マウントクックのフッカーバレーを7月,8月に歩くことができるか


マウントクックの人気のトレッキングコースであるフッカーバレーをNZの冬である7月、8月に歩くことができるのか?こんな質問に対して去年2017年の8月14日に歩いた時の写真でお答えします。

マウントクックのフッカーバレートラックは冬でも閉鎖はされていない。

マウントクック/AorakiはNZの最高峰の山ですが、その麓のハーミーテージホテルやフッカーバレートラックがある標高は大体760mぐらいです。だから冬の時期でも積雪があるのは数日です。だけどさすがに気温は氷点下を下回る日が(それでもマイナス7度ぐらいまで)多くなるので、凍り付いているような朝を迎えることが多いのですが、日中晴天の日は10度ぐらいまでは気温も上がりフッカーバレートラックの道のりも雪や氷に悩まされることがあまりありません。

7月や8月にマウントクックを訪れて、冬のフッカーバレーを歩きたい人はその日の状況を判断して歩きに行ってもいいでしょう。

マウントクックのフッカーバレーを2017年の8月14日に歩いた様子

マウントクックのフッカーバレーへの出発点でもあるキャンプ場は雪も無い。だけどここの水洗トイレはこの時期閉鎖されて(水道が凍り付く)、簡易トイレが設置されます。

フッカーバレー・トラックはフッカーレイクに至るまで3本の吊り橋が出てきますが、2本目の吊り橋まではその道のりも凍り付いていたり、雪がトラック上に残っていることはあまりない。

フッカーバレーにも雪が積もる日はさすがにあるのですが、スノーシューなどで歩いていくほどは積もっていたりする日はほとんど無いけど、残雪が凍り付いているところはさすがに多くなります。けれどアイゼンをつけて歩くには無理なほどの道のりになります。2本目の吊り橋を渡った後は写真のようなボードウォークの道のりも凍り付いていることがあるけどそんなときのためにこのボードウォークには金網が引かれていて滑り止めにもなってます。

昨年の8月14日のフッカーレイク。こんな冬の時期でもこのフッカーバレーを歩きに来てる人は結構いて、冬の間はこんな氷河湖となってるフッカーレイクを見ることができます。

昨年の7月は記録的にも寒い月でもあってマウントクックの最低気温はマイナス14度まで落ち込んだ日がありましたが、フッカーバレートラックの終着点であるフッカーレイクも6月下旬から8月上旬にかけては凍り付いていたりします。この姿がまたとてもきれいだと思います。

マウントクックのフッカーバレーは9月になると雪解け、気持ちよく歩ける日が多くなります。

9月に入ると日差しも強まり、フッカーバレーに日が差し込む時間が断然増えていくので気持ちよくフッカーレイクまで歩いて行ける日が多くなります。昨年の9月27日にフッカーバレーを歩いた様子をブログで紹介してます。

マウントクックの冬にクイーンズタウンから行きたい方にNZブリーズの観光送迎ツアー

NZブリーズでは7月、8月のNZの冬でもクイーンズタウンからマウントクックへの送迎ツアーを行ってます。

rentalcars.com