クライストチャーチで今ならまだ食べれるグルメテイクアウェイ


クライストチャーチで宿泊することになると、本当に食事に困る状態がまだ続いていますが、そのレストランなどがほとんど無い状態がまだ続いている中、逆に今ならまだ食べることができるテイクアウェイだけのお店があります。それがまた極上のラム肉のローストだけがメニューとなるお店です。

以前からこのPedro’s House Of Lambは気になっていて、前回PM7.30ぐらいに楽しみに買いに行ってみれば、すでに売り切れで、仕方なく周りにはレストランなども無いためむなしくバーガーキングの夕食になってしまった教訓を生かして今回はイソイソとPM6時には買いに出かけて念願のこの巨大グルメ・ラムを食べることができました。

このお店も以前は町の中心にしっかりとしたスペイン料理店として構えていたのが2011年の地震の影響でそのお店の入るビルごと取り壊しとなり、また息子さんはあのCTVビルの倒壊の犠牲者の一人になっているという店主が2012年10月にコンテナで作った仮店舗としてお店を再開させ、その時にはかなりの話題にもなり私もTVニュースでこのお店は知っていました。その後同じようなコンテナを利用した仮店舗が続々と町の中に出てきたのですが、それも町の中の再建工事が今年ぐらいから着々と始まったためコンテナ店舗も今や営業ができない状態になろうとしています。このPedro’s House Of Lambは町の中心からは少し離れたリキュールショップの駐車場の片隅で営業されているのでまだこの仮店舗がなくなることは無いと思われますが、いずれ町の中心が再建されてビルも建ち始めるとちゃんとしたお店に戻ることが予想され、そうなったらちゃんとしたレストランの料金で食べなければならないことになるので今ならテイクアウェイ料金でこの極上のローストラムを食べられるいい時期かもしれません。

テイクアウェイ料金と言えども$35という料金ですが、二人で食べるとしたら十分満足できる量と料金でしょう。今やこのお店の評判はトリップアドバイザーのクライストチャーチにあるレストランの中では最も評価の高い口コミランクになっています。その場所を見つけるのは少し分かりにくいのですが、モーテルがたくさん軒を並べるPapanuiRoad沿いに宿泊する場合、もしくはレンタカーがあるなら町に中心に宿泊していても是非PM6時半ぐらいまでにはこのお店に行ってみることをお勧めします。

クライストチャーチグルメラム肉テイクアウェイ

(Pedro’s House Of Lambのコンテナレストランは町の中心から少し北に離れたPapanuiRoadのLiquorKingの駐車場にあります。PM4時から開いていて、Telでも予約を受け付けているので地元に人は予約してから仕事からの帰宅途中に車で買いに来る人が多いと思われ、その中で観光客としてこのラムにありつこうとしたらなるべく早めにこの場所に駆けつけることをお勧めします。お店の人も普段7時、7時半ぐらいには売り切れになると言ってました。)

クライストチャーチペドロズハウスオブラム

(コンテナレストランのテイクアェイだけなのでお持ち帰りだけです。その場で食べるテーブルやイスなどはありません。熱々のジュースがアルミ箔ボックスの中に入っているためダンボールの箱に入れてお持ち帰りになります。この一品しかお品書きには無いため注文したら直ぐに出て来ます。)

クライストチャーチペドロズハウスオブラム

(蓋を取るとこの巨大なラムの肩肉ローストが一つと同じくローストされたポテトがドーンと現れます。日本人の2人だったら十分の量だと思います。なるべく熱々の間に食べられるほうがいいでしょう。完璧にどこまでもローストされているので非常に柔らかいラム肉を美味しく食べられます。)

 

 

rentalcars.com