18年ワナカとアロータウンの黄葉とワイナリー日帰りツアー

ワナカとアロータウンはNZの中でも黄葉の名所と言われています。そのワナカとアロータウンの黄葉の時期に合わせてクイーンズタウンから日帰りでツアーを行います。途中とランチタイムにはワイナリーも訪れて秋のNZを満喫できる一日になるでしょう。

18年のワナカとアロータウンの黄葉+ワイナリー訪問日帰りツアーを今年もNZブリーズは催行します。ツアー催行期間は黄葉が見ごろになる4月7日(土)~5月6日(日)の間、期間限定です。メールにてお問い合わせ、予約を受け付けています。詳細はNZブリーズの送迎サービスページをご覧ください。http://www.nzbreeze.co.nz/contents/sogei%20service/sogei%20service.html

NZブリーズ18年期間限定黄葉見学とワイナリー訪問一日ツアー
ツアー催行=4月7日(土)~5月6日(日)
クイーンズタウンホテル(又は空港から、空港にて終了も可能)発着//AM10:00~PM17:30
料金;NZ$170/お一人
最少催行人数;2名から

黄葉見学とワイナリー訪問一日ツアーの予定スケジュール
クイーンズタウンAM10:00出発
/午前中にワナカの黄葉見学とワイナリー1件訪問/
/セントラルオタゴ地区ワイナリーレストランにてランチ(ランチ費用は別途)
/ランチ後ギブストンバレーにあるワイナリーを1件訪問
/そしてアロータウンでの黄葉自由散策
/PM17:30頃クイーンズタウンへと帰着

17年4月20日のワナカ湖畔の黄葉、ポプラ並木の黄葉がとても有名なワナカ。NZブリーズの日帰りツアーでは午前中にワナカに訪れた後もこの時期は国道沿いやワイナリーの周辺でも素敵なポプラや柳の黄葉を見ながら周遊ができます。

17年4月24日のワナカ湖畔のポプラ並木の黄葉。ワナカ湖畔のポプラの黄葉は4月第2週ぐらいが見ごろと言われています。この時期は朝日が黄葉に映える早朝からカメラを構えた人がたくさん湖畔にやってきてます。

17年4月24日アロータウンのWilcox Greenで見られた黄葉の山肌。アロータウンのオータムフェスティバルは今年4月19日から25日に行われます。そのメインイベントが行われる土曜日、日曜日にはこの公園は無料駐車場に使われるため、こんな写真を撮ることは難しくなります。

アロータウンの黄葉は、NZの中でもポプラや柳などの黄葉だけではなく様々な落葉樹の黄葉も見られる小さな町で知られています。NZブリーズの日帰りツアーではこの山肌に日が差す午後に訪れる予定です。

クイーンズタウンの公共バスが安くて便利になってます。

クイーンズタウンの町や空港、そしてアロータウンなど郊外を結ぶ公共バスが料金を安くして、そして観光客にも便利になってます。

これまでConnectabusという名で知られてきたクイーンズタウンの公共バスが11月20日から名前をOrbusと変更され、路線やタイムスケジュールもそれまでより便利に改変されてます。料金も今風のプリペイドカード方式を取り入れ安く利用できるようになってます。また、観光客の人にもクイーンズタウン空港から町の中心や主なホテルなどへの往復に便利に使えるようになってます。

(クイーンズタウンの町の中心キャンプストリート;Camp Streetのバス停に停まるOrbus。)

この変更の主な理由は、クイーンズタウンの町がNZの観光地として、そしてリゾート地、別荘地としてどんどん人気が出ていることから人口自体が増大、観光客の運転するレンタカーやキャンピングカーの増大、そして郊外への住宅地の拡大から町は今や慢性的な渋滞ができるようになり、駐車スペースの確保が難しくなっている現状をなんとかするための対策から自家用車ではなく公共のバス利用をもっと普及させたいことから始まってます。

このように一般にクイーンズタウンに住む人向けの改革となっているのですが、以前のコネクタバス運行との違いは路線が拡張され、バスの本数が増大され、そして料金が安くなっています。これが上手くいくかは個人的には???なのですが、観光客としてクイーンズタウンにやってくる人にとっての利点を少し紹介します。

まず、クイーンズタウン空港とクイーンズタウンの町を結ぶバスの本数が増えて路線もシンプルになってます。路線ナンバーは1番となる路線が空港と町の中心を結ぶOrbusになるのですが、朝の6時から15分おきにこの路線をバスが行き来しています。夜の19時以降は30分おきですが24時まで運行されています。クイーンズタウン空港も昨年度から夜の21時台に到着する便も出てきているので遅い時刻にクイーンズタウン空港に到着しても町のホテルには安く行けるようになってます。

(クイーンズタウン空港のバス停に停まるOrbus。このバスを運行している会社はRitchiesというNZ最大のバス会社でこのRitchiesペイントカラー=白地/青色文字のカラーバス車体が今のクイーンズタウン公共バスとなってます。)

また、この路線ナンバー1番は空港から町の中心を経由してFerhillという住宅地まで結ぶ路線になってます。以前は空港からFernhillには町の中心でバスを乗り換えなければならなかったのが1回の乗車で済むようになったのですが、この空港と町、そして町からFernhillまでの沿道には主なホテルやアパートメント、ユースホステルなど観光客が泊まる宿泊施設のほとんどがそろっています。だからクイーンズタウン空港に到着後やホテルからクイーンズタウン空港へと向かう際もこのOrbusが便利に使えるでしょう。

(クイーンズタウンの公共バスOrbusのPDF版路線マップと運航スケジュール

そして料金は現金利用の場合は一回の乗車で路線を変えなければ一人NZ5ドルとなります。しかし空港へのバス利用、又は空港から乗る場合は$10均一になります。以前はNZ$12ドルだったのが少し安くなってます。これをプリペイドカード利用とすると一回の乗車が空港への利用も含めてNZ$2ドルになります。但しこのGoCardと呼ばれるカードの費用が$5で初回のカードには$10が含まれているので初めてこのGoCardを購入して乗車する際には$15ドル必要になります。だからクイーンズタウンに滞在して空港への往復にこのOrbusを利用するならGoCardをクイーンズタウン空港到着時に購入するほうがお得になります。(クイーンズタウン空港内では預け荷物受け取りターンテーブルの横にあるMilford Sound Scenic Flightsのカウンターにて販売されています。)

また、クイーンズタウン郊外にある人気の観光の町;アロータウンへの路線が一本になってます。以前は途中でバスを乗り換える必要があったのがこのOrbus路線番号2番にてクイーンズタウンの町中心からアロータウンまでの往復を1回のバス乗車で行けるようになっています。まして以前は1日に5往復ぐらいしかできなかったのが今回の改定により朝の6時から夜の10時まで1時間おきにこのバスを捕まえられるようになってます。ちなみにこの路線上にはそのレストランが人気絶大のAmisfield Wineryがあります。

ミルフォードサウンドへの11月の服装チャックに

ミルフォードサウンドに11月、12月に行くときの服装チャックにこのビデオを参考にしてみて下さい。11月10日にミルフォードサウンドにて収めた画像です。

11月9日には大雪になってミルフォードサウンドへの道のりも閉鎖になった後の2日後です。道路上の雪はほとんど解け消えていましたが、道のり途中は10度前後で結構肌寒い感じでした。

しかし、ミルフォードサウンドに到着したら日差しの影響もあって体感気温は17度ぐらい。遊覧クルーズでは海風が吹き付けていましたが、あまり寒い思いは無く甲板デッキに出ても気持ちの良いかんじでした。

11月10日クレダウ渓谷の残雪

 

ミルフォードサウンド,マウントクック,テカポに日本語ガイド付きバスツアー

ミルフォードサウンドやマウントクック、そしてテカポへ日本語ガイドが乗る定期観光バスツアーを催行しているグレイトサイツ社のコーチや遊覧クルーズがさらに快適なものになっています。

グレイトサイツ社のバスツアーは毎日NZの観光地に向けて催行されていますが、特にNZ南島の人気の観光地であるミルフォードサウンド、マウントクック、そしてテカポへと向かうバスには日本語ガイドが同乗していて、乗り降りの際の案内や道中の観光ガイドを日本語で受けられます。日本の大手旅行会社のパッケージツアーもこのバスツアーを使っていますが、個人自由旅行でNZにやってくる方もそのサイトページから直接オンライン予約が可能です。

グレイトサイツの使用されるバスは大型車両で、車窓からの景色も見やすいようにアレンジされていてその車両も最新のものに変更が行われています。そしてミルフォードサウンドでの遊覧クルーズも今シーズンから最新の大型遊覧船が選ばれています。

クイーンズタウンから日帰りでミルフォードサウンドへの観光バスツアーがグレイトサイツ社により毎日催行されています。サイトぺージからオンライン予約する際はクイーンズタウンの宿泊ホテルからピックアップ、そしてクイーンズタウンに戻ってきてから降りる場所も事前予約が可能です。注;こちらの予約ページのツアーには遊覧クルーズとバッフェランチがついています。追加でCruiseを加える必要はありません。

グレイトサイツのミルフォードサウンド観光には遊覧クルーズが含まれていますが、その搭乗するクルーズ船が今シーズンからミルフォードサウンドでは最新で、3階層の 大きなカタマラン;Gem of The Soundに変更になっています。この船内でも遊覧中は日本語ガイドのアナウンスが聞くことができます。

クライストチャーチ、もしくはクイーンズタウンからマウントクックに直接訪れることができる定期バスはグレイトサイツ社のこのバスツアーだけです。親会社であるインターシティーバスはマウントクックには立ち寄る路線がありません。この路線もクライストチャーチからもしくはクイーンズタウンからマウントクックへ向かうバスには日本語ガイドが同乗しています。

オンライン予約ページからはクライストチャーチからマウントクック経由でクイーンズタウンまで一日で向かうツアー、逆のクイーンズタウンからマウントクック経由でクライストチャーチまで向かう一日ツアーとして予約が可能です。またマウントクックで宿泊する方はサイトページからはクライストチャーチからマウントクックへ、もしくはクイーンズタウンからマウントクックへの片道バスだけは予約が可能ですが、マウントクックからクライストチャーチへ、又はクイーンズタウンへ片道向かうバス予約はインターシティーのホームページからオンライン予約をすることになりあます。

グレイトサイツ社のクライストチャーチとマウンクック間の路線ではテカポにも立ち寄りますが、テカポの人気観光スポットの良き羊飼いの教会でも下車観光の時間を持つことができます。これはインターシティーバスではやってくれないことです。写真の車両が今シーズンから使われ始めた最新車両です。

 

クイーンズタウンの町から歩いてスカイライン展望台へ登る

クイーンズタウンの町とワカティプ湖、そして周りの山並みを見晴らすことのできるスカイライン展望台へと歩いて登っていける道があります。そのTiki Trailを麓の町の中から歩いていく道のりを写真と共に紹介します。

クイーンズタウンにやってくる観光客なら一度はこのスカイライン展望台へと行くような観光スポットになっていますが、普通そこまでゴンドラを使って麓から登って行きます。それを歩いて登って行くウォーキング・トレイルがティキ・トレイル;Tiki Trailと呼ばれ、通常1時間から1時間半ぐらいかけて展望台まで登っていけます。クイーンズタウン滞在中の無料でできるアクティビティーとしてはもっとも人気がある半日トレッキングとして海外からの旅行者もたくさん歩いている姿がみられます。

クイーンズタウンの町の裏側にある小山の上にスカイライン展望台があり、そこまで歩いて登って行きます。町の中からだと距離的にはおよそ3kmほど。ワカティプ湖の海抜が300mほどでスカイライン展望台が標高およそ790mぐらいなので標高差470mぐらいを上ります。

ティキ・トレイルの入り口へはクイーンズタウンの町からはとりあえずゴンドラ乗り場までめざすことになります。町の中の急な階段を上ってそのまま道なりに緩やかな坂を上って行けばゴンドラ乗り場に突き当たります。

スカイライン展望台へのゴンドラ乗り場。見上げるところに展望台があり、この時点でその急斜面を歩いて登って行くのが無理そうだと思ったらゴンドラを使えば楽々で登っていけますよ。

ティキ・トレイルの出発、そして戻ってくるところはゴンドラ乗り場の脇にあります。この看板にはスカイライン展望台まで1時間と案内されています。

ティキ・トレイルの始まりは雑木林の中のかなり急な斜面の登り道から始まります。15分ほどですが、タフな登りが続きます。

最初の急な登りの区間はやっぱり降りてくるときも通るわけで、この下りも結構タフな、ちょっと危ない区間になるでしょう。

ティキ・トレイルも途中からは緩やかな斜面のトラックに変わり、よく整備がされた雑木林の中を歩いて行けます。

スカイライン展望台までのティキ・トレイル後半およそ800mほどは4WD車専用の未舗装道路を歩いていくことになります。この雑木林の森の中は展望台から始まるマウンテンバイクのダウンヒルコースとジップラインのコースにもなっていて、途中このティキ・トレイルとマウンテンバイクのコースが交差するところが何か所か出てきます。だから歩きながらもこのダウンヒルコースを爽快に走り降りていくバイカーの姿やジップラインを滑り降りていく人の姿を見ながら歩くことにもなります。

ティキ・トレイルも森が途切れたら絶景が広がるスカイライン展望台へと到着になります。ここにはこれまた観光客に人気のリュージュがおこなわれていて、歩いてここまで登ってきた人もこのリュージュに乗ることもできます。お勧めのアクティビティーです。

ティキトレイルを歩いて登ってきた人ならひと汗かいた後だと思います。この展望台からの景色は絶景ですが、この絶景を眺めながらカフェでビールやアイスクリームがおいしく味わえるでしょう。

Powered by Wikiloc

グレノーキーのここは外せないセルフィースポット

クイーンズタウンからレンタカーで1時間ほどの小さな村;グレノーキー。ここには今や年間通して多くの観光客がクイーンズタウンから日帰りでやってくる所になっています。その道のりはたくさんの自撮り(セルフィー)スポットがあって、みんないろいろなところで車を停めて写真を撮ってますが、その中の代表的なところを紹介します。

グレノーキーはダートリバー・ジェットや乗馬の本拠地になっていて、またロード・オブ・ザ・リングスの撮影現場ということがいまだ人気が衰えずそういったツアーを利用してグレノーキーまでやってきています。そんなツアーに参加してもセルフィーポイントには停まってくれたりしますが、クイーンズタウンにやってくる多くの個人旅行者はグレノーキーにはレンタカーでやってきてソーシャルなどで仕入れた観光情報をもとにセルフィースポット巡りを楽しんでいるのが一般的になっているようです。

べネッツブラフ。クイーンズタウンを出発してグレノーキーへの道のりはワカティプ湖沿いのシーニックルートになるのですが、その中でもこの岬の突端のような道路の曲がり角が絶好のセルフィースポットになっています。ここにはグレノーキーへ向かう人なら、ジェットボートや乗馬ツアーの送迎バスも含めて必ずと言っていいほど車を停めて写真を撮る場所になってます。

グレノーキーの村に到着したらこの昔の船着場が写真スポットです。この昔の舟倉庫によってGlenorchyという土地名が分かる場所にもなるでしょう。但し人がいない写真を撮るのは難しいかもしれません。

そして昔の船着場の名残として残っているこの桟橋。ここがまた人気のカメラスポットになってます。どちらを向いても素敵な写真が撮れるところだと思います。だからここも人が途切れることなくいるところになります。

グレノーキーの村にも数件のカフェなどがあるのですが、桟橋から少し南側に行くと湖岸沿いでくつろぐには絶好のビーチがあり、ここにはほとんど観光客はやって来ない(夏のシーズン中はキャンピングカーなどで昼間を過ごす人が多くなります。キャンピングカーで宿泊することは許されない場所)ピクニックにはもってこいの場所があります。ここでテイクアウェイのランチを食べながら湖と山並みをバックにセルフィーも良いでしょう。

そしてグレノーキーの村からさらに北の方面へと向かうところで、村を出てからすぐの道路が緩やかな斜面になっているところがこのグレノーキー・ラグーン(Lagoon)を見下ろせる場所になって、よくこの坂道の脇に車を停めて写真を撮っています。午前中の風のない日にはこの湖面に対岸の山肌がすっきりと映っていたりします。またここは秋には絶好の黄葉スポットになる所として知られています。

グレノーキーからルートバーンやキンロックへと向かう際に必ず差し掛かる三叉路の道路標識。この先はパラダイスへと向かう道になります。しかもパラダイスの先は出口なしです。

そしてパラダイスロード(未舗装の砂利道が15kmほど)を走ると本当にパラダイスという場所になり、この看板はセルフィー人気スポットになってます。このパラダイスの看板があるところの少し手前の森はロード・オブ・ザ・リングスにも出てくる森(Forest of Middle Earth)として知られていて、これまたレンタカーでやってきてそれなりの写真を撮っている人が森の中の道路を走り抜けるときに出くわします。

そしてグレノーキーを離れて北へと向かう道沿いの牧場はNZらしい牧場風景が広がります。特にたくさんの羊と緑の牧場、そしてバックには雪を頂く山並みが見られる、こんな風景がNZらしい牧場風景だと思いますが、意外とこんな風景は一般的NZ観光ルート上では出てきそうだけどあまりないところなのです。

こんなグレノーキー周辺の外せないセルフィースポットを始め、グレノーキーでの観光やトレッキング、キャンピンググランドなどをグーグルマップに公開してます。

また、グレノーキーの観光やレンタカーでのクイーンズタウンから日帰り周遊には役立つ観光情報をNZブリーズのグレノーキーページで全て分かるようにしています。是非クイーンズタウンにやってきて一日ドライブもやってみたい方、家族連れでクイーンズタウンにやってくる方々、またミルフォードサウンドにはいかないけど他にいいところが無いかなと考えている方はこのグレノーキーに日帰りで出かけられることをお勧めします。

 

クイーンズタウンにも子羊のシーズンがやってきてます。

クイーンズタウン周辺の牧場では子羊がたくさん見られるシーズンになってきました。これから年末ぐらいまではNZの南島ではどこでもたくさんの子羊が見られる牧場を楽しめる季節になります。

クイーンズタウン周辺はまだスキー場がオープンしているぐらい山間の寒冷地なので子羊が生まれ始めるのも他の所より遅くなりますが、さすがに9月も後半に入り牧場にも春が訪れるようになっています。

クライストチャーチから南方面で太平洋沿いの牧場では8月ぐらいから子羊が生まれ始めますが、高原地帯であるクイーンズタウンやワナカ、そしてテカポ辺りはこれから子羊がたんまりと見られるシーズンに突入です。これからNZ南島を旅行する方は一年の中でも牧場風景が最も華やいだ感じの景観を楽しめる時期です。多くの日本からやってくる観光客は観光地と観光地との間を長距離のバス移動となると思いますが、この時期は車窓からも牧場のたんまりいる子羊を見ることができます。バスに乗ったら早速寝てしまうのはもったいないシーズンです。


9月20日グレーノーキーの牧場


9月21日クイーンズタウン近くの牧場の子羊

9月21日クイーンズタウン近くの牧場も子羊がたくさん生まれ始めてます。後ろの雪山はコロネットピークスキー場


ワナカ近郊の牧場の子羊 9月22日


ワナカ近郊の牧場の子羊 9月22日 子羊の時期は牧場を走り回る動きも見られます。親はひたすら下を向いて草を食べ続けて動きがありません。


ワナカ近郊の牧場の子羊 9月22日


ワナカ近郊の牧場の子羊 9月22日


ワナカ近郊の牧場の子羊 9月22日 子羊も寝ていることが多いのですが。

クイーンズタウンに桜の季節がやってきてます。

9月に入って中旬を迎えたらさすがにクイーンズタウンも春めいてきてます。今週になって桜が一気に咲き誇るようになってます。

クイーンズタウンの町の中でも街路樹として桜が植えられてます。またホテルの中庭や玄関口には桜がよく使われているのですが、どこも今が見ごろの満開の桜になってます。

クイーンズタウンの桜もワカティプ湖畔に咲き始めるものもあってこれからまだまだ10月中旬ぐらいまでは桜の花がたのしめます。そして新緑も映え始めて、KowhaiなどのNZ原生種の黄色い花も先始める季節に入って行きます。

クイーンズタウンの街の中心にあるビレッジグリーンの桜も満開

クイーンズタウンのビレッジグリーンでは夜にはこの桜がライトアップされます。今の時期は夕食後のカメラスポットになりますよ。

クイーンズタウンのノボテルホテルの中庭の桜も満開。このホテル以外にクイーンズタウンのミレニアムホテルの道路沿いと中庭の桜は一見の価値ありです。また町からは少し離れるけどシャーウッド;Sherwood Queenstownホテルの桜も素敵です。

ワイナリーにも桜が植えられているところが多くあります。アカルア;Akaruaワイナリーの桜も今が満開です。こんな桜を見ながらのテイスティングも良いですね。

 

ミルフォードサウンドに格安の観光バスツアーで行く

クイーンズタウンからミルフォードサウンドへ毎日たくさんの観光バスが日帰りツアーとして出発しています。観光バスツアー会社もたくさんある中で今、一番格安で行けて大型観光バス利用のツアーを紹介します。

格安キャンピングカーから始まって今やNZでは大きな観光会社になったJUCY Rentalが行うミルフォードサウンドツアーはクイーンズタウンから日帰りで行く乗り合いの観光バスツアーでは最も安く行けます。別に格安でも内容は他の会社のツアーと全く変わらなくて、ミルフォードサウンドまで大型バスで行けるし、途中の観光スポットは同じ場所でカメラストップがあり、ミルフォードサウンドでの遊覧クルーズも長くはないけど1時間半の標準的なクルーズ時間で、利用する船は中型船(以前他社が使っていた船を買い取って塗装しなおしている)で遊覧には何ら支障もないものになってます。

この観光バスツアーが日本人にとっての欠点となるところは唯一英語でのガイドとなることぐらいです。料金が格安ということ以外にいいところは中国や日本からのパッケージ・ツアーが使っていないこと。遊覧クルーズ上において団体さんで甲板デッキが埋め尽くされるようなことはありません。また格安のキャンピングカーを利用する若い欧米からの個人旅行者が主体のお客なのでバスの中も遊覧クルーズ上もアジア系、またはインド系の人よりも白人が主体のものになります。

クイーンズタウン発着ミルフォードサウンド格安日帰り観光バスツアー;JUCY Cruiser
料金;NZ$125/大人,NZ$75/子供
英語ガイド、大型バス利用、遊覧クルーズは1時間半、
クイーンズタウンのホテルからピックアップ、ドロップオフあり
クイーンズタウン出発時間;AM08:25 (10月~4月) AM07:00 (5月~9月)
ツアー所要時間;12時間

クイーンズタウン発着ミルフォードサウンドランチ付格安日帰り観光バスツアー;JUCY Vista
料金;NZ$169/大人,NZ$119/子供
英語ガイド、大型グラスルーフ特別仕様バス利用、遊覧クルーズは1時間半、
Pitaランチ付、
クイーンズタウンのホテルからピックアップ、ドロップオフあり
クイーンズタウン出発時間;AM07:30 (10月~4月) AM08:00 (5月~9月)
ツアー所要時間;12時間

JUCY CruiserツアーJUCY Vistaツアーもミルフォードサウンドの遊覧クルーズは同じ船が使われます。

どちらのミルフォードサウンド日帰り観光バスツアーもWotif利用でオンライン予約ができます。

 

ルートバーントラック一日体験ハイキングツアーなら9月,10月でも歩けます。

ルートバーントラックの一部を日本語ガイド付きで歩くクイーンズタウン発着の日帰りツアーなら9月、10月でも歩くことができます。NZブリーズではツアー参加者の予約を受け付けてます

ルートバーントラックは本来2泊3日掛けて32kmを縦走していく山歩きの道としてNZの中でも非常に人気が高く、グレイトウォークというカテゴリーにも入るトラックです。このルートバーントラックが一般的に歩ける時期は10月末から4月末までとなっていて、それ以外の日にトラックを歩くことは不可能ではないのですが、標高の高い部分は雪で閉ざされ、雪崩の可能性の高い道のりになり、一般的にはシーズンオフと行った道のりとなります。だから山開きの10月末までこのトラックにはあまり人がやって来ないのですが、雪の影響を受けないところまでなら一般の人でも安全に、特別装備もなく歩くことができます。

このルートバーン・トラックの一部分にあたる標高700mのルートバーン・フラットまでなら一年を通して歩けるので、このルートバーンフラットまでの日帰りトレッキングツアーに参加すれば9月、10月でも、またシーズン終了後の4月以降でもルートバーントラックの様子をクイーンズタウンから日帰りで体験することができます。

NZブリーズではこのルートバーントラック一日体験ハイキングツアーの問い合わせ、申し込みをクイーンズタウン発着日本語ガイド付き観光ツアーページにて受け付けています。(http://www.nzbreeze.co.nz/contents/zqn%20option/zqn%20option.html) NZに9月、もしくは10月にやってきてもトレッキングができそうにないと悩んでいる方は是非このツアーに参加することを検討してみて下さい。

8月22日のルートバーンフラットまでの様子

ルートバーントラックは本来2泊3日かけて歩くトレッキングルートですが、一般的なシーズンは11月から4月まで。クイーンズタウン発着のルートバーントラック一日体験ハイキングツアーに参加すれば9月、10月でもこの道のりを歩くことができます。

ルートバーンというのはこのきれいな川のことをさします。この川の上流へと川に沿って歩いて行けます。途中このきれいな清流を是非一度は飲んでみるのもいいでしょう。

ルートバーントラックはNZの国立公園の中を歩きます。この国立公園の中にはNZ固有種の原生林が広がります。NZの固有種の樹木は80%以上常緑樹です。そして雨も多いところなので冬でも緑豊かな、苔むした森の中の道を歩いていくことができます。

ルートバーンのきれいな川の流れを見下ろしながらルートバーンフラットまで緩やかな坂道を上っていけます。

ルートバーンフラットはその名前の通り平らな河原が広がるところ。日本では見られない氷河地形をここにきて実感できるでしょう。川の上流にやってきてもこんな平らな谷間が広がるのが氷河地形の特徴の一つです。

ルートバーンフラットには山小屋があって、このツアーはここでランチ休憩してから出発点のルートバーンシェルターまで戻って行くことになります。晴れていたらルートバーンフラットまでやってきた人にだけ見れる景色がこのベンチに座りながら正面に広がることになります。

ルートバーントラックのいいところは何といってもNZにしかいない、そして原生林の森の中でしかいない小鳥たちに巡り合うチャンスが非常に高いところです。この日も写真のトムティットやライフルマン、そしてグレイウォ-ブラーとの出会いがありました。こういった小鳥たちは冬でもこの森で見られるのですが、これから春を迎えていくとひな鳥も増えて更に小鳥たちとの出会いのチャンスが増えることになります。ガイド付きのツアーではこのような小鳥たちを見つけてくれますよ。