テアナウでタカヘのヒナを柵の中で見てきた


テ・アナウに滞在するなら、是非飛べない鳥であるタカヘを無料野鳥園に行って見に行ってみるといいでしょう。毎日定時にガイドツアーが行われていて柵の中でその貴重な鳥の姿を間近かに見ることができます。

ミルフォードサウンドへの玄関口の町であるテ・アナウ;Te Anau に1泊でもするならタカヘを見に行くことをお勧めします。町の中からでも徒歩で20分ぐらいの無料野鳥園;Te Anau Bird Sanctuaryには2018年の1月の段階で4羽のタカヘが飼われていて、加えて昨年生まれたヒナの姿も見ることができます。

この無料野鳥園では毎朝DOCの係員が餌付けと併せてタカヘのガイドツアーを行っていて、いつもはフェンスの柵で囲われている敷地内へも入っていけます。そして係員がエサを地面に撒いて草むらの中からおびき寄せるとタカヘの姿をかなり間近に見ることができます。(このガイドツアー時間以外はフェンス越しに見つけることができるでしょう。)

テアナウのバードサンクチュアリーのタカヘ;Takahe。ガイドツアーは毎朝行われてます。(10月~3月=AM09:30~、4月~9月=AM10:30)

タカヘはNZの固有種の飛べない鳥。キウィバードより数は断然少なく今は347羽がNZの保護区などで生存する。テアナウのバード・サンクチュアリー以外に一般の人が見ることができるのはオークランドの沖合のティリ・ティリ・マタンギ島や動物園ぐらいしか無い。

タカヘの親子。ヒナは非常に憶病で草むらの中に隠れていることが多いけど親がエサを取りに草むらから出てくるとこのような餌付けのシーンを見ることができる。

1月8日に見られたタカヘのひなは今、羽毛が生え変わる時期でした。茶色の羽毛が抜けて背中が緑で体が青色の羽毛に生え変わって行く途中のようでした。そして最後にくちばしと足が親と同じような真っ赤な色に変わって大人になって行くらしい。

18年1月8日にテアナウ・バード・サンクチュアリーにて行われていたタカヘのガイドツアーでのタカヘのつがいと親子の様子。