NZは春休みからサマータイム


ニュージーランドは9月下旬が毎年春休みを迎える時期と同時にサマータイムも始まるときになります。今年は今週末の9月26日から春休みが始まり、27日からサマータイムも始まります。

ニュージーランドの学校が春休みを迎えるこの時期がとても気持ちのいい日が訪れる時期でもあります。牧場の牧草が一年で最も緑豊かに育ち、子羊がたくさん現れて牧場の中を走り回り、桜が咲いて、これまで葉っぱを落としていた柳やポプラも新緑が生えるようになって、山肌にはまだ雪が残っているので新緑の麓と遠景の雪景色がとてもきれいな時になります。町も2週間の春休みで行楽客も増えて賑わいも戻ってきます。

またサマータイムを迎えることで日本との時差は4時間になりますが、これから12月末ぐらいまでどんどん日の入りが遅くなることで観光やアウトドアーを楽しむ時間がどんどん伸びていくような気分になって行きます。

観光地のクイーンズタウンはこの春休みが終わるぐらいまで周辺のスキー場はオープンしていて、オーストラリアからの家族連れもまたこの春休みで戻ってくることになります。そして春休みが終わるといったん10月は一年の中でも割合観光客が少なく静かな時期を迎え、11月になったらその反動で一気に観光シーズンが幕あけとなります。この春休み期間中ぐらいには毎年観光シーズン真っ盛りの1月から2月のホテル予約がどこも埋まるようになります。

これからNZの南島を旅行計画される方は季節感がいまいち分からないと思いますが、10月や11月でも時には山の上には雪も降り積もる寒い日があります。春だといってもまだまだNZの南島の旅行には冬服が必要だと思っていたほうが良いでしょう。10月のクイーンズタウンでの平均気温は最低気温がマイナス2度、日中の最高気温が21度ぐらいです。11月では朝の最低気温が1度ぐらいで、最高気温は24度ぐらいと本当に一日の中での気温差が大きい時期になります。また雨も春は意外と多くて雨具はいつでも準備が必要です。そして春は特に西風が強く吹き付ける時期でもあって風の当たるところは体感温度が下がるため風よけと雨具を兼ね備えたジャケットなどがあれば重宝すると思います。

9/24クイーンズタウンの朝焼け

(9月24日クイーンズタウンのAM06:50.この写真の方向が東となります。クイーンズタウンの町の上空に朝焼けが広がる時間も9/27以降10月いっぱいぐらいは6時台になって11月以降1月ぐらいまでは5時台になります。)

9/24クイーンズタウンの夕焼け

(9月24日クイーンズタウンのPM18:30.この写真の方向に写るリマーカブル山脈の山肌がちょうど西に面しているのでこの山肌にこのようなきれいな夕焼けが生えるのも9月27日以降はPM19:30以降になります。これからどんどん夕焼けの時間が遅くなり、星空が見れる時間もどんどん遅くなっていきます。)

9月25日クイーンズタウン桜が見ごろ

(9月26日から始まる春休み前の9月25日が今年はクイーンズタウンの町の中の桜も見ごろを迎えました。クイーンズタウンの桜はこれから場所を変えて10月一杯ぐらいまで見られます。ミルフォードサウンドへ向かう途中に立ち寄るテアナウの町もこれから10月一杯ぐらいが桜の花が見られるところです。)