日が続いています。)

22nd June Coronet Peak close

(6月22日の水曜日からコロネットピークスキー場はこのWebカメラに映し出された状態の雪不足の為くクローズとなっています。明日の6月26日には寒波がやってきそうで、ある程度積雪は見込まれそうですがその後来週にはまた暖かい北風がこのスキー場のゲレンデにも雨をもたらしそうです。トレブルコーンスキー場は今年はオープンする日が7月下旬ぐらいになるかもしれません。)

24th June Winter Festival Fireworks6

クイーンズタウンは雪不足の状態ですが、恒例のウィンター・フェスティバルが昨晩6/24から始まりました。冬休みを迎えたオーストラリアからの家族連れなどがこの町にどっとやってきています。)