クイーンズタウンのお土産にファッジ、ヌガーもイケる

クイーンズタウンの人気のスイートショップとして人気のリマーカブル・スイートショップのファッジやヌガーはお土産にも最適だと思います。日本ではあまり知られないお菓子ですがクイーンズタウンのお店はいつでも子供連れや若いカップルなどで溢れています。

ヌガー/Nougatという言葉を最近聞いたり、見たりすることはありませんか?アンドロイドの最新OSバージョンがヌガーというコードネームで昨年の8月からリリースされて最新のスマホなどに使われ始めているのでその名前を聞かれたことがあるかもしれません。これまでのアンドロイドのコードネームはカップケーキから始まってキットカットや、マシュマロなどのお菓子の名前が使われてきてますが、その中でこのヌガーというお菓子は日本では全くといっていいほど聞いたことも見たことも、まして食べたこともない代物だと思います。このヌガーという英国系の国では伝統的なお菓子は検索するとソフトキャンディーということになるようです。これがNZではやはり子供たちが愛するお菓子、もしくは家庭でも作ったりするお菓子です。

クイーンズタウンのリマーカブル・スイートショップでは、このヌガーとファッジ/Fudgeというこれまた英国系の国では定番の甘菓子を小さな自社工場で作っていて、お店にはたくさんいろいろな種類が陳列されています。このお店は自家製ヌガーやファッジ以外にNZ、そして海外のイギリス、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパの駄菓子をたくさん揃えて売っているスイートショップとして人気があるお店です。

ファッジの方はこのお店でなくても、コンビニやデイリーでも見かけると思いますが、特にカフェやベイカリーでそのお店独自のファッジが売られていることがあって、NZに住んでると甘いものを食べたい時などに口にすることが多くなると思います。またバターやチョコレートがたくさん使われているためトレッキングやスキー、スノーボード、マウンテンバイクなどをするときの行動食としても使われたりします。その点ヌガーの方はスーパーやコンビニのお菓子コーナーで袋詰めのものが見かけたりする程度であまり大人になってからは食べる機会がないようなものになっていると思います。ファッジはすごく甘い評判があって、確かに甘いのですが、ヌガーの方は日本の人にも食べれる甘さです。まして物によると甘さをあまり感じないお菓子だと思えばいいでしょう。どちらかというと水あめを使用することからキャラメルよりやわらかい固形状のお菓子だと言えます。

クイーンズタウンのリマーカブル・スイートショップではファッジとヌガーは無料の試食も行われているので試してみてから買ってみるのも良いでしょう。

クイーンズタウンリマーカブルスィートショップ

リマーカブルスイートショップはクイーンズタウンのBeach Streetにあり、いつでも子供連れやカップルで賑わっています。ここはさすがに日本人の観光客の姿はあまり見られず、欧米もしくはオーストラリアからの観光客、そして中国からの観光客が来ています。

リマーカーブルスイートショップファッジ、ヌガー

店内ではファッジとヌガーの試食が行え、カウンター越しにとてもフレンドリーな店員がその試食を勧めてくれます。一個ずつの購入も可能ですが、ギフト用に6個詰め合わせや12個入りギフトボックスとして好きなものを選ぶこともできます。

リマーカブルスィートショップクイーンズタウン空港

このリマーカブル・スイートショップはクイーンズタウンにしかないお店ですが、近くのアロータウンのお店が一号店として始まってから今はクイーンズタウン空港にも出店してます。クイーンズタウン空港から出発する前にも買って行くことができます。

リマーカブルスィートショップヌガー

緑色のヌガーがキウィフルーツヌガー、それとナッツとフルーツのヌガー。共に100g。グルテンフリー。常温のまま(冷蔵庫には入れないでね!と買ったときに教えてくれます。)2か月は新鮮な状態で食べられるらしい。

ワナカとアロータウンの今年の黄葉予想

ワナカとアロータウンはニュージーランドの中でも秋の黄葉が見られる名所として知られていますが、今年17年も4月から本格的に色づき始めることが予想できます。今日の3月29日の状態を写真で紹介します。

ワナカは何といっても湖畔沿いのポプラ並木がとても素敵に黄葉するのが知られていて、この時期は多くのカメラマンがこの黄葉の姿を写真に訪れます。

ワナカ湖畔ポプラ並木3月29日

3月29日の段階でワナカ湖畔のポプラ並木は黄葉が始まった感じの状態です。例年通り今年も4月の第2週ぐらいがいいのではないでしょうか。このワナカ湖畔のポプラ並木を写真におさめたいなら午前中、せめて11時ぐらいまでに来たほうが良いでしょう。太陽がちょうどこのポプラ並木を照らします。午後からはちょうど正面に太陽が動いてくるので逆光になるでしょう。また午前中の方がこのように風がないことの方が多くなります。大きな湖で周りははげ山が取り囲んでいるので午後からは風が吹き始め湖面にさざ波が立つでしょう。

ワナカ湖畔ポプラ3月29日

今年の3月はこの辺りから山並みの辺りは雨が少なかったので3月29日の段階でワナカ湖の水位が非常に低かったです。だから誰もがここに訪れたらこの小さなポプラの木を写真に撮りに来るのですが、通常の水位ではこの木は水の中にあるのです。昨年ここを訪れた時はこの写真を撮った位置は膝下ぐらいまで水があって、一人のカメラマンは湖の中まで入ってまで湖面に映るポプラの木の姿を写真に取っていました。今年はこれから4月中旬に掛けて雨が降るかどうかは分かりませんが、恐らく大雨にはなりそうにないのでこの水位のまま黄葉の本番を今年は迎えそうです。

ワナカはここ以外に、湖岸沿いのポプラ並木の北側にはリッポンワイナリーがあってこのワイナリーのブドウ畑も葉っぱが紅葉して見られます。

アロータウンの黄葉は他のNZの牧場でも見られるポプラや柳の木の黄葉とは違って金鉱時代の名残で様々な外来種の落葉樹が黄葉して見られるところです。アロー川沿いには大きく成長した柳の木がたくさん見られますが、それ以外にもオレンジ色に染まる木立が多いところです。

アロータウン黄葉3月29日

3月29日のアロータウンはまだ夏の名残が残るような緑の葉っぱがまだまだ多く見られました。この山肌が例年4月下旬にはオレンジ色に染まります。ここを訪れるのはワナカと違って午後からの方がお勧めです。この山肌がちょうど西に面した斜面で、アロータウンの町にも太陽が差し込み始めるのが9時以降ぐらいで、山肌に日が差すのがお昼過ぎぐらいからです。

アロータウン黄葉3月29日

アロータウンの目抜き通りの街路樹は金鉱時代に植樹されたシカモアカエデです。これが4月の中旬以降から5月上旬にかけて黄色く、オレンジ色にまで色づきます。またその落ち葉が公園や沿道にたまるのもきれいに見れます。ここの今年のオータム・フェスティバルは4月20日から25日まで開催されます。

クイーンズタウンからワナカへレンタカーで周遊するなら下の日本語マップをご利用ください。ワナカへの道のりでの観光スポット、そしてアロータウン、レイクヘイズといった黄葉スポットへの行き方も分かります。

クイーンズタウンお気軽観光とワイナリー訪問ツアー

クイーンズタウンを拠点に日本からの個人旅行者向けにチャーター車使用で観光送迎サービスを行っているNZブリーズでは、クイーンズタウン郊外の見どころスポットを巡る観光とワイナリー訪問半日ツアーを行っています。

クイーンズタウンお気軽観光とワイナリー訪問ツアー”と名付けた半日ツアーは、日本人ドライバーガイドがクイーンズタウン郊外の見どころとワイナリーをガイドしながら巡ります。約4時間半の時間を使って見どころを効率よく見学していただけます。下車観光する予定スポットはショットオーバー渓谷、アロータウン、カワラウバンジーブリッジ、そして赤ワインのピノノアーの産地として世界的にも知られるギブストンバレーのワイナリーに訪れ、希望があればワインの試飲も可能になります。ワインがダメでもそのワイナリーに隣接しているチーズ直売店でチーズの試食も可能です。そして最後にクイーンズタウンの郊外にあるショッピングセンターを訪れスーパーマーケットでショッピングができる時間も含まれます。

クイーンズタウンのホテルが出発、そして帰着するツアーが基本ですが、クイーンズタウン空港に到着直後からこのツアーへの参加も可能です。逆にホテルを出発してツアー後クイーンズタウン空港への送迎で終了することもできます。

このツアーの詳細又は受付、問い合わせ先は全てNZブリーズの送迎サービスページに記載しています。http://www.nzbreeze.co.nz/contents/sogei%20service/sogei%20service.html

クイーンズタウンお気軽観光とワイナリー訪問ツアー
・クイーンズタウンホテル出発=AM09:00 ホテル帰着予定時間=PM13:30
・AM09:00からPM14:00の間なら出発時間を希望に合わせて変更可能。
・クイーンズタウン空港到着後の出迎えからツアーを始めることも可能。
・料金;NZ$70/お一人 2~3名にて催行

ツアーで見学訪問予定のスポット・イメージ
クイーンズタウンショットオ-バージェット

(ショットオーバー・ジェットが走り抜けるアクションを見下ろすショットオーバー渓谷)

アロータウン

(クイーンズタウン郊外の金鉱時代の名残を残し、秋には黄葉の名所となるアロータウン。)

カワラウバンジーブリッジ

(バンジージャンプの発祥の地がカワラウ川に架かる橋でのバンジージャンプです。)

ギブストンバレーワイナリー

(ギブストンバレーのワイナリーに訪れワインのテイスティングも可能です。)

ギブストンバレーチーザリー

(羊のミルクから作られたチーズも売っている直売店でいろいろなナチュラルチーズを試食もできます。)

クイーンズタウンスーパーマーケット

(クイーンズタウンの町からは離れた郊外にあるショッピングセンターを訪れスーパーマーケットでNZのお土産物を探していただく時間もあります。)

 

17年黄葉見学とワイナリー訪問ツアー受付開始

ワナカとアロータウンの黄葉シーズンにワイナリーも訪問しながら観光するツアーを17年も期間限定で行います。NZブリーズの現地ツアーページにて受付を開始しました。
毎年4月になるとクイーンズタウンを含めて隣町のワナカやアロータウンはNZの中でも最も黄葉がきれいな町に様変わりします。そのワナカとアロータウンを日本語ドライバーガイドの専用車で観光、途中赤ワイン;ピノノアーの産地で世界的にも知られるセントラルオタゴ地区のワイナリーでのランチタイムやセラードアーを一日かけて巡るツアーをNZブリーズは行います。

今年のこのツアーは4月8日(土)から5月3日(水)出発の期間限定。2名以上から催行します。料金はお一人NZ$170.これまでにも多くの方に好評のツアーです。ツアー問い合わせ、申し込みはNZブリーズの現地ツアーページ;http://www.nzbreeze.co.nz/contents/zqn%20option/zqn%20option.htmlから行えます。

17年黄葉見学とワイナリー訪問一日ツアー
催行期間;4月8日(土)から5月3日(水)
予定行程;
AM10:00クイーンズタウン・ホテル発/
AM11:00~PM12:00頃ワナカ黄葉見学とワイナリー訪問/
PM13:00~PM14:00頃セントラルオタゴ地区(Bannockburn)のワイナリーレストランにてランチ休憩(費用は自費)/
PM15:00ギブストンバレー地区のワイナリー訪問とカワラウバンジーブリッジ見学/
PM16:00~PM17:00頃アロータウン黄葉見学/
PM17:30ごろクイーンズタウンホテル帰着

料金;NZ$170/お一人

ワナカ湖畔の黄葉16年4月18日

(16年の4月18日のワナカ湖畔、有名なポプラ並木の黄葉)

アロータウンの黄葉15年4月29日

(15年4月29日アロータウンの黄葉風景)

セントラルオタゴワイナリー地区の黄葉とワイナリーレストラン

(このツアーではワイナリーも収穫の時期を迎えて、ぶどう棚もきれいに色づきます。そんなぶどう棚に囲まれたワイナリーレストランでランチタイムを過ごしていただけます。)

17年秋のNZブリーズツアープラン2コース発表

ニュージーランドに個人旅行でやってくる方向けに様々な旅行情報を提供しているNZブリーズでは2017年の秋=4月、5月を周遊するツアープランを2つ発表しました。

NZ南島の秋を満喫しながら人気の見どころをもれなく周遊することが5日間コースと6日間コースを設定しました。どちらもクイーンズタウンに到着してからクイーンズタウン空港から帰路に就くパターンです。サマータイムが終わって夜の時間が長くなって星空を見上げるのにも適する季節になって行く4月、5月にテカポでの宿泊もどちらも含まれています。
この2つのコースの詳細、日程表、問い合わせ先はNZブリーズのサポートツアーページ;http://www.nzbreeze.co.nz/contents/support%20tour/17%20support%20tour%20plan.htm をご覧になっていただきたいのですが、ここに概要を紹介します。
(17’秋-1)クイーンタウン着発、秋のNZ南島見どころ周遊5日間プラン
1日目;クイーンズタウン空港到着後日本語ドライバーガイドの専用車にて黄葉の名所であるアロータウン見学を含めたクイーンズタウン郊外の観光後クイーンズタウンホテルへ送迎。クイーンズタウン泊
2日目;ミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加。クイーンズタウン泊
3日目;クイーンズタウンを専用車で出発、ワナカへと向かい観光しながらマウントクックへと向かいます。
マウントクック・ハーミテージホテル泊(夕食、朝食付き)
4日目;マウントクックの出発時間はご希望に沿います。午後にマウントクックからテカポへと向かいテカポ泊
星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにて各自行っていただきます。
5日目;テカポを朝出発。クイーンズタウン空港への途中ワイナリーレストランにてランチタイムを取ります。
クイーンズタウン空港にはPM出発便に併せて到着。
料金:17’4月~5月=NZ$1950/お一人

(17’秋-2)ミルフォードサウンドとテカポに泊まる6日間プラン
1日目;クイーンズタウン空港到着後日本語ドライバーガイドの専用車にてクイーンズタウンホテルへ送迎。クイーンズタウン泊
2日目;クイーンズタウンを専用車で出発。ミルフォードサウンドまで見どころでカメラストップしながら向かい、ミルフォードサウンド到着後オーバーナイトクルーズに乗船。船内泊(夕食、朝食付き)
3日目;オーバーナイトクルーズ終了後ミルフォードサウンドからテアナウへと移動。午後もしくは夜にテアナウの土ボタル洞窟ツアーに参加。テアナウ泊
4日目;テアナウ出発後アロータウンへと向かい、アロータウンにて自由散策。その後ワイナリーにてランチ休憩。午後にはテカポへと移動。テカポ泊
星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにて各自行っていただきます。
5日目;テカポから専用車でのマウントクック日帰り観光へと出かけます。テカポにて連泊
6日目;テカポを朝出発。クイーンズタウン空港にはPM出発便に併せて到着。

料金:17’4月~5月19日=NZ$2420/お一人

セントラルオタゴワイナリーレストラン

(NZの4月5月は秋。ツアープランの行程中では黄葉が楽しめるアロータウン、ワナカを訪問し、収穫の時期を迎えるワイナリーでのランチタイムをとることができます。)

テカポ良き羊飼いの教会と南十字星

(4月以降は夜の時間が長くなるニュージーランド。その夜の星空を見上げるのに適した人気のテカポにこの二つのツアープランでは宿泊します。)